ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985488 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

島々から徳本峠、霞沢岳

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー akadakoyashi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
上高地から島々までは、バス1900円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間35分
休憩
5分
合計
5時間40分
S島々(徳本峠入口)07:1008:30二俣10:25岩魚留小屋10:50力水10:5512:50徳本峠(徳本峠小屋)
2日目
山行
7時間30分
休憩
1時間30分
合計
9時間0分
徳本峠(徳本峠小屋)05:0005:45ジャンクションピーク05:5507:50K107:5508:05K208:20霞沢岳08:3509:00K1ピーク09:2011:30徳本口(徳本峠分岐)12:1013:10明神14:00上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

感想/記録

快晴の島々を、朝7時過ぎに出発。古のルートに心躍る。孤高の道かと思いきや、以外と大勢の登山者。岩魚留小屋には、人だかりも。途中猿にとうせんぼされるアクシデントも。
力水場からは、つづら折りの急登。結構足にきました。そして、いきなり徳本峠小屋と穂高岳の絶景が目の前に、山ってこれがクセになる。テント場も、いい絶景場所確保。
夜、月明かりで、星空はあまり見えない。
翌日、ジャンクションピークでのご来光期待し、出発。JPからは、蓼科山左側から朝日がさす。そして道筋、朝日を浴びた霞沢岳が林間から覗く。アップダウン繰り返しながら、霞沢岳に近づき、最後の急登を登りK1ピークへ。そこからの360度展望は、秀逸。奥穂高岳から西穂高岳の憧れのルートが一望できる。
続いてK2,今回目的地霞沢岳へ。ここからは、焼岳、乗鞍岳が美しい。
下りは同じルートだが、登りでは分からなかった霞沢岳の位置も分かりピストンルートも悪くない。徳本峠から上高地への下りは短く、大勢の観光客で賑わう河童橋を横目に通過。
古のルートを歩いた感動と霞沢岳大展望に満足した山旅でした。
訪問者数:116人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ