ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983745 全員に公開 沢登り近畿

万ヶ谷(マンガ谷川)

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー tolchop
天候晴れ後曇り
駐車地気温14℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
兵庫県宍粟市波賀、日ノ原浄化センター横にあるゲートボール場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
0分
合計
4時間0分
S駐車地出発09:2309:27入渓点12:37出渓点13:23駐車地帰着G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
合計時間: 4時間00分
合計距離: 3.87km
累積標高(上り): 337m
累積標高(下り): 330m

GPSログが途切れたためルートは手書きです。
コース状況/
危険箇所等
■万ケ谷
国土地理院地形図では「マンガ谷川」表記。

バリエーションルートです。
要事前準備、地図、コンパス必携。
装備適宜。
沢登りの知識、技術が必要です。

国道29号線の「そうめん滝」が架かる橋の袂(左岸)から入渓。
非常に滑り易い川床。

3段50m大滝下段は右岸のルンゼを上がり、
中段、上段は右岸を巻くように上がった。

連瀑帯(大岩のゴーロ)はいくつもルートが取れる。

20m大滝は右岸側を登れる。
木の根があり適度に安心。滝口へのトラバースは危うい。
最後の5m滝を抜けると谷は平易となる。

■下山路
最後の滝を越えてしばらく行くと右岸上部に林道がある。
林道へ上がり、鞍部へ向かうと案内板があり、
そのまま道を辿ると日ノ原大森神社へ下山出来る。
その他周辺情報「道の駅 はが」
http://www.haga-net.co.jp/haga.php
駐車地から最も近い。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 ツェルト ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング アブミ アッセンダー ディッセンダー ナイフブレード 渓流シューズ

写真

日ノ原浄化センター横のゲートボール場に駐車。
晴れ間が覗いている。
少し緊張しながら出発。
2016年10月16日 09:23撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ原浄化センター横のゲートボール場に駐車。
晴れ間が覗いている。
少し緊張しながら出発。
「そうめん滝」。
国道29号線を少し歩くと現れる。
橋の袂から入渓。
すごく滑る。
2016年10月16日 09:27撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「そうめん滝」。
国道29号線を少し歩くと現れる。
橋の袂から入渓。
すごく滑る。
2
そうめん滝を上がると
大岩のゴーロが現れる。
水量は思いの外多い。
2016年10月16日 09:32撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうめん滝を上がると
大岩のゴーロが現れる。
水量は思いの外多い。
2
ゴーロ帯を抜けると開けて明るい印象の谷となる。
2016年10月16日 09:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯を抜けると開けて明るい印象の谷となる。
1
少し行くと3段50mの大滝が現れる。
下段約30mは右岸のルンゼを上がる。
難しくは無いが落ちたら終わりと思うと足が竦む。
2016年10月16日 09:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し行くと3段50mの大滝が現れる。
下段約30mは右岸のルンゼを上がる。
難しくは無いが落ちたら終わりと思うと足が竦む。
中段10mは右岸を巻く。
地籍調査のテープと杭があった。
命懸けの仕事だなあ。
2016年10月16日 10:04撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中段10mは右岸を巻く。
地籍調査のテープと杭があった。
命懸けの仕事だなあ。
1
上段約10m。
そのまま右岸を巻く。
2016年10月16日 10:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段約10m。
そのまま右岸を巻く。
水は透き通っていて綺麗。
2016年10月16日 10:06撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は透き通っていて綺麗。
1
夏場なら是非とも直登したいが、
痺れるほど水が冷たいので左岸を巻く。
2016年10月16日 10:11撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏場なら是非とも直登したいが、
痺れるほど水が冷たいので左岸を巻く。
2
(多分)ダイモンジソウが多く咲いていた。
2016年10月16日 10:16撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(多分)ダイモンジソウが多く咲いていた。
1
左岸水流脇を直登。
苔むしていい感じ。
2016年10月16日 10:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸水流脇を直登。
苔むしていい感じ。
1
CSから二条になって落ちる滝。
左岸脇を上がる。
2016年10月16日 10:25撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CSから二条になって落ちる滝。
左岸脇を上がる。
幅広の滝が現れる。
中央を上がる。
ここから息もつかせぬ連瀑帯となる。
2016年10月16日 10:31撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広の滝が現れる。
中央を上がる。
ここから息もつかせぬ連瀑帯となる。
1
濡れたくないので左岸からトラバース気味に上がる。
2016年10月16日 10:33撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れたくないので左岸からトラバース気味に上がる。
2
右岸の水流を上がり、
左岸へトラバース。
滑らないかヒヤヒヤ。
2016年10月16日 10:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の水流を上がり、
左岸へトラバース。
滑らないかヒヤヒヤ。
1
連瀑なのか大岩のゴーロなのか分かり辛い。
まるで迷路みたい。
2016年10月16日 10:41撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連瀑なのか大岩のゴーロなのか分かり辛い。
まるで迷路みたい。
1
連瀑帯は続く。
どこで行き詰まるか分からないので慎重に上がって行く。
2016年10月16日 10:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連瀑帯は続く。
どこで行き詰まるか分からないので慎重に上がって行く。
1
核心の20m大滝。
瀑風が吹き付け体が冷える。
ここでルート取りを熟考。
2016年10月16日 11:05撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心の20m大滝。
瀑風が吹き付け体が冷える。
ここでルート取りを熟考。
1
考えあぐねた末、右岸を上がる。
木の根が発達しておりそれなりに安心。
しかし滝口へは完全にフリー。
超緊張。
2016年10月16日 11:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
考えあぐねた末、右岸を上がる。
木の根が発達しておりそれなりに安心。
しかし滝口へは完全にフリー。
超緊張。
1
20m滝の落口の上、最後の5m滝。
ここが結構難しかった。
右岸を上がるときにもっと大きく高巻くほうが安全かも。
2016年10月16日 12:12撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20m滝の落口の上、最後の5m滝。
ここが結構難しかった。
右岸を上がるときにもっと大きく高巻くほうが安全かも。
最後の滝を抜けると平易な沢となる。
ほっと一息。
2016年10月16日 12:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の滝を抜けると平易な沢となる。
ほっと一息。
2
さて地図を広げて下山ルートを...と
見上げると右岸に林道らしきものが観えた。
この少し先で遡行終了。
有難い事に踏跡もあった。
2016年10月16日 12:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて地図を広げて下山ルートを...と
見上げると右岸に林道らしきものが観えた。
この少し先で遡行終了。
有難い事に踏跡もあった。
1
「日ノ原集落登山口」へ取る。
植林帯を中をジグザグに下って行く。
2016年10月16日 12:45撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「日ノ原集落登山口」へ取る。
植林帯を中をジグザグに下って行く。
1
日ノ原大森神社に下山。
手を合わせてから駐車地へ。
無事戻って来れた。
2016年10月16日 13:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ原大森神社に下山。
手を合わせてから駐車地へ。
無事戻って来れた。
1

感想/記録

わらじ納めに秀渓と名高い「万ヶ谷」へ。

短いながらも出合いのそうめん滝から30m大滝、連瀑帯、20m大滝と
息をつかせぬ展開でとても楽しい谷だった。
ルートはいくつも考えられそうで、
近場にこんな谷があればずっと通うのにと思った。

時期的に水は痺れる程冷たく、水を被るような滝は巻いたが、
盛夏なら爽快だろうなと思った。

また訪れてみたい。
訪問者数:126人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ