ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986831 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山

日程 2016年10月18日(火) [日帰り]
メンバー denkochan, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカーにて沼田インターから尾瀬戸倉へ。マイカー規制解除後のためそのまま鳩待峠まで。駐車料金 2.500/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
1時間20分
合計
8時間0分
S鳩待峠07:5008:50山ノ鼻09:0009:00山ノ鼻09:4012:50至仏山13:2014:10小至仏山14:50オヤマ沢田代15:50鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山ノ鼻〜至仏山の登山道は岩場が多く、石の性質上濡れていると滑りやすい。
その他周辺情報鳩待峠・・・売店、トイレ、休憩所、食堂あり。(冬季閉鎖あり)
山ノ鼻・・・ビジターセンター、売店、トイレ、山小屋、食堂、テントスペースなど(冬季閉鎖あり)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ
備考 手袋。寒さ対策、岩場での手の保護のためあってよかった。

写真

尾瀬の入り口の一つ、鳩待峠。前回は夏だったので大勢の人で賑わってましたが、今日は紅葉のピークも過ぎた平日、昨日の雨もあってか数える程度にしかいませんでした。
2016年10月18日 07:51撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬の入り口の一つ、鳩待峠。前回は夏だったので大勢の人で賑わってましたが、今日は紅葉のピークも過ぎた平日、昨日の雨もあってか数える程度にしかいませんでした。
2
濡れたこの木道に苦戦。。。歩き方がへたなのか、何度もすべり一度尻もちまでつくはめに。。。(=_=)
2016年10月18日 08:15撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れたこの木道に苦戦。。。歩き方がへたなのか、何度もすべり一度尻もちまでつくはめに。。。(=_=)
おなじみのベル。くまさんの目撃情報もあるとのことなので、鳴らしておく。
2016年10月18日 08:31撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみのベル。くまさんの目撃情報もあるとのことなので、鳴らしておく。
1
尾瀬ヶ原にちょっと寄り道。
振り返りこれから登る至仏山をパシャリ!
2016年10月18日 09:17撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原にちょっと寄り道。
振り返りこれから登る至仏山をパシャリ!
1
鼻ノ山から至仏山登山道入り口へ。
2016年10月18日 09:02撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鼻ノ山から至仏山登山道入り口へ。
1
正面にこれから登る山頂がよく見えます。こう見るとすぐ近くのような気がしてくる・・・
2016年10月18日 09:39撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面にこれから登る山頂がよく見えます。こう見るとすぐ近くのような気がしてくる・・・
一部だけ光が当たってキレイ。尾瀬って私の下手なカメラ技術でもキレイに見えてしまうから不思議。と、思うのは私だけ(-_-;)
2016年10月18日 09:41撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部だけ光が当たってキレイ。尾瀬って私の下手なカメラ技術でもキレイに見えてしまうから不思議。と、思うのは私だけ(-_-;)
至仏山登山口。入口から一気に急な登りが続きます。
2016年10月18日 09:42撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山登山口。入口から一気に急な登りが続きます。
こんな感じの道をひたすら登ります。とめどなく水が流れてきます。前日の雨のせいなのか、いつもこうなのか、まるで沢登りのよう。
2016年10月18日 10:00撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの道をひたすら登ります。とめどなく水が流れてきます。前日の雨のせいなのか、いつもこうなのか、まるで沢登りのよう。
30〜40分ほど登ると、森林限界へ。木々たちも急に低くなり空が開けてきました。
2016年10月18日 10:23撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30〜40分ほど登ると、森林限界へ。木々たちも急に低くなり空が開けてきました。
森林限界を進み振り返ると、絶景が!尾瀬ヶ原が一望できます。この風景が見たくて至仏山に登ろうと思ったので、見れて本当に良かったです。
2016年10月18日 10:28撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界を進み振り返ると、絶景が!尾瀬ヶ原が一望できます。この風景が見たくて至仏山に登ろうと思ったので、見れて本当に良かったです。
1
至仏山山頂方面。映画ラピュタのワンシーンを思い出してしまった(*_*;
当日は曇り予報で、景色はあまり期待していなかったけど、見事に晴れてくれて、暑いくらいでした。
2016年10月18日 10:28撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山山頂方面。映画ラピュタのワンシーンを思い出してしまった(*_*;
当日は曇り予報で、景色はあまり期待していなかったけど、見事に晴れてくれて、暑いくらいでした。
1
振り返れば常にこの絶景。あ〜尾瀬にきてよかった(*^_^*)
2016年10月18日 10:35撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば常にこの絶景。あ〜尾瀬にきてよかった(*^_^*)
1
しかし、行けども行けども岩。岩。これがあの蛇紋岩かぁ・・・(-_-;)だいぶ乾いてるとはいえ、濡れているところは滑ります。
2016年10月18日 11:03撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、行けども行けども岩。岩。これがあの蛇紋岩かぁ・・・(-_-;)だいぶ乾いてるとはいえ、濡れているところは滑ります。
木道の階段も出てきました。ずっと登りは変わらないけど、岩を登るよりはかなり楽です。
2016年10月18日 12:11撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の階段も出てきました。ずっと登りは変わらないけど、岩を登るよりはかなり楽です。
1
岩、階段、岩、階段の繰り返し。そして、登山口から山頂まで、ずっと登りっぱなし。そして息を切らしながら山頂に到着。
途中から雲がかかり始め、山頂についた頃は真っ白に・・・反対側の景色見たかったけど、あの絶景が見えたからまあいいっか(-_-;)
2016年10月18日 13:20撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩、階段、岩、階段の繰り返し。そして、登山口から山頂まで、ずっと登りっぱなし。そして息を切らしながら山頂に到着。
途中から雲がかかり始め、山頂についた頃は真っ白に・・・反対側の景色見たかったけど、あの絶景が見えたからまあいいっか(-_-;)
2
山頂はあまり風がなく、思ったほど寒くなかったです。昼食をとり小至仏へ。相変わらずのガスっぷり。
2016年10月18日 13:46撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はあまり風がなく、思ったほど寒くなかったです。昼食をとり小至仏へ。相変わらずのガスっぷり。
小至仏山頂。山頂は岩場でごつごつ。
2016年10月18日 14:11撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小至仏山頂。山頂は岩場でごつごつ。
1
下るにつれ空も晴れ、途中のはこんな絶景が!写真には写ってませんが、左の方には尾瀬ヶ原がよく見えます。
2016年10月18日 14:46撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るにつれ空も晴れ、途中のはこんな絶景が!写真には写ってませんが、左の方には尾瀬ヶ原がよく見えます。
1
オヤマ沢田代。
ここはまだ草紅葉がとてもキレイでした。
2016年10月18日 14:54撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマ沢田代。
ここはまだ草紅葉がとてもキレイでした。
鳩待峠側からの登山口。こちらから入山した場合はこの道の往復になります。
2016年10月18日 15:55撮影 by FinePix HS30EXR, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠側からの登山口。こちらから入山した場合はこの道の往復になります。
1
下山後の楽しみ?
途中、何度か話をしながらご一緒したお兄さんに勧められた花豆ソフトクリーム!さっぱりした小豆のような味でおいしかったです。
2016年10月18日 15:27撮影 by DM-01G, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の楽しみ?
途中、何度か話をしながらご一緒したお兄さんに勧められた花豆ソフトクリーム!さっぱりした小豆のような味でおいしかったです。
1

感想/記録

天気が曇りとの予報なので、着いてから至仏山にあまりにも雲がかかっていたら尾瀬ヶ原をめぐろうと思っていたけど、思いのほかいい天気だったので予定通りに。
人もまばらで、静かな尾瀬。この時期の尾瀬やっぱりいいなぁ〜前にもシーズンオフ前に行ったけど、夏とは比べものにならないくら静か。夏は夏でキレイなんだけどね。
せっかくなので尾瀬ヶ原も少し見ようと回り道。草紅葉の見ごろは過ぎてしまった感じだけど、まだまだ紅葉がキレイ。
しだいに雲が出てきたので引き返して至仏山へ。山の鼻〜至仏山 通称東面登山道。
にしても登山口からずっと登りっぱなしでちっとも休ませてくれない・・・しかも、3分の2は岩場でこの岩が曲者。蛇紋岩といって、これがよく滑るらしく神経も使う。前日の雨もありの、山道のほとんどが水浸し。どうなることかと思ったが、だいぶ乾いてくれていた。それでも湿っているところは噂通りよく滑る 笑
滑るし、きついし大変だけど森林限界すぎから見えてくる尾瀬ヶ原と燧ケ岳を一望できる絶景に感動。一度は見たい風景の一つだったので本当見れてよかった!
山頂付近は岩場と木道階段の繰り返し。奥行きが長いのか、山頂っぽいのが見えてるのに登っても登っても着かない。
やっとのおもいで登るも、残念ながら山頂付近はガスで何も見えなかった。けど、見たいものが見れたのでよしとしよう。
下山は小至仏〜オヤマ田代を通り鳩待峠へ。こちら側もしばらく岩場が続くが、東面登山道に比べたらマシ(-_-;)
小至仏を越えたあたりからちらほらと青空が見え始め、時折うっすらと周りの景色も見ました。
途中、岩場を下っていったらどうやら登山道から外れたらしく、後ろから来ていた4人組のおじさまたちとうろうろ。ぷち遭難(-_-;)このひとたちいなかったら、しばらく道間違えたことに気がつかなかったかも・・・
再び尾瀬ヶ原、燧ケ岳を一望できる場所や、オヤマ田代の草紅葉に感動しつつ下っていく。にしても緩やかな下りで、次にまた登るときはこの道を往復しようかなぁ・・・
下山後は、花豆ソフトクリームを食べながら余韻にひたり、現実の世界へと帰りました。笑
尾瀬、やっぱり何度行っても、いつ行っても、素晴らしいところだとしみじみ思いました。日々この景色を守っている人たちに感謝ですね。
訪問者数:183人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ