ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985201 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

快晴の谷川岳 360度の大パノラマ 

日程 2016年10月14日(金) [日帰り]
メンバー Nobu00
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ロープウェイの駐車場に8時半到着。駐車料金は500円。
2Fに駐車するよう係の人に指示されました。
駐車場は十分広くて、繁忙期でない限り止めることはできそうです。
ホームページの案内では営業時間がロープウェイと同じ時間で8時〜17時となっていますが、よくある質問を見ると夜間利用も可のようです。
ただし繁忙期(お盆、9月下旬から11月上旬)は夕方6時から朝7時まで閉鎖すること
があるそうなので、夜間使うなら事前に問いあわせしたほうが無難。
17時までには十分下山できるつもりで、結局16:20頃に駐車場に戻れたのですが、17時過ぎても大丈夫か聞かず登り始めてしまい下山時は少し時間が気になりました。閉鎖する場合があるというので、帰りの時間(車を出せる時間)も確認したほうがよさそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
28分
合計
7時間22分
S土合口駅/谷川岳ベースプラザ08:5510:37ラクダの背(ラクダのコブ)10:43ラクダのコル11:41谷川岳(トマの耳)11:4511:57谷川岳12:0212:43一ノ倉岳13:0213:43谷川岳13:54谷川岳(トマノ耳)16:07登山口16:17土合口駅/谷川岳ベースプラザG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
日本三大急登の一つで、険しい岩場、鎖場の連続です。
脚だけじゃなく鎖場、岩場で上半身も使います。今は、身体中筋肉痛です。(^○^)

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 日焼け止め 携帯 タオル ストック カメラ

写真

ロープウェイの駐車場入口
エレベータで6Fに上がって正面出口から国道291号に出るのが早いのですが、勝手がわからず、駐車場入口から出て、駐車場の建物の周りを半周してしまいました。
(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの駐車場入口
エレベータで6Fに上がって正面出口から国道291号に出るのが早いのですが、勝手がわからず、駐車場入口から出て、駐車場の建物の周りを半周してしまいました。
(^^;
国道291号を道なりに登っていくと自動車進入禁止のゲートがあります。そのゲートで、係の人に板の上を通ってくださいと言われました。フランス製の測定器のテストだそうです。フランス製?
(´・∀・`)ヘー
ゲートのすぐ上に登山指導センターがあります。そこで登山届を出せます。登山届はミシン目があり、一部を切り取って携帯して登り下山時に下山届を出す仕組みになっています。登山者が無事帰ったかをチェックしてくれるそうです。ありがたいことです。(。ゝω・)bナルホドネ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道291号を道なりに登っていくと自動車進入禁止のゲートがあります。そのゲートで、係の人に板の上を通ってくださいと言われました。フランス製の測定器のテストだそうです。フランス製?
(´・∀・`)ヘー
ゲートのすぐ上に登山指導センターがあります。そこで登山届を出せます。登山届はミシン目があり、一部を切り取って携帯して登り下山時に下山届を出す仕組みになっています。登山者が無事帰ったかをチェックしてくれるそうです。ありがたいことです。(。ゝω・)bナルホドネ!!
1
登山指導センターをすぎるとすぐ左カーブになるが、先行者がこの石碑の奥へ入っていきました。??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山指導センターをすぎるとすぐ左カーブになるが、先行者がこの石碑の奥へ入っていきました。??
何も考えずについていったら、この草叢。絶対違うと思って引き返しました。地図でもしばらく国道を歩くはずですし。
先にいった人は *☆*  大丈夫?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も考えずについていったら、この草叢。絶対違うと思って引き返しました。地図でもしばらく国道を歩くはずですし。
先にいった人は *☆*  大丈夫?
登山口。さっきの先行者もどこをどういったのか?国道291号を降りてきて登山口で合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。さっきの先行者もどこをどういったのか?国道291号を降りてきて登山口で合流。
登山道は登山口から結構な急坂
(○=3=○)フゥ*:..。o
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は登山口から結構な急坂
(○=3=○)フゥ*:..。o
山頂まで3時間かぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで3時間かぁ
先ほどの標識から少し進むと、ちょっとだけ山が見えた。
ヽ(*´∇`)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの標識から少し進むと、ちょっとだけ山が見えた。
ヽ(*´∇`)ノ
1
林の中を延々と歩いて、ようやく展望が開けた場所に出た
にゃん(^=u=^)にゃん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林の中を延々と歩いて、ようやく展望が開けた場所に出た
にゃん(^=u=^)にゃん
3
ロープウェイの駅が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの駅が見える
1
いよいよ鎖が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ鎖が始まります。
2
山頂が見えたヽ(*´∇`)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えたヽ(*´∇`)ノ
5
ラクダの背。稜線上に登山道が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背。稜線上に登山道が見えます
1
ラクダの背を過ぎると展望のよい場所に出ます
ヽ(≧ω≦)ノ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背を過ぎると展望のよい場所に出ます
ヽ(≧ω≦)ノ
5
この熊笹の登山道は、眺めがよくて、足元をよくみていなかったのか、少しよろけて危険でした。
Σ(×_×;)!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この熊笹の登山道は、眺めがよくて、足元をよくみていなかったのか、少しよろけて危険でした。
Σ(×_×;)!
現場を振り返って、もう一枚撮影。
大した斜面でない感じですが気を抜くと危険です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現場を振り返って、もう一枚撮影。
大した斜面でない感じですが気を抜くと危険です。
1
気を落ち着けて山頂を目指して進みます。
ここから日本三大急登らしい険しい斜面が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を落ち着けて山頂を目指して進みます。
ここから日本三大急登らしい険しい斜面が続きます
2
振り返るとこんな急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな急登。
2
長〜い鎖(´皿`;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い鎖(´皿`;)
3
長〜い鎖(´皿`;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い鎖(´皿`;)
3
見上げると青空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げると青空
2
山頂までまだまだ長い稜線が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までまだまだ長い稜線が続きます。
4
山頂が近づいた感じ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近づいた感じ
坂がなだらかになってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坂がなだらかになってきた
山頂までもうすぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもうすぐ
青い空と岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空と岩場
1
なんだか変わった道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか変わった道標
3
あそこが山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこが山頂
平日なのに人だらけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日なのに人だらけ
2
トマの耳到着
٩(๑❛ㅂ❛๑)۶ やったー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳到着
٩(๑❛ㅂ❛๑)۶ やったー!
4
360度の大パノラマ。画面中央からやや左の奥の高い山が日光白根山。中央手前の目立つ山が武尊山。
中央からやや右側奥のとがった山は皇海山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
360度の大パノラマ。画面中央からやや左の奥の高い山が日光白根山。中央手前の目立つ山が武尊山。
中央からやや右側奥のとがった山は皇海山。
4
左奥に名前の通り平らな稜線がつながりる平ヶ岳。中央からやや左の一番奥に燧ヶ岳。その手前に至仏山。右奥に日光白根山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥に名前の通り平らな稜線がつながりる平ヶ岳。中央からやや左の一番奥に燧ヶ岳。その手前に至仏山。右奥に日光白根山。
3
左側から、なだからで山頂がはっきりしない巻機山、中央やや左側にでーんと構えている朝日岳。
その間の奥に見える2つのピークは左が越後駒ケ岳、右が中ノ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側から、なだからで山頂がはっきりしない巻機山、中央やや左側にでーんと構えている朝日岳。
その間の奥に見える2つのピークは左が越後駒ケ岳、右が中ノ岳。
2
右手前からオキの耳、一ノ倉岳、茂倉岳の稜線が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手前からオキの耳、一ノ倉岳、茂倉岳の稜線が美しい
4
左端からなだらかな稜線がつづき山頂から反対側に急に落ち込んでいるのが苗場山、そのまま連なる稜線は神楽ヶ峰かな?
妙高山、火打山はその奥?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左端からなだらかな稜線がつづき山頂から反対側に急に落ち込んでいるのが苗場山、そのまま連なる稜線は神楽ヶ峰かな?
妙高山、火打山はその奥?
3
手前からオジカ沢ノ頭、万太郎山、仙ノ倉山に続く稜線、左へ延びる稜線は川棚ノ頭に続く。
一番奥の左側、雲に浮かぶ高い山は浅間山。そのまま一番奥の稜線を
右側に移した右端(画面中央からやや左)は左が四阿山、右は草津白根山かなぁ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前からオジカ沢ノ頭、万太郎山、仙ノ倉山に続く稜線、左へ延びる稜線は川棚ノ頭に続く。
一番奥の左側、雲に浮かぶ高い山は浅間山。そのまま一番奥の稜線を
右側に移した右端(画面中央からやや左)は左が四阿山、右は草津白根山かなぁ?
4
左奥にこの前登った赤城山(黒檜山)、中央に子持山。その右側に連なるのは小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳?
右側奥には榛名の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥にこの前登った赤城山(黒檜山)、中央に子持山。その右側に連なるのは小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳?
右側奥には榛名の山々。
2
オキの耳に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳に向かう
2
オキの耳到着
٩(๑❛ㅂ❛๑)۶ やったー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳到着
٩(๑❛ㅂ❛๑)۶ やったー!
4
オキの耳の東側。断崖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳の東側。断崖。
3
子持山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山アップ
2
赤城山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山アップ
2
皇海山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山アップ
2
武尊山アップ。左奥に日光白根山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山アップ。左奥に日光白根山
3
至仏山アップ。左奥に燧ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山アップ。左奥に燧ヶ岳。
5
越後駒ケ岳、中ノ岳アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後駒ケ岳、中ノ岳アップ。
3
巻機山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機山アップ
3
一ノ倉岳、茂倉岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳、茂倉岳
2
苗場山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山アップ
2
中央からやや左の奥、左側のはっきりとした四阿山と、右側はなだらかに見える草津白根山。
手前はオジカ沢ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央からやや左の奥、左側のはっきりとした四阿山と、右側はなだらかに見える草津白根山。
手前はオジカ沢ノ頭
4
浅間山アップ。左端奥に北横岳、蓼科山も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山アップ。左端奥に北横岳、蓼科山も
3
オキの耳からトマの耳。人が大勢いるなぁ。
その奥の3つの峰は、小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳?
右側奥には榛名の山々。右端から2つ目のピークは榛名富士かなぁ?
そろそろ一ノ倉岳へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳からトマの耳。人が大勢いるなぁ。
その奥の3つの峰は、小野子山、中ノ岳、十二ヶ岳?
右側奥には榛名の山々。右端から2つ目のピークは榛名富士かなぁ?
そろそろ一ノ倉岳へ向かう
4
鳥居をくぐります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐります。
1
一ノ倉岳への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳への稜線
5
一ノ倉沢側の斜面は絶壁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢側の斜面は絶壁。
1
まだまだ遠いです。この一ノ倉岳への道も岩場、鎖があり、急登でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ遠いです。この一ノ倉岳への道も岩場、鎖があり、急登でした。
3
山頂が近い感じの道になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近い感じの道になりました。
緩やかな登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登り。
1
トマの耳、オキの耳と違って、先客は1名様のみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳、オキの耳と違って、先客は1名様のみ
2
一ノ倉岳到着。\(^o^)/
ここも360度の展望で写真も撮りましたが、熊笹があって今一つなのと、トマの耳、オキの耳とほぼ同じ眺めなので割愛。
お昼ご飯を食べながら、さきほどの先客とおしゃべり。
谷川岳にはなんどかきているが、こんなに晴れているのは初めてとのこと。
私は初めてきて、この天気。すごく運がいいとうらやましがられた。
その後も山談義でもりあがりましたが、時間も気になってきたのでお先に失礼。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳到着。\(^o^)/
ここも360度の展望で写真も撮りましたが、熊笹があって今一つなのと、トマの耳、オキの耳とほぼ同じ眺めなので割愛。
お昼ご飯を食べながら、さきほどの先客とおしゃべり。
谷川岳にはなんどかきているが、こんなに晴れているのは初めてとのこと。
私は初めてきて、この天気。すごく運がいいとうらやましがられた。
その後も山談義でもりあがりましたが、時間も気になってきたのでお先に失礼。
4
一ノ倉岳からオキの耳に向かう稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳からオキの耳に向かう稜線。
4
一ノ倉沢側を覗き込むと吸い込まれそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢側を覗き込むと吸い込まれそう。
1
オキの耳への登り返しも鎖場があって、ハードです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳への登り返しも鎖場があって、ハードです。
2
オキの耳の崖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳の崖
もうすぐオキの耳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐオキの耳
1
オキの耳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳到着
1
万太郎山、千ノ倉山への稜線。いつか歩いてみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山、千ノ倉山への稜線。いつか歩いてみたい。
1
トマの耳はすぐ近く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳はすぐ近く
いったん下って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん下って
1
トマの耳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳到着
天神平のロープウェイに行く道との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平のロープウェイに行く道との分岐
1
ロープウェイの駅が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの駅が見える
西黒尾根の稜線。下りも迫力あるなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根の稜線。下りも迫力あるなぁ
4
下りの鎖はかなりドキドキしました。
結構、体力的にもきつい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの鎖はかなりドキドキしました。
結構、体力的にもきつい
3
あの鉄塔は、登り始めに見た鉄塔だ。
険しくて長い西黒尾根の下りももうすぐ終わり。
ホッとした、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの鉄塔は、登り始めに見た鉄塔だ。
険しくて長い西黒尾根の下りももうすぐ終わり。
ホッとした、
1
登山口に到着。
\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
\(^o^)/
2

感想/記録
by Nobu00

西黒尾根は日本三大急登だけあって、とてもきつかったです。( ̄Д ̄つかれたー
先月登った、同じく日本三大急登の甲斐駒黒戸尾根のほうが、谷川岳より標高差、距離があって、体力的にはきついですが、谷川岳は、岩場,鎖場の1つ1つが長くて、足や手をかけるところが不明確でなので黒戸尾根より、西黒尾根のほうがスリリングだと思いました(人によって違うとは思いますが)。特に、下りの鎖場はかなり慎重になりました。岩場が好きな人は、すごく楽しめるルートだと思います。

その急登がとてもきつかったのですが、それを忘れさせてくれるだけの御褒美として
頂上で360度の大パノラマが待ってました。谷川岳は、こんなに晴れることがめったにないらしいですが、この日は晴天。本当にラッキーでした。雨だと、岩がより滑って危険だし、晴れでよかったー。ヽ(*´∇`)ノ
写真にできるだけ山座同定して、山名前書いてみましたが、間違っていたらゴメンなさいです。責めないでくださいね。間違い指摘いただけるとありがたいです。

それから、今回もいろいろ事件がありました。
ラクダの背を超えて、展望が開けたほぼ水平な稜線で、たぶん景色に気をとられていたと思いますが、ふらついて、左側の熊笹に足をついたら、あれれ?地面がないぞー(つまり足を踏み外してしまいました)
ャバイョ━━<(ll゜◇゜ll)>━━ッッ!!!!!
幸い体一つ分くらい落ちたところで止まったのですが、足を踏ん張った際に足が攣ってしまい大変でした。足の攣りが治まるまで、熊笹につかまってじっと我慢。しばらくして足の攣りが治まってから、よじ登りました。大事にいたらなくて良かった。山では一瞬の気の緩みが命取り。歩くときはしっかり前や足元をみるよう肝に銘じました。

あと悲しいことにデジカメの操作を間違って今回の山行の記録が入ったフォルダを削除してしまいました。
ビェ──・゜・(。>д<。)・゜・──ン!!
すごくショック。ほとんどはリカバリソフトでリカバリできましたが、登り口の登山指導センターの写真と、下山時の西黒尾根の記録がリカバリできずとても残念でした。特に西黒尾根の岩場の下りは、結構、緊張していたので、どんな感じだったか写真残しておきたかったのに。

いろんなことに注意散漫になっているので気をつけなきゃ。





訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/20
投稿数: 56
2016/10/17 20:50
 ヽ(*´v`*)ノ
西黒尾根ピストン、しかも一ノ倉までとは流石ですねっ♪

青空のもと360°パノラマも良い感じに撮れてて素敵ですね。

万太郎山〜千ノ倉山への稜線は、凄く気持ち良さそうなので私もいつか歩いてみたいと思ってます。
d(*^ω^*)

お疲れ様でしたーっ
登録日: 2015/8/19
投稿数: 89
2016/10/17 23:33
 谷川岳登頂おめでとうございます!
すごいバイタリティですね!
さすがです^ ^

谷川岳はスノボでよく行ってましたが、なんかもう景色が全然違って見えます。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 92
2016/10/18 0:28
 Re: ヽ(*´v`*)ノ
moominさん。コメントありがとうございます。
仕事休んで、山登って天気が悪かったら、すごくがっかりするところでしたが、今回は、本当天気に恵まれて運がよかったです。過去の登山のなかでも最高の天気と思えるほどです。仕事を休んでよかった
おかげさまで、とっても満足度が高い山行になりました。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 92
2016/10/18 0:36
 Re: 谷川岳登頂おめでとうございます!
nandriさんコメントありがとございます。
谷川岳はこの返信かいている時点でヤマレコ人気ランキング1位になっていました。
登ったばかりで、しかも晴天だったというのもありますが、確かに、とってもいい山だと思いました。西黒尾根は、健脚のnandriさんにもお勧めです
※谷川岳は天候が変わりやすく、こんなに天気がいいのは滅多にないそうなので、その点は要注意です。
登録日: 2015/2/15
投稿数: 1
2016/10/19 12:53
 nobu00さんへ
コメントありがとうございました。
最高の天気での谷川岳、素晴らしい景色良かったですね。私も谷川岳登頂は初めてでした。この時期は比較的天候が安定しているので、来年もまた行きたいです。
足の着地は気をつけてください。想像しただけで怖いです。
これからも、良い山登りでいい思い出作っていきましょう。
登録日: 2015/6/27
投稿数: 92
2016/10/19 22:39
 Re: nobu00さんへ
is2000さん、コメントありがとうございます。
いろんな山の登山中に谷川岳はいいよと よく耳にしていたので、期待して登りました。まさに期待通り、いえ期待以上の山行になりました。自宅から遠いので、そう何度も行けませんが、私も、馬蹄形までとは言いませんか茂倉岳までは、いつの日か行きたいと思います。贅沢言うと万太郎山、仙ノ倉山も行きたいですし、今回展望できた、苗場山、燧ヶ岳、至仏山、武尊山にも行きたくなってしまいました。新潟、群馬の山も素晴らしいです。あーーー完全に病気ですね。
(^^;;

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ