ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983729 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

檜洞丸(神ノ川ヒュッテ〜檜洞丸北尾根〜犬越路隧道)

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー hajime1106
天候晴れ時々曇り
出発時(AM5:30)気温8℃位 檜洞丸山頂(AM9:00) 気温15℃位ほとんど無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川林道で土砂崩れによる通行止めが実施されていました。(神ノ川ヒュッテ手前約3km地点)復旧現場の約100m手前に通行に支障が無さそうな駐車スペース(?)がありましたのでそこに停めさせてもらいましたm(__)m
日陰沢橋を渡った先に立派なトイレがあります。
付近に自販機の類は見当たりませんでした。
最終コンビニは三ヶ木・青山交差点方面から向かうと国道413号線(道志みち)左手にある「セブンイレブン相模原津久井青野原店」が最後だったと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間59分
休憩
18分
合計
7時間17分
Sスタート地点05:3106:06神ノ川ヒュッテゲート前登山口06:13矢駄尾根登山口06:17孫右衛門谷ゲート(仮)06:1806:51広河原入口06:5707:43檜洞丸北尾根08:51檜洞丸08:5208:54青ヶ岳山荘08:57檜洞丸08:5809:39熊笹ノ峰09:59大笄10:0110:27小笄10:3210:41東沢ノ丸10:4212:10神ノ川ヒュッテ12:1112:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※地点名・ルート名などは「西丹沢登山詳細図」を参考にさせていただいております。
●神ノ川ヒュッテ〜広河原
神ノ川の渓谷美を堪能しながら林道を歩きます。檜皮橋(ひわたばし)を渡って少し進むと右急カーブの手前左側に広河原の看板が建っています。
●広河原〜檜洞丸北尾根(VR)〜檜洞丸
この時期藪漕ぎが大変かもしれませんが看板が設置されている地点から沢の左岸を進み源蔵尾根への分岐(堰堤の方へ行く道)を見送った後少し進むと檜洞丸北尾根の取付きに辿り着きます。(2016年4月30日に檜洞丸北尾根を下山で使いましたが時期的なものでしょうか?今回は踏み跡不明瞭であったためこの辺りで少しウロウロしてしまいました。)取付きからは進行方向左手に見える涸れ沢の淵を登って行くのが正解だと思いますが自分は若干違う所を登って行ってしまったようです。取付きから標高差で50m程登った地点からは踏み跡明瞭&ピンクテープが設置された道が現れます。ガレている所もありますので足元注意です。薄暗い樹林帯をしばらく進むと頭上が開けたドラム缶広場を通過。この先も尾根伝いに進めば問題ないと思いますがそこそこの急登が続きます。ガンバリどころです!頂上付近は踏み跡不明瞭です。
●檜洞丸〜犬越路バイパスルート(VR)〜犬越路隧道(トンネル北口)〜神ノ川ヒュッテ
檜洞丸から犬越路バイパスルート分岐までは一般道ですがクサリや梯子が設置されていますので滑落に注意が必要です。犬越路バイパスルートは踏み跡明瞭。虎ロープやピンクテープ多数で迷うことは無いでしょう。神ノ川林道の終点付近(看板が設置されている辺り)から東海自然歩道犬越路北コースまではトラバース気味に進みます。一部ザレている所もあり滑落スリップ及び落石要注意です。東海自然歩道犬越路北コースも一般道ではありますが神ノ川ヒュッテ手前約1km地点まではガレ・ザレを含むタフな道が続きます。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

神ノ川ヒュッテの手前約3km地点でこの看板(x_x)手前100m程の所に駐車スペース(?)がありましたのでそこからスタート!
2016年10月16日 05:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神ノ川ヒュッテの手前約3km地点でこの看板(x_x)手前100m程の所に駐車スペース(?)がありましたのでそこからスタート!
1
久しぶりの週末好天!すっかり秋の空の下、ツツジの紅葉・稜線での絶景を期待して林道を進みます。
2016年10月16日 06:04撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりの週末好天!すっかり秋の空の下、ツツジの紅葉・稜線での絶景を期待して林道を進みます。
30分位林道を歩き本来のスタート地点日陰沢橋を通過。最近は林道歩きも苦にならなくなってきた!?
2016年10月16日 06:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分位林道を歩き本来のスタート地点日陰沢橋を通過。最近は林道歩きも苦にならなくなってきた!?
2
広河原へ向けてさらに林道を進みます。途中にはそこそこ立派な滝もあり林道歩きも退屈するほどではなかった。
2016年10月16日 06:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原へ向けてさらに林道を進みます。途中にはそこそこ立派な滝もあり林道歩きも退屈するほどではなかった。
新緑の頃に訪れた時とは違い少しずつ秋色に衣替えし始めている渓谷美がすばらしい。
2016年10月16日 06:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑の頃に訪れた時とは違い少しずつ秋色に衣替えし始めている渓谷美がすばらしい。
3
川面よりもだいぶ高い所を林道が通っているためガードレールすれすれまで近寄って撮影すると足がすくんでしまう。
2016年10月16日 06:31撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川面よりもだいぶ高い所を林道が通っているためガードレールすれすれまで近寄って撮影すると足がすくんでしまう。
蛭ヶ岳西側斜面からも小さく見える檜皮橋を通過。今日はこちらから蛭ヶ岳を見上げる。
2016年10月16日 06:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳西側斜面からも小さく見える檜皮橋を通過。今日はこちらから蛭ヶ岳を見上げる。
2
日陰沢橋から45分程で広河原に到着。看板のすぐ先(右方向)は草ボーボー(ToT)今年4月30日に向こうから出てきた時とはだいぶ印象が違っている。
2016年10月16日 06:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰沢橋から45分程で広河原に到着。看板のすぐ先(右方向)は草ボーボー(ToT)今年4月30日に向こうから出てきた時とはだいぶ印象が違っている。
1
少しでも楽に進めそうな所を探し回っていたら訳がわからなくなってしまった。元の看板の所に戻り潔く藪漕ぎ開始。。。
2016年10月16日 06:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しでも楽に進めそうな所を探し回っていたら訳がわからなくなってしまった。元の看板の所に戻り潔く藪漕ぎ開始。。。
看板の所から僅かな距離のはずだが見覚えのある取付きに辿り着くことができて一安心。正面にある横に伸びる枝にはピンクか赤のリボンが巻き付けてあったような気がするが・・・。記憶違いか?
2016年10月16日 07:01撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の所から僅かな距離のはずだが見覚えのある取付きに辿り着くことができて一安心。正面にある横に伸びる枝にはピンクか赤のリボンが巻き付けてあったような気がするが・・・。記憶違いか?
3
取付きから標高差で20〜30m程登った所でリボン発見!左に見える涸れ沢の淵を登って来るルートが正解だったようだ。たいした違いはないが次回は間違えないようにするゾ。
2016年10月16日 07:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付きから標高差で20〜30m程登った所でリボン発見!左に見える涸れ沢の淵を登って来るルートが正解だったようだ。たいした違いはないが次回は間違えないようにするゾ。
2
薄暗い樹林帯の中でぽっかり頭上が開けている平坦地、ドラム缶広場に到着。久しぶりの登山により少々お疲れ気味での到着となってしまった^^
2016年10月16日 07:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗い樹林帯の中でぽっかり頭上が開けている平坦地、ドラム缶広場に到着。久しぶりの登山により少々お疲れ気味での到着となってしまった^^
ドラム缶広場で休憩後だいぶ足が回復した。標高1200mを超えたあたりから徐々にブナの葉が黄色く色つき始めてきた。
2016年10月16日 08:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドラム缶広場で休憩後だいぶ足が回復した。標高1200mを超えたあたりから徐々にブナの葉が黄色く色つき始めてきた。
5
今山行の目的であるツツジの葉っぱも徐々に色を変化させている。
2016年10月16日 08:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今山行の目的であるツツジの葉っぱも徐々に色を変化させている。
3
標高1500mを超えてくると見事に色付いた葉っぱが迎えてくれた!
2016年10月16日 08:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1500mを超えてくると見事に色付いた葉っぱが迎えてくれた!
9
^^
2016年10月16日 08:45撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
^^
3
^^
2016年10月16日 08:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
^^
11
いいねぇ〜(^o^)v
2016年10月16日 08:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいねぇ〜(^o^)v
無事に檜洞丸に到着。何度か訪れているが誰もいない山頂独占状態は初めてかもしれない。
2016年10月16日 08:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に檜洞丸に到着。何度か訪れているが誰もいない山頂独占状態は初めてかもしれない。
3
青ヶ岳山荘の方へ下って行くと蛭ヶ岳から塔ノ岳までを見渡すことができた。
2016年10月16日 08:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ヶ岳山荘の方へ下って行くと蛭ヶ岳から塔ノ岳までを見渡すことができた。
2
下山は犬越路方面へ進みます。木道が整備されていない頃はおっかなかったが整備のお蔭で安心して進むことができるようになったm(__)m
2016年10月16日 09:02撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は犬越路方面へ進みます。木道が整備されていない頃はおっかなかったが整備のお蔭で安心して進むことができるようになったm(__)m
4
こちらの稜線でもツツジの葉っぱが色付いていた!
2016年10月16日 09:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらの稜線でもツツジの葉っぱが色付いていた!
3
( ^ ^ )

2016年10月16日 09:07撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
( ^ ^ )

4
( ^ ^ )
2016年10月16日 09:10撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
( ^ ^ )
7
富士山も良く見えている!雪の付いていない富士山を見るのも今年は最後になるかなぁ〜。
2016年10月16日 09:12撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も良く見えている!雪の付いていない富士山を見るのも今年は最後になるかなぁ〜。
9
南アルプス方面はガスり気味だったが甲斐駒と鳳凰三山だけは眺める事ができた。
2016年10月16日 09:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面はガスり気味だったが甲斐駒と鳳凰三山だけは眺める事ができた。
3
( ^ ^ )
2016年10月16日 09:24撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
( ^ ^ )
富士山アップで。手前には山中湖も見えています。
2016年10月16日 09:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山アップで。手前には山中湖も見えています。
9
秋の丹沢堪能できました!
2016年10月16日 09:29撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の丹沢堪能できました!
3
大笄・小笄の周辺は高度感ある登山道が続きます。
2016年10月16日 10:08撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大笄・小笄の周辺は高度感ある登山道が続きます。
2
クサリや梯子が連続しますので滑落注意です。
2016年10月16日 10:26撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリや梯子が連続しますので滑落注意です。
通ってきた道を振り返って。標高がいっきに下がりました。
2016年10月16日 10:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通ってきた道を振り返って。標高がいっきに下がりました。
!!
2016年10月16日 10:53撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
!!
1
犬越路バイパスルートとの分岐までやって来ました。ここは初めて通るルートです!行ってみましょう。
2016年10月16日 11:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路バイパスルートとの分岐までやって来ました。ここは初めて通るルートです!行ってみましょう。
1
踏み跡明瞭です。リボン・テープ・虎ロープが設置されており迷うことは無さそうです。
2016年10月16日 11:01撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡明瞭です。リボン・テープ・虎ロープが設置されており迷うことは無さそうです。
神ノ川林道に合流後少し歩くと犬越路隧道に到着。試しに反対側まで行ってみようとも思ったがなんだか今日は足が重く感じたので写真だけ撮って来た方向へ戻りました。
2016年10月16日 11:18撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神ノ川林道に合流後少し歩くと犬越路隧道に到着。試しに反対側まで行ってみようとも思ったがなんだか今日は足が重く感じたので写真だけ撮って来た方向へ戻りました。
この看板の手前は沢の崩落により道が寸断されていました。(少し高巻して通過)
2016年10月16日 11:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板の手前は沢の崩落により道が寸断されていました。(少し高巻して通過)
トラバース道を落石に注意して進み写真左上(虎ロープの向こう側)から降りてきました。あとは標識に従い神ノ川ヒュッテへ戻りました。
2016年10月16日 11:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道を落石に注意して進み写真左上(虎ロープの向こう側)から降りてきました。あとは標識に従い神ノ川ヒュッテへ戻りました。
それでは最後に今山行で出会った小さな草花たちです。
2016年10月16日 08:14撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは最後に今山行で出会った小さな草花たちです。
2
撮影機材:

感想/記録

なかなかタイミングが合わず前回の山行から2か月ほど経ってしまった。そろそろ山に登っておかないと筋力と感が鈍りそう。。。幸い週末は晴れ予報が出ている。ツツジの紅葉が始まっているという情報があるのでそれを目当てに西丹沢を訪れた。
檜洞丸北尾根では他の登山者と出会うことは無く大変静かな尾根歩きが堪能できた。ツツジの紅葉は標高1500m以上で色付き始めていて写真を撮りながらゆっくりと頂上を目指しました。
変な方から登って行って頂上で休憩されている方々を驚かせないようにそぉ〜と頂上に乗り上げるも他の登山者は一人もいらっしゃらずまさかの頂上独占状態(笑)ここでゆっくり休憩しようとも思ったが富士山は雲から頭を出したり隠れたりを繰り返している。
稜線を歩きながら富士山を眺めたかったので熊笹ノ峰のベンチまで進むことにしました。休憩後大笄・小笄の岩場を慎重に通過し始めて通る犬越路バイパスルートへ!
リボン等が設置されており道迷いの心配は無く無事に犬越路隧道に到着。
その後は落石で荒れている林道からトラバースを経て一般登山道へ無事合流。
一般登山道もガレ・ザレがありなかなかタフな道が続いたが無事に神ノ川ヒュッテに到着。
林道の通行止めでアセったが一足早い秋の訪れを感じることができて大変満足することができた!
訪問者数:336人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/30
投稿数: 1802
2016/10/17 14:54
 神ノ川
hajime1106さんお疲れ様でした
通行止・北尾根黄葉情報参考になります
ありがとうございます。
登録日: 2013/3/17
投稿数: 122
2016/10/17 15:23
 およよ
hajimeさん^_^そろそろ山欠病が発症してることと思っておりましたが、厳しそうなルートを春先に引き続き行ってましたか(^.^) 秋の清々しい天気に恵まれたようで、秋の丹沢を満喫出来たようでなによりでした。是非、檜洞丸北尾根ご引率お願いいたします。裏丹沢の静けさと魅力ありがとうございました
登録日: 2013/4/28
投稿数: 166
2016/10/17 16:00
 Re: 神ノ川
kazikaさんコメントありがとうございます。深い知識・すばらしいお写真の数々いつも拝見させていただいております。
さて林道の土砂崩れ現場ですがガードレールの位置から推測すると元々の路面の上に3m前後の土砂が残っておりその上に細かな砂利が敷かれていて「とりあえず」車が通れるような状態にはなっていました。実際何台かの一般車が通行されていたようです。しかし山肌は土砂崩れの跡が生々しくいつ新たな崩落が発生してもおかしくない状況なのでは?と思われる状況でした。規制看板にも工期の記載は見当たりませんでしたのでしばらくは通行止めが続くのではないかという印象を受けました。
ブナの黄葉はもう少し後ですかね?黄金色に染まる尾根を想像するとまた訪れたくなってしまいます(笑)それでは〜
登録日: 2013/4/28
投稿数: 166
2016/10/17 16:09
 Re: およよ
irukamokoさんコメントありがとうございます。もう山に行きたくて行きたくて・・・ やっとタイミングが合い秋の丹沢の空気を吸ってきました。ツツジの紅葉はirukamokoさんが先日訪れた主脈方面の方が色付が良かったような気がしました。檜洞丸北尾根コラボ良いですね!シロヤシオの花が尾根を白く染める頃ご一緒できればと思います。ただ頂上直下はバイケイソウで踏み跡どころの騒ぎではないかもしれませんが・・・
それでは〜〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ