ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986063 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

晩秋の穂高に誘われて 〜奥穂南稜〜

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー yabu-hawk, その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 タクシー、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間40分
休憩
1時間10分
合計
9時間50分
S上高地バスターミナル06:0006:20河童橋06:30岳沢湿原・岳沢登山口07:40岳沢小屋08:1010:30トリコニーI峰12:50南稜の頭13:00穂高岳13:3014:30紀美子平14:4015:50岳沢小屋G
日帰り
山行
1時間20分
休憩
0分
合計
1時間20分
岳沢小屋07:1008:20河童橋08:30上高地バスターミナル
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

河童橋から穂高を眺望。
しかし、寒い…
2016年10月15日 06:15撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋から穂高を眺望。
しかし、寒い…
デカい!
ワクワクが止まらない!
2016年10月15日 08:16撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デカい!
ワクワクが止まらない!
3
ふと後ろを見ると…
2016年10月15日 08:40撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと後ろを見ると…
どんどん標高をあげます。
2016年10月15日 09:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん標高をあげます。
ナイフリッジ通過
2016年10月15日 11:23撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ通過
3
トリコニー
2016年10月15日 11:24撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニー
2
トリコニ―?峰
2016年10月15日 11:43撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリコニ―?峰
最後の詰め
2016年10月15日 12:51撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の詰め
山頂より
2016年10月15日 12:53撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
1
天気がいい
2016年10月15日 13:14撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気がいい
1
至近距離からライチョウさん!
2016年10月15日 14:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至近距離からライチョウさん!
2
ナイスポジション!!
2016年10月15日 14:13撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイスポジション!!
1
遠くから見るとすごい標高差を行ったものだと実感
2016年10月15日 14:41撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くから見るとすごい標高差を行ったものだと実感

感想/記録

南稜ルート概要
今年は例年より雪が少ないということもあり、雪渓は全くなく、南稜の取り付きまではガレ沢を詰めるだけであった。今回、我々は末端である、左の支尾根から取り付いた。取り付くには問題ない。スラブ状の岩を少し上りすぐに藪に突っ込む。時折、踏み後もあるので、たどるとよい。ある程度行くと小ピークに出る。支尾根は続くがそのまま直上してしまうと行き詰まりそうであったので右のほうに詰めていくことにした。いつの間にか中央ルンゼに当たり、そのまま行くことにした。スラブ岩壁に当たる前に右の稜線に出て、トリコニーに出る。ルンゼからは踏み後がしっかりしているので無理に難しいところに行く必要もないと思う。赤テープも確認した。
トリコニーでは直上し、一度ロープが出た程度でそれほど難しいところはない。
その後に、ナイフリッジが出るが扇沢側から行くとよい。変なルートをとらなければ問題はない。曲を越え、景は通らず、岩場が続く。難しいところはないので快適に登れる。
岩場の終わりにナイフリッジが出るが、末端まで行かず、手前に支点があったのでそこから懸垂した。クライムダウンでもいけるかもしれないがかなりが怖いかもしれない。
ここからは山頂まですぐで易しい岩場を行き、ガレ場が出てくれば南稜の頭はすぐだ。
奥穂の山頂を踏み、少しまったりしてから吊尾根経由で重太郎新道から下山した。

この季節は気温がとても低いため防寒着を多めに持っていくことを勧める。
おそらく気温は5℃前後であったであろう。日が当たらないところは特に寒い。



最後に、9月は雨ばかりでイライラする日々であったが、今回は快晴であったためとても気持ちいい登山となった。
岳沢からはいろいろとバリエーションルートがあるため、コブ尾根や畳尾根など行きたいところである。
訪問者数:333人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ