ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 984094 全員に公開 沢登り近畿

初秋の段ヶ峰、倉谷遡行

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー Mameta7jp, その他メンバー2人
天候晴のち曇り
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
0分
合計
6時間40分
Sスタート地点08:4015:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
08:40 駐車地発
09:10 一の滝(15m)手前入渓
09:30 一の滝 ガリー登攀
09:45 二の滝(30m)手前休憩
10:15 二の滝 左壁登攀
10:30 三の滝(10m)
11:00 林道出会い 昼食
12:30 フトウガ峰稜線 着替え
13:00 段ヶ峰山頂 休憩
13:40 フトウガ峰
14:20 林道出会い
15:20 駐車地着
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

道が荒れているので三叉分岐手前で駐車して沢装備で出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が荒れているので三叉分岐手前で駐車して沢装備で出発します。
10月も半ば。マムシ草が既に赤くなってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10月も半ば。マムシ草が既に赤くなってました。
一の滝(15m)手前で入渓。左岸ガリーを登ります。ロープ不要でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝(15m)手前で入渓。左岸ガリーを登ります。ロープ不要でした。
一の滝お堂から下を見る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の滝お堂から下を見る。
昔は二の滝までナメが続いていたようですが事前情報通り山抜けで荒れてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔は二の滝までナメが続いていたようですが事前情報通り山抜けで荒れてました。
小滝。水際を登ります。このクラスが無数にあります(頂き物写真)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝。水際を登ります。このクラスが無数にあります(頂き物写真)。
二の滝(30m)着。右岸岩壁を登ります。途中立木でピッチを区切りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝(30m)着。右岸岩壁を登ります。途中立木でピッチを区切りました。
二の滝右岸岸壁登攀中のM前さん(頂き物写真)。この角度で見るとおっかないなー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の滝右岸岸壁登攀中のM前さん(頂き物写真)。この角度で見るとおっかないなー。
日差しになんとなく秋を感じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しになんとなく秋を感じます。
1
美しいナメ滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいナメ滝。
思い思いにコースを選んで登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思い思いにコースを選んで登ります。
1
5mとゆ。水量が減ってきても楽しませてくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5mとゆ。水量が減ってきても楽しませてくれます。
1
リッジ4〜5m。階段状ですが段差が大きく緊張しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リッジ4〜5m。階段状ですが段差が大きく緊張しました。
1
林道も過ぎ、水も枯れ、ミゾも降雨時に伏流水が噴出す穴で行き止り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道も過ぎ、水も枯れ、ミゾも降雨時に伏流水が噴出す穴で行き止り。
フトウガ峰少し南側、風が心地よい稜線に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フトウガ峰少し南側、風が心地よい稜線に出ました。
1
30分程度歩くと段ヶ峰山頂に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分程度歩くと段ヶ峰山頂に着きました。
テクテク。。(頂き物写真)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テクテク。。(頂き物写真)
気持ちのいい稜線。先週行った四国の剣山系縦走を思い出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい稜線。先週行った四国の剣山系縦走を思い出しました。
フトウガ峰まで戻ってきました。後は下山するだけ。お疲れ様でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フトウガ峰まで戻ってきました。後は下山するだけ。お疲れ様でした!

感想/記録

 朝夕は肌寒くなってきました。今年最後の沢になるかも知れませんが沢登りに行ってきました。水量が少なくあまり濡れずに登れる初級の播磨の沢で行ったことのない倉谷を選択。ひざ上まで濡れることも無く終始快適で楽しめました。

一の滝:左岸ガリーを登る。特にロープ無くてもokでした。
二の滝:右岸岩壁を登る。高さもあって途中の立木でピッチを区切りました。
    ホールド豊富で登りやすく楽しめました。
    2人目はタイブロック、3人目はビレイして登って貰いました。
三の滝:どれが三の滝だったかよく分からなかったです。
詰め :遡行図では段ヶ峰山頂方面に向かう枝谷を登ることになっている。
    今回は本谷を詰める。ちょろちょろになってからも意外に長い。
ハイキング:詰めた先の稜線が開けたなだらかな笹原で気持ちいいところでした。
下山 :旗谷は薮道らしいので素直にフトウガ峰から杉谷方面へ降りる。
    林道は長いが一部傾斜の緩いところでショートカットした。

全体的に優しくおおらかな雰囲気がとても感じがよかったです。

(反省点)
・リーダーのくせに地形図を持ってきていない(自宅プリンタ故障)。
・地形の予習が不十分(ぶっつけ本番でGPS片手になんとかする予定だった)。

 M尾様、的確なアドバイスありがとうございました!
訪問者数:182人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ