ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986305 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走磐梯・吾妻・安達太良

西吾妻山縦走

日程 2016年10月09日(日) 〜 2016年10月10日(月)
メンバー TOMO12345
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高湯温泉の無料駐車場へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間30分
休憩
10分
合計
5時間40分
明月荘(弥兵衛平小屋)06:0006:10弥兵衛平分岐06:00東大巓06:20東大巓分岐07:10昭元山07:50烏帽子山08:10ニセ烏帽子山08:20兵子分岐08:20物見岩分岐09:20家形山09:3009:30五色沼分岐09:30硯石11:30高湯11:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック シェラフ

写真

分岐にはこんな不快な看板も有り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐にはこんな不快な看板も有り
暴風雨で池塘や草紅葉の写真を撮るのも一苦労
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風雨で池塘や草紅葉の写真を撮るのも一苦労
宿泊先の明月荘は無人小屋としては綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊先の明月荘は無人小屋としては綺麗
赤が美しい烏帽子の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤が美しい烏帽子の登り
帰ってきた方向を見ると意外になだらかでは無かったり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきた方向を見ると意外になだらかでは無かったり
奥には池塘が点在しています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥には池塘が点在しています
家形山からの一切経山と魔女の瞳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家形山からの一切経山と魔女の瞳
家形山の紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
家形山の紅葉

感想/記録

計画は10/9は雨の予報だったので展望の無い西吾妻山のピークハント。
10/10は曇りで少し期待出来そうだったので帰りに五色沼を見て帰る計画でした。
9日はコースタイム13時間のコースを11.5時間で相当遅れた。
最初の登りで熊とすれ違うが遠くへ行ったので放置して進む。
家形山まで登ると後は緩やかで楽になる。
藪漕ぎと湿地帯で水芭蕉群生地を踏みつけて進まなければならない。
川のような道をひたすら進み、明月荘への分岐まで進むと後は木道がメイン。
暴風雨と視界が悪いのと西吾妻付近で道を見失った人を案内したりでタイムロス。
地図もコンパスも雨具も持たないで登山とか最早意味が分かりません。
明月荘に戻り1泊。この日は自分の他に5人位居ました。
10日は予想通りの曇り。朝4時に起きるも寒くて動きたくない病が。
外に出ると寒いのと朝露で藪が濡れているので結局雨具とザックカバー着用。
前日に比べると嘘のように歩きやすい道のりを戻る。
途中には遭難者や登山中の死者の慰霊碑がいくつかあったりしつつ。
目的の家形山へ。一切経山と魔女の瞳と紅葉のコントラストが美しく暫く止まる。
下山後は高湯温泉で風呂に入り帰宅。
10日はコースタイム6.5時間のところ5.5時間と少し遅れた。
訪問者数:75人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ