ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 985751 全員に公開 沢登り白山

【北陸の秋沢2】俵谷遡行(逆くの字滝まで)

日程 2016年10月11日(火) 〜 2016年10月12日(水)
メンバー samoa, その他メンバー2人
天候11日:晴れのち曇り
12日:晴れのち曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
俵谷林道入口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間26分
休憩
0分
合計
3時間26分
Sスタート地点10:3412:30林道終点14:00880二股
2日目
山行
7時間19分
休憩
1時間0分
合計
8時間19分
宿泊地07:0008:3020m大滝下08:4009:0020m滝上09:30逆くの字滝09:5012:40880二股13:1013:40林道終点15:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道は第2堰堤上まで延びている
その他周辺情報温泉 平成の湯
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

朽ち果てたトラック
2016年10月11日 11:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ち果てたトラック
ヒラタケ!
2016年10月11日 12:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒラタケ!
最初の小滝
2016年10月11日 12:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の小滝
簡単に直登
2016年10月11日 12:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡単に直登
支流に懸かる滝
2016年10月11日 12:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支流に懸かる滝
いい渓相
2016年10月11日 13:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい渓相
快適に遡行
2016年10月11日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適に遡行
小さいナメもちらほら
2016年10月11日 13:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さいナメもちらほら
ボリボリさん
2016年10月11日 13:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボリボリさん
ナメと小滝
2016年10月11日 13:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメと小滝
アオキ系の実?
2016年10月11日 13:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アオキ系の実?
テンバの少し先の小滝
2016年10月11日 13:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンバの少し先の小滝
突破が難しそうな滝まで偵察
2016年10月11日 13:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突破が難しそうな滝まで偵察
ツェルトを設営
2016年10月11日 14:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツェルトを設営
よろぐろでと今日で採れたキノコ
2016年10月11日 16:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よろぐろでと今日で採れたキノコ
アヒージョ
2016年10月11日 16:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヒージョ
久々の焚火
2016年10月11日 17:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の焚火
キノコ鍋!
2016年10月11日 17:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ鍋!
美味しい
2016年10月11日 17:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美味しい
1
焼き芋も
2016年10月11日 18:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼き芋も
1
燃え盛る炎
2016年10月11日 20:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃え盛る炎
1
翌朝、二段の滝は直登は難しい
2016年10月12日 07:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、二段の滝は直登は難しい
少し手前からザイルを出して巻く
2016年10月12日 07:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し手前からザイルを出して巻く
続く大きなナメ滝
2016年10月12日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続く大きなナメ滝
ナメ滝が続く
2016年10月12日 07:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝が続く
ナメナメ
2016年10月12日 07:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメナメ
この2mFが登れず巻きにかかったらかなりの大巻きになってしまった
2016年10月12日 08:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この2mFが登れず巻きにかかったらかなりの大巻きになってしまった
20m以上はあろう大滝
2016年10月12日 08:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20m以上はあろう大滝
パシャり
2016年10月12日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パシャり
1
パシャり
2016年10月12日 08:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パシャり
1
パシャり
2016年10月12日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パシャり
1
滝が続く
2016年10月12日 09:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が続く
ナメもちょいちょい
2016年10月12日 09:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメもちょいちょい
少し色づく
2016年10月12日 09:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し色づく
逆くの字滝
今回はここまで
2016年10月12日 09:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆くの字滝
今回はここまで
青空と森
2016年10月12日 09:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と森
巨木をぎゅっ!
2016年10月12日 10:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨木をぎゅっ!
帰りは懸垂を駆使して
2016年10月12日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは懸垂を駆使して
どんどん降ります
2016年10月12日 11:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん降ります
水流にも負けず
2016年10月12日 12:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水流にも負けず
俵谷の由来となった俵型の岩
2016年10月12日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俵谷の由来となった俵型の岩
1
アケビ美味
2016年10月12日 15:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アケビ美味
ムカゴをどっさり収穫
2016年10月12日 15:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムカゴをどっさり収穫

感想/記録
by samoa

三連休の土日出勤の代休を早速利用して、普段なかなか一緒にいけない、会の皆さんと泊まり沢を企画。
昨日のよろぐろに引き続き北陸石徹白川の支流、俵谷を遡行することに。

11日
初日の行程は短いので、京都駅7時集合でややのんびりめの出発。久々の東海北陸道で高鷲まで行き、白鳥高原を経て石徹白の奥へと進んでいく。
この辺りに来るのは2月にスキー縦走で訪れて依頼だ。

今は廃村となった小谷堂にある俵谷林道の入口に車を停めて適当に準備をして出発。

むかごを見つけて頬張りながら第2堰堤先から入渓。
しばらくは単調な河原歩きだが、倒木からにょきにょき出ているヒラタケやブナハリタケにテンションを上げながら歩いていく。

ほどなく階段状の滝が出てくる。特に難しさはなく簡単に直登できる。
帰りにメンバーのS見さんから聞いたが、この滝で見られるような俵型をした岩が俵谷の由来だそうだ。

時おり出てくる小規模なナメに心を踊らせながら進む。
周りを見渡すと、サワグルミやトチの巨木がいい感じの森だ。山域が近いだけあって奥美濃に少し雰囲気が似ている。

水量の多い二股が出てくるが、880二股か微妙に確証が持てないので、先の様子を見てみる。
1つ滝を越えてゴルジュ地形を進むと2段10mほどの滝が出てきて、さっきのが880二股と確信する。
それにしても、直登は難しそうだし、巻きもめんどくさそうだ。

とりあえず二股に戻り、テンバ設営。
ツェルトを張り、存分に薪を集めて着火。ほどなく火は安定する。
久々の焚火だ。持ってきた酒やつまみを焚火の 横で味わう。最高の時間だ。
採れたキノコもとりあえずアヒージョもどきにしてみる。
ヒラタケは風味が素晴らしい。

うつらうつらしたりしながら、晩飯を作る。飯盒に加え、S見さんが焚火缶を持ってきていたが、やはり優れもの。
焚火缶の購入も検討せねば。

メニューはキノコ鍋。ブナハリが香り、ヒラタケは美味しく素晴らしい。
自分で食べるものを見つけて食べるのは本当に喜びが大きい。
焼き芋なんかもして、幸せな夜は更けていった。

12日
翌朝、焚火を再点火しすき焼き風うどんを食べる。卵も入りおいしい。
ボヤボヤしていたら出発が7時になってしまった。

さて昨日の2段10mの滝。左岸の側壁から巻き上がれるかと思ったが、手がかりがなく難しそう。
少し戻ったところから巻きにかかる。
灌木帯に入るまでが足元が脆くていやらしい。
ザイルを引いて傾斜が緩くなるまで登る。
沢身には簡単に戻れた。

続く滝も10m弱あり、直登は難しそう。左岸の小尾根を登っていき適当に滝上へ。マジ落ち口のすぐ上にでるので注意が必要。

続く滝はネットの記録でもよく見る大きなナメ滝。
少し規模の小さくなった白滝みたいだ。
左岸からsamoaが登る。出だしだけちょい迷うくらいかと思い、後続に登ってもらうも上部で苦戦し落ちてしまった。幸い怪我がなかったからよかったが、トップとして滝の評価がいまいちだった。
無理せず左岸から小尾根越えるように巻いてもらう。
ちなみに滝上もナメ滝が続き明るく美しかった。

続く2mほどの小滝もシャワーでもしないと容易には突破できなさそう。
ということで、右岸から巻きにかかる。灌木を頼りに登っていくが、なかなか切り立っており沢身に降りることができない。
結局、ブッシュをこいで2つほど滝をまとめて巻くはめに。

やっとこさ巻き終わりに出て少し進むと20m以上はあるであろう直瀑がお目見えする。
迫力があり素晴らしい。

写真を撮ったりしながらしばし休憩して、巻きにとりかかる。
右岸の急な尾根地形を登り滝上へトラバースする。
足元が脆かったり、浮石があったり一筋縄ではいかない。
巻き終わりのところにテンバ適地あり。

滝上も明るい雰囲気で、どことなく金ヶ丸谷の原頭部に似ている。
2mほどの小滝を左岸からブッシュ伝いに登ったりしながら進んでいくと、大きな二段15mくらいの滝が出てくる。

これもネット記録でよく見る逆くの字滝だ。
明るく朝陽に輝いていていい感じたが、出発してから三時間弱。引き返しのことを考えると時間切れ。
もう少し進めると思っていたが、ルート取りに時間がかかってしまった。

しばし滝を鑑賞して引き返し。
ここからは怒濤の懸垂下降ラッシュ。

大滝の巻きは急な尾根地形部分を懸垂下降。50mザイル一杯で下部の緩いところまで。

大巻きしてしまった滝も今度は滝身を懸垂。登れなかった2mの滝も懸垂下降する。

ナメ滝の巻きも懸垂するが、直下の滝の方に行ってしまい登り返してルート修正。
直下の滝は行きのとおりに巻道を下ろす。

2段10mが滝上の倒木に捨て縄をかけて懸垂して、懸垂祭りは終了。

ようやくテンバに帰ってくる。結局登りと同じくらい時間がかかってしまった。
適当にテンバを撤収して下っていく。階段状は簡単にクライムダウン。
天気は下り坂で時折小雨がちらつく。寒気のせいですっきりとはいかないのだろうか。

そんなこんなであっという間に堰堤に到達。
帰り道もムカゴを収穫しながら下っていき小谷堂まで。
目的地である小白山に辿りつけなかったのは残念だが白山近辺の沢の雰囲気を味わいながら沢なかで泊まることができてなかなか満足のいく山行だった。
また季節を変えて再訪したい。

帰りは福井周り。平成の湯で汗を流し、福井IC近くの十阡萬でがっつりサーロインステーキ定食とおろし蕎麦でお腹を満たして、京都への帰路についた。
訪問者数:86人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ