ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986777 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

晩秋の大キレット

日程 2016年10月14日(金) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー mismatch, その他メンバー2人
天候3日間共に快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間10分
休憩
40分
合計
9時間50分
S上高地BT05:4008:30横尾 (横尾山荘)08:4009:50槍沢ロッヂ10:0012:40天狗池13:0015:20南岳15:30南岳小屋
2日目
山行
6時間30分
休憩
1時間20分
合計
7時間50分
南岳小屋07:2009:00長谷川ピーク09:2011:20北穂高小屋12:1012:20北穂高岳(北峰)12:3015:00涸沢小屋15:10涸沢ヒュッテ
3日目
山行
6時間10分
休憩
1時間30分
合計
7時間40分
涸沢ヒュッテ07:3008:40屏風のコル11:20新村橋(パノラマ分岐)11:3011:40徳澤園12:2013:30明神館14:10小梨平14:5015:10上高地BTG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ ポール ヘルメット

写真

早朝の明神岳
2016年10月14日 06:44撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の明神岳
徳沢園、気持ちいい朝
2016年10月14日 07:22撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢園、気持ちいい朝
横尾から先は梓川沿いの気持ちいい道を行く。水の色がとてもキレイ
2016年10月14日 09:28撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾から先は梓川沿いの気持ちいい道を行く。水の色がとてもキレイ
1
空が高く、ババ平付近がちょうど紅葉のピークでした
2016年10月14日 10:18撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が高く、ババ平付近がちょうど紅葉のピークでした
徐々に稜線が見えてきます
2016年10月14日 10:42撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に稜線が見えてきます
槍と鳥をイメージさせる雲と
2016年10月14日 12:23撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍と鳥をイメージさせる雲と
天狗池、人も疎らで静かないい場所でした
2016年10月14日 12:49撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗池、人も疎らで静かないい場所でした
1
13時を過ぎると少し肌寒くなります。枯れ草が晩秋のイメージです
2016年10月14日 13:18撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時を過ぎると少し肌寒くなります。枯れ草が晩秋のイメージです
南岳へ続く稜線
2016年10月14日 15:10撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳へ続く稜線
南岳へ続く稜線
2016年10月14日 15:16撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳へ続く稜線
南岳ピークから南岳小屋へ。穂高の岩峰が迫力です
2016年10月14日 15:32撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳ピークから南岳小屋へ。穂高の岩峰が迫力です
夕陽に照らされた大キレット
2016年10月14日 17:15撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽に照らされた大キレット
5
笠ヶ岳の肩へ沈む夕陽
2016年10月14日 17:16撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳の肩へ沈む夕陽
静かな時間
2016年10月14日 17:18撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな時間
1
大キレットの展望台
2016年10月14日 17:25撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットの展望台
2
東の空に月が
2016年10月14日 17:26撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東の空に月が
1
翌朝
2016年10月15日 05:55撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
1
常念近くからご来光
2016年10月15日 05:56撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念近くからご来光
2
陰影が迫力です
2016年10月15日 06:04撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陰影が迫力です
2
大キレットのモルゲンロート
2016年10月15日 06:04撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大キレットのモルゲンロート
4
南岳小屋を後にして、大キレットへ
2016年10月15日 07:32撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳小屋を後にして、大キレットへ
1
飛騨側へ下ります
2016年10月15日 07:34撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨側へ下ります
激下り
2016年10月15日 07:41撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下り
1
鞍部まで激下りが続きます
2016年10月15日 07:57撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部まで激下りが続きます
下ってきた岩壁
2016年10月15日 08:10撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた岩壁
2
キレットの中
2016年10月15日 08:20撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットの中
長谷川ピークまでの道
2016年10月15日 09:13撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長谷川ピークまでの道
徐々に北穂の岩壁が近づきます
2016年10月15日 09:20撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に北穂の岩壁が近づきます
飛騨側は切れ落ち、底が見えません
2016年10月15日 09:32撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨側は切れ落ち、底が見えません
北穂ピーク直下
2016年10月15日 09:50撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂ピーク直下
A沢へ降りる鎖場
2016年10月15日 09:52撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢へ降りる鎖場
A沢のコル
2016年10月15日 10:03撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
A沢のコル
飛騨泣きへ向かう途中
2016年10月15日 10:30撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨泣きへ向かう途中
飛騨泣き。岩にしがみつきます。鎖やステップが多数あり登りには苦労しませんが、ここは降りたくない
2016年10月15日 10:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨泣き。岩にしがみつきます。鎖やステップが多数あり登りには苦労しませんが、ここは降りたくない
北穂ピークまでの道
2016年10月15日 10:40撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂ピークまでの道
北穂ピークまでの道
2016年10月15日 10:41撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂ピークまでの道
北穂テラス下から大キレット方面
2016年10月15日 11:26撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂テラス下から大キレット方面
2
歓喜のビール
2016年10月15日 11:36撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歓喜のビール
1
北穂から前穂を望む
2016年10月15日 11:41撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂から前穂を望む
トマトソースパスタランチ
2016年10月15日 11:44撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマトソースパスタランチ
ここも泊まってみたい山小屋ですね
2016年10月15日 12:10撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも泊まってみたい山小屋ですね
北穂山頂
2016年10月15日 12:17撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂山頂
涸沢へ
2016年10月15日 12:45撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢へ
前穂
2016年10月15日 13:51撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂
晩秋の雰囲気
2016年10月15日 14:35撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩秋の雰囲気
晩秋の雰囲気
2016年10月15日 14:38撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晩秋の雰囲気
涸沢到着
2016年10月15日 15:05撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢到着
GW以来のおでんセット
2016年10月15日 15:37撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GW以来のおでんセット
1
月あかりと穂高のシルエット
2016年10月16日 01:54撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月あかりと穂高のシルエット
1
モルゲンロート、GWの雪の穂高とはまた違った雰囲気
2016年10月16日 05:35撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート、GWの雪の穂高とはまた違った雰囲気
朝焼け
2016年10月16日 05:53撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼け
2
3日目も快晴です
2016年10月16日 06:17撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目も快晴です
1
ぼくらのパノラマ売店
2016年10月16日 07:18撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぼくらのパノラマ売店
冬はもうすぐそこまで
2016年10月16日 07:41撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬はもうすぐそこまで
パノラマコース
2016年10月16日 08:30撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマコース
紅葉した唐松?ですかね
2016年10月16日 08:38撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉した唐松?ですかね
涸沢カールはここでお別れ
2016年10月16日 08:44撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢カールはここでお別れ
槍方面
2016年10月16日 08:42撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍方面
通ってきたルートがすべて見えます
2016年10月16日 08:47撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通ってきたルートがすべて見えます
下りはこの辺りから紅葉が
2016年10月16日 09:01撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはこの辺りから紅葉が
下ります
2016年10月16日 09:17撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ります
この辺りが紅葉のピーク
2016年10月16日 10:26撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが紅葉のピーク
白樺?ですかね
2016年10月16日 10:47撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺?ですかね
新村橋へ続く林道
2016年10月16日 11:11撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新村橋へ続く林道
フィナーレを飾る新村橋
2016年10月16日 11:19撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フィナーレを飾る新村橋
川面を吹く風が気持ちいい
2016年10月16日 11:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川面を吹く風が気持ちいい
徳澤園にて祝杯
2016年10月16日 11:48撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤園にて祝杯
穂高とビール
2016年10月16日 11:48撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高とビール
シツコイ
2016年10月16日 11:51撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シツコイ
芝生にテント、サイコーなロケーション
2016年10月16日 12:24撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝生にテント、サイコーなロケーション
上高地も秋の雰囲気
2016年10月16日 13:12撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地も秋の雰囲気
森と水が気持ちいい
2016年10月16日 13:33撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森と水が気持ちいい
川面に映る明神岳
2016年10月16日 13:42撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川面に映る明神岳
小梨平キャンプ場へ到着
2016年10月16日 14:12撮影 by X-E1, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小梨平キャンプ場へ到着

感想/記録

●Day0
木曜夜に何度目かのバスタ新宿へ。この時期は登山客も少なめで、数少ない登山客はなぜかヘルメット装備の本気な人達ばかり。バスは1カ月前に予約し、その後満席状態が続いたけど、当日は空席が少しある程度でした。寝酒の水割りを飲んで就寝。

●Day1
釜トンネルを抜けても外は真っ暗。10月中旬だと夜明けがだいぶ遅くなりましたね。上高地BTは無風でしたがとても寒くダウンを着ていないといられないほど。4,5℃程度だったんじゃないかと思います。寒いので朝食は摂らずに歩き出します。河童橋付近でやっと明るくなり、そのまま歩いて明神館で朝食にします。徳澤園のキャンプ場は芝生に朝日が差し込んでいい雰囲気、いつもここでテント泊がしたくなります。横尾ではいつも横尾大橋を渡りますが、今日は南岳を目指し槍方面へ。ここからは暫くキレイな梓川(沢ですね)沿いの道が気持ちいいです。南岳小屋予約時に16時までに到着しないなら来ないでくださいと釘を刺されていたので、ババ平までの道をコースタイムの6割程度の速さで歩き、時間を稼ぎます。この道は初めてでしたが、なかなか槍が見えないんですね。天狗池への分岐手前でやっと槍の穂先が視界に。紅葉はすっかり終わってましたが、秋空に東鎌尾根の稜線が映えます。天狗池までは斜度も比較的緩やかで着くことができます。殆ど雲の無い秋空が広がり、人の少ない天狗池はノンビリできます。ここから南岳の稜線へはCT2:10、標高差500m。ここまで時間を稼ぐためハイペースで来たため、足が攣りそうになり休み休み登ります。土日に欠かさずランニングしていても登りで使う筋肉は別物なのかもしれません。14時を過ぎると尾根を吹く風は冷たくなり、レインウエアを羽織ります。顔の感覚も鈍くなり、鼻水を垂らしそうになりながら同行者の待つ稜線へ。稜線から南岳のピークまでも地味に登りが続きます。ピークを超えると北穂の岩峰が臨めます。15:30に南岳小屋へ到着。この日は宿泊できる最終日だとかで宿泊客は20人ほど。今回は寒すぎて宴会が出来ないとの予想から小屋泊にして正解でした。テントは4-5張りほど。夕食前に外に出ると、笠に沈む夕陽をボーと眺めることが出来ました。夕陽が差し込む大キレットは迫力がありますね。小屋はストーブが焚かれてとても暖か。小屋で知り合ったおじさんの話しではこの時期は人が少なく落石の危険性が低いので、大キレット通過はオススメだとか。8時頃就寝。

●Day2
この日も朝から晴天、常念の近くから登る朝日を見ることが出来ました。そして、7:30に大キレットへ突入。いきなり激下りからスタート。キレットの鞍部へ降りると、細尾根のアップダウンが続きます。前後を絶壁に囲まれ、エスケープルートの無い稜線は文字通り逃げ場が無く、目の前の北穂の岩峰に圧倒されながら登るしか無い状況。長谷川ピークから飛騨泣きまではスッパリ切れ落ちた壁伝いに進みますが、鎖やステップが設置されていて、進めないという状況にはなりません。その後は難所はなく、北穂高小屋へ。到着後は同行者のみんなとハイタッチ!。歩き切った達成感がありますね。小屋のランチは南岳小屋の自炊場で朝ゴハンをご一緒した女性オススメのトマトソースパスタを注文。オリーブとトマトソースの味はとても美味しかったです。あのテラスから雲一つない景色を見ながらのランチは何を食べても美味しいかもしれません。涸沢への下りがあるのにビールで乾杯してしまいました。大キレットを超えてきた先行グループの方々も達成感でみんな笑顔。ここは天国ですね。
涸沢への下りは2hほど。危険な場所は少ないですが、大キレットで集中力を使い果たしているのとビール飲んでしまったので、気を張って注意して下山します。
涸沢のテント場は100張り程度でしょうか、紅葉が終わっているので、それほど混雑もしていませんでした。しかし、涸沢ヒュッテのパノラマ売店では生ビールが今期終了しているとかで残念。缶ビールとおでんで乾杯します。
この日は新館でしたが、キャパに対してまだ余裕がある様子でした。談話室も開いていて、宴会&食事。この日はフリーズドライのビーフシチュー、缶ツマの牛肉赤ワイン煮、小さいジャガイモを使ったビーフシチューとトースト網で焼いたトーストパン。ワインが進みます。ヒュッテの談話室はストーブもあり暖か。ここも天国ですね。新館に戻り9時頃就寝。

●Day3
3日目も快晴。5時過ぎに起きてモルゲンロートを見に行きます。東の空に低くかかる雲のせいであまり焼けず。7:30に小屋発、上高地を目指し、パノラマコースを行きます。コース入口に登攀経験の無い方には厳しいアップダウンありの看板にビビりますが、カジュアルな人が行かないように諭す意味合いがあるのかもしれません。確かに片側が切れ落ちた壁沿いの道が続きます。アップダウンも看板通りで横尾経由よりCTがかかるのも確かにその通りの道。しかし、パノラマコースというだけあり、途中で涸沢カールや槍が一望できるポイントがあり、楽しめます。コルから先の下りは長く、八ヶ岳を想像させる岩の多い登山道は歩きにくく退屈です。最後に梓川にかかる新村橋は川面を吹く風に全身を揉まれ、とても気持ちいい。振り向くと穂高の峰々を眺めることができ、今回の縦走の達成感を感じることができました。新村橋からすぐに徳澤園へ到着。ビールと野沢菜チャーハン、サイコーです。その後我慢は良くないという理由でソフトクリームもいただいてしまいます。その後小梨平で入浴し、食堂で生ビールで乾杯!
上高地BTから新島々経由で松本へ。松本駅では駅ビルの中の松本からあげセンターへ。しかし、あずさの発車時刻までに入店できず、そばで済ます。その後あずさの社内で残りワインで乾杯し、帰路に着きました。いつものことですが、下山すると食欲に火がつき、八王子大和家で家系ラーメンを補給して帰宅。天気と同行者に恵まれ、無事大キレットを通過することができました。

















訪問者数:167人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ