ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985630 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

快晴と紅葉 茂倉岳・谷川岳・万太郎山(土樽駅前泊)

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー masaccho, その他メンバー1人
天候快晴→晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
電車
往復ともjR上越線・土樽駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間51分
休憩
3時間12分
合計
13時間3分
S土樽駅04:1504:37蓬峠分岐04:43茂倉新道登山口04:4706:34矢場ノ頭06:5008:04茂倉岳避難小屋08:1008:22茂倉岳08:5909:12一ノ倉岳09:2110:01谷川岳10:2110:31谷川岳(トマノ耳)11:1311:17谷川岳・肩の小屋11:2712:10オジカ沢ノ頭12:1712:40小障子ノ頭12:53大障子避難小屋12:5713:15大障子ノ頭13:46吾策新道分岐13:48万太郎山14:1814:21吾策新道分岐14:2415:04井戸小屋沢ノ頭(吾策新道)15:0815:30大ベタテノ頭(吾策新道)16:31吾策新道登山口17:18土樽駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
土樽駅〜茂倉岳(茂倉新道)
前半は樹林帯の急な登りが続き、眺めが開けてくるとはっきりしたピークの矢場ノ頭に出ます。
この先が以外と長く、偽ピークに騙されながら好展望と紅葉の急登で避難小屋、続いて茂倉岳山頂です。

茂倉岳〜谷川岳
茂倉岳から一ノ倉岳は緩やかな尾根つながり。
一ノ倉岳から谷川岳は左がすっぱり切れ落ちた道。

谷川岳〜万太郎山
肩の小屋から笹原を下り、急登でオジカ沢ノ頭。
万太郎山までは遮るもののない笹原の登降が続きます。風が強かったので注意。

万太郎山〜土樽駅(吾策新道)
山頂東側の指導標立つ分岐からはかなり急な下降。ザレていたり滑りやすかったりのところがあり要注意。
トラバース後、井戸小屋沢ノ頭からは幾分緩やかになります。
土樽へはやや滑りやすい下降がひたすら続き、林道に出たら道なりで駅に着きます。
駅へは蓬橋バス停から左に入ります。

その他周辺情報土樽駅周辺には待合室の自販機1台を除く商業施設がありません。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

土樽駅
前日の終電で土樽駅入り。
待合室に寝袋敷いて寝ましたが、寒さを感じない点では快適です。(ただあまり寝られず…)
我々以外はいませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽駅
前日の終電で土樽駅入り。
待合室に寝袋敷いて寝ましたが、寒さを感じない点では快適です。(ただあまり寝られず…)
我々以外はいませんでした。
1
茂倉岳登山口
では山道へ、出発!
(朝弱く貧血気味のため暫しペースダウン、、、)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳登山口
では山道へ、出発!
(朝弱く貧血気味のため暫しペースダウン、、、)
朝日に染まる万太郎山
明るくなると開けてきて、ちょっとしたモルゲンロートが見られました。
万太郎山ってこんなギザギザなんだ、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる万太郎山
明るくなると開けてきて、ちょっとしたモルゲンロートが見られました。
万太郎山ってこんなギザギザなんだ、、
3
矢場ノ頭手前
この付近から木々が色づいてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭手前
この付近から木々が色づいてきます。
4
矢場ノ頭
向こうから朝日に染まり始めていました。
ここは陽が当たらず風が冷たい、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭
向こうから朝日に染まり始めていました。
ここは陽が当たらず風が冷たい、、。
1
仙ノ倉山を望む
谷川連峰最高峰に恥じない、どっしりとした構えですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山を望む
谷川連峰最高峰に恥じない、どっしりとした構えですね。
4
矢場ノ頭からの茂倉岳
山頂はまだまだ先、でもこの眺めならどんどん進みたくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭からの茂倉岳
山頂はまだまだ先、でもこの眺めならどんどん進みたくなります。
6
紅葉の茂倉新道
これは素晴らしい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の茂倉新道
これは素晴らしい!
6
オジカ沢ノ頭
朝の景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭
朝の景色。
2
紅葉と朝の光
木々が輝きを増してゆく...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と朝の光
木々が輝きを増してゆく...
4
矢場ノ頭を振り返る
これぞ全山紅葉!
見事でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭を振り返る
これぞ全山紅葉!
見事でした。
3
茂倉岳を目指す
紅葉帯を抜けると笹の世界。
山頂が近づいてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳を目指す
紅葉帯を抜けると笹の世界。
山頂が近づいてきました。
4
茂倉岳避難小屋
小屋にいた方の話では、昨夜はコンクリ部分に寝る人が出るほどの大混雑だったそうです。
トイレもあって快適そうでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳避難小屋
小屋にいた方の話では、昨夜はコンクリ部分に寝る人が出るほどの大混雑だったそうです。
トイレもあって快適そうでした。
茂倉岳
山頂着いた!
登りごたえのある尾根でした。
こんなにいい天気の山頂は久しぶり(^o^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳
山頂着いた!
登りごたえのある尾根でした。
こんなにいい天気の山頂は久しぶり(^o^)
1
一ノ倉岳を望む
いい稜線だ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳を望む
いい稜線だ〜
2
茂倉岳から富士山を望む
まさか富士山がクッキリ見えるとは!展望マニアにはたまらんっす!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳から富士山を望む
まさか富士山がクッキリ見えるとは!展望マニアにはたまらんっす!
5
茂倉岳を振り返る
眺めてよし登ってよしのピークでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳を振り返る
眺めてよし登ってよしのピークでした。
2
一ノ倉岳
<一等三角点「谷川富士」>
名前のわりにのっぺりした山頂です。
以外と知られてないようですが一等点峰!標石は登山道わきのヤブにあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳
<一等三角点「谷川富士」>
名前のわりにのっぺりした山頂です。
以外と知られてないようですが一等点峰!標石は登山道わきのヤブにあります。
1
谷川岳を望む
左はかの有名な一ノ倉沢、恐ろしいほどの急崖です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳を望む
左はかの有名な一ノ倉沢、恐ろしいほどの急崖です。
3
谷川岳オキノ耳
山頂到着〜と同時に突然の大混雑で戸惑いました(笑)
記念撮影は大行列、なんとか撮れた一枚です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳オキノ耳
山頂到着〜と同時に突然の大混雑で戸惑いました(笑)
記念撮影は大行列、なんとか撮れた一枚です。
4
いい天気!
トマノ耳にも人がたくさん見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気!
トマノ耳にも人がたくさん見えます。
1
谷川岳トマノ耳
こちらもかなりの混雑。休憩中も行列が絶えません。
しばらく粘って奇跡的に人を入れず撮れました(°▽°)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳トマノ耳
こちらもかなりの混雑。休憩中も行列が絶えません。
しばらく粘って奇跡的に人を入れず撮れました(°▽°)
1
肩の小屋から谷川主脈を望む
この稜線を見たかった!最高の眺めです。
左がマナイタグラ、右がオジカ沢ノ頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋から谷川主脈を望む
この稜線を見たかった!最高の眺めです。
左がマナイタグラ、右がオジカ沢ノ頭
5
マナイタグラ
目立つ山容でいて登山道のないピーク。気になる存在です。
一面笹に覆われた姿、ますます美しい...。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マナイタグラ
目立つ山容でいて登山道のないピーク。気になる存在です。
一面笹に覆われた姿、ますます美しい...。
5
以外にもクサリ場が
(全く問題ありません)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以外にもクサリ場が
(全く問題ありません)
1
オジカ沢ノ頭
どこから見てもかっこいいピーク。
登りごたえがありました(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オジカ沢ノ頭
どこから見てもかっこいいピーク。
登りごたえがありました(笑)
1
万太郎山への稜線
笹と草紅葉、美しい稜線ですね。
しかしまだ遠いなあ、、、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山への稜線
笹と草紅葉、美しい稜線ですね。
しかしまだ遠いなあ、、、
4
異世界のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
異世界のようです。
5
小障子ノ頭
風がだいぶ強くなってきました。避難小屋以外に遮れるものはありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小障子ノ頭
風がだいぶ強くなってきました。避難小屋以外に遮れるものはありません。
大障子ノ頭への登り
笹に延びるトレイルがとっても綺麗。
しかし実際は強風+急登で割とキツい。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭への登り
笹に延びるトレイルがとっても綺麗。
しかし実際は強風+急登で割とキツい。。
2
大障子ノ頭
万太郎がだいぶ近づいてきましたよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大障子ノ頭
万太郎がだいぶ近づいてきましたよ〜
吾策新道分岐
ここからは今日歩いてきた全コースが見渡せました。山頂はもう直ぐ先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾策新道分岐
ここからは今日歩いてきた全コースが見渡せました。山頂はもう直ぐ先。
万太郎山(サゴーノ峰)
<三等三角点「万太郎」>
山頂到着!ここまで長かった〜
こぢんまりで良きピークでした。また来よう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山(サゴーノ峰)
<三等三角点「万太郎」>
山頂到着!ここまで長かった〜
こぢんまりで良きピークでした。また来よう。
1
風が強く寒すぎるため程々で下山します。
下り始めに真っ赤な紅葉を発見!
笹の中に映えますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強く寒すぎるため程々で下山します。
下り始めに真っ赤な紅葉を発見!
笹の中に映えますね。
2
井戸小屋沢ノ頭を望む
登山道が西日にくっきり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井戸小屋沢ノ頭を望む
登山道が西日にくっきり。
4
滑りやすい急下降
吾策新道の前半はかなり急な下りでちょっと怖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑りやすい急下降
吾策新道の前半はかなり急な下りでちょっと怖かったです。
1
井戸小屋沢ノ頭
壊れた看板に小さな山名標が(笑)
このへんで急下降はひと段落。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井戸小屋沢ノ頭
壊れた看板に小さな山名標が(笑)
このへんで急下降はひと段落。
1
紅葉と吾策新道
まだまだ先は長そうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と吾策新道
まだまだ先は長そうです。
3
大べタテノ頭付近からの万太郎山
もう随分降りてきたなあ、、
大べタテノ頭は赤テープのみで山名標なしでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大べタテノ頭付近からの万太郎山
もう随分降りてきたなあ、、
大べタテノ頭は赤テープのみで山名標なしでした。
5
黄葉
中腹ではコミネカエデ?の黄葉がきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉
中腹ではコミネカエデ?の黄葉がきれいでした。
3
木々も緑っぽくなり、延々続く急下降に飽きるころ林道に降り立ちました。
日帰りの下りで達成感が得られるとは。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々も緑っぽくなり、延々続く急下降に飽きるころ林道に降り立ちました。
日帰りの下りで達成感が得られるとは。
1
土樽駅にゴール
いやあ〜疲れたけど最高だった!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽駅にゴール
いやあ〜疲れたけど最高だった!!
2

感想/記録

今回は大学の友人と谷川へ。
始めてのステーションビバーク山行です。

久々のロング、キッツい尾根でしたが紅葉・展望ともに素晴らしく最高でした!


<今回踏んだ主なピーク>
茂  倉  岳(初)
一 ノ 倉 岳(2)
谷川岳オキノ耳(2)
谷川岳トマノ耳(2)
万 太 郎 山(初)


訪問者数:328人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ