ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983737 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

大倉バス停から二俣経由で鍋割山を目指す

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー sadatoasa, その他メンバー4人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
小田急線渋沢駅から、車で秦野戸川公園へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間39分
休憩
52分
合計
8時間31分
Sスタート地点06:4807:46黒竜の滝08:05二俣08:31林道終点08:49後沢乗越09:59鍋割山10:0110:02鍋割山荘10:1611:00鍋割山11:01鍋割山荘11:0211:27小丸11:2911:36小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)11:3712:03金冷シ12:13塔ノ岳12:13尊仏山荘12:20塔ノ岳12:20尊仏山荘12:2912:32塔ノ岳12:45金冷シ12:50花立12:5212:57花立山荘13:0313:19天神尾根分岐13:2713:41堀山の家13:4613:54堀山14:02駒止茶屋14:0314:33見晴茶屋14:38雑事場ノ平14:55観音茶屋15:16大倉山の家15:1715:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
06:45大倉 -20分-7:05355m地点 -50分-7:55474m地点 -15分-8:10二俣 -45分-8:55後沢乗越 -1時間20分-10:15鍋割山(1時間) -35分-11:50二俣分岐 -25分-12:15金冷シ -25分-12:40塔ノ岳 -15分-12:55金冷シ -35分-13:30天神尾根分岐 -15分-13:45小草平 -50分-14:35雑事場ノ平 -25分-15:00大倉
上記「山と高原地図」の標準コースタイムです。
概ねこの通りのようです。
今回は人数も多かったので、わりかしゆっくり目のペース配分だったのですが、ちょうどよかったようです。
今回50代の方が3人いましたが、このペースはかなり驚異的ですね。
いつまでもスポーツを続けてこういう歳とりかたをしたいと思いました。
コース状況/
危険箇所等
コースは特に危険箇所はありません。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ テント
共同装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ テント

写真

今回は戸川公園から、鍋割山へ向かいます。
二俣まではとてもなだらかな道が1時間程続きます。
2016年10月16日 07:11撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は戸川公園から、鍋割山へ向かいます。
二俣まではとてもなだらかな道が1時間程続きます。
暫く整備された林道を歩くと、表丹沢県民の森の「黒竜の滝」との分岐点に到着します。
2016年10月16日 07:48撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く整備された林道を歩くと、表丹沢県民の森の「黒竜の滝」との分岐点に到着します。
分岐点は左手にあるこの階段です。
2016年10月16日 07:48撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点は左手にあるこの階段です。
二俣手前にある「少丸尾根」への分岐点です。
現在こちらは通行止めとなっているようです。
道が崩落しているようで立ち入り禁止です。
2016年10月16日 08:08撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣手前にある「少丸尾根」への分岐点です。
現在こちらは通行止めとなっているようです。
道が崩落しているようで立ち入り禁止です。
二俣の手前では、何か建物のようなものを建設中でした。
ここらあたりに山荘やトイレができるととてもありがたいですね
2016年10月16日 08:20撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣の手前では、何か建物のようなものを建設中でした。
ここらあたりに山荘やトイレができるととてもありがたいですね
鍋割山名物の水運びのボランティアです。
何人かの方が運んでいるのをお見かけしました。
2016年10月16日 08:27撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山名物の水運びのボランティアです。
何人かの方が運んでいるのをお見かけしました。
二俣はこの川沿いのためこのような木橋を渡っていきます。
2016年10月16日 08:32撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣はこの川沿いのためこのような木橋を渡っていきます。
「後沢乗越」との合流地点では、このような急登が続きます。
2016年10月16日 08:47撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「後沢乗越」との合流地点では、このような急登が続きます。
ここからが今回一番きついところです。
コースタイムにして、1時間半程のひたすら急登を登ります。
2016年10月16日 09:18撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが今回一番きついところです。
コースタイムにして、1時間半程のひたすら急登を登ります。
何回か頂上を思わせるようなピークがあり、心が挫けそうになります。。。
ちなみに写真は1つめの偽ピーク
2016年10月16日 09:25撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回か頂上を思わせるようなピークがあり、心が挫けそうになります。。。
ちなみに写真は1つめの偽ピーク
途中で大きなカエルと遭遇しました
こんな水も無いところでも暮らしていけるのは驚きですね。
一緒に山頂を目指しているようで何かワクワクしました。
2016年10月16日 09:40撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で大きなカエルと遭遇しました
こんな水も無いところでも暮らしていけるのは驚きですね。
一緒に山頂を目指しているようで何かワクワクしました。
1
4回目の偽ピークです。。。。
こんなけやきのような木が見えたら山頂だと思っていたので。。
2016年10月16日 09:48撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4回目の偽ピークです。。。。
こんなけやきのような木が見えたら山頂だと思っていたので。。
1
途中開けた場所で見えた富士山です。
白い雪はまだかぶっていませんね。
2016年10月16日 09:53撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中開けた場所で見えた富士山です。
白い雪はまだかぶっていませんね。
1
途中けやきとともに、このようなソーラーパネルが見えたら本当のゴール間近です!
2016年10月16日 09:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中けやきとともに、このようなソーラーパネルが見えたら本当のゴール間近です!
と、いうわけで何回かの偽ピークを乗り越えての鍋割山山荘です。大倉からだいたい3時間程での到着です。
山と高原地図のコースタイムでは、3時間半程なので少し巻いたことになります。
2016年10月16日 09:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、いうわけで何回かの偽ピークを乗り越えての鍋割山山荘です。大倉からだいたい3時間程での到着です。
山と高原地図のコースタイムでは、3時間半程なので少し巻いたことになります。
1
鍋割山で景色がよかった例が無いのですが、この日は始めての快晴でした!
相模湾がとてもキレイに見えました。初島から真鶴半島、伊豆大島まで一望できます。
2016年10月16日 09:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山で景色がよかった例が無いのですが、この日は始めての快晴でした!
相模湾がとてもキレイに見えました。初島から真鶴半島、伊豆大島まで一望できます。
1
というわけで山頂記念の印
2016年10月16日 10:02撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
というわけで山頂記念の印
2
山頂からも富士山の一枚
2016年10月16日 10:03撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からも富士山の一枚
1
参加メンバー5人で名物の鍋焼きうどんをいただきまーす
2016年10月16日 10:08撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参加メンバー5人で名物の鍋焼きうどんをいただきまーす
食後は全員でコーヒーをいただきました。
2016年10月16日 10:33撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食後は全員でコーヒーをいただきました。
帰りは金冷シから、大倉尾根をそのまま下山する案もあったのですが、せっかくなので塔ノ岳山頂を目指しました。
2016年10月16日 12:21撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは金冷シから、大倉尾根をそのまま下山する案もあったのですが、せっかくなので塔ノ岳山頂を目指しました。
1
ただ景色は先程と変わって曇り模様です。。。残念
2016年10月16日 12:21撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ景色は先程と変わって曇り模様です。。。残念
花立山荘からの相模湾です。
この景色結構好きです。
2016年10月16日 12:58撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘からの相模湾です。
この景色結構好きです。
駒止茶屋での一枚。
さすが日曜日の大倉尾根。かなりの混雑ぷりです。
2016年10月16日 13:41撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒止茶屋での一枚。
さすが日曜日の大倉尾根。かなりの混雑ぷりです。
工事中だった見晴らし小屋のトイレが完成してました。
完成したてでとてもキレイです。
2016年10月16日 14:31撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事中だった見晴らし小屋のトイレが完成してました。
完成したてでとてもキレイです。
ここまでくればもうゴール寸前ですね
2016年10月16日 15:10撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでくればもうゴール寸前ですね
途中で雨も降ってましたが、下界は快晴です
2016年10月16日 15:15撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で雨も降ってましたが、下界は快晴です
本日はどんぐり山荘の駐車場にとめさせて頂きました〜
だいぶ時間はかかりましたが、無事に下山完了です
2016年10月16日 15:20撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はどんぐり山荘の駐車場にとめさせて頂きました〜
だいぶ時間はかかりましたが、無事に下山完了です

感想/記録

今回会社の方が計画してくれました、鍋割山で鍋焼きうどんを食す登山に参加しました。
大倉バス停と二俣の林道は以前一回だけ通った事があったのですが、
下山時に使用したのでだらだらと1時間程の歩きに苦手意識があって敬遠してました。
今回は行きで使用したので、それほど苦ではありませんでした。
大人数で行ったので気が紛れたのもあったかもしれませんが、いい発見となりました。
下山時に使用した大倉尾根は相変わらず、足にきますね。。
ダブルストック使用でしたが、現在足を痛めながら記録を書いてます。。
訪問者数:299人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ