ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986384 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

伯耆大山 ☆行者登山道〜弥山〜夏山登山道☆

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー shichi7, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大山情報館横に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し
その他周辺情報☆豪円湯院
 http://www.goenyuin.com/
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

大山情報館横に駐車して大神山神社を目指します
2016年10月16日 07:08撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山情報館横に駐車して大神山神社を目指します
1
大山寺
2016年10月16日 07:14撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山寺
1
大神山神社へと自然石を敷きつめた参道の長さが約700mで日本最長です
2016年10月16日 07:17撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社へと自然石を敷きつめた参道の長さが約700mで日本最長です
2
大神山神社奥宮社殿は国指定の重要文化財で国内最大の権現造りです
2016年10月16日 07:29撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大神山神社奥宮社殿は国指定の重要文化財で国内最大の権現造りです
1
元谷より見る大山
2016年10月16日 07:55撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元谷より見る大山
4
行者道登山道の急登を登っていきます
2016年10月16日 08:10撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者道登山道の急登を登っていきます
1
大山頂上避難小屋
2016年10月16日 09:57撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山頂上避難小屋
1
剣ヶ峰方面へは通行禁止となっています
2016年10月16日 10:02撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰方面へは通行禁止となっています
7
この日はモンベル主催の「皆生・大山 SEA TO SUMMIT 2016」が開催されてました。
2016年10月16日 10:05撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日はモンベル主催の「皆生・大山 SEA TO SUMMIT 2016」が開催されてました。
3
ゴール
2016年10月16日 10:08撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール
3
6合目避難小屋前
この日は凄まじいまでの人・人・人でした
2016年10月16日 11:48撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目避難小屋前
この日は凄まじいまでの人・人・人でした
4
下りは夏山登山道で
2016年10月16日 12:39撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは夏山登山道で
1
大山寺橋から見る大山。いい感じです
2016年10月16日 13:01撮影 by Canon PowerShot G9 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山寺橋から見る大山。いい感じです
1
撮影機材:

感想/記録

この日は天気が午後から崩れそうな予報だったので早めに自宅を出発し、7時前に南光河原駐車場へと着くと満杯で駐車できず・・・
スキー場方面へと向かい大山情報館横に駐車してさっそく登山開始。

登りは行者道登山道を通ることとし、雰囲気がある大神山神社奥宮までの石段を楽しみ、元谷へと出てくると大山の眺望が広がり、その存在感に圧倒されます。
今からあそこまで高度を上げて行くんか〜…と弱音を吐く相方を叱咤激励しつつ急登を登っていくと後ろ振り返ると段々と離れていってる。
頻繁に休憩しているようで、
「休むな!歩かんかい!」って言うと、反撃に遭い、仕方なく頻繁に休憩入れながら登っていきます。
やや寒いと感じられる秋風が吹く山頂へと到着すると大勢の人がいてます。
しばし山頂で休憩してから避難小屋内で昼食。
そして天候が崩れてしまわないうちに早々に下山開始ですが、登ってくる人数が半端ないです。一体、何百人とスレ違ったんだろうと思える程に人・人・人の行列が凄かったです。
紅葉はまだでしたが、これが紅葉本番になるとさらに人は増えるんでしょうね。
訪れてみたい気もしますが、人の多さに辟易した一日だったので次回は人の少ないところに行ってみようと覆います。
訪問者数:239人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/5
投稿数: 1474
2016/10/21 9:56
 叱咤激励
shichiさん、おはようございます。

叱咤激励!
さすがは鬼軍曹て思いきや、反撃に遇うとはビックリです。
石鎚山の東陵ルートで鍛え上げられたのかもしれませんね(笑)

この日HTメンバーのmaruiさんも登ってました。
きっとどこかで支部長と会っているかもしれませんね(^-^)v

sea to summit
遠い夏の思い出です(笑)
登録日: 2012/6/4
投稿数: 669
2016/10/21 20:03
 Re: 叱咤激励
garnetさん
コメありがとうございます。

相方からは”もうちょっと詐偽”で十分すぎるほどに信用失くしてますので・・・
自分にとっても登山を始めたばかりの方との同行は色々と考えさせられるものがあります。
登山を始めた頃はワクワク感も今もよりも大きかったような〜
それがいつしかトレーニングとか苦行とかの山行が増えてきて、ワクワク感も減ってきたような気がします。
これではイカンと思いので、山への期待感を失くさないようボチボチと頑張ります。
当日は人が多すぎて誰か知り合いとあっても分からない程に凄かったです。

また、ワクワクするような来年のチャレンジ企画も考えておいてくださいよ〜。

お互いご安全に!
登録日: 2013/3/3
投稿数: 1470
2016/10/21 23:49
 人・人・人
shichi7さん、こんばんは。
確かはじめまして。
garnetさん冬山引っ張り込み担当のmaruiです。

時間を見ると、たぶん登りの8合目辺りで道を譲ってもらっているようです。
そして写真25には足が写っていました

大山は初めてだったのですが、下山時の人の多さには驚きでした。
この辺りは他に大きな山がなく、弥山への1本道となると人も集中するのでしょうね。

今後、出張の機会を利用して四国の山も登っていきたいと思ってます。
よろしくお願いします。
登録日: 2012/6/4
投稿数: 669
2016/10/24 12:14
 Re: 人・人・人
maruiさん
初めましてですね。
こんにちは、コメありがとうございます。

大山8合目で道を譲ってたんですね〜。
全然記憶にありません。(笑)
大山に来るのは冬山が多かったので、こんなに人がいるとは!でビックリしました。
さすが百名山という感じです。

出張で四国に来られる時はご連絡いただければ、ご案内しますのでいつでもどうぞ。
お会いできるのを楽しみにしております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 避難小屋 紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ