ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987148 全員に公開 ハイキング四国剣山

一ノ森(初級コース)

日程 2016年10月20日(木) [日帰り]
メンバー batayan7
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道438号線〜見ノ越峠駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間11分
休憩
36分
合計
4時間47分
S見ノ越登山口10:3211:12リフト西島駅11:2411:36刀掛ノ松11:4212:30穴吹川源流の谷13:14一ノ森ヒュッテ13:1813:19一ノ森13:59穴吹川源流の谷14:0214:36刀掛ノ松14:42リフト西島駅14:4915:15見ノ越登山口15:1915:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
見ノ越峠登山口〜西島駅〜刀掛ノ松〜一ノ森
所々、崩壊個所はあるが、通行には支障なし。
体力に自信がない方は、西島駅までリフト利用をお薦めします。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

西島駅から丸笹山方面
2016年10月20日 11:16撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西島駅から丸笹山方面
刀掛ノ松 眺望もよくベンチもあったので昼食をいただきました。
2016年10月20日 11:36撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刀掛ノ松 眺望もよくベンチもあったので昼食をいただきました。
刀掛ノ松にある案内図と道標
2016年10月20日 11:36撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刀掛ノ松にある案内図と道標
鹿除けの桟橋?
この先あたりで道に迷う。
2016年10月20日 12:03撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿除けの桟橋?
この先あたりで道に迷う。
沢を下ったところの分岐点にある道標。
この分岐点さえ間違わなければ、後は尾根筋までは一本道。
2016年10月20日 12:25撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を下ったところの分岐点にある道標。
この分岐点さえ間違わなければ、後は尾根筋までは一本道。
分岐点にある小屋。?
2016年10月20日 12:26撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点にある小屋。?
切道から尾根筋の交差点にある案内図と道標
2016年10月20日 12:59撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切道から尾根筋の交差点にある案内図と道標
山頂の少し南にある三角点
2016年10月20日 13:16撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の少し南にある三角点
一ノ森ヒュッテ
2016年10月20日 13:19撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ森ヒュッテ
1
一ノ森山頂標識。
標識の右が太郎岌、左が次郎岌
2016年10月20日 13:23撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ森山頂標識。
標識の右が太郎岌、左が次郎岌
1
切道から尾根筋との交差部にある記念碑。
2016年10月20日 13:35撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切道から尾根筋との交差部にある記念碑。
中間地点あたりにある道標
2016年10月20日 13:54撮影 by Nexus 4, LGE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間地点あたりにある道標

感想/記録

先日、次郎岌を制覇して気持ちにゆとりもでき、今回は一ノ森に挑戦してみました。勿論、できるだけ楽して歩けるコースを選びました。登山コースとしては、垢離取方面から富士の池を登山口とするコースもありますが、登山口の標高が見ノ越峠のほうが高いという単純な理由での今回の山歩きです。残念なことに、アップダウンも大きく、どちらが楽なのかは分かりません。写真の鹿除けの桟橋を少し過ぎたころに沢下りがあり、上から見ると延々と続いているのです。鹿除けの桟橋の少し手前で分岐点があり、そこで道を間違ったと思い込み引き返していたところ、後から来た登山者さんと運よく遭遇し、かくかくしかじかで一ノ森に行きたいのだがどうすればいいのか尋ねたところ、沢をまっすぐ下ると分岐点があり、そこを右に曲がると一ノ森に行けますとの事。自分も一ノ森に行く途中だと教えていただきました。渡りに船とはこのことです。もし、その登山者さんにタイミングよく出会わなければ、徘徊と言う無駄な時間を過ごし、リタイアという恥ずかしい結果となっていたかもしれません。沢下りは結構急な斜面で、復路では地獄の沢上りとなりました。往路の途中で二組の夫婦連れさんと二人の単身登山者さんと出会いました。皆さん復路の途中でした。山頂は先日の次郎岌とは大違いで、私一人の山頂でした。
訪問者数:115人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 一本 リフト 道標 ヒュッテ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ