ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985576 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

西黒尾根から谷川岳、一ノ倉岳 ここはテーマパークか!

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー ricefieldspk, その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越道 水上ICでOUT
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下り、トマの耳あたりから渋滞に。特に天神尾根は大渋滞。時間は参考になりません。
コース状況/
危険箇所等
天神尾根は大渋滞。ディズニーランドの順番待ちのような行列。実感だと1000人以上。
その他周辺情報山頂付近の紅葉は、ほぼ終わり。5合目ぐらいから下はこれから。

装備

備考 ハイカットの靴のほうが良かった。

写真

今までで一番広い駐車場。
2016年10月16日 06:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までで一番広い駐車場。
駐車場からしばらく車道を歩く。
2016年10月16日 06:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からしばらく車道を歩く。
日本三大急登と言われる西黒尾根を登る。
2016年10月16日 06:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本三大急登と言われる西黒尾根を登る。
しばらく樹林帯の急登が続き、最初に視界が開けたところ。
2016年10月16日 07:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく樹林帯の急登が続き、最初に視界が開けたところ。
天気最高で良い1日になりそう。
2016年10月16日 07:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気最高で良い1日になりそう。
1
ここで大勢の登山客が休憩をとっている。
2016年10月16日 07:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで大勢の登山客が休憩をとっている。
鎖場の急斜面は当然渋滞となる。
2016年10月16日 07:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場の急斜面は当然渋滞となる。
1
山頂が見えた。
2016年10月16日 07:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えた。
1
森林限界を超える。
2016年10月16日 07:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を超える。
岩場は表面ツルツルの蛇紋岩。
2016年10月16日 07:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場は表面ツルツルの蛇紋岩。
ラクダの背。
2016年10月16日 07:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背。
1
山頂は見えているが、ここからあと400mほど登る。
2016年10月16日 07:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は見えているが、ここからあと400mほど登る。
1
隣の巌剛新道。
2016年10月16日 07:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の巌剛新道。
1
一直線の登りが続く。
2016年10月16日 07:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一直線の登りが続く。
2
このあたりから足元はほぼ岩場となる。
2016年10月16日 08:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから足元はほぼ岩場となる。
1
振り返る。こうして見ると結構急かも。
2016年10月16日 08:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返る。こうして見ると結構急かも。
1
天神平のロープウェー乗り場を見下ろす。
2016年10月16日 08:15撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平のロープウェー乗り場を見下ろす。
一番遠くにうっすら富士山を捉える。
2016年10月16日 08:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番遠くにうっすら富士山を捉える。
1
隊長、絶好調。
2016年10月16日 08:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隊長、絶好調。
1
氷河の跡と言われる一枚岩で寝そべるT氏。こちらも絶好調のようだ。
2016年10月16日 08:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷河の跡と言われる一枚岩で寝そべるT氏。こちらも絶好調のようだ。
1
笹原になる。
2016年10月16日 08:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原になる。
万太郎山方面の尾根が見えてきた。
2016年10月16日 08:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山方面の尾根が見えてきた。
1
主稜線のケルンが見えてきた。
2016年10月16日 08:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線のケルンが見えてきた。
主稜線へ。
2016年10月16日 08:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線へ。
トマの耳到着!
2016年10月16日 09:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳到着!
1
万太郎山から仙の倉山方面の尾根。天気最高で見事なスカイライン。
2016年10月16日 09:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山から仙の倉山方面の尾根。天気最高で見事なスカイライン。
3
武尊連峰。奥は日光白根。
2016年10月16日 09:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊連峰。奥は日光白根。
1
苗場山。左奥に見えるのは後立山連峰か。
2016年10月16日 09:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山。左奥に見えるのは後立山連峰か。
1
ここで記念写真。
2016年10月16日 09:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで記念写真。
1
オキの耳に向かう途中。足元は霜がおりている。
2016年10月16日 09:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳に向かう途中。足元は霜がおりている。
オキの耳到着!人が多いので更に先へ行く。
2016年10月16日 09:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳到着!人が多いので更に先へ行く。
奥の院通過。
2016年10月16日 09:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院通過。
一ノ倉沢の岩々を間近に捉える。
2016年10月16日 09:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢の岩々を間近に捉える。
「ノゾキ」で下をのぞく。
2016年10月16日 09:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ノゾキ」で下をのぞく。
一ノ倉沢を見下ろす。壮観!
2016年10月16日 09:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉沢を見下ろす。壮観!
1
しばし足が止まる。
2016年10月16日 09:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし足が止まる。
1
一の倉岳を目指す。
2016年10月16日 10:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の倉岳を目指す。
一の倉岳到着!笹原の陰で昼飯とした!
2016年10月16日 10:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一の倉岳到着!笹原の陰で昼飯とした!
1
山頂からは大源太山がよく見える。
2016年10月16日 10:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からは大源太山がよく見える。
休息をとり、復路へ。
2016年10月16日 10:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休息をとり、復路へ。
一ノ倉岳から見る二つの耳。
2016年10月16日 10:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳から見る二つの耳。
2
このあたりは人も疎らで快適な下りだった。
2016年10月16日 10:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは人も疎らで快適な下りだった。
両耳のあたりから人が増え、肩の小屋は溢れるほどの人。
2016年10月16日 11:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両耳のあたりから人が増え、肩の小屋は溢れるほどの人。
天神尾根を下る。このあと大渋滞!そしてアクシデント。よもやの捻挫!!
2016年10月16日 12:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根を下る。このあと大渋滞!そしてアクシデント。よもやの捻挫!!
天神平ロープウェー乗り場。今にして思えば私だけでもロープウェーに乗るべきだった…
2016年10月16日 13:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平ロープウェー乗り場。今にして思えば私だけでもロープウェーに乗るべきだった…
田尻尾根の分岐に気付かず引き返す。
2016年10月16日 13:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田尻尾根の分岐に気付かず引き返す。
田尻尾根分岐まで戻る。15分ほどのロス。
2016年10月16日 13:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田尻尾根分岐まで戻る。15分ほどのロス。
大渋滞の天神尾根から比べるとここは以外と人が少ない。
2016年10月16日 13:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大渋滞の天神尾根から比べるとここは以外と人が少ない。
1
激痛の足を引きずり登山口まで下りてきた。
2016年10月16日 14:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激痛の足を引きずり登山口まで下りてきた。
見上げればロープウェー。
2016年10月16日 14:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げればロープウェー。
登山口を降りてしばらく続く砂利道の車道。
2016年10月16日 14:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口を降りてしばらく続く砂利道の車道。
メイン道路まで出ました。
2016年10月16日 14:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メイン道路まで出ました。

感想/記録

 秋のベストシーズン、選択肢は他にもあるのだが、隊長は垂直嗜好が強く、谷川には特別な思いがあるようだ。しかも直前まで谷川連峰唯一の破線ルートである中芝新道経由を考えていた。しかし途中崩壊地点の高巻きが危ないらしいとの情報を重視しチャレンジを回避した。その代わりのルートということで西黒尾根を登る。
 日本三大急登と言われる西黒尾根。登った感じさほどでも無い。道が整備されているからかもしれない。風邪ぎみで喉が不快だが快調に登る。後半ややスリッピーな岩場があったが、難なく2時間30分ほどでトマの耳までたどり着いた。快晴の稜線をすすみ一ノ倉岳を目指す。途中、ノゾキあたりから見降ろす一ノ倉沢は壮観。さすがクライマーの聖地と言われるだけの大スラブに圧倒される。
 一ノ倉岳の頂まで登ったところで今回は折り返す。紅葉はイマイチだが快晴で遠くまで眺望がきき、清々しい。ここまでは良かった。
 お昼頃になると大勢の登山客で登山道は溢れかえる。ここは高尾山かと思うぐらい大勢の人がいる。天神尾根は特にひどいことになっていて大渋滞で先に進めない。しかもこのときいつもと違う登山でリズムが狂ったか足を捻挫してしまった。何年も感じたことがないぐらいの激痛が走った。どうしようもないので痛みをこらえながら、何とか下山した。駐車場でソックスを脱いで自分の足を見て愕然とした。ゴルフボールぐらいまで足が腫れあがっているではないか!!(翌日は痛みはひいたものの患部は更にひどいことになっています)
 いつでもいける谷川岳に、よりによってウルトラピークに出かけ、しかも捻挫までしてしまった。景色は良かったが、それ以上に痛手が大きい。気合で治し、来週には復活したいと思います。
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ