ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986939 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

北岳

日程 2016年10月18日(火) 〜 2016年10月19日(水)
メンバー fujisato, その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間0分
休憩
1時間3分
合計
7時間3分
S広河原山荘06:2606:40白根御池分岐06:4109:22白根御池小屋09:5912:09草すべり分岐12:3112:40小太郎尾根分岐12:4313:29北岳肩ノ小屋
2日目
山行
4時間46分
休憩
1時間56分
合計
6時間42分
北岳肩ノ小屋06:0706:19両俣分岐06:42北岳06:5907:21両俣分岐07:2407:33北岳肩ノ小屋08:3509:01小太郎尾根分岐09:0209:12草すべり分岐09:1410:16大樺沢二俣10:2412:14白根御池分岐12:1612:23広河原山荘12:4312:45広河原・吊り橋分岐12:4612:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:25 広河原・吊り橋分岐
6:25 広河原山荘
6:41 白根御池分岐
9:33 白根御池小屋
12:09 草すべり分岐
12:40 小太郎尾根分岐
6:06 北岳肩ノ小屋
6:19 両俣分岐
6:42 北岳
10:24 大樺沢二俣
12:48 広河原インフォメーションセンター

写真

広河原インフォメーションセンターで山域確認
2016年10月17日 12:09撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原インフォメーションセンターで山域確認
吊橋を渡って広河原山荘へ
2016年10月17日 12:23撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を渡って広河原山荘へ
雨は上がったものの雲は厚く、御池小屋まで行く予定を変更して広河原で一泊することに
2016年10月17日 12:23撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は上がったものの雲は厚く、御池小屋まで行く予定を変更して広河原で一泊することに
テント設営はしたが時間はたっぷりあるので、初ツェルト設営練習。目指せ本格UL?
2016年10月17日 13:40撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営はしたが時間はたっぷりあるので、初ツェルト設営練習。目指せ本格UL?
1
2日め 良い感じに晴れました 夜中は満月がまぶしかった
2016年10月18日 06:22撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日め 良い感じに晴れました 夜中は満月がまぶしかった
1
山荘を出立して一気に肩の小屋まで上がる長丁場へ
2016年10月18日 06:30撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘を出立して一気に肩の小屋まで上がる長丁場へ
樹林帯の急登を登る
2016年10月18日 07:36撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯の急登を登る
1
案内板の時間表示を見ながらペースを維持する
2016年10月18日 08:00撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板の時間表示を見ながらペースを維持する
時々木の間から北岳が顔を覗かせる
2016年10月18日 08:33撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々木の間から北岳が顔を覗かせる
何箇所かのベンチで休憩しながら初めの急登を終え平坦なルートに入る
2016年10月18日 08:47撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何箇所かのベンチで休憩しながら初めの急登を終え平坦なルートに入る
中間の御池小屋ももうすぐ
2016年10月18日 08:57撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間の御池小屋ももうすぐ
鳳凰三山を見ながら高度感を図る
2016年10月18日 09:02撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山を見ながら高度感を図る
1
ここの川で水を汲み直す キリッと冷えて美味しい
2016年10月18日 09:05撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの川で水を汲み直す キリッと冷えて美味しい
3時間かかって御池小屋到着 ソフトクリームを頂いて大休憩 11月の頭くらいで小屋は閉まるらしい
2016年10月18日 09:20撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3時間かかって御池小屋到着 ソフトクリームを頂いて大休憩 11月の頭くらいで小屋は閉まるらしい
30分ほど休んで草すべり方面へ
2016年10月18日 09:56撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分ほど休んで草すべり方面へ
ここから3時間の急登を登ることになる
2016年10月18日 09:57撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから3時間の急登を登ることになる
良い時期ならお花畑が咲き乱れていたことだろう
2016年10月18日 09:57撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い時期ならお花畑が咲き乱れていたことだろう
御池を振り返る
2016年10月18日 10:06撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池を振り返る
所々に残っている花で目を楽しませる
2016年10月18日 10:10撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々に残っている花で目を楽しませる
1
この斜度の急登
2016年10月18日 10:11撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜度の急登
1
まだまだ遠い山頂
2016年10月18日 11:10撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ遠い山頂
1
岩から生えているように見える木
2016年10月18日 11:16撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩から生えているように見える木
鳳凰三山が全て姿を見せる
2016年10月18日 11:57撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山が全て姿を見せる
1
鹿が食い荒らすので柵を立てているエリア
2016年10月18日 12:04撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿が食い荒らすので柵を立てているエリア
川の方に降りる分岐あり
2016年10月18日 12:07撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の方に降りる分岐あり
草すべりを登りきったところのパノラマ 甲斐駒ケ岳が顔を出す
2016年10月18日 12:37撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりを登りきったところのパノラマ 甲斐駒ケ岳が顔を出す
樹林帯を抜けいよいよ尾根歩き
2016年10月18日 12:38撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けいよいよ尾根歩き
仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳の見えるポイントあり 間に八ヶ岳も見える
2016年10月18日 12:40撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳、甲斐駒ケ岳の見えるポイントあり 間に八ヶ岳も見える
2
肩の小屋までもう一息
2016年10月18日 12:46撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋までもう一息
石の道をひーこら言いながら歩き続ける
2016年10月18日 13:18撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の道をひーこら言いながら歩き続ける
いよいよ本日の幕営地 肩の小屋に到着。 もう疲れ果ててテント内で即落ち
2016年10月18日 13:29撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ本日の幕営地 肩の小屋に到着。 もう疲れ果ててテント内で即落ち
1
ブロッケン現象が見えると呼ばれて昼寝から起こされる
二重の虹が印象的
2016年10月18日 15:31撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブロッケン現象が見えると呼ばれて昼寝から起こされる
二重の虹が印象的
2
時間的にガスも上がってきたので寒くなる前に夕飯を済ますことにする
2016年10月18日 15:38撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間的にガスも上がってきたので寒くなる前に夕飯を済ますことにする
1
今回の食事は炒り玄米、乾燥野菜、豚肉味噌漬けの雑炊がメイン
2016年10月18日 16:22撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の食事は炒り玄米、乾燥野菜、豚肉味噌漬けの雑炊がメイン
1
それを自作アルコールストーブで煮込む ツエルトとともにULごっこの一環
2016年10月18日 16:26撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それを自作アルコールストーブで煮込む ツエルトとともにULごっこの一環
1
グツグツ煮えております 3000mでもきちんと風をよければアルコールストーブでも役に立ちます
2016年10月18日 16:46撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グツグツ煮えております 3000mでもきちんと風をよければアルコールストーブでも役に立ちます
1
仕上げにオリーブオイルをひとたらし 油ものをとると寒さに耐えれるらしい??
2016年10月18日 16:27撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕上げにオリーブオイルをひとたらし 油ものをとると寒さに耐えれるらしい??
1
きれいな夕日を見ながら贅沢な食事
2016年10月18日 17:00撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな夕日を見ながら贅沢な食事
4
食事後はすぐ暗くなってしまうのでテントに潜りこみ明日に備えて疲れを癒やす
2016年10月18日 17:05撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
食事後はすぐ暗くなってしまうのでテントに潜りこみ明日に備えて疲れを癒やす
3日め 早朝5時くらいにガスと霧雨の中アタック準備を開始、ガスが薄くなり始めたところで6時に出発
2016年10月19日 06:33撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日め 早朝5時くらいにガスと霧雨の中アタック準備を開始、ガスが薄くなり始めたところで6時に出発
登ること40分 山頂付近からの富士山 上空に虹が見える
2016年10月19日 06:41撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ること40分 山頂付近からの富士山 上空に虹が見える
3
三角点ゲット
2016年10月19日 06:42撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点ゲット
いよいよ山頂 地蔵様に山内安全祈願
2016年10月19日 06:44撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂 地蔵様に山内安全祈願
1
条件が良かったのか山頂でもブロッケン現象が見られた
2016年10月19日 06:45撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
条件が良かったのか山頂でもブロッケン現象が見られた
2
山頂からの大パノラマ 雲海が素晴らしい
2016年10月19日 06:48撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの大パノラマ 雲海が素晴らしい
多少胸焼けして朝飯抜きできたので ここで少し口に入れる。 日本2番めの山なので友達50人位できないかな?
2016年10月19日 06:51撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多少胸焼けして朝飯抜きできたので ここで少し口に入れる。 日本2番めの山なので友達50人位できないかな?
1
雲の向こうに間ノ岳
2016年10月19日 06:56撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の向こうに間ノ岳
1
パノラマその2
2016年10月19日 06:56撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマその2
雲海と太陽と富士山 まさに日本と言った風景
2016年10月19日 06:57撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と太陽と富士山 まさに日本と言った風景
2
天候が安定したところで肩の小屋へ引き返す
2016年10月19日 07:02撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天候が安定したところで肩の小屋へ引き返す
下り山頂方面を振り向き間ノ岳を望む
2016年10月19日 07:05撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り山頂方面を振り向き間ノ岳を望む
帰りに見た仙丈甲斐駒 遠く中央北アルプスも見えた
2016年10月19日 07:08撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに見た仙丈甲斐駒 遠く中央北アルプスも見えた
ハイマツからの鳳凰三山
2016年10月19日 07:11撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツからの鳳凰三山
稜線上に小屋のテント場が見える
2016年10月19日 07:12撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上に小屋のテント場が見える
1
きりで岩が湿っているので滑落注意で引き返す
2016年10月19日 07:18撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きりで岩が湿っているので滑落注意で引き返す
仙丈甲斐駒鳳凰富士山
2016年10月19日 07:21撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈甲斐駒鳳凰富士山
無事にテント場到着 撤収作業開始
2016年10月19日 07:34撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事にテント場到着 撤収作業開始
朝は気温0度 日が照って15度 東斜面のテントに入るとなんと30度 急いでテント内を片付ける
2016年10月19日 07:35撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は気温0度 日が照って15度 東斜面のテントに入るとなんと30度 急いでテント内を片付ける
1
小さな花発見
2016年10月19日 09:09撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな花発見
帰りは二俣から川沿いを降りるルートで下る
2016年10月19日 09:24撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは二俣から川沿いを降りるルートで下る
爽やかな秋晴れ
2016年10月19日 10:22撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爽やかな秋晴れ
日差しは爽やかながら 足場は岩がゴロゴロ テント装備が膝に来る
2016年10月19日 10:34撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しは爽やかながら 足場は岩がゴロゴロ テント装備が膝に来る
1
大規模崩落でルートの変更があるみたい
2016年10月19日 11:01撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大規模崩落でルートの変更があるみたい
小さな滝で水補充
2016年10月19日 11:11撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな滝で水補充
麓の方はもうジャングルである
2016年10月19日 11:18撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓の方はもうジャングルである
前日は乾いていたはずの小川状の道をジャバジャバ下る
2016年10月19日 11:50撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日は乾いていたはずの小川状の道をジャバジャバ下る
広河原への分岐へ到着
2016年10月19日 12:04撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原への分岐へ到着
さらに20分下ってゴールに到着 無事に下れて一安心
2016年10月19日 12:28撮影 by GS02, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに20分下ってゴールに到着 無事に下れて一安心

感想/記録

日本第2位の高峰北岳に初挑戦
シーズン最後の時期にテン泊ということで
衣食住をどうするかのこれまでの総決算のような感じになりました

ULどっぷりというわけではないが荷物は軽いに越したことはないので
食料は乾燥食材、ザックは1kg程度でも腰ベルトのしっかり目のもの
水はサーモスとプラティパスで1.5Lという今までの基本は変わらず

おそらく氷点下になるだろうという寒さの中どう安眠するか
というところがほぼスタンダードなスタイルにならざるをえない所
テントはダブルウオールのオニドーム1
寝袋をモンベルダウン#3でSOLエスケープビビィをカバーとし
NEMOゾアショート+サーマレストZシート+山と道ミニマリストで
寝床を形成し カッパ以外の着れる衣類は全部着込む作戦となる
(半袖、長袖2、フリース、ダウン上下、メリノウールタイツ、ズボン)

温度計を見ながら耐寒の様子を見たが
10度では快適 5度で肌寒いが寝れなくもない 
3度で寒さをガマンするだけで寝れないという結果で
途中でマットの組み合わせを変え山と道を寝袋内に入れてみたら
足先の冷えはなくなり多少ウトウト出来るようになるも完全睡眠に至らず
ビビィをカバーではなくインナーにして見たところ一気に改善し
朝の雨音で目を覚ますまで7時間ほどの快眠となりました

以前の双六小屋でシェルター内が凍るほどの寒さの際
モンベルダウン#5でそこそこ寝れたことを考えると
寝袋の性能よりもインナーの性能のほうが重要なのかもしれません
結露等の様子を見ながらより良いチョイスができるよう
次期シーズンも経験を積んでいきたいものです

訪問者数:240人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ