ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983689 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

徳舜瞥山

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー mikasaoya
天候小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
徳舜瞥山登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
3分
合計
3時間19分
S日鉄鉱山跡コース登山口07:0608:50徳舜瞥山08:5310:24日鉄鉱山跡コース登山口10:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所等はないが,時折滑りやすい個所はあり。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

スタート時の駐車場は4台。
上空には灰色の空が広がっていました。
2016年10月16日 07:08撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート時の駐車場は4台。
上空には灰色の空が広がっていました。
1
登山口に向かいます。
2016年10月16日 07:08撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に向かいます。
入林届に記帳。名前の欄がなくなっていました。
2016年10月16日 07:10撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入林届に記帳。名前の欄がなくなっていました。
歩き出してすぐ。正面中央が進行方向ですが,先のテープがわかりずらいです(下山時に向かって左手の方向に進んでいたグループに出会いました)。
2016年10月16日 07:13撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出してすぐ。正面中央が進行方向ですが,先のテープがわかりずらいです(下山時に向かって左手の方向に進んでいたグループに出会いました)。
1
登山道わきの木々の葉は紅葉というよりは涸れているものが多数でした。
2016年10月16日 07:25撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道わきの木々の葉は紅葉というよりは涸れているものが多数でした。
1
六合目手前の渡渉地点。
奥に六合目の標識があります。
2016年10月16日 07:30撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目手前の渡渉地点。
奥に六合目の標識があります。
七合目を通過。この少し前から雨粒が体に当たるようになってきました。
2016年10月16日 07:55撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目を通過。この少し前から雨粒が体に当たるようになってきました。
弱い雨が落ちてくる中,八合目を通過。
2016年10月16日 08:13撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弱い雨が落ちてくる中,八合目を通過。
横に伸びるダテカンバが現れ始めたので頭上注意です。
2016年10月16日 08:26撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横に伸びるダテカンバが現れ始めたので頭上注意です。
1
灰色の中を黙々と進むだけでしたので,木立に張り付く苔に着く水滴を写してみました。
2016年10月16日 08:28撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
灰色の中を黙々と進むだけでしたので,木立に張り付く苔に着く水滴を写してみました。
5
九合目を通過。
2016年10月16日 08:30撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目を通過。
ホロホロ山への分岐点。
2016年10月16日 08:50撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホロホロ山への分岐点。
1
山頂,視界はありません。
2016年10月16日 08:51撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂,視界はありません。
6
山頂標識の裏側にまわって。
2016年10月16日 08:53撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識の裏側にまわって。
ホロホロ山方向。
視界もなく,引き続き雨模様なので,ホロホロ山には向かわずに下山することに。
2016年10月16日 08:56撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホロホロ山方向。
視界もなく,引き続き雨模様なので,ホロホロ山には向かわずに下山することに。
山頂から下り始め間もなくの地点。
ハイマツの上を霧が登ってきています。
2016年10月16日 09:03撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から下り始め間もなくの地点。
ハイマツの上を霧が登ってきています。
1
登ってくる登山者とスライドしながら,ひたすら下山。七合目で小休止。
2016年10月16日 09:38撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってくる登山者とスライドしながら,ひたすら下山。七合目で小休止。
六合目を過ぎて渡渉点。
ここの水場が飲料に適しているかどうは不明ですが,毎回,靴の泥落としには重宝しています。
2016年10月16日 10:02撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目を過ぎて渡渉点。
ここの水場が飲料に適しているかどうは不明ですが,毎回,靴の泥落としには重宝しています。
六合目から五合目にの間で目に入る紅葉。写真で切り取るとそれなりに見えます。
2016年10月16日 10:05撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目から五合目にの間で目に入る紅葉。写真で切り取るとそれなりに見えます。
2
紅葉その2
2016年10月16日 10:14撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉その2
1
紅葉その3
2016年10月16日 10:14撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉その3
3
紅葉その4
2016年10月16日 10:15撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉その4
1
滑る登山道に若干苦労しながら登山口に到着。
2016年10月16日 10:24撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る登山道に若干苦労しながら登山口に到着。
1
駐車場は満車,路上駐車も多数でした。
2016年10月16日 10:26撮影 by SP590UZ , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は満車,路上駐車も多数でした。

感想/記録

気温が下がってきて,再び体調と相談しながらの山歩きを強いられており,半月ぶりの山歩き。天気予報も見ながら,徳舜瞥山からホロホロ山へ向かうことを選択(体調によっては徳舜瞥山で引き返すことも念頭に)。
予報に反して,途中から雨模様(撥水加工のウインドブレーカーの着用で済む程度でしたが)。下山途中にスライドした方々に山頂の様子を聴かれ,「視界はありませんよ」と答えると,「天気予報は晴れだったのに残念」という声が返ってきました。晴れることを期待しての山行でしたが,足元も滑りやすく,灰色の世界を黙々と進むことになり,久しぶりの山歩きとしては残念なものになりましたが,体調との兼ね合いでは時間的に妥当な山歩きではあったようです。
昨年6月,今年3月末に続き,3回連続で視界のない山頂訪問となりましたが,次回は晴れた山頂を踏みたいものです。
訪問者数:165人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ 渡渉 水場 紅葉 山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ