ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986164 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

金時山 今回も富士山はご機嫌斜め

日程 2016年10月18日(火) [日帰り]
メンバー juusinn005
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 箱根登山線 箱根湯本駅 箱根登山バス 仙石
復路 JR御殿場線 足柄駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間39分
休憩
49分
合計
4時間28分
S仙石バス停10:0710:10金時登山口10:36公時神社10:54金時宿り石11:24公時神社分岐11:3011:51金時山12:3412:55新柴分岐13:37林道金時線14:03ギャツビイゴルフクラブ14:35足柄駅14:35足柄駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
仙石バス停      10:07
金時登山口      10:10
公時神社       10:36
金時手鞠石      10:44
金時宿り石      10:54
公時神社分岐     11:24ー11:30
金時山        11:51ー12:34
新柴分岐       12:55
林道金時線      13:37
ギャツビイゴルフクラブ14:03
足柄駅        14:35

休憩
公時神社分岐  6分
金時山    43分
計      49分
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは公時神社の無料駐車場にある。用紙は無い。

金時神社入口〜公時神社分岐
よく整備された山道だが、ところどころ崩壊したのか、トラロープで立入禁止の
場所がある。
公時神社分岐〜金時山
よく整備された山道、前回よりも整備されたのか、滑落しそうな場所には鎖の柵
などが出来ていた。
金時山〜新柴分岐
岩場の道、ハシゴ状の鉄の階段が連続する下り、岩場の階段もかなり急、普段は
登りでしか使ったことが無かったが、下りでは補助ロープやハシゴ階段の手すりは
使ったほうが安全だろう。
新柴分岐〜足柄駅
あまり整備されていない山道。
上部では溜まった土砂などで歩きづらく、中盤尾根が広くなってからは木に付けら
れた赤ペンキ、白ペンキ、営林署の境界標を目印に歩く。
林道に出会う直前まで標識が殆ど無い。
林道から先の下りは洗掘された滑りやすい急な下りがすぐにある。
小山町の正規標識から先は林道歩きだが、最初はススキが藪のようでうるさい。
ゴルフ場まで出るとあとは道なりに舗装道を駅まで歩く。
このコースは公式の道標がほとんど無く、数少ない岩田翁の道標が頼りになった。

箱根町の管轄している区間は至れり尽くせりの整備状況だが、小山町の管轄する区
間は最低限の道標しかないうえ、ひたすら樹林帯の中を下る面白みの無いコースの
せいか人っ子ひとり会わなかった。
その他周辺情報御殿場線側に降りたので、鶴巻温泉へ。
平日市外住民2時間¥800のところモンベル割で¥600。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ストック カメラ スパッツ 虫除けスプレー 膝サポーター レスキューシート

写真

仙石に到着、予想外に天気が良くて暑い。
2016年10月18日 10:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙石に到着、予想外に天気が良くて暑い。
2
金時山登山口のローソンから金時山、山頂にある雲が気になる。
2016年10月18日 10:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山登山口のローソンから金時山、山頂にある雲が気になる。
5
金時神社入口の登山ポスト、用紙は無かった。
2016年10月18日 10:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時神社入口の登山ポスト、用紙は無かった。
金時山まで75分、山と高原地図のCTは110分だが?
2016年10月18日 10:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時山まで75分、山と高原地図のCTは110分だが?
金時手鞠石、下りだといつも気づかないw
2016年10月18日 10:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時手鞠石、下りだといつも気づかないw
1
金時宿り石を通過。
2016年10月18日 10:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時宿り石を通過。
1
日向にリンドウが咲いている。
2016年10月18日 11:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向にリンドウが咲いている。
8
公時神社分岐に到着、暑いので1本入れる。
2016年10月18日 11:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公時神社分岐に到着、暑いので1本入れる。
1
木の間から大涌谷方面が見える。
2016年10月18日 11:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間から大涌谷方面が見える。
1
神山、大涌谷方面、水蒸気はまだ随分上がっているようだ。
2016年10月18日 11:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神山、大涌谷方面、水蒸気はまだ随分上がっているようだ。
10
芦ノ湖方面、台ヶ岳のススキ原も見える。
2016年10月18日 11:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦ノ湖方面、台ヶ岳のススキ原も見える。
4
ススキ原、まだそんなに黄金色にはなっていない。
2016年10月18日 11:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキ原、まだそんなに黄金色にはなっていない。
9
トリカブトの花はもう終わりごろか。
2016年10月18日 11:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトの花はもう終わりごろか。
3
野菊の仲間だが、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
2016年10月18日 11:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野菊の仲間だが、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
1
あの隙間を抜けると山頂だが・・・。
2016年10月18日 11:50撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの隙間を抜けると山頂だが・・・。
1
青空の下、富士山はご機嫌斜め。
2016年10月18日 11:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下、富士山はご機嫌斜め。
5
愛鷹山は辛うじて見える。
2016年10月18日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛鷹山は辛うじて見える。
8
長尾山に箱根丸岳。
2016年10月18日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾山に箱根丸岳。
5
雲が押し寄せてきている。
2016年10月18日 11:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が押し寄せてきている。
1
雲の隙間から芦ノ湖。
2016年10月18日 11:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の隙間から芦ノ湖。
2
上空はこんななのに・・・。
2016年10月18日 12:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空はこんななのに・・・。
7
下界は日が差しているようだが、雲が低くて嫌だな。
2016年10月18日 12:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は日が差しているようだが、雲が低くて嫌だな。
3
1300m前後に雲があるようだ。
2016年10月18日 12:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300m前後に雲があるようだ。
2
山頂の様子、平日だけど結構ハイカーが多い。
2016年10月18日 12:06撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子、平日だけど結構ハイカーが多い。
とりあえず昼飯にしよう。
2016年10月18日 12:09撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず昼飯にしよう。
3
今回は主食扱い、丹沢あんぱん ゆず
2016年10月18日 12:12撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は主食扱い、丹沢あんぱん ゆず
3
続けて丹沢あんぱん くり
2016年10月18日 12:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続けて丹沢あんぱん くり
8
締めはおにぎり、これは好きな味だった。
2016年10月18日 12:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
締めはおにぎり、これは好きな味だった。
3
薄いガスの中、望遠で芦ノ湖。海賊船の航跡が残っている。
2016年10月18日 12:24撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄いガスの中、望遠で芦ノ湖。海賊船の航跡が残っている。
1
もうじき全部雲の中になりそう。
2016年10月18日 12:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうじき全部雲の中になりそう。
1
ススキ原もガスに隠されそう。
2016年10月18日 12:25撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキ原もガスに隠されそう。
この後、すっかりガスって白い世界になった。
2016年10月18日 12:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後、すっかりガスって白い世界になった。
2
今回は、足柄側に降りてみる。
2016年10月18日 12:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、足柄側に降りてみる。
2
トリカブト
2016年10月18日 12:38撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブト
2
200m近く一気に下って、左の道を行ってみる。
2016年10月18日 12:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200m近く一気に下って、左の道を行ってみる。
1
初めて道標が出てきたが、正規の道標ではない。
2016年10月18日 13:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて道標が出てきたが、正規の道標ではない。
1
お、金時山にも岩田翁の道標が。
2016年10月18日 13:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お、金時山にも岩田翁の道標が。
1
岩田翁の道標に従い、右へ進む。
2016年10月18日 13:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩田翁の道標に従い、右へ進む。
1
足柄駅まで5km、結構あるな。
2016年10月18日 13:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足柄駅まで5km、結構あるな。
1
岩田翁の道標に助けられる。
2016年10月18日 13:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩田翁の道標に助けられる。
1
正規の道標がやっと出た。
2016年10月18日 13:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正規の道標がやっと出た。
1
分かりやすくて頼りになる岩田翁の道標。
2016年10月18日 13:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分かりやすくて頼りになる岩田翁の道標。
1
浅間塚の説明。
2016年10月18日 13:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間塚の説明。
1
鳥居があるところが浅間塚なのだろう。
2016年10月18日 13:53撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居があるところが浅間塚なのだろう。
2
ゴルフ場の横に出た。
2016年10月18日 14:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場の横に出た。
1
あとは駅までダラダラ歩く。
2016年10月18日 14:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは駅までダラダラ歩く。
1
足柄駅に到着。
2016年10月18日 14:35撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足柄駅に到着。
2
ホーム側から見ると、古い看板が。
2016年10月18日 14:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホーム側から見ると、古い看板が。
1
足柄駅
2016年10月18日 14:37撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足柄駅
2
足柄駅ホーム
2016年10月18日 14:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足柄駅ホーム
3
駅名標
2016年10月18日 14:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅名標
3
待ち時間の間に全て片付けてしまおう。
丹沢あんぱん 胡麻
2016年10月18日 14:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ち時間の間に全て片付けてしまおう。
丹沢あんぱん 胡麻
4
続けて、丹沢あんぱん つぶ
2016年10月18日 14:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続けて、丹沢あんぱん つぶ
6
山頂で食べなかったデザートも。
2016年10月18日 14:45撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で食べなかったデザートも。
4
撮影機材:

感想/記録

15日土曜日の代休だったのでどこかへ登りに行こうかと考えていたところ、
天気予報では朝遅い時間まで雨とのことだったので、諦めて朝寝していた。
6時半に起床すると、すっかり良い天気である。
時間的にも丹沢のガッツリ歩くコースは無理なので、今から出発してもそれなりに
登山になる、仙石からの金時山コースをチョイスして出かける。

幸い、8時22分相模大野発のロマンスカーに乗れたので、スタートが遅くなりす
ぎることは無く10時過ぎには登山開始。
山シャツを夏物から秋物に変えてきたが、気温が高すぎて汗が出る。
それでも、箱根町の道標のCTどおりに公時神社分岐に到着。
一本入れてから山頂へ。

山頂手前の木のトンネルを抜けるときはいつもワクワクするが、今回はどうか?
・・・山頂は晴れているが、お約束の富士山は影も形もない。
どうやら雲が低いらしく、神山、大涌谷方向からどんどん薄いガス状の雲が流れて
きて、これから景色は悪くなる模様。
芦ノ湖や三国山、丸岳などの外輪山が見えているうちに食事を済ませることにした。
食事中はどうにか外輪山、芦ノ湖、仙石原のススキ原は見えるし、外輪山の向こうに
駿河湾も見えていたので、それなりに楽しめたが、すぐに静岡側からも雲が外輪山を
越えて目の前を白い世界に変えてしまう。

これ以上とどまっても仕方ないので下山開始。
登りコースでしか使ったことのない足柄方面を下る。
登りでは、そのキツさにヒーヒー言うだけだった山頂直下の下りは、岩場の道に階
段、ハシゴが連続して結構緊張する。
一気に200m近く下るのでコケると大怪我しかねないため、補助ロープや手すり
はなるべく使って下った。

今回は未踏の道を行くつもりで新柴方面へ向かう。
人気がない道なのだろうか、雨で流された土砂が溜まって歩きづらい。
道自体は尾根の1本道なので迷う心配はなさそうだが、箱根町側の道の整備状況と
比べるあまり良くない。
そのうち尾根が広くなり踏み跡がたまに分かりづらくなる。
営林署の境界標と木の幹のペイントを頼りにしばし歩くと、眼下に林道が見えて来た。

初めて道標が現れたが正規の役所の道標ではない。
だが、岩田翁の道標もあったので、これは大丈夫だろうと安心してさらに下る。
洗掘されて滑りやすい赤土の道、暗い植林の中の林道をしばらく歩いて、ようやく
舗装された道にでる。
一旦地図を確認してから、ダラダラ歩いて足柄駅にようやく到着する。
その後、電車の待ち時間に残った食料を全て片付け、鶴巻温泉で汗を流してから帰
宅した。

今回は、足柄駅へのコースで歩いたことのないコースを試しに下ってみたが、道も
あまり良くないし、歩いていて楽しいところが全然無かった。
間違っても、登りで使うことは無いことが分かったから良しとしようか。
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/28
投稿数: 748
2016/10/19 4:23
 今回も富士山は・・・
juusinn005さん、こんばんは!

「山頂手前の木のトンネルを抜けるとき」…すごく良く分かります。
私もそうです が…今のところ全敗です。前回なんて雨の中でしたからね
一度も金時山の山頂から富士山を見たことが無いのです…

今月末、久しぶりの「やまぐみ」で金時山に行く予定なので、今度こそ…
今度こそみんなで山頂から目の前にドーンと富士山を拝みたいと思っています。
登録日: 2014/12/7
投稿数: 245
2016/10/19 23:22
 Re: 今回も富士山は・・・
itadakipinkさん、こんばんわ。

今回、木のトンネルからは真っ青な空が見えていたので、「お、これは。」と
思ったのですが、この有様です
写真では逆光でトンネルの先は白くなってますが

金時山からの富士山、冬じゃないとだめかもしれませんね−。
仙石からも足柄からも、ドーンと目の前に見えたのは、真冬で金時山に雪降った
翌日とかでしたから

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ