ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 984306 全員に公開 ハイキング甲信越

紅葉の八海山〜見頃は八ッ峰鎖場エリア〜

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー mandy02, その他メンバー1人
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
【往路】
07:00 練馬IC
 ↓  関越道(約190km)
08:50 六日町IC
 ↓  下道(約15km)
09:10 八海山ロープウェー山麓駅

ロープウェーは通常20分間隔のようですが、繁忙期の本日は10分間隔でした。
料金はHPの割引券(要印刷)で往復1700円でした。

【復路】
15:40 八海山ロープウェー山麓駅
 ↓  下道(約15km)
16:00 六日町IC
 ↓  関越道〜北関東道〜東北道(約220km)※渋滞回避のため
19:10 浦和IC

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間49分
休憩
55分
合計
5時間44分
S八海山ロープウェイ山頂駅09:3109:51大倉口分岐10:08漕池10:26女人堂10:3111:06八海山(薬師岳)11:0711:22千本檜小屋11:4611:54地蔵岳12:0312:51八海山(大日岳)12:5513:39地蔵岳13:4013:46千本檜小屋13:5113:59八海山(薬師岳)14:0114:31女人堂14:3214:44漕池14:4514:58大倉口分岐15:11八海山ロープウェイ山頂駅15:1315:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
女人堂〜薬師岳の区間は割と急登ですが、薬師岳まではハイキング的な感じです。
道幅も狭く鎖場もあったりして追い越しポイントが少ないため、午後の復路はかなり渋滞してました。
薬師岳〜大日岳の区間はかなり急峻な岩場の鎖場を繰り返しアップダウンします。
迂回路もそれなりにハードな印象なので、それなりの体力とスキルが必要だと思います。
紅葉は女人堂〜大日岳の区間(標高1500超)が最盛期な感じでした。
途中の千本檜小屋ではドリンク類とカップラーメン、山バッジ等のグッズが購入できます。個人的には利用してませんがトイレ(100円)もあるようです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

09:10 八海山ロープウェー山麓駅到着。
早速準備して09:20頃満員のロープウェーに乗車。
HPの割引券を印刷して持って行くと往復1700円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:10 八海山ロープウェー山麓駅到着。
早速準備して09:20頃満員のロープウェーに乗車。
HPの割引券を印刷して持って行くと往復1700円。
3
ロープウェー車窓から
逆光で分かりにくいけど山頂付近は結構紅葉してる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェー車窓から
逆光で分かりにくいけど山頂付近は結構紅葉してる!
6
09:27 ロープウェー山頂駅到着
山頂駅前の鳥居が登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:27 ロープウェー山頂駅到着
山頂駅前の鳥居が登山口
09:30 鳥居をくぐって登山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:30 鳥居をくぐって登山開始
1
カミさんがおnewの靴を新調。
Obozのトレッキングブリッガービードライ。
いいなぁ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カミさんがおnewの靴を新調。
Obozのトレッキングブリッガービードライ。
いいなぁ…
12
最初は緩斜面の快適なハイキングルートですが、徐々に急勾配になっていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩斜面の快適なハイキングルートですが、徐々に急勾配になっていきます。
2
八海山の峰々が近くなってきた!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八海山の峰々が近くなってきた!
4
紅葉もイイ感じ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉もイイ感じ!
4
ススキもイイ感じ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキもイイ感じ!
5
振り返って歩いてきた山。メッチャ紅葉してる〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って歩いてきた山。メッチャ紅葉してる〜
10
途中「胎内くぐり」にチャレンジ。
胎内くぐりは結構な狭さ&急斜面で苦戦!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中「胎内くぐり」にチャレンジ。
胎内くぐりは結構な狭さ&急斜面で苦戦!
3
胎内くぐりで生まれ変わった私。…あれ?全然変わってないぞ?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内くぐりで生まれ変わった私。…あれ?全然変わってないぞ?!
5
もうすぐ女人堂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ女人堂。
6
10:26 女人堂
ここで5分ほどドリンク休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:26 女人堂
ここで5分ほどドリンク休憩
3
避難小屋がありました。
ベンチなどもあって多く人が休憩していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋がありました。
ベンチなどもあって多く人が休憩していました。
1
北側(越後駒ヶ岳方面)の展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側(越後駒ヶ岳方面)の展望。
6
南西側(六日町方面)の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西側(六日町方面)の展望
2
薬師岳に向けては結構急登。
でもすぐ脇の草紅葉が素晴らしかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳に向けては結構急登。
でもすぐ脇の草紅葉が素晴らしかった!
11
北側の展望
遠くに見えているのは何連峰だろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の展望
遠くに見えているのは何連峰だろう?
4
歩いてきた道を振り返る。
結構登ったなぁ。
…半分以上ロープウェイですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を振り返る。
結構登ったなぁ。
…半分以上ロープウェイですが…
9
薬師岳頂上直前に結構長い鎖場が出現。
まぁ、そんなに急斜面では無いんですけどね…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳頂上直前に結構長い鎖場が出現。
まぁ、そんなに急斜面では無いんですけどね…
5
素晴らしい稜線歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい稜線歩き
15
すぐに千本檜小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに千本檜小屋
21
振り返って薬師岳。
青空をバックに陽が当たって彩度UP。超紅葉感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って薬師岳。
青空をバックに陽が当たって彩度UP。超紅葉感。
11
11:16 千本檜小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:16 千本檜小屋
7
ドリンク類とカップラーメンが購入できます。
トイレもあります(100円)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドリンク類とカップラーメンが購入できます。
トイレもあります(100円)。
1
山バッヂGET(500円)
ここで30分程ランチ休憩。
いつも通りのカップ麺と缶チューハイでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山バッヂGET(500円)
ここで30分程ランチ休憩。
いつも通りのカップ麺と缶チューハイでした。
5
11:46 ランチ休憩終了。
ザックをデポして片道1時間程の大日岳を目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:46 ランチ休憩終了。
ザックをデポして片道1時間程の大日岳を目指す。
3
サブザックに水と行動食が入ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サブザックに水と行動食が入ってます。
6
越後駒ヶ岳イイ感じ。
まだ未踏。実は…来年のヒメサユリの季節に行こうと思ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳イイ感じ。
まだ未踏。実は…来年のヒメサユリの季節に行こうと思ってます。
6
11:58 地蔵岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:58 地蔵岳
16
これから向かう大日岳方面の稜線。
紅葉感ハンパ無いです。良かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう大日岳方面の稜線。
紅葉感ハンパ無いです。良かった〜
20
玉子石…的な感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉子石…的な感じ。
12
12:02 不動岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:02 不動岳
11
振り返って薬師岳&地蔵岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って薬師岳&地蔵岳
12
大日岳方面
まだちょっと遠いなぁ…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳方面
まだちょっと遠いなぁ…
3
不動岳には不動明王(?)がいらっしゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳には不動明王(?)がいらっしゃいました。
13
結構イケメンです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構イケメンです。
7
12:15 五大岳
どうやら八海山の「八ッ峰」の中には含まれていないらしい…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:15 五大岳
どうやら八海山の「八ッ峰」の中には含まれていないらしい…
3
核心部に近づくにつれ、だんだんハードになって行く気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心部に近づくにつれ、だんだんハードになって行く気がする。
3
鎖場を下っては登り、登っては下りの繰り返し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場を下っては登り、登っては下りの繰り返し。
4
カニの横ばい…的なところもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニの横ばい…的なところもあります。
4
滑落注意!
落石注意!
メット持ってきた方が良かったかなぁ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑落注意!
落石注意!
メット持ってきた方が良かったかなぁ?
3
軍手必携です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍手必携です。
6
まだ4ピークほど残っています…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ4ピークほど残っています…
9
結構な高度感!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な高度感!
15
苗場方面の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場方面の展望
1
摩利支岳への鎖場。太陽に向かって登る。
「め、目がぁ〜」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支岳への鎖場。太陽に向かって登る。
「め、目がぁ〜」
5
12:40 摩利支岳
あれ?釈迦岳ってありましたっけ?
紅葉の写真撮影に夢中で、まさかのピーク見逃しxxx
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:40 摩利支岳
あれ?釈迦岳ってありましたっけ?
紅葉の写真撮影に夢中で、まさかのピーク見逃しxxx
7
これが「剣ヶ峰」ですかねぇ(?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが「剣ヶ峰」ですかねぇ(?)
2
大日岳への最後の登り。
鎖はありますが…結構ヤバイ感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳への最後の登り。
鎖はありますが…結構ヤバイ感じです。
1
垂直のハシゴを登り切れば大日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直のハシゴを登り切れば大日岳。
4
12:50 大日岳到着
ここで10分程ドリンク&行動食休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:50 大日岳到着
ここで10分程ドリンク&行動食休憩。
5
誰も居なかったのでセルフで記念撮影。
ヤッター!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も居なかったのでセルフで記念撮影。
ヤッター!
24
正面に入道岳が見えてる。
しかし、もう既に結構な達成感もあり、予定より1時間遅れのスタートだったこともあり、入道岳は諦める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に入道岳が見えてる。
しかし、もう既に結構な達成感もあり、予定より1時間遅れのスタートだったこともあり、入道岳は諦める。
6
紅葉イイ感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉イイ感じ。
3
先に進めば登山口への迂回路がありましたが、渋滞しているようなので来た道を戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進めば登山口への迂回路がありましたが、渋滞しているようなので来た道を戻る。
3
垂直のハシゴ。
下を見るので下りの方が怖かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
垂直のハシゴ。
下を見るので下りの方が怖かった。
6
最盛期の紅葉を眺めながら稜線を行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最盛期の紅葉を眺めながら稜線を行く。
8
摩利支岳下降後、迂回路に向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支岳下降後、迂回路に向かう。
1
迂回路合流地点から振り返って青空に映える摩利支岳&大日岳。
ハードな山だったけど、ここからは楽々〜…と、この時は思っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路合流地点から振り返って青空に映える摩利支岳&大日岳。
ハードな山だったけど、ここからは楽々〜…と、この時は思っていた。
13
実は、迂回路=楽々ルートでは無かった…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は、迂回路=楽々ルートでは無かった…
2
結構な高度感の歩行幅数10cmの場所をトラバース。
鎖が無かったらチョット無理でしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な高度感の歩行幅数10cmの場所をトラバース。
鎖が無かったらチョット無理でしょう。
7
何ヵ所か崖っプチを鎖で下降したりもします。
迂回路もそこそこハードなので気を付けて下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何ヵ所か崖っプチを鎖で下降したりもします。
迂回路もそこそこハードなので気を付けて下さい。
8
でも紅葉は素晴らしかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも紅葉は素晴らしかった。
6
ホントに素晴らしかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホントに素晴らしかった。
8
ヘンな岩
これが見えてくればもうすぐ千本檜小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘンな岩
これが見えてくればもうすぐ千本檜小屋。
5
13:50 千本檜小屋に戻る。
ここでストックを準備しつつ5分程休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:50 千本檜小屋に戻る。
ここでストックを準備しつつ5分程休憩。
1
午後になっても晴天が続きました。
しかし、人気の山。復路はほぼほぼ渋滞。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後になっても晴天が続きました。
しかし、人気の山。復路はほぼほぼ渋滞。
5
15:11 下山完了
おつかれさまでした。
ロープウェー山頂駅には靴洗い場&ブラシがあります。この気遣いサイコーです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:11 下山完了
おつかれさまでした。
ロープウェー山頂駅には靴洗い場&ブラシがあります。この気遣いサイコーです!
8

感想/記録

今回はカミさんの新調した登山靴の試し履きを兼ねていたので、普通の登山道のほかに適度にガレ場や岩場もあって、かつロングコースでは無い山。そしてせっかくなので紅葉見頃の山。…ということで「八海山」に行く計画を立てました。

前夜に色々準備し、ロープウェー始発08:00に合わせて到着するため、04:30起床、05:00自宅出発しようとしたら車のエンジンが掛からない…えええ〜っ?!
早朝からJAF救援を要請し、5年落ちのバッテリーが寿命だったことが判明し、その場で交換となりました。
この時点で06:15…あ〜どうしよう…今日は止めとくかなぁ?とも思いましたが、ザックも服も靴も全部準備済だったので、気をとり直して75分遅れで自宅を出発しました。

ノンストップで関越道を飛ばし、心配したロープウェーの乗車待ちも無くサクッと標高差771mを稼ぎ、なんとか予定より1時間程の遅れで登山スタートできました。

紅葉は山麓はまだまだですが、山頂駅から標高が上がるにつれ赤・黄・オレンジの紅葉度合が増していき、標高1500m過ぎたあたりは最盛期だったと思います。
八海山の八つの岩峰を登っては下る鎖場も結構スリリングで楽しかったです。
カミさんの新靴もフィットしたらしく問題無く下山完了しました。

本日はスタート1時間遅れの影響で入道岳を諦めちゃったのが少々心残りでしたが、ロープウェーを利用したこともあり体力的には楽々で、何と言っても天気がサイコーな秋晴れだったので気分爽快な紅葉の山歩きができました。

次はどこに行こうかな?
訪問者数:389人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ