ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 984328 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

蓼科山(蓼科山登山口BS〜蓼科牧場BS)

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー yamadora
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

ボンネットバスたる蓼科高原ラウンドバス
2016年10月16日 08:04撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボンネットバスたる蓼科高原ラウンドバス
1
微かに色づいたカラマツが青空に映える
2016年10月16日 10:14撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微かに色づいたカラマツが青空に映える
2
岩がごろつく急坂を登る
2016年10月16日 10:31撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩がごろつく急坂を登る
1
森林限界が近づくと立ち枯れが目立ってくる
2016年10月16日 11:27撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界が近づくと立ち枯れが目立ってくる
1
火山岩が折り重なる山頂直下
2016年10月16日 11:43撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山岩が折り重なる山頂直下
1
山頂直下から振り返ると八ヶ岳の皆さんが勢ぞろい
2016年10月16日 11:45撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下から振り返ると八ヶ岳の皆さんが勢ぞろい
異星のような雰囲気が漂う広大な蓼科山頂
2016年10月16日 11:57撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
異星のような雰囲気が漂う広大な蓼科山頂
南アルプスの皆さん
2016年10月16日 12:25撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの皆さん
中央アルプスの皆さんと御嶽山
2016年10月16日 12:25撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの皆さんと御嶽山
眼下の白樺湖と霧ヶ峰
2016年10月16日 12:29撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の白樺湖と霧ヶ峰
1
北アルプスの皆さん
2016年10月16日 12:29撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの皆さん
眼下の蓼科山荘と佐久平・浅間山
2016年10月16日 12:59撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の蓼科山荘と佐久平・浅間山
ゴンドラリフト駅前に立つ御柱と蓼科山
2016年10月16日 14:26撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラリフト駅前に立つ御柱と蓼科山
1
蓼科牧場に無事下山
2016年10月16日 14:59撮影 by HUAWEI VNS-L22, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科牧場に無事下山
1

感想/記録

苦い思い出のある蓼科山に数年ぶりに2度目の山行。初登頂のときは、ロープウェイ山頂から北横岳、双子池、大河原峠を経て山頂に立ち、ゴンドラリフトで蓼科牧場へと下った。しかし、バス便は既になく、タクシーで茅野まで戻るはめになり、1万円近い出費を強いられたのだった。
茅野駅から、ロープウェイ行きのバスを見送り、車山高原行きのボンネットバスに乗車する。途中、2度ほど折り返しながらの運行で、蓼科山登山口までは1時間30分ほどかかる。登山口の駐車場には清潔なバイオトイレが備えられている。
次第に曇ってくる予報だが、上空は巻雲は見られるものの、まだ青空が優勢。山頂まで、高層の薄雲との競走になりそうな気がしたが、久しぶりの山行、あせらずに登る。
斜度がいったん緩んだ後、火山岩がごろごろした岩場の急坂にさしかかる。登り切ると2,110メートル地点。登山口が1,720メートル、山頂が2,530メートルなので、ちょうど中間ポイント。休憩するにちょうどよいポイントである。
さらに頑張って急坂を登ると、いよいよ森林限界を越え、遮るもののない開放的な岩場となる。振り返れば大展望。上空はいまだ雲は広がらず、最高の登山日和。山頂ヒュッテ手前で折り返すようにして、火山岩が敷き詰められた広大な山頂に立つ。休憩場所には事欠かない。山頂の端から端まで移動するのも一苦労だが、まさに360度の大展望で、全アルプスが望める。
2014年の9月、彼方に威容を誇る御嶽山にて災いに遭った方たちも、同じような清々しい気持ちで大展望を楽しんでいたことだろう。大休止の後は、蓼科山荘方面に下る。険しい下りでやや渋滞気味。登ってくる人も多い時間帯。無理な追い越しはしないが吉である。
蓼科山荘からゴンドラリフトへの下りも、一度通ったことがある道だが、とにかく滑りやすく展望もない辛い下りという記憶しかない。今日は行程が短いので、足にはまだ余裕があるが、やはり楽しい道とは言えない。馬返しまで下り切れば、駐車場のある七合目まではなだらかな道を一投足。
ゴンドラリフトの駅までは車道を二、三度渡りながら下る。刈り払われており、歩きやすい。御柱が立つゴンドラリフトの御泉水自然園駅からは、リフトには乗らず、ゲレンデの中の下山コースをたどる。急坂には違いないが、足元は芝生であり、ゲレンデにありがちな歩きにくさはない。
下りきった蓼科牧場では、ミニブタ、ポニー、羊、ウサギといった動物と間近に触れ合える。蓼科牧場からは、いずれも乗り継ぎになるが、茅野にも佐久平にも下りられる。立科町役場前でバスを乗り継ぎ、中山道の宿場をたどりながら、バスは新幹線の通る佐久平へと着いた。
結局夕方まで曇ることははく、最後まで天気に恵まれた、今秋の初山行だった。紅葉は期待したほどには見られなかったが、気持ちのいい一日となった。
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ