ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986612 全員に公開 ハイキング北陸

荒島岳 (勝原ルート→荒島岳→中出ルート)

日程 2016年10月19日(水) [日帰り]
メンバー yama77kana
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
45分
合計
6時間41分
Sスタート地点10:5711:59トトロの木12:0512:26深谷ノ頭12:54しゃくなげ平12:5913:16もちが壁13:1713:34前荒島13:3613:48荒島岳14:0914:19前荒島14:37もちが壁14:55しゃくなげ平14:5715:19小荒島岳15:2717:33中出コース登山口17:38中出コース駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

「かどはら」と読む越美北線(九頭竜線)の勝原駅。
自宅から3時間半で到着。
この駅から荒島岳まで歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「かどはら」と読む越美北線(九頭竜線)の勝原駅。
自宅から3時間半で到着。
この駅から荒島岳まで歩きます。
建設中の中部縦貫自動車道。
全線完成後は、福井市から長野県松本市まで通じるみたい。
中部の山岳地帯を高速道路で貫くとか凄いですな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建設中の中部縦貫自動車道。
全線完成後は、福井市から長野県松本市まで通じるみたい。
中部の山岳地帯を高速道路で貫くとか凄いですな。
勝原スキー場跡地駐車場に設置してある案内板。
大野市のHPで確認したのと同じだ。

よし行こう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝原スキー場跡地駐車場に設置してある案内板。
大野市のHPで確認したのと同じだ。

よし行こう。
中級レベルの登山は久々なので緊張感高まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中級レベルの登山は久々なので緊張感高まる。
季節外れの暑さと、かなりの急坂で汗だくだくに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
季節外れの暑さと、かなりの急坂で汗だくだくに。
ガレ場だけど歩きやすい。
楽しく登れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場だけど歩きやすい。
楽しく登れる。
リフトの残骸。ベンチ代わりになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトの残骸。ベンチ代わりになる。
小休止後、リフトの場所から振り返る。
天気良くて安心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止後、リフトの場所から振り返る。
天気良くて安心
乾いた道ばかりではなかった。
泥濘んだ道もあって閉口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾いた道ばかりではなかった。
泥濘んだ道もあって閉口。
ここに座って、ちょっと水分補給。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに座って、ちょっと水分補給。
白山ベンチだつて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白山ベンチだつて。
あれがあの有名な白山か!
初めて見た。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれがあの有名な白山か!
初めて見た。
かわいい葉っぱ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいい葉っぱ。
順調にシャクナゲ平まで登れた。
三叉路になってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調にシャクナゲ平まで登れた。
三叉路になってる。
シャクナゲ平から2分。
佐開ルートの分岐点に着く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平から2分。
佐開ルートの分岐点に着く。
「滑落注意!」
気を引き締める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「滑落注意!」
気を引き締める。
ここからが噂の「もちかがべ」。
確かに危険ゾーンでした。
恐ろしすぎる!
険しすぎて写真撮れなかった場所があったんですが、あの辺りで転落したら病院行きは覚悟、最悪死亡。
急登な上に、微妙に濡れてて、心が折れかけました。
こんな恐る恐る登山したのは初めて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからが噂の「もちかがべ」。
確かに危険ゾーンでした。
恐ろしすぎる!
険しすぎて写真撮れなかった場所があったんですが、あの辺りで転落したら病院行きは覚悟、最悪死亡。
急登な上に、微妙に濡れてて、心が折れかけました。
こんな恐る恐る登山したのは初めて。
なだらかな道で、ハァハァ息しながら後ろを振り返ると、小荒島岳。
あそこには帰り途中に登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらかな道で、ハァハァ息しながら後ろを振り返ると、小荒島岳。
あそこには帰り途中に登ります。
前荒島到着。
あともうちょいだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前荒島到着。
あともうちょいだ。
色づき始めてる。紅葉シーズン到来か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づき始めてる。紅葉シーズン到来か。
山頂という文字が見えた!
頂上までもう直ぐだ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂という文字が見えた!
頂上までもう直ぐだ!
あっ、あと残り412メートルか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ、あと残り412メートルか。
見えてきた見えてきた、もう一踏ん張りだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきた見えてきた、もう一踏ん張りだ。
ロープ使って登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ使って登る。
あ!あれは間違いなく荒島岳山頂にある社。
もうまもなく!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ!あれは間違いなく荒島岳山頂にある社。
もうまもなく!
やったー、疲れたけど着いたー!

満足感湧き出る山頂。
自分史上、山頂到達感は金時山に次いで2番目の高さになるレベル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったー、疲れたけど着いたー!

満足感湧き出る山頂。
自分史上、山頂到達感は金時山に次いで2番目の高さになるレベル。
東側の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の風景。
大野市市街地方面。
ガスがかかって見渡せない。残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大野市市街地方面。
ガスがかかって見渡せない。残念。
北側。
白山見えて感動。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側。
白山見えて感動。
綺麗なカラーリング。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なカラーリング。
気持ちの良い山頂風景。
疲労回復になる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い山頂風景。
疲労回復になる。
一等三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点。
休憩していたら、白山が雲に覆われて見えなくなっていた。
雲行きが怪しくなってきたので、後ろ髪を引かれる思いで下山する事にする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩していたら、白山が雲に覆われて見えなくなっていた。
雲行きが怪しくなってきたので、後ろ髪を引かれる思いで下山する事にする。
うわっ、ガスが向かってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うわっ、ガスが向かってくる。
もちが壁を慎重に下りる。
登りより恐怖感はなかったが、2回滑ってしまい尻に痛手を負う。
痛いだけで体のコンディションに影響なくラッキーだった。
ここは、やっぱり危険。危ない危ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちが壁を慎重に下りる。
登りより恐怖感はなかったが、2回滑ってしまい尻に痛手を負う。
痛いだけで体のコンディションに影響なくラッキーだった。
ここは、やっぱり危険。危ない危ない。
もちが壁を通過すれば、心に余裕持て気楽に下山できる。
スイスイ進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちが壁を通過すれば、心に余裕持て気楽に下山できる。
スイスイ進む。
シャクナゲ平から中出コースへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平から中出コースへ。
歩きやすい道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道が続く。
小荒島岳分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小荒島岳分岐点。
もちろん小荒島岳へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もちろん小荒島岳へ向かう。
直ぐに小荒島岳到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに小荒島岳到着。
ガスに覆われている荒島岳が見える。
小荒島岳周辺も霧がかっていて眺望今一つ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスに覆われている荒島岳が見える。
小荒島岳周辺も霧がかっていて眺望今一つ。
中出コースに戻り、てくてく下っていたら突如、眼下に広がる田園風景が飛び込んできた!
古代から現代に生きる人々の営みが窺える美しい風景。
数百年前や明治時代の農村風景を偲びつつ足を進める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中出コースに戻り、てくてく下っていたら突如、眼下に広がる田園風景が飛び込んできた!
古代から現代に生きる人々の営みが窺える美しい風景。
数百年前や明治時代の農村風景を偲びつつ足を進める。
ひえ畑。
こんな山深い畑、誰が管理してるの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひえ畑。
こんな山深い畑、誰が管理してるの?
長い長い中出ルート。
体疲れます。膝もつらくなってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い長い中出ルート。
体疲れます。膝もつらくなってくる。
ここで小休止。食料補給する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで小休止。食料補給する。
小さなお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなお花。
蜜吸われとるぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蜜吸われとるぞ。
え、展望台?
キョロキョロ周囲を見渡すが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え、展望台?
キョロキョロ周囲を見渡すが…。
ええっ、ここも展望台??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ええっ、ここも展望台??
かなり下ってきた所。
木々の葉っぱが濡れている。雨降ってたん?
なんだか登山好きにとっては北陸の気候は好きになれないな…。
晴れ晴れした天気少ないから、雨で濡れた登山道乾くの遅いし眺望も期待できない時が多々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり下ってきた所。
木々の葉っぱが濡れている。雨降ってたん?
なんだか登山好きにとっては北陸の気候は好きになれないな…。
晴れ晴れした天気少ないから、雨で濡れた登山道乾くの遅いし眺望も期待できない時が多々。
登山道やっと終わる。
長かったー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道やっと終わる。
長かったー。
林道をてくてく進む。
人間の往来も車両の往来も全くない道が続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をてくてく進む。
人間の往来も車両の往来も全くない道が続く。
この道進む。
今まで下ってきた道は、車両通行止め区間だった模様。

登山道区間も長かったか、林道区間も長い。疲れた足には大変な道のり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道進む。
今まで下ってきた道は、車両通行止め区間だった模様。

登山道区間も長かったか、林道区間も長い。疲れた足には大変な道のり。
暗くてシャッタースピード稼げないほどの日没時に中出登山口駐車場到着。
もう少し遅れていれば真っ暗な林道を歩かなければならなかったと肝を冷やす。
結果的には、荒島岳山頂で天気悪くなりかけ長居しなかったのが幸いした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗くてシャッタースピード稼げないほどの日没時に中出登山口駐車場到着。
もう少し遅れていれば真っ暗な林道を歩かなければならなかったと肝を冷やす。
結果的には、荒島岳山頂で天気悪くなりかけ長居しなかったのが幸いした。
下唯野駅。
田舎の田園地域の道路は街灯が少なく難儀したが、中出登山口駐車場から徒歩30分で到着。
福井駅行き最終列車に間に合って安堵。
無事に帰ることができた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下唯野駅。
田舎の田園地域の道路は街灯が少なく難儀したが、中出登山口駐車場から徒歩30分で到着。
福井駅行き最終列車に間に合って安堵。
無事に帰ることができた。
駅構内に、雪かき用具があった。
雪国で生活するのは大変なんだと実感する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅構内に、雪かき用具があった。
雪国で生活するのは大変なんだと実感する。
※ これ以後の三つの写真は、後日撮ってきたものです。

「天空の城」と謳っている越前大野城に登り、天守から東側を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
※ これ以後の三つの写真は、後日撮ってきたものです。

「天空の城」と謳っている越前大野城に登り、天守から東側を望む。
数日前に登頂した山を、小高い山の上に建つお城から眺める。
眼下には市街地、奥には雄大な荒島岳。
染み入る心地よさに包まれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数日前に登頂した山を、小高い山の上に建つお城から眺める。
眼下には市街地、奥には雄大な荒島岳。
染み入る心地よさに包まれた。
最後まで見て頂き、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後まで見て頂き、ありがとうございました。

感想/記録

登山を始めて数ヶ月、「日本百名山」なる有名な指標があることを知り、調べてみると私自身は知らずに2座(丹沢山・筑波山)登っていた事が分かった。
そこで今度は意識しながら百名山を登りたくて近場の百名山を調べていたら自分のレベルにあった手頃な山があった。
それが、福井県の荒島岳。

危険度は丹沢以上、体力度は丹沢以下のそれなりに厳しい山でした。
自分にはこのレベルの山が限界点かな、と感じる次第。
一般的には中級レベルの山ではないかと思います。
訪問者数:50人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ