ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 983902 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

妙義山(妙義神社〜相馬岳〜中ノ岳〜中ノ嶽神社)

日程 2016年10月13日(木) [日帰り]
メンバー masa0227
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・松井田妙義IC下車10分

・駐車場
 「道の駅妙義」
  市営第二無料駐車場に駐車。(無料)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

ルートは手入力です。コースタイムは休憩時間を含むおおよその時間です。

07:30 妙義神社
07:40 白雲山登山口
08:30大の字
08:40 辻
09:10見晴
09:30大のぞき
10:00 天狗岳
10:30相馬岳
11:00国民宿舎分岐
11:30 ホッキリ
12:00大砲岩分岐
12:50 中ノ岳
13:55石門分岐
14:10中之嶽神社
15:30妙義神社
コース状況/
危険箇所等
 上級者コースですから各ピークとも岩場と鎖場は、全般的に危険
個所が多かったです。
 (鷹戻しは10/13現在も鉄製ハシゴ破損のため通行止めでした)
その他周辺情報登山ポストにあった妙義山登山マップ
 http://www.tomioka-silk.jp/spot/pamphlet/

日帰り入浴
妙義ふれあいプラザもみじの湯
  http://www.dan-b.com/yu_momiji/
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

「道の駅みょうぎ」の看板の右側が登山者用 市営第2駐車場です。(無料)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「道の駅みょうぎ」の看板の右側が登山者用 市営第2駐車場です。(無料)
国の重要文化財に指定されている妙義神社からスタートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国の重要文化財に指定されている妙義神社からスタートです。
1
赤い大きな鳥居をくぐり参道を進むと後方にこれから向う白雲山の岩腹に「大」と書かれた白い文字が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い大きな鳥居をくぐり参道を進むと後方にこれから向う白雲山の岩腹に「大」と書かれた白い文字が見える。
参道の石段を登り、唐門をくぐると妙義神社本殿に着きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道の石段を登り、唐門をくぐると妙義神社本殿に着きます。
1
本殿の右方向に進むと登山口。入口に登山ポストが有ります。入山届を書いて出発です。(ポストに判り易い案内図がありました。ネットでダウンロード可)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本殿の右方向に進むと登山口。入口に登山ポストが有ります。入山届を書いて出発です。(ポストに判り易い案内図がありました。ネットでダウンロード可)
1
最初の鎖場。3本目までは鎖を使わなくとも登れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鎖場。3本目までは鎖を使わなくとも登れました。
1
大の字下の岩場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字下の岩場。
3
大の字到着。南方向に西上州の山並と
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字到着。南方向に西上州の山並と
1
眼下には下仁田方面の平野。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には下仁田方面の平野。
大の字から これから行く白雲山、相馬岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字から これから行く白雲山、相馬岳を望む。
1
大の字より少し進むと、中間道との分岐の「辻」に出ました。白雲山方面はペンキで「キケン上級コース」と書かれている石の上から右に登っていきます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大の字より少し進むと、中間道との分岐の「辻」に出ました。白雲山方面はペンキで「キケン上級コース」と書かれている石の上から右に登っていきます。

奥の院。登山道は右側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院。登山道は右側。
奥の院。鉄梯子で中まで入ることが出来ますがここまで行ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院。鉄梯子で中まで入ることが出来ますがここまで行ってみました。
1
奥の院横の三連30m、斜度約60度の鎖場。白雲山の核心部かな?(私的にはここが一番難易度が高く感じました)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院横の三連30m、斜度約60度の鎖場。白雲山の核心部かな?(私的にはここが一番難易度が高く感じました)
2
ここは足がかりのステップが切ってあるのでさほど難しくはなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは足がかりのステップが切ってあるのでさほど難しくはなかった。
「見晴」。先端部は断崖で眺望は良好。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「見晴」。先端部は断崖で眺望は良好。
2
見晴から 左手奥に裏妙義の稜線が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴から 左手奥に裏妙義の稜線が見えます。
1
見晴から 上信越自動車道がよく見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴から 上信越自動車道がよく見えます。
見晴から 安中市街。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴から 安中市街。
ビビり岩の取り付き。上り始めは、70〜80度の急角度の岩場ですが、乾いていたのでさほど恐怖感はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビビり岩の取り付き。上り始めは、70〜80度の急角度の岩場ですが、乾いていたのでさほど恐怖感はありませんでした。
2
「背ビレ岩」ホールドがあるので、それ程でもない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「背ビレ岩」ホールドがあるので、それ程でもない。
1
大のぞきに到着。御嶽三社大神の石碑が祀られていました。狭い場所です。  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大のぞきに到着。御嶽三社大神の石碑が祀られていました。狭い場所です。  
大のぞきから これから行く「天狗岳」。迫力がある岸壁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大のぞきから これから行く「天狗岳」。迫力がある岸壁。
5
裏妙義の烏帽子岩・赤岩・丁頭の頭などのギザギザした稜線が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏妙義の烏帽子岩・赤岩・丁頭の頭などのギザギザした稜線が見えます。
1
裏妙義の手前の岩峰群は・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏妙義の手前の岩峰群は・・・?
30m下降の鎖場。ここも乾燥していてホールドがあるので見た目ほど恐怖感はなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30m下降の鎖場。ここも乾燥していてホールドがあるので見た目ほど恐怖感はなかった。
2
天狗岳の山頂。樹木に囲まれ展望はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳の山頂。樹木に囲まれ展望はなし。
2
天狗岩からの鞍部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩からの鞍部。
相馬岳。表妙義最高峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相馬岳。表妙義最高峰。
2
これから向う金洞山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向う金洞山。
2
国民宿舎の分岐。第4石門を目指して直進。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国民宿舎の分岐。第4石門を目指して直進。
長い下りの鎖場ですが乾いているのでそれ程難易度は高くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い下りの鎖場ですが乾いているのでそれ程難易度は高くない。
1
堀切。鷹戻し前のエスケープ地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堀切。鷹戻し前のエスケープ地点。
1
レコ情報で「鷹戻し」が通行止めをリサーチ済みでした。いったん中間道に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコ情報で「鷹戻し」が通行止めをリサーチ済みでした。いったん中間道に下ります。
2
中間道まで降りて、石門方面(右)へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間道まで降りて、石門方面(右)へ。
1
中間道の鉄製の階段。歩き易いこれが無ければこのやせ尾根は登れないでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間道の鉄製の階段。歩き易いこれが無ければこのやせ尾根は登れないでしょう。
1
岩のトンネル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のトンネル。
1
大砲岩分岐。大砲岩(右)に寄ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大砲岩分岐。大砲岩(右)に寄ってみました。
1
3本の鎖がありますがどれでも可。ステップが切ってあるので難易度は低いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本の鎖がありますがどれでも可。ステップが切ってあるので難易度は低いです。
2
天狗のひょうてい。に登ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のひょうてい。に登ってみました。
1
天狗のひょうていから こぶ岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のひょうていから こぶ岩。
2
天狗のひょうていから 大砲岩。左の先端が大砲の形に見える?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のひょうていから 大砲岩。左の先端が大砲の形に見える?
1
天狗のひょうていから これから向う金洞山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗のひょうていから これから向う金洞山。
3
迫力の岩壁に圧倒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力の岩壁に圧倒されます。
1
第4石門(これも凄い自然の造形美)を通過すると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第4石門(これも凄い自然の造形美)を通過すると
3
金洞山への登り口。しかしここから指導標等がなくコースが判り難かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金洞山への登り口。しかしここから指導標等がなくコースが判り難かった。
1
尾根に出ましたが指導標やマーキング等はない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ましたが指導標やマーキング等はない。
中ノ岳直下の鎖場。ここは結構な高度感がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳直下の鎖場。ここは結構な高度感がありました。
2
登って上から撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って上から撮影。
1
中ノ岳山頂に到着。祠がありましたが、標柱や山名等はなし?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳山頂に到着。祠がありましたが、標柱や山名等はなし?
1
山頂付近の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近の紅葉。
3
山頂から安中市街方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から安中市街方面。
1
東岳方面に少し戻ってみましたが先がまだだいぶありそうなので細尾根を渡ったらここで引き返しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳方面に少し戻ってみましたが先がまだだいぶありそうなので細尾根を渡ったらここで引き返しました。
中ノ嶽神社分岐まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ嶽神社分岐まで戻ってきました。
轟神社前の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
轟神社前の分岐。
1
轟神社。後方の轟岩も登れるそうですが・・・(^-^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
轟神社。後方の轟岩も登れるそうですが・・・(^-^;
1
中ノ嶽神社。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ嶽神社。
2
デカイ!!圧倒される大黒様!\(◎o◎)/
(高さ20m 重さ8.5t)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デカイ!!圧倒される大黒様!\(◎o◎)/
(高さ20m 重さ8.5t)
4
やる気 元気のでる日本一の大黒様だそうです。最初にこれを見てから登れば良かったのかなァー(^_^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やる気 元気のでる日本一の大黒様だそうです。最初にこれを見てから登れば良かったのかなァー(^_^)
2
中ノ嶽神社入口。(手前に駐車場有り)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ嶽神社入口。(手前に駐車場有り)
1
無事道の駅みょうぎに戻ってこれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事道の駅みょうぎに戻ってこれました。

感想/記録

 妙義山は上毛三山の2座目です。
紅葉の時期に登ろうと思ってましたがここ2~3日雨が降ってない
ようなので入山することにしました。
 
 白雲山~金洞山の縦走は核心部の「鷹戻し」が鉄製のハシゴが
破損のため、現在も通行止めでした。
それでもやはり上級者コ−スそれなりに危険箇所は沢山あります。

 妙義山と言えば鎖場でしょうか、乾いていれば手掛かり、足掛かり
は沢山ありますので鎖に全体重を委ねる所はありませんでした。
 三点支持をしっかりすればそれほど難易度は高くはないと感じまし
が、ワイルド感満載で十分楽しめました。

訪問者数:463人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ