ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987201 全員に公開 ハイキング東海

静かなマイナールートを楽しむ三河大島ダムから鍵掛山往復

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー gakukoh
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名号トンネル前の路肩に駐車。数台停められます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
17分
合計
6時間32分
Sスタート地点09:5512:36鍵掛山12:5316:27ゴール地点がG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤テープを忠実辿りましょう。
その他周辺情報名号温泉梅の湯

写真

今日は、大島ダムの上にある岩場の情報を黒姫さんから頂いたので、やってきました。
ここは、三河の名号にある朝霧湖です。
2016年10月15日 09:03撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、大島ダムの上にある岩場の情報を黒姫さんから頂いたので、やってきました。
ここは、三河の名号にある朝霧湖です。
5
大島ダムの上にある岩場とは、これです。
都合で仮称「屏風岩」と呼んでおきましょう。
2016年10月15日 09:15撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大島ダムの上にある岩場とは、これです。
都合で仮称「屏風岩」と呼んでおきましょう。
6
ダムの対岸から見た屏風岩。
さて、どうやって登ろうかな。
2016年10月15日 09:23撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムの対岸から見た屏風岩。
さて、どうやって登ろうかな。
3
まず、常識通りに、岩場の奥の尾根から下るために、まず、尾根に上がるため、地形図を参考にして、名号トンネルの手前から上がることにしました。
2016年10月15日 09:37撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まず、常識通りに、岩場の奥の尾根から下るために、まず、尾根に上がるため、地形図を参考にして、名号トンネルの手前から上がることにしました。
2
トンネル前の広い路肩に駐車して山に入ります。
猿が沢山いました。
2016年10月15日 09:56撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル前の広い路肩に駐車して山に入ります。
猿が沢山いました。
3
最初の尾根に上がったら、ダムがすぐ下です。
尾根を左に行くと、岩が多くなります。岩を避けて、巻くように歩けるところ辿ると、また尾根に到達しました。
2016年10月15日 10:24撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の尾根に上がったら、ダムがすぐ下です。
尾根を左に行くと、岩が多くなります。岩を避けて、巻くように歩けるところ辿ると、また尾根に到達しました。
1
登っていくと、482m地点に到達。ここから左ではなく、少し右に折れて、下ります。
2016年10月15日 11:20撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登っていくと、482m地点に到達。ここから左ではなく、少し右に折れて、下ります。
2
482mの三角点
2016年10月15日 11:23撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
482mの三角点
3
下って、尾根に沿うと、小ピーク。ここから、鍵掛山に向かって、左に曲がります。右側は、岩場の1つにでます。岩場は、戻りで探索にしました。
2016年10月15日 11:37撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って、尾根に沿うと、小ピーク。ここから、鍵掛山に向かって、左に曲がります。右側は、岩場の1つにでます。岩場は、戻りで探索にしました。
3
鍵掛山への途上から朝霧湖
2016年10月15日 11:42撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍵掛山への途上から朝霧湖
1
キノコも歓迎
2016年10月15日 12:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコも歓迎
6
赤松の尾根
2016年10月15日 12:12撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤松の尾根
1
12時35分、鍵掛山頂到着。2時間40分かかりました。
2016年10月15日 12:35撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時35分、鍵掛山頂到着。2時間40分かかりました。
4
山頂から明神山方面
2016年10月15日 12:36撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から明神山方面
1
真ん中前がおむすび岩、左が上臈岩、奥は、鞍掛山
2016年10月15日 12:36撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中前がおむすび岩、左が上臈岩、奥は、鞍掛山
3
手前はおむすび岩の尾根。奥は、明神山から宇連山へ続く尾根
2016年10月15日 12:36撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前はおむすび岩の尾根。奥は、明神山から宇連山へ続く尾根
3
タイマーで自撮り
2016年10月15日 12:38撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイマーで自撮り
11
亀淵の山、左が天空岩、右がモアイ。
2016年10月15日 12:40撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀淵の山、左が天空岩、右がモアイ。
3
奥が宇連山
2016年10月15日 12:40撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥が宇連山
2
三角点タッチ。
2016年10月15日 12:41撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ。
2
戻る途中、分岐表示。鍵掛山への名号からの本ルートに対して、破線ルートがあり、周回できます。
2016年10月15日 13:00撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る途中、分岐表示。鍵掛山への名号からの本ルートに対して、破線ルートがあり、周回できます。
1
またまた鬼ふくべ1つに
2016年10月15日 13:16撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた鬼ふくべ1つに
5
岩場のある分岐から朝霧湖が見える岩場の1つに入ってみます。
2016年10月15日 13:48撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場のある分岐から朝霧湖が見える岩場の1つに入ってみます。
1
岩場を下ってみます。
2016年10月15日 13:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を下ってみます。
3
鍵掛山が見えます。
2016年10月15日 13:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍵掛山が見えます。
1
静かな岩場に一人立つのは、いい気分です。
2016年10月15日 13:59撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな岩場に一人立つのは、いい気分です。
2
ここから先は、もっと下るようですので、次の岩場に行くため、このくらいで戻ります。ここは次回に下から上がってみます。繋がってくれるかな。
2016年10月15日 14:03撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先は、もっと下るようですので、次の岩場に行くため、このくらいで戻ります。ここは次回に下から上がってみます。繋がってくれるかな。
3
戻る地点でマーキングのため、赤とピンクテープを付けました。下から上がった時の地点目印にします。
ピンクテープは、nakoeさんからいただいたものです。
2016年10月15日 14:05撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る地点でマーキングのため、赤とピンクテープを付けました。下から上がった時の地点目印にします。
ピンクテープは、nakoeさんからいただいたものです。
3
戻る地点の下の風景
2016年10月15日 14:05撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻る地点の下の風景
1
戻って、482m地点付近から右の尾根に侵入、尾根に入ると、シダのある所にきました。
2016年10月15日 14:23撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻って、482m地点付近から右の尾根に侵入、尾根に入ると、シダのある所にきました。
1
左に行くと、大島トンネルの上の岩場に出ました。
仮称大島岩として区別しておきます。
2016年10月15日 14:23撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に行くと、大島トンネルの上の岩場に出ました。
仮称大島岩として区別しておきます。
1
下には、朝霧湖に半島のような島が見えます。
2016年10月15日 14:43撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下には、朝霧湖に半島のような島が見えます。
2
慎重に移動します。
2016年10月15日 14:46撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に移動します。
1
ついに突端の岩にきました。
2016年10月15日 14:57撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに突端の岩にきました。
3
ここから下に半島がよく見えます。
2016年10月15日 15:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから下に半島がよく見えます。
9
記念に自撮り
2016年10月15日 15:01撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に自撮り
7
先端から
2016年10月15日 15:02撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端から
2
先端で自撮り
2016年10月15日 15:06撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先端で自撮り
5
ここから、標高482m地点に戻ります。
2016年10月15日 15:12撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、標高482m地点に戻ります。
1
482地点。上がって来た尾根を下ります。
2016年10月15日 15:43撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
482地点。上がって来た尾根を下ります。
1
名号トンネルに戻りました。9時56分出発、16時23分戻り。オーソドックスな上がり方が済んだので、来週は、もう一つのトンネルである大島トンネルの出口地点から、アプローチしてみます。
2016年10月15日 16:23撮影 by PHOTOfunSTUDIO 6.0 HD, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名号トンネルに戻りました。9時56分出発、16時23分戻り。オーソドックスな上がり方が済んだので、来週は、もう一つのトンネルである大島トンネルの出口地点から、アプローチしてみます。
3

感想/記録

黒姫さんから、朝霧湖、大島ダムの上の岩へ上がるルート探索のリクエストがあったので、上がってみた。今回は、上から岩場に上がるため、地形図を参照して、岩場には遠いが、名号トンネルから尾根に入った。
鍵掛山の周回路の最終イメージも考慮して、尾根が通過可能かも興味があり、まず、鍵掛山に向かった。道迷いしなければ、通過には支障がなかった。鍵掛山への尾根は、シダもなく、遮る枝もなく、歩きやすい尾根だった。戻って、今回、2か所の岩場に入った。一つは、大島トンネルのすぐ上の岩場(gpsの軌跡を地図に乗せてみて分かったことだが)と、それより奥の岩場で、途中から戻った岩場だ。ここは、次回、下から上がって見ることにした。今回、ダムのすぐ上の岩場には行ってないことが分かった。来週は、これも含めて、大島トンネルの出口付近から上り、すぐ上の場に到達すること、今回、途中引き返した岩場の地点に下から到達する課題ができた。朝霧湖側から鍵掛山への縦走と周回も目途がついて、満足だった。
「水隠す 朝霧あつく カワセミの 声静かなり 岩もに響く」
(g) 
訪問者数:145人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ