ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 984726 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 美し森〜甲斐小泉

日程 2016年10月14日(金) 〜 2016年10月15日(土)
メンバー mas811061
天候晴れ、時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー、 車・バイク
たかね荘駐車場
甲斐小泉駅⇒清里駅:小海線  ¥240
清里駅⇒たかね荘 :タクシー ¥1450
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間23分
休憩
2時間17分
合計
8時間40分
S八ヶ岳美し森ロッジ(たかね荘)06:4406:54羽衣池07:32真教寺尾根登山口07:35賽の河原08:28牛首山08:3808:50扇山10:52真教寺尾根分岐10:5310:58竜頭峰11:0011:04赤岳11:2511:27赤岳頂上山荘12:0512:07赤岳12:1112:12竜頭峰12:23文三郎尾根分岐12:35中岳12:4012:50中岳のコル12:5513:15阿弥陀岳13:5014:07中岳のコル14:17中岳14:2014:37文三郎尾根分岐14:4015:10竜頭峰15:10赤岳15:2015:24赤岳頂上山荘
2日目
山行
6時間27分
休憩
1時間12分
合計
7時間39分
赤岳頂上山荘05:4505:50赤岳05:5605:59竜頭峰06:0006:04真教寺尾根分岐07:08キレット小屋07:1607:42ツルネ08:10旭岳08:25縦走路分岐08:2708:35権現岳08:4508:50縦走路分岐09:0009:02権現小屋09:07東ギボシ09:0809:18西ギボシ09:1909:28のろし場09:47青年小屋10:0010:20編笠山10:2511:11押手川11:1811:30雲海11:58観音平12:0612:43小泉登山口13:24甲斐小泉駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
岩稜帯が多いので注意を要するが、危険な個所には一応鎖、ハシゴが整備されている。

【真教寺尾根〜竜頭峰】
  竜頭峰に突き上げる最後は急な岩稜で鎖場などがある。
  それまでは普通の樹林帯。

【赤岳〜阿弥陀岳】
  赤岳、阿弥陀岳の登り下りは岩稜帯で鎖、ハシゴなどが各所にある。
  ガレ、風化したザレ場でのスリップに注意。

【赤岳〜観音平】
  赤岳からの下り、権現岳先の一部は岩稜帯で鎖、ハシゴなどあり。

*登山ポスト:たかね荘駐車場から羽衣池に向いすぐの分岐点
その他周辺情報【立寄り湯】
  たかねの湯(820¥、国道141を韮崎方面に南下)
  http://www.kiyosato-okanokouen.com/takanenoyu
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

たかね荘の駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たかね荘の駐車場
駐車場から道標に従い羽衣池方向へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から道標に従い羽衣池方向へ
すぐ分岐点、ここに届けポストがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ分岐点、ここに届けポストがあります
羽衣池を素通り・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽衣池を素通り・・・
そしてスキー場の横を通って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてスキー場の横を通って
やがて主稜が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて主稜が見えてきました
1
途中から富士山も見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から富士山も見えてきました
牛首山頂上です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首山頂上です
赤岳、意外と近くに見えますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳、意外と近くに見えますね
真教寺尾根の大半は樹林帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真教寺尾根の大半は樹林帯
そして高度が上がり、ぼちぼち岩稜帯へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして高度が上がり、ぼちぼち岩稜帯へ
1
もうすぐ主稜線です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ主稜線です
ここが、真教寺尾根分岐点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが、真教寺尾根分岐点
1
あちらは、明日行くキレット方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらは、明日行くキレット方面
ハシゴを登ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴを登ると
赤岳頂上と山荘が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上と山荘が見えました
3
頂上から見た県境尾根と真教寺尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から見た県境尾根と真教寺尾根
せっかくだから富士山もパチリ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくだから富士山もパチリ!
1
眼前には横岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼前には横岳
2
西には中岳、阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西には中岳、阿弥陀岳
2
赤岳頂上山荘チェックイン、一番乗りみたいでした。
だってまだお昼ですから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘チェックイン、一番乗りみたいでした。
だってまだお昼ですから。
1
午後半日余ったので、阿弥陀岳をピストンすることにしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後半日余ったので、阿弥陀岳をピストンすることにしました
1
阿弥陀も結構岩々ですねぇ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀も結構岩々ですねぇ
1
赤岳を振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳を振り返る
阿弥陀岳頂上に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳頂上に到着
1
槍穂も見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂も見えました
さて、赤岳に戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、赤岳に戻ります
2
夕食後、ぼちぼち黄昏る横岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食後、ぼちぼち黄昏る横岳
3
影赤岳とお月さま
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影赤岳とお月さま
1
そして、日の出。
今日もお天気良さそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、日の出。
今日もお天気良さそうです。
3
日出を堪能して、赤岳を出発・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出を堪能して、赤岳を出発・・・
一応、夜明けの富士山をパチリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、夜明けの富士山をパチリ
5
ピンボケですが、約零度くらいですね。
今朝、小屋の水道は凍結していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンボケですが、約零度くらいですね。
今朝、小屋の水道は凍結していました。
鎖場のトラバース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場のトラバース
1
下ってきた岩場を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた岩場を振り返ります
2
このハシゴ、長過ぎて途中で一休みしたくなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このハシゴ、長過ぎて途中で一休みしたくなりました。
2
権現岳と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳と富士山
6
キレット小屋は素通り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋は素通り
1
しばらく進むと眼下に青年小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと眼下に青年小屋
1
有名な赤ちょうちんです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な赤ちょうちんです
1
編笠岳頂上を通って・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠岳頂上を通って・・・
2
一路観音平へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一路観音平へ
観音平から甲斐小泉駅へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平から甲斐小泉駅へ
駅に到着すると1分前 13:23 に電車が出たところ!
幸い1時間後に臨時電車があり助かりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅に到着すると1分前 13:23 に電車が出たところ!
幸い1時間後に臨時電車があり助かりました。
約1時間の電車待ち・・・
そして、清里駅からタクシーで駐車場に戻りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約1時間の電車待ち・・・
そして、清里駅からタクシーで駐車場に戻りました

感想/記録

秋晴れ、好天の週末、ものすご〜く久しぶりに八ヶ岳に行ってきました。

真教寺尾根から赤岳に入ったのですが、どうせいつものシニアタイムで到着は午後だろうと・・・
でも11時過ぎに赤岳に着いてしまい、まるまる午後半日の空き時間!
予定していなかったのですが、頂上山荘に不要な荷物を預けて阿弥陀岳をピストンすることにしました。
赤岳〜阿弥陀岳の稜線からは富士山、南ア、北ア、御岳山など主たる山並みが勢ぞろい、壮観な眺望を楽しむことができました。

二日目は権現〜編み笠〜観音平まで下り、そのまま甲斐小泉駅へ。
土曜日なので逆方向から登って来られる方が大勢。
たびたびすれ違いの一時停止で時間待ち。
やはり八ヶ岳は人気がありますね。

電車の時刻を調べていなかったので、甲斐小泉駅では1分遅れで1時間待ち。
まだ午後1時過ぎだったので、駅舎でごろごろ。

秋の八ヶ岳を堪能してきました (^-^)♪ 
訪問者数:154人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ