ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986312 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

伯耆大山(弥山)

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー marui
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大山博労座第5駐車場に駐車(大山情報館の前)

某市0450→駐車場0740 山陽自動車道&米子自動車道経由
駐車場1310→弓ヶ浜1410/1425→某市1800 下道経由
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

駐車場 0750
六合目 0900/0910 1.10
弥山頂上0950/1020 0.40 1.50
六合目 1110/1120 0.50 2.40
駐車場 1225    1.05 3.45
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 デイパック 雨具 ソフトシェル 帽子 手袋 登山靴 ストック テルモス コップ ペットボトル(0.5Lx2) 昼食 スマフォ(地図&GPS) モバイルバッテリー 携帯電話 5万図 磁石 ヘッデン ツエルト 日焼け止め カメラ

写真

ど〜んと大山!
中国地方最高峰にやってきました。
2016年10月16日 07:24撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ど〜んと大山!
中国地方最高峰にやってきました。
7
大山情報館の前の駐車場から出発です。
2016年10月16日 07:45撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山情報館の前の駐車場から出発です。
1
まずは夏山登山口を目指します。
2016年10月16日 07:54撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは夏山登山口を目指します。
2
既に標高は750m、振り返ると日本海が見えます。
2016年10月16日 07:55撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に標高は750m、振り返ると日本海が見えます。
1
御幸参道本通りを登り、
2016年10月16日 07:55撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸参道本通りを登り、
この喫茶店(矢印で案内あり)で右に曲がると、
2016年10月16日 07:57撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この喫茶店(矢印で案内あり)で右に曲がると、
レコで見たことあるMont-bellの所に出ます。
2016年10月16日 07:58撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レコで見たことあるMont-bellの所に出ます。
2
これから登る尾根をズーム。
頂上までの標高差は約930mです。
2016年10月16日 07:59撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る尾根をズーム。
頂上までの標高差は約930mです。
3
少し車道を歩き、ここから登山道へ。
今日は午後に雨との予報もあり、少しペースを上げて登ります。
2016年10月16日 08:01撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し車道を歩き、ここから登山道へ。
今日は午後に雨との予報もあり、少しペースを上げて登ります。
1
長〜い階段の登り。
2016年10月16日 08:04撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い階段の登り。
1
所々紅葉、良い感じの森です。
2016年10月16日 08:11撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々紅葉、良い感じの森です。
1
ひたすら階段...
2016年10月16日 08:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら階段...
1
合目標識や標高表示が沢山ありました。
ここまで+400m、登山口から40分といいペース。
この調子で避難小屋まで登ってしまおう。
2016年10月16日 08:42撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合目標識や標高表示が沢山ありました。
ここまで+400m、登山口から40分といいペース。
この調子で避難小屋まで登ってしまおう。
2
色付いた木が増えてきます。
2016年10月16日 08:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付いた木が増えてきます。
1
振り返ると日本海。
弓なりな海岸は弓ヶ浜ですね。
2016年10月16日 08:53撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると日本海。
弓なりな海岸は弓ヶ浜ですね。
7
標高1350mにある六合目避難小屋に到着!
ここで少し休憩。
2016年10月16日 08:59撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1350mにある六合目避難小屋に到着!
ここで少し休憩。
3
避難小屋からさらに斜度が増します。
目印のような木の所まで登ってきました。
2016年10月16日 09:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋からさらに斜度が増します。
目印のような木の所まで登ってきました。
2
その辺りで森林限界?
高い木がなくなり風も強くなりました。
冬だと寒そう〜
2016年10月16日 09:37撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その辺りで森林限界?
高い木がなくなり風も強くなりました。
冬だと寒そう〜
1
石室の分岐。
2016年10月16日 09:44撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室の分岐。
1
頂上が見えてきました。
頂上付近は植生保護のため木道が敷かれています。
2016年10月16日 09:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上が見えてきました。
頂上付近は植生保護のため木道が敷かれています。
3
SEA TO SUMMITのGOALをくぐって大山(弥山)の頂上到着!
ちょうどこの日はMont-bell主催のSEA TO SUMMIT大会。そして下山が大変なことに(>_<)
2016年10月16日 09:49撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SEA TO SUMMITのGOALをくぐって大山(弥山)の頂上到着!
ちょうどこの日はMont-bell主催のSEA TO SUMMIT大会。そして下山が大変なことに(>_<)
9
百名山一つ追加され54座に。
2016年10月16日 09:49撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百名山一つ追加され54座に。
7
大山の最高峰、剣ヶ峰。
こんなにザレているとは
2016年10月16日 09:49撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山の最高峰、剣ヶ峰。
こんなにザレているとは
11
弥山頂上はこんな感じで板敷きがあり、憩いの場となっています。
お腹空いたので昼食を。
2016年10月16日 09:50撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥山頂上はこんな感じで板敷きがあり、憩いの場となっています。
お腹空いたので昼食を。
3
では大山からの展望を右回りで。
まずは東側:剣ヶ峰、すぐ右奥に槍ヶ峰。
2016年10月16日 10:11撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では大山からの展望を右回りで。
まずは東側:剣ヶ峰、すぐ右奥に槍ヶ峰。
6
南東側:とんがり山は烏ヶ山(からすがせん)でしょうか。
左奥は蒜山の辺り。
2016年10月16日 10:11撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東側:とんがり山は烏ヶ山(からすがせん)でしょうか。
左奥は蒜山の辺り。
1
南側:良く分かりません
2016年10月16日 10:12撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側:良く分かりません
南西側:良く分かりません
2016年10月16日 10:12撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西側:良く分かりません
西側:米子の街に、弓ヶ浜、中海、奥に宍道湖。
2016年10月16日 10:12撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側:米子の街に、弓ヶ浜、中海、奥に宍道湖。
2
北西側:日本海、手前に孝霊山。
晴れていると隠岐の島が見えるのでしょうか。
2016年10月16日 10:13撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西側:日本海、手前に孝霊山。
晴れていると隠岐の島が見えるのでしょうか。
2
北側:日本海。
この先はロシアか〜
2016年10月16日 10:13撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側:日本海。
この先はロシアか〜
1
これで一周です。
正面に1709mの三角点峰、奥に剣ヶ峰。
弥山から先は立ち入り禁止となっています。
2016年10月16日 10:13撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで一周です。
正面に1709mの三角点峰、奥に剣ヶ峰。
弥山から先は立ち入り禁止となっています。
2
頂上で撮って頂きました。
2016年10月16日 10:16撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上で撮って頂きました。
15
最後に剣ヶ峰を見納めして、では下ります。
2016年10月16日 10:17撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に剣ヶ峰を見納めして、では下ります。
6
駐車場を展望。
大山情報館やMont-bellショップが良く見えます。
2016年10月16日 10:19撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場を展望。
大山情報館やMont-bellショップが良く見えます。
頂上直下の避難小屋。
かなり広い小屋でした。
2016年10月16日 10:19撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下の避難小屋。
かなり広い小屋でした。
1
気温は11℃でしたが、風が強く結構冷えました。
2016年10月16日 10:20撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気温は11℃でしたが、風が強く結構冷えました。
眼下に米子市街。
2016年10月16日 10:22撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に米子市街。
1
1700mの低山ですが、頂上付近は高い木がなく、高山の様相です。
2016年10月16日 10:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1700mの低山ですが、頂上付近は高い木がなく、高山の様相です。
1
下りは左の道へ進んでみます。
空中を歩いている感覚もある楽しい道でした。
2016年10月16日 10:26撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは左の道へ進んでみます。
空中を歩いている感覚もある楽しい道でした。
3
横を見ると結構崩壊しています。
こんなに山全体が崩落しているとは知りませんでした。
2016年10月16日 10:29撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横を見ると結構崩壊しています。
こんなに山全体が崩落しているとは知りませんでした。
2
特別天然記念物のダイセンキャラボク。
ここが南西限だそうです。
2016年10月16日 10:29撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特別天然記念物のダイセンキャラボク。
ここが南西限だそうです。
1
石室があります。
1920年に作られたそうです。
2016年10月16日 10:33撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室があります。
1920年に作られたそうです。
2
石室のすぐ近くには池があります。
2016年10月16日 10:34撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石室のすぐ近くには池があります。
1
たぶんこれが地蔵ヶ池。
飛んでいるヒバリ?が偶然撮れました。
2016年10月16日 10:35撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶんこれが地蔵ヶ池。
飛んでいるヒバリ?が偶然撮れました。
1
登ってきた道に合流。
奥は三鈷峰(さんこほう)、小屋が見えるのはユートピア避難小屋か。
2016年10月16日 10:40撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道に合流。
奥は三鈷峰(さんこほう)、小屋が見えるのはユートピア避難小屋か。
3
奥に剣ヶ峰、手前は弥山。
こちらの山体もかなり崩落しています。
2016年10月16日 10:43撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に剣ヶ峰、手前は弥山。
こちらの山体もかなり崩落しています。
1
六合目避難小屋方向。
良い感じに紅葉していました。
この辺り登山道が狭く、登ってくる人で大渋滞でした。
100人はすれ違ったような。
2016年10月16日 10:52撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋方向。
良い感じに紅葉していました。
この辺り登山道が狭く、登ってくる人で大渋滞でした。
100人はすれ違ったような。
3
紅葉〜
2016年10月16日 10:52撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉〜
2
紅葉〜
2016年10月16日 10:54撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉〜
1
紅葉〜
2016年10月16日 10:54撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉〜
紅葉〜
2016年10月16日 10:59撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉〜
1
SEA TO SUMMIT参加中のパンダさん(笑)
2016年10月16日 11:05撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SEA TO SUMMIT参加中のパンダさん(笑)
5
六合目避難小屋まで戻りました。
2016年10月16日 11:12撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目避難小屋まで戻りました。
1
コーヒー休憩
2016年10月16日 11:15撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コーヒー休憩
5
ユートピア避難小屋をアップで。
2016年10月16日 11:22撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピア避難小屋をアップで。
1
途中から行者谷へ。
ようやく静かになりました。
ここまでの間は、登ってくる人を待つと、後からトレランが抜かして下って行ったり、マナー目茶苦茶でした。
2016年10月16日 11:31撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から行者谷へ。
ようやく静かになりました。
ここまでの間は、登ってくる人を待つと、後からトレランが抜かして下って行ったり、マナー目茶苦茶でした。
1
三鈷峰を正面に下っていきます。
2016年10月16日 11:31撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰を正面に下っていきます。
3
静かなぶなの道。
この辺りスバラでした。
2016年10月16日 11:34撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かなぶなの道。
この辺りスバラでした。
4
大山の生い立ち。
2016年10月16日 11:44撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山の生い立ち。
1
段々紅葉も少なくなると、
2016年10月16日 11:44撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々紅葉も少なくなると、
河原に出ました。
2016年10月16日 11:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に出ました。
昔はこの沢を詰めて登っていたそうです。
2016年10月16日 11:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔はこの沢を詰めて登っていたそうです。
1
堰堤の向こう側に渡ります。
この辺りはペンキを目印で。
2016年10月16日 11:48撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の向こう側に渡ります。
この辺りはペンキを目印で。
振り返って六合目避難小屋の辺り。
2016年10月16日 11:50撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って六合目避難小屋の辺り。
少し歩くと大神山神社に出ました。
立派な社です。
2016年10月16日 12:07撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと大神山神社に出ました。
立派な社です。
3
この辺は出雲の國。
2016年10月16日 12:07撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は出雲の國。
あとは参道を下って、
2016年10月16日 12:19撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは参道を下って、
大山情報館に到着。
雨が降る前に無事下山!
2016年10月16日 12:26撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山情報館に到着。
雨が降る前に無事下山!
情報館正面の大山自然歴史館に寄ってみました。
図書コーナーがあり、色々大山関係の本がありました。
この写真は昭和50年代後半、当時は裸地化していたそうです。
(大山の頂上保護活動10年のあゆみ(H8年)より)
2016年10月16日 13:08撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
情報館正面の大山自然歴史館に寄ってみました。
図書コーナーがあり、色々大山関係の本がありました。
この写真は昭和50年代後半、当時は裸地化していたそうです。
(大山の頂上保護活動10年のあゆみ(H8年)より)
1
下山後、弓ヶ浜まで進み、Summit to Sea達成!
(車ですが...)
2016年10月16日 14:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、弓ヶ浜まで進み、Summit to Sea達成!
(車ですが...)
12
撮影機材:

感想/記録
by marui

金〜火と週末を挟んだ出張の機会を利用して、伯耆大山に行ってきました。

山を始めた高校の頃から、中国地方の最高峰として気になっていた山です。確か高3の時だったか旅行に行く友人に写真を撮ってきてくれと頼み、貰った写真に写っていた真っ白な独立峰を見ていつかは行きたいと思っていました。

この日は午後から雨が降るという予報もあり、ハイペースで往復。標高差900mということで比較的楽に往復できましたが、さすが冬は雪が積もる山だけあって、頂上付近の高山のような様相と独立峰ならではの展望はなかなかのものでした。今回で偵察もできたので、次は冬に目指します。
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/12/14
投稿数: 2358
2016/10/20 6:45
 おお、予定通り行かれましたか
マルイさん、おはようございます。
当初の予定通り大山に行かれましたか。
大会のせいもあったかもしれませんがやはり人気の山みたいですね。
ぜひ冬にスキーで行ってみたい山のひとつです。
いついけることやら・・・
登録日: 2014/5/8
投稿数: 1723
2016/10/20 8:59
 あら大山いったのね
お疲れさんでした。
大山は旅行で何回か眺めています。
このお山は11月初旬頃の紅葉が見事です。
あまり登る気にはならないかな〜
剣ヶ峰行けないもんね。
でも掟破りでレコはあがってるけど。
弥山から剣ヶ峰まで行ってみたい気はすごくあるんですけどね。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/20 22:00
 Re: おお、予定通り行かれましたか
Sanちゃん、こんばんは

予定通り行ってきました。
出張先からレンタカーで2時間50分と、自宅から八ヶ岳に行く位の距離でしたよ。

大会以外でも本当に多くの人が登っていました。
子供さんも多かったです。
この近辺で一番高く山らしい山となると、やはり大山になるのでしょう。
それでもすぐ登れてしまったし、行けるルートも限られていて。
そういう意味では、関東は山の選択肢が多くて恵まれているなと感じました。

大山は金沢からだとかなり遠い場所になりますね。
ぜひラクダの背から突っ込んで下さい
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/20 22:06
 Re: あら大山いったのね
takuさん、こんばんは

駐車場でtakuさん来ていないかバイクとか探してましたよ〜
大阪からだと3時間で行けるみたいです。
白山、中アよりも近いですよ。

最高峰剣ヶ峰まで行きたいんですけどね。
安全上なら自己責任かも知れないんですが、あのザレ場を見てしまうと、人が通ることによる落石が自然破壊になってしまうという点で縦走はいかんと強く思いました。
ま、弥山でも十分楽しめますんで、ルンルン山行‼でどうでしょ
登録日: 2011/7/21
投稿数: 1002
2016/10/20 23:40
 大山〜☆
マルイさん こんばんわ

出張に絡めての登山いいですね〜
百名山を目指していたころ、登ってみたいなと〜思っていましたが、今では遠い山に〜
やはり冬良さそうですよね〜
BCも過激なイメージです
冬だと本当のピーク目指してしまわれるのでしょうか〜
お疲れ様でした〜
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/21 0:03
 Re: 大山〜☆
makiさん、こんばんは〜

大山、遠いですよね。
何せ鳥取に足を踏み入れたことはこれで2回目です
やはり冬ですよね
あ、冬だとザレ場も崩れない? なら落石による自然破壊はないか
登録日: 2013/11/24
投稿数: 401
2016/10/21 6:23
 ジャージー♪
マルイさん、こんにちわ!

大山。蒜山高原や車窓から眺める
雄大な山のイメージがあります。
もっと高い山という感覚でしたが、
登りやすく、階段や木道など整備が整ってるんですね

最高点の剣ヶ峰には登れないようですが、
雪が積もれば⁉
出張&遠征お疲れ様でした〜
登録日: 2012/11/5
投稿数: 1466
2016/10/21 9:48
 sea to summit
maruiさん、出張お疲れ様です。

大山の計画あがった時に、中国地方出張かなと思いましたが、正解ですね!
富士山のsea to summitをやった時の四国支部長も同日、ほぼ同時刻で登っているので、どこかで会っているのかもしれませんね?

登り、下り、みーんな仲良く遊びましょう(*^^*)
みんなの登〜るお山です♪
(大きな栗の木の下で)
自分はこう言い聞かせてます。また自分が走る時は、これからも気をつけて走るようにしたいと思います。
会社の店内放送もこの替え歌が流れます..
みんなの集まるウ○○○ア〜♪
登録日: 2013/9/28
投稿数: 2368
2016/10/21 22:04
 ダイセン!!スバレスト❤
兄マル〜♪ こんばんは〜♪ ぽぽ弟で御座います<(^-^)>

兄者もsea to summitでしたか〜(p^-^)p♪
気が合いますのう〜
大山は昨年松江出張の時に最大の登るchanceを逃しておりますよ〜(T^T)
いやいや良い山ですね〜
立入禁止も多いんですね〜
良いレコを見させて頂きました〜♪有難う〜♪(^-^)/~~
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/21 23:29
 Re: ジャージー♪
fujimonさん、こんばんは

その後足の具合はいかがでしょうか?
お大事になさって下さい。

大山、立派な山でしたよ。
階段や木道というのは、たぶんですが、とても崩れやすい岩質なので、崩れるのを防ぐためと思われます。
登山口の標高が結構高いので、同じ標高位の奥多摩や丹沢と比べても登りやすかったです。

いやいや〜あの稜線が雪でナイフリッジになったらそれはさぞ恐ろしいかと
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/21 23:29
 Re: sea to summit
がーねっちん、こんばんは

四国支部長さんとちょうどラップしてますね
時間を見ると、6合目から頂上の途中で抜かしているようです。
支部長さんの写真25に足が写ってましたよ

すみません ちょっと言葉がきつくなり...
学生時代、徹底的に登り優先と指導された古い人です。
登る人のペースを乱してはいけません(>_<)
今回の大会はトレランではなく、ゼッケンを付けた人はマナーも良かったです。
老若男女+大会で登ってくる人+個人トレランが入り乱れた状態で、登り優先で歩みを止めた自分を、登りは止まるの当然という感じで追い越していくのはいかがなものかと。
でも、最近は登りで歩みを止める人も多くなりましたね。

大山は中国地方のみんなが集まるお山でした。
登山道の選択肢が少ない中、しかも狭く急な登山道に集中。
関東近辺にはない課題があるなぁと感じました。
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/21 23:30
 Re: ダイセン!!スバレスト❤
タロ殿〜、どもどもご訪問ありがとうございます

そうそう中国地方をぐるりと回られていましたよね。
土日を挟まないとなかなか自由な時間は取れないですよね。
年間20回位は行っている中国地方ですが、ようやくチャンスが巡ってきました
要領を得たので、これから少し活動しますよ

展望も良いし、ブナの森も良かったです。
ただ、山肌がかなり崩れているのが複雑な気持ちで...
弥山頂上も昔は禿げていたらしいですが、頂上保護活動によって今では緑が増えたとのこと、いつか山全体が緑に覆われて欲しいです。
地震がありましたが、崩壊が進んでいないと良いのですが。
登録日: 2011/8/30
投稿数: 1041
2016/10/25 20:39
 超遅コメです「(^_^;)
マルイさん、こんばんは〜

大山蒜山は大昔にバイクで回りましたよ
蒜山でキャンプしましたが、その時の雄大な景色は今でも覚えてます
そのまま鳥取にぬけて梨食って海水浴して帰ってきたな〜〜トオイメ

また行きたくなりましたよ〜
お疲れさまでした
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1466
2016/10/25 21:12
 Re: 超遅コメです「(^_^;)
nb隊長、どもどもコメントありがとうございます

お〜、昔走り回りましたか。
高速の途中で草原の山が見えたんですが、あれが蒜山かな?
鳥取は生涯2回目なんですが、それが今年に集中しているという...
砂丘も楽しかったです

次回はぜひ大山を

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ