ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983752 全員に公開 ハイキング京都・北摂

京都一周トレイル 31番 ネジリマンボウから1番 京阪伏見稲荷駅まで

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー yjin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
帰り 京阪伏見稲荷駅から京阪三条駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
5分
合計
5時間15分
Sスタート地点08:4210:00東山山頂公園(将軍塚)展望台10:0110:39清水山10:4111:16阿弥陀ヶ峰11:1812:05泉涌寺13:18稲荷山13:30伏見稲荷四ツ辻13:56京都一周トレイル東山1番標識13:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は無い。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

お寺の境内ではもう色づき始めたモミジが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お寺の境内ではもう色づき始めたモミジが。
1
今日はこの31番から出発してまだ行った事の無い東山トレイル1番を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの31番から出発してまだ行った事の無い東山トレイル1番を目指す。
1
30−2番で直ぐ道路を渡る表示だったが全く見て無くてそのまま次の信号まで進む。30−1番を早速見落とす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30−2番で直ぐ道路を渡る表示だったが全く見て無くてそのまま次の信号まで進む。30−1番を早速見落とす。
粟田神社参道からトレイルに入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粟田神社参道からトレイルに入る。
1
ここは親切な標識に助けられる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは親切な標識に助けられる。
そして28番に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして28番に着いた。
途中のお寺から平安神宮の大鳥居を見下ろす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のお寺から平安神宮の大鳥居を見下ろす。
1
ここから尾根に取り付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根に取り付く。
尾根の東側はホテルの敷地らしい。フェンスが続きホテルの散歩コースらしいもの見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の東側はホテルの敷地らしい。フェンスが続きホテルの散歩コースらしいもの見える。
ホテル敷地の一番高い辺りに粟田山の山名プレートがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホテル敷地の一番高い辺りに粟田山の山名プレートがある。
1
さらに150mほど進んだ次の平坦地にも同じ山名の別のプレートが付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに150mほど進んだ次の平坦地にも同じ山名の別のプレートが付いている。
またまた何処かで25番を見落とす。しかしここから脱線して一旦円山公園方面に降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた何処かで25番を見落とす。しかしここから脱線して一旦円山公園方面に降りる。
この地蔵さん辺りまで降りる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この地蔵さん辺りまで降りる。
1
その先の僅かな平坦地に長楽寺山のプレートがある。東大谷山も付いているが2対1で長楽寺山としておこう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先の僅かな平坦地に長楽寺山のプレートがある。東大谷山も付いているが2対1で長楽寺山としておこう。
登り返した道脇に以前からある東大谷山のプレート。かなり傷んできている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返した道脇に以前からある東大谷山のプレート。かなり傷んできている。
こんな感じで道脇下に付いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで道脇下に付いている。
更に先に進んだここから尾根の先端に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に先に進んだここから尾根の先端に向かう。
通り抜けは出来ないとあるが、細かい事を言えば道は続いていて通り抜けは出来る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通り抜けは出来ないとあるが、細かい事を言えば道は続いていて通り抜けは出来る。
尾根先端のこぶの様な広場が山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根先端のこぶの様な広場が山頂。
山名プレートを確認して引き返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名プレートを確認して引き返す。
23番でトレイルに復帰する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
23番でトレイルに復帰する。
22番で山頂のお寺の前に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22番で山頂のお寺の前に出る。
1
山頂の駐車場から展望台に来てみると沢山の方が休んでいた。天気も良く景色も良く見渡せる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の駐車場から展望台に来てみると沢山の方が休んでいた。天気も良く景色も良く見渡せる。
1
ヘリポート横からトレイルに入ると保育園児が付けたなにか微笑ましいプレートがある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート横からトレイルに入ると保育園児が付けたなにか微笑ましいプレートがある。
ドライブウエイへの道との分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウエイへの道との分岐。
清水寺との分岐。ここからまた脱線、北向きの尾根に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水寺との分岐。ここからまた脱線、北向きの尾根に向かう。
尾根にある地蔵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根にある地蔵。
地蔵の先の尾根にもこぶの様な所に僅かな広場がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の先の尾根にもこぶの様な所に僅かな広場がある。
霊仙と呼ばれる所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霊仙と呼ばれる所。
この記念碑の近くにプレートはある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この記念碑の近くにプレートはある。
プレートはもっとあった様な気がするが今日は二枚だけだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
プレートはもっとあった様な気がするが今日は二枚だけだった。
そこから先に進むとコーンで通行止めにしてある。以前これが無かった頃、ここから降りて行ってお寺のフェンスで遮られ抜け出るのに大変な思いをした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから先に進むとコーンで通行止めにしてある。以前これが無かった頃、ここから降りて行ってお寺のフェンスで遮られ抜け出るのに大変な思いをした。
引き返して清水山方面に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して清水山方面に向かう。
18−1番は丁度三角点の分岐の所にある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18−1番は丁度三角点の分岐の所にある。
清水山三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水山三角点。
三角点近くの地蔵。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点近くの地蔵。
三角点から南へ少し進んだ所にある古い鉄塔。何か由緒を示すものが無いかと再び訪れたが何も見つけられなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から南へ少し進んだ所にある古い鉄塔。何か由緒を示すものが無いかと再び訪れたが何も見つけられなかった。
桧が鉄塔に食い込んでいるのを見れば相当古そうである。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桧が鉄塔に食い込んでいるのを見れば相当古そうである。
トレイル途中の清閑寺山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイル途中の清閑寺山。
1
17番で団体さんとすれ違い慌てて写真を撮るも全くのピンボケだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
17番で団体さんとすれ違い慌てて写真を撮るも全くのピンボケだった。
横断歩道の無い道路を渡る。比較的交通量の多い道路で緊張する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横断歩道の無い道路を渡る。比較的交通量の多い道路で緊張する。
ここから再び山道に入る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから再び山道に入る。
12番でまた寄り道する。最初は阿弥陀ヶ峰へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12番でまた寄り道する。最初は阿弥陀ヶ峰へ向かう。
阿弥陀ヶ峰山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀ヶ峰山頂。
1
ここにも保育園の山名プレート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも保育園の山名プレート。
再び12番に戻り反対側のピーク、今熊野山に行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び12番に戻り反対側のピーク、今熊野山に行く。
元ゴルフ場との境が山頂に当たる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元ゴルフ場との境が山頂に当たる。
1
9−1番の近くに神社があった。覗いてみる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9−1番の近くに神社があった。覗いてみる。
参道脇を過ぎ、次の広場でお昼にしようかと考えていたら団体さんがお昼の休憩中だった。さらに先に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道脇を過ぎ、次の広場でお昼にしようかと考えていたら団体さんがお昼の休憩中だった。さらに先に進む。
1
8番から今熊野観音の絵図と、さっき潜った橋を見に行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8番から今熊野観音の絵図と、さっき潜った橋を見に行く。
鳥居橋と言うんだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居橋と言うんだ。
1
泉涌寺の門を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泉涌寺の門を通過。
1
あらら、7番を見落とす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらら、7番を見落とす。
五社之瀧とある。一寸見に行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五社之瀧とある。一寸見に行く。
これが滝らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが滝らしい
5番からルートを外れ三角点に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5番からルートを外れ三角点に向かう。
あれ、前はこんな鳥居は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ、前はこんな鳥居は無かった。
今年の10月建立とある。知らないはずだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の10月建立とある。知らないはずだ。
道路を進むとこんなものが落ちていた。帰って調べたが解らないままだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路を進むとこんなものが落ちていた。帰って調べたが解らないままだ。
四辻への分岐を過ぎて山道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻への分岐を過ぎて山道を進む。
尾根を乗り越える辺りを右に折れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を乗り越える辺りを右に折れる。
尾根道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道を進む。
そろそろ三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ三角点。
1
三角点。点名は西野。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点。点名は西野。
1
山名は西野山。このプレートは初めて見る。今年の3月設置の様だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名は西野山。このプレートは初めて見る。今年の3月設置の様だ。
1
近くを回ってみると36の番号があった。これは東山36峰の36番目を表すのだろう。36番目は稲荷山なので一ノ峰が相応しいと私は思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くを回ってみると36の番号があった。これは東山36峰の36番目を表すのだろう。36番目は稲荷山なので一ノ峰が相応しいと私は思う。
1
この近くにも色々祀られている所がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この近くにも色々祀られている所がある。
一旦下った所の四辻に出た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下った所の四辻に出た。
1
冬苺も沢山実を付けそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬苺も沢山実を付けそうだ。
稲荷山に向かう最初の鳥居。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲荷山に向かう最初の鳥居。
途中にも色々名前がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にも色々名前がある。
観光客が多いが一瞬途切れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客が多いが一瞬途切れた。
1
四辻に着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻に着いた。
何時もならここから帰る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時もならここから帰る。
今日はこのまま下に降りて見よう。4番、3−3番、3−2番は通らなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこのまま下に降りて見よう。4番、3−3番、3−2番は通らなかった。
下山途中で市街地を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中で市街地を望む。
この手前でノルディックウォーキングの団体さんが数珠繋ぎだったのにここでも一瞬人が途切れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手前でノルディックウォーキングの団体さんが数珠繋ぎだったのにここでも一瞬人が途切れた。
1
下まで降りて大鳥居から振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下まで降りて大鳥居から振り返る。
京阪伏見稲荷駅駅近くの1番を初めて見る。ここでも2−2,2−1番の見落としに気付く。通らなかった3ヶ所を含め30/39で9ヶ所も見落としとなった。なかなか難しいな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京阪伏見稲荷駅駅近くの1番を初めて見る。ここでも2−2,2−1番の見落としに気付く。通らなかった3ヶ所を含め30/39で9ヶ所も見落としとなった。なかなか難しいな〜
1

感想/記録
by yjin

昨日は良い天気だったが出かけられなかった。今日は残念な事に午後から天気が崩れるらしい。そこで何時でも逃げ帰れる近場に行こうと稲荷山に行く事にする。東山トレイルもきっちり歩いた事が無い。出来るだけ忠実に歩いてみようと計画した。

トレイルの地図を持って出たが一度も開く事無く最後まで歩いた。敢えて行かなかった3ヶ所を除いても6ヶ所も見落としてしまった。地図を見ない悪い癖が無残な結果をもたらしてしまった。
訪問者数:128人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/9
投稿数: 143
2016/10/16 21:48
 こんばんは
yjinさん、こんばんは。
時刻的に、11:22阿弥陀ケ峯の下ですれ違った方ですね。
下りてこられるのを見て、「ああ、ここからも上がれるのか」
と思い、使わせてもらいました。

ひとつ前のレコのことで恐縮ですが、
日野岳北側のピークへ上がらずに巻くとパノラマ岩があります。
当方も最初は見逃していましたが、絶景ですので
ぜひ再訪してみてください。
下記記録を参照していただければ、と思います。
記録ID: 843280

行動範囲が似ている感じですので、
またどこかでお会いできそうですね
登録日: 2012/8/24
投稿数: 43
2016/10/17 19:53
 Re: こんばんは
drpepperさんこんばんは コメント有り難うございます。

阿弥陀ヶ峰近くで行きと帰りにそれぞれ見かけた方がいらっしゃいましたが帰りにすれ違った方なんですね。一号線の方から藪漕ぎで登る事も出来るのですが蜘蛛の巣の多いこの時期、踏み跡を辿る方が楽なのでこのコースを利用します。

日野岳の件は有り難うございます。まだあの辺りでは元気だったので薄い踏み跡を辿ってピークに登ってしまいました。また機会があれば行ってみたいと思います。
drpepperさんの記録を拝見すると重なる部分が多分にありそうですね。また何処かでお会いすればよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 ヘリポート モミジ 地蔵 モミ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ