ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986825 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ソロツエルト泊縦走@阿弥陀岳南稜〜硫黄岳〜赤岳〜真教寺尾根

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー polaris625
天候10/15:快晴
10/16:快晴
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
富士見駅〜舟山十字路 約4,000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間10分
休憩
30分
合計
7時間40分
S舟山十字路07:4508:25旭小屋13:00阿弥陀岳13:3014:40行者小屋15:25赤岳鉱泉
2日目
山行
8時間30分
休憩
1時間0分
合計
9時間30分
赤岳鉱泉05:0006:45硫黄岳06:5007:10硫黄岳山荘07:2508:15横岳(奥ノ院)10:10赤岳10:4012:40牛首山12:5014:30美し森G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■10月15日(土)

今シーズン、雪山シーズン前に雪山の下見がてら阿弥陀岳南稜に行こうと、ずっとOBのKさんと計画していたが、
結局、お互い仕事の都合などで行けず、来シーズンに持ち越しな可能性大。
おまけに休日は雨続きで、頑張って連休確保して雪山のために計画した計画が悉く流れていく。
「体鈍る〜!ストレス溜まる〜!」というわけで、単独で行くこととした。(Kさんごめん!)

まだ硫黄岳〜赤岳も縦走できていなかったので、阿弥陀岳南稜から登り、硫黄岳から赤岳へ縦走し、
阿弥陀岳中央稜から降りる欲張りプランとした。

前夜、甲府駅にてSTB。甲府駅でのSTBは先日駄目になった甲斐駒以来2回目。
女ひとり身でSTBってどうなんだとか思うが、同じような登山者が堂々とSTBしているので一人でも快適。

朝、始発の電車で富士見駅へ。
茅野からタクシーで舟山十字路へ行くよりも多少安いらしい。
舟山十字路へは20分ほどで到着。

南稜への取り付きは、2ルートあるが、今回は立場川沿いの林道を進み、旭小屋から取り付いた。
踏跡がしっかり付いており、テープ多数で一般登山道と変わらない。

無名峰を越えると南稜のハイライト。迫力のある岩稜帯が迫ってくる。
無名峰で休憩、ヘルメットを被ってレッツゴー。
目指す阿弥陀岳にガスが被りはじめ、もうすぐ完全に包まれてしまいそう・・。

P1、P2は左から巻き、P3は冬と同じルンゼコース。
今回、ツエルト泊とはいえ念のためロープ背負っているので、テント泊装備の重さだったが、スタンス、ホールドも豊富なので問題なかった。
ただ、昨日かなり冷え込んだのもあり、日当たりが悪いところでほんの一部凍結していた。

1P目の下部はランナウト気味なので、雪でコンディション悪いと神経使いそう。
上部左手にある大岩付近が傾斜が少しあり段差を越えなくてはならない。大岩にリングボルトあり。
さらに登ると、左手にリングボルトあり。右手少し上に灌木もあるため、2点でビレイポイントをとれる。
2P目は容易な草付登り。
灌木でランナーが取れるとともに、中間二ヶ所にペツル、リングボルトあり。

P4基部のバンド歩きは雪だと気を付けないといけない感じだった。

13時、阿弥陀岳到着。
360度素晴らしい展望。景色を楽しみながらのんびり休憩。

今晩は赤岳鉱泉でツエルト泊のため、赤岳鉱泉へ。
ツエルト泊なんて他にいないし、女が単独なのもあり、若干、周りの目が気になった・・・。

隣は大学のワンゲル部か、夜、みんなですき焼きしてた。
山ですき焼きなんて!今度やろっと!

夜は、寒かった。寒くて2、3回目が覚めた。
秋の八ヶ岳は来たことがなかったので、装備に迷ったが、夏用シュラフに長袖シャツ2枚重ね、
冬用ダウンにダウンパンツ、足元冷えるのでフリースを足に巻き付け、ホッカイロもプラスしてしのいだ。

■10月16日(日)

3:30起床。3:00に起床予定だったが見事に寝坊。のんびり出発。
まだ暗い空に浮かぶ大きな月が紅く、妖しくも美しかった。

登るにつれて夜が明けて、朝がやってきた頃に硫黄岳到着。
爽やかな秋晴れの空で気持ちいい。
そのまま赤岳までるんるん稜線闊歩。

10:10、赤岳到着。
赤岳山頂は大混雑。文三郎道はかなり渋滞していた。
当初の予定では、10:30までに赤岳に到着できれば、阿弥陀岳中央稜で下山予定だったが、もはや気持ちは真教寺尾根で下山して清里でソフトクリームの素敵プランに心が傾きかけていたため、
真教寺尾根から下山することとした。

真教寺尾根は長いよと聞いていたが、いやぁ本当に長かった。
でも、静かな尾根歩きができて、下部の森も「美しの森」の名の通りいい感じの森だった。
結局、清里駅ではソフトクリーム売っておらず、食べれなかった。残念!

帰りは、鈍行で帰宅。
コース状況/
危険箇所等
阿弥陀岳南稜P3ルンぜに一部凍結個所あり
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

旭小屋。ぼろぼろ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭小屋。ぼろぼろ〜。
いい雰囲気かもしだしてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気かもしだしてる
ソロなのでルンゼから〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソロなのでルンゼから〜
リングボルトあり
下部はランナウト気味
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リングボルトあり
下部はランナウト気味
あと少しで阿弥陀岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しで阿弥陀岳
ツエルト泊
夜、寒かった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツエルト泊
夜、寒かった〜
爽やかモーニング
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽やかモーニング
大混雑@文三郎道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大混雑@文三郎道
気持ちええ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちええ〜

感想/記録

秋晴れの空の下、久々に歩けて最高に気持ちよかった〜。
阿弥陀岳南稜は、ダイレクトに頂上に抜けれて展望もよいのがいいなと思った。
ぜひ雪山でも行ってみたい。
あと、パートナーがいれば、自分がもう少し成長できていれば、P3は直登したかった。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 直登 ルンゼ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ