ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985683 全員に公開 ハイキング中央アルプス

御嶽山(小坂口より飛騨頂上、継子岳)

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー tagamasa
天候両日とも晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小坂登山口にはおんたけ交通よりバスが出ているみたいですが、本数は少ないです。最近は登山者が増えてきて、駐車場が満車になることも増えてきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間30分
休憩
10分
合計
2時間40分
S御嶽小坂登山口10:1010:50湯ノ花峠11:0012:00お助け水〈八合目〉12:50五の池小屋
2日目
山行
1時間30分
休憩
10分
合計
1時間40分
五の池小屋13:2013:50のぞき岩14:0015:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
正確に測ってませんが、これくらいだと思います。登りは差し入れイッパイの18kg、下りは身軽に(10kgくらい?)スイスイと。
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありませんが、登山道入口〜約1km以内の木道が滑りやすいです。何箇所か通行止めの木道がありますが、迂回路がちゃんと用意されています。
その他周辺情報日帰り又は前泊どちらでも濁河温泉に入れます。少し離れたところに秋神温泉もあります。御嶽パノラマラインを下れば湯屋温泉、ひめしゃがの湯、もう幾分か下れば下呂温泉があります。食事処は濁河温泉、北に向かえば高山、南に向かえば下呂にあります。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ
備考 グローブ忘れて夜景撮影時に手が冷たかったです。三脚を持っていかなかったことを後悔しております。

写真

湯の花峠からの景色。紅葉がいくつか。
2016年10月15日 10:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠からの景色。紅葉がいくつか。
五ノ池。渇水してますが、ここは残雪期、大雨の後が美しいです。
2016年10月15日 14:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ池。渇水してますが、ここは残雪期、大雨の後が美しいです。
三ノ池。めずらしく無風。
2016年10月15日 14:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池。めずらしく無風。
2
たぶんクロマメノキ。
2016年10月15日 14:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶんクロマメノキ。
1
三ノ池と四ノ池の間より剣ヶ峰方面。僕には手を合わせるくらいしかできません。
2016年10月15日 15:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ池と四ノ池の間より剣ヶ峰方面。僕には手を合わせるくらいしかできません。
4
夕日。雲が高いので色つきはボチボチ。
2016年10月15日 17:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日。雲が高いので色つきはボチボチ。
1
沈む夕日と白山。霞んでる。
2016年10月15日 17:22撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沈む夕日と白山。霞んでる。
名物の薪ストーブ。
2016年10月15日 17:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物の薪ストーブ。
2
夕日が沈みきって暗くなる直前の燈色が綺麗なのです。(今回はあまり染まらなかった)
2016年10月15日 17:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日が沈みきって暗くなる直前の燈色が綺麗なのです。(今回はあまり染まらなかった)
五の池小屋と月。幻想的。
2016年10月15日 18:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋と月。幻想的。
1
魔利支天山。今回は満月だったので天の川は見れず。
2016年10月15日 18:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魔利支天山。今回は満月だったので天の川は見れず。
1
小屋で手造りの燻製。ワインが良く合う。
2016年10月15日 19:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で手造りの燻製。ワインが良く合う。
3
名物のピザ。これまたワインが良く合う。来る度に味が変わってます。試行錯誤してより良い物を、という努力が伝わります。
2016年10月15日 19:53撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物のピザ。これまたワインが良く合う。来る度に味が変わってます。試行錯誤してより良い物を、という努力が伝わります。
2
雲が取れてきましたが、月明かりが強い。
2016年10月15日 21:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れてきましたが、月明かりが強い。
カフェ、ぱんだ屋。木曽五木を贅沢に使った空間。
2016年10月16日 05:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カフェ、ぱんだ屋。木曽五木を贅沢に使った空間。
3
良い色してます。
2016年10月16日 05:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い色してます。
明るくなってきました。僕は太陽の現れる前が好きです。
2016年10月16日 05:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくなってきました。僕は太陽の現れる前が好きです。
2
最終日ということで、急遽ピアノライブ。景色、選曲相まってちょっとウルっときました。
2016年10月16日 09:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終日ということで、急遽ピアノライブ。景色、選曲相まってちょっとウルっときました。
1
背骨みたいな雲。
2016年10月16日 12:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背骨みたいな雲。
撮影機材:

感想/記録

(一般的な感想)小坂ルートは人の手付かずの森を歩く醍醐味があります。確かに森林限界まで展望開けませんが、植樹の森ではなく、自然の森なのが素晴らしい。ザレ場あり、ガレ場あり、ゴーロあり、一通りあり、でも危険箇所なし。登山道の手入れが過剰でないところが好きです。木曽五木が贅沢に使ってある五の池小屋。朝日・夕日見るのに良い立地で、名物のピザ、燻製は本当に美味しいです。最終日だった今回、急遽ピアノライブが始まって、景色、選曲、色々な物が混ざって少しウルっときた。

(個人的な感想)僕の登山人生のスタート地点、御嶽山。15歳の時、ガスの中を登って、飛騨山頂に着いて30分後くらいに急に晴れて見た絶景が今でも忘れられない。
日帰り登山が多くて、あまり山小屋に泊まらないスタイルの自分が始めて泊まった小屋が五の池小屋。たしか噴火の2週間前。すごく綺麗で明るい小屋でスタッフの方が気さくだったのを良く覚えている。剣ヶ峰を踏んでいない事に少し物足りなくて、噴火した日も行こうと計画していたが、用事が入って行けなくなった。そして噴火したのを聞いて唖然とした。噴火当日は友人が行ってて無事と聞いてホッとしたのは忘れられない。
入山規制の解けた去年、不安とドキドキでいっぱいだったが、北御嶽は何も変わってない美しい姿があった。風評被害で人が少なくなったと聞いて、少しでも力になればと思い、今年はひたすら通おうと心に決めた。そう思って通い始めたら、色んな人と交流して、気がつけば、ただの五の池小屋ファンの一人になってた。まぁそんなもんです。
今年はチョコット小屋閉めの手伝いをして、最後に小屋の関係者全員で記念写真を、という忘れ物をした。来年はその忘れ物を回収しないといけないので、小屋開けの手伝いから行くか?
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ