ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 984193 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳〜茂倉岳 西黒尾根〜茂倉新道

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー shigebo
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
土樽の登山口から土樽駅に行くのはやや迷いやすかったです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間0分
休憩
0分
合計
7時間0分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ06:1006:30西黒尾根登山口07:40ラクダの背(ラクダのコブ)08:20ザンゲ岩08:40谷川岳(トマノ耳)08:50谷川岳(オキの耳)08:4009:10ノゾキ09:40一ノ倉岳09:50茂倉岳10:10茂倉岳避難小屋10:40矢場ノ頭11:40茂倉新道登山口12:10土樽駅12:40土合駅13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

6時過ぎですが無料駐車場はほぼ満車です。やはり人気の山ですね。ほとんどの方はロープウェイで向かうようです、
2016年10月16日 06:13撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時過ぎですが無料駐車場はほぼ満車です。やはり人気の山ですね。ほとんどの方はロープウェイで向かうようです、
2
西黒尾根で登ります。
2016年10月16日 06:33撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根で登ります。
1
ラクダの背からみた谷川岳。
2016年10月16日 07:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背からみた谷川岳。
2
これから岩場の急登です。
2016年10月16日 07:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから岩場の急登です。
2
厳剛新道との合流。
2016年10月16日 07:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
厳剛新道との合流。
1
氷河跡と言われているツルツルの岩。一休みしました。
2016年10月16日 08:08撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷河跡と言われているツルツルの岩。一休みしました。
1
谷川岳の双耳峰。
2016年10月16日 08:24撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳の双耳峰。
2
トマの耳に到着。時間が早いせいかほとんど人はいませんでした。
2016年10月16日 08:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳に到着。時間が早いせいかほとんど人はいませんでした。
3
オキの耳に向かいます。
2016年10月16日 08:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳に向かいます。
3
オキの耳。風がとても強かったです。
2016年10月16日 08:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳。風がとても強かったです。
1
一ノ倉岳に向かう途中にあるノゾキよりみた一ノ倉沢。
2016年10月16日 09:13撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳に向かう途中にあるノゾキよりみた一ノ倉沢。
1
一ノ倉岳山頂。
2016年10月16日 09:37撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳山頂。
1
茂倉岳への稜線は穏やかで静かでした。
2016年10月16日 09:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳への稜線は穏やかで静かでした。
2
歩いてきた谷川岳〜一ノ倉岳の稜線。熊笹が光って綺麗でした。
2016年10月16日 09:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた谷川岳〜一ノ倉岳の稜線。熊笹が光って綺麗でした。
4
茂倉岳山頂。誰もいませんでした。
2016年10月16日 09:54撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂。誰もいませんでした。
2
山頂からちょっと下ったところに避難小屋があります。
2016年10月16日 09:55撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からちょっと下ったところに避難小屋があります。
なかなか立派な避難小屋でした。
2016年10月16日 10:06撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか立派な避難小屋でした。
紅葉の最盛期は過ぎていましたがなかなか綺麗でした。
2016年10月16日 10:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の最盛期は過ぎていましたがなかなか綺麗でした。
4
矢場の頭。
2016年10月16日 10:42撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場の頭。
1
土樽の登山口まで下りました。矢場の頭から土樽までの道は木の根や粘土の道が多く、とても滑りやすかったです。3回くらい転びました。
2016年10月16日 11:36撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽の登山口まで下りました。矢場の頭から土樽までの道は木の根や粘土の道が多く、とても滑りやすかったです。3回くらい転びました。
林道から見上げた茂倉岳。
2016年10月16日 11:50撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から見上げた茂倉岳。
1
登山口から土樽駅までのルートはややわかりにくかったです。
2016年10月16日 12:05撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から土樽駅までのルートはややわかりにくかったです。
2
古い電車が来ると思っていたらとても綺麗な電車が来ました。
2016年10月16日 12:24撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古い電車が来ると思っていたらとても綺麗な電車が来ました。
1
清水トンネルを抜けて土合駅に到着。
2016年10月16日 12:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水トンネルを抜けて土合駅に到着。
1
有名な土合駅の階段。486段?
2016年10月16日 12:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な土合駅の階段。486段?
1
土合駅の駅舎。
2016年10月16日 12:43撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合駅の駅舎。
1
撮影機材:
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/1
投稿数: 1509
2016/10/17 6:53
 こんにちは、shigeboさん
何とか間に合った親子です。
仰るように、焦っていると土樽駅まで分かりづらいと思います。

お疲れ様でした
登録日: 2013/8/24
投稿数: 5
2016/10/19 21:26
 Re: お疲れ様でした。
茂倉新道でお会いした親子連れの方ですね。お返事遅くなってすみません。息子さん頑張っておられましたね。感心しました。自宅に帰ってそのことを自分の息子(高校生)に話したら「絶対無理・・・」、と言われました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ