ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987226 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原_林道整備について考えよう

日程 2016年10月16日(日) [日帰り]
メンバー ramisuke, その他メンバー8人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
鳩待峠(はとまちとうげ)は、週末はマイカー規制があります。
戸倉から、バスに乗り換えます。
戸倉には、駐車場が多数あります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
1時間50分
合計
7時間40分
S鳩待峠07:5009:20山ノ鼻09:4010:10牛首分岐11:30竜宮十字路12:1012:10ヨッピ吊橋12:3012:40東電小屋12:5013:10ヨッピ吊橋13:30下ノ大堀橋13:40牛首分岐13:5014:20山ノ鼻14:3015:20鳩待峠15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備十分ですが、十分すぎてオーバーユースの問題があります。
その他周辺情報温泉多数
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハイキングに必要な装備

写真

今日は、尾瀬の自然と諸問題について学びに来ました。先生方と一緒に歩きます。さて、鳩待峠から尾瀬ヶ原に出発します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、尾瀬の自然と諸問題について学びに来ました。先生方と一緒に歩きます。さて、鳩待峠から尾瀬ヶ原に出発します。
2
鳩待峠の登山口にあるマットの下の土を調べたら、トマトの種があったそうです。マットで土を落とすことは、尾瀬のために役立ってますね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠の登山口にあるマットの下の土を調べたら、トマトの種があったそうです。マットで土を落とすことは、尾瀬のために役立ってますね!
4
木道の刻印。「H26年度、東電が整備しました」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の刻印。「H26年度、東電が整備しました」
1
おおー、至仏だ。尾瀬で一番古い山です。隆起してできていますので、蛇紋岩(じゃもんがん)なのですね。蛇紋岩の表面が少しずつはがれて至仏の土になるから、至仏の土は薄いのですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおー、至仏だ。尾瀬で一番古い山です。隆起してできていますので、蛇紋岩(じゃもんがん)なのですね。蛇紋岩の表面が少しずつはがれて至仏の土になるから、至仏の土は薄いのですね。
1
木道の管理札、これは群馬県のもの。50mおきにあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の管理札、これは群馬県のもの。50mおきにあります。
この木道の管理札(っていうのかな?銀色のやつ)は、尾瀬の保護財団のものだそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この木道の管理札(っていうのかな?銀色のやつ)は、尾瀬の保護財団のものだそうです。
土砂崩れを直したあと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土砂崩れを直したあと。
シラネアオイ、秋の様子。尾瀬のシラネアオイが減ったと思っていたら、鹿に食べられてしまっているとのこと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ、秋の様子。尾瀬のシラネアオイが減ったと思っていたら、鹿に食べられてしまっているとのこと。
1
クマよけの鈴
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クマよけの鈴
1
来年の水芭蕉(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来年の水芭蕉(笑)
1
みんなで勉強中。霜が降りていて、滑りました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなで勉強中。霜が降りていて、滑りました!
山の鼻にて。東電が何やら建物の改修工事中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻にて。東電が何やら建物の改修工事中でした。
1
研究見本園から至仏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
研究見本園から至仏
3
研究見本園の様子、右手の山は八海山。奥は景鶴が見えているのかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
研究見本園の様子、右手の山は八海山。奥は景鶴が見えているのかも。
3
ええっと・・・地質がなんとかっていうドイツ語なんだけど・・・忘れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ええっと・・・地質がなんとかっていうドイツ語なんだけど・・・忘れました。
3
木道の刻印。「環境省が整備した木道ですよ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の刻印。「環境省が整備した木道ですよ」
1
この管理札は、どこのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この管理札は、どこのかな?
1
燧ケ岳p2356m、尾瀬では一番新しい山です。火山だから、山頂近くまで樹林帯です。そこが至仏と違うわけですねえ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳p2356m、尾瀬では一番新しい山です。火山だから、山頂近くまで樹林帯です。そこが至仏と違うわけですねえ。
5
尾瀬には、ヤチヤナギがたくさんあります。雌雄が別の木ですが、根っこでつながっているとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬には、ヤチヤナギがたくさんあります。雌雄が別の木ですが、根っこでつながっているとか。
ヒツジグサの紅葉(時々学習から離れてハイカーになってしまう:苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒツジグサの紅葉(時々学習から離れてハイカーになってしまう:苦笑)
2
だって、きれいなのですもの。学習から気持ちが離れますってば。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だって、きれいなのですもの。学習から気持ちが離れますってば。
2
これは、ヒツジグサではなくって、オゼコウホネという植物です。この池塘と、他のどこかの池塘にしかないとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、ヒツジグサではなくって、オゼコウホネという植物です。この池塘と、他のどこかの池塘にしかないとか。
2
ガイドさんより「木道を整備するための木材が湿原の上にありますが、あれってどう思いますか?」とのなげかけ。そうだった!これを学びに今日は歩いているのです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガイドさんより「木道を整備するための木材が湿原の上にありますが、あれってどう思いますか?」とのなげかけ。そうだった!これを学びに今日は歩いているのです!
4
ほらね、沈んでいるでしょ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほらね、沈んでいるでしょ?
1
景鶴山、いつか歩きたい(勉強のために歩いているはずが、時々ハイカーに戻ってしまいます:苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景鶴山、いつか歩きたい(勉強のために歩いているはずが、時々ハイカーに戻ってしまいます:苦笑)
1
竜宮入口。明治時代に学者を片品の人が案内した時、「この水はどこへ行くのか?」と聞かれ、「竜宮です」と答えたことから名前がついたそうですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮入口。明治時代に学者を片品の人が案内した時、「この水はどこへ行くのか?」と聞かれ、「竜宮です」と答えたことから名前がついたそうですよ。
4
竜宮小屋から見晴らし方面へ。群馬県から福島県に入りました。関東地方という文字は、余計なんじゃあないかと感じます(苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮小屋から見晴らし方面へ。群馬県から福島県に入りました。関東地方という文字は、余計なんじゃあないかと感じます(苦笑)
1
下田代から段吉新道(只見川)方面。東電が尾瀬をダムにした場合は、あそこが堰になったわけですね。ああ、ダムにならなくてよかった・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下田代から段吉新道(只見川)方面。東電が尾瀬をダムにした場合は、あそこが堰になったわけですね。ああ、ダムにならなくてよかった・・・。
1
東電小屋(新潟県)まで足を延ばしました。さて、勉強しながら帰りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋(新潟県)まで足を延ばしました。さて、勉強しながら帰りましょう。
1
木道の間のコケ?草?土?なのかな、を触ってみると、なるほど水分を多く含んでいてしっとりしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の間のコケ?草?土?なのかな、を触ってみると、なるほど水分を多く含んでいてしっとりしています。
木道が上下しています。向こう側が高くなっているのは、熊が下を通れるようにしているためです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が上下しています。向こう側が高くなっているのは、熊が下を通れるようにしているためです。
1
中田代の池塘。これが泥炭です。泥炭って、ピートなのかな!?なんか、つながりません。泥炭と湿原が結びつく自然環境は世界的に珍しいらしいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中田代の池塘。これが泥炭です。泥炭って、ピートなのかな!?なんか、つながりません。泥炭と湿原が結びつく自然環境は世界的に珍しいらしいですね。
3
最近の東電の木道には、FSCの刻印も。何の略なのかはわかりませんが、東京パワーテクノロジー(株)になってからこの刻印を使用しているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近の東電の木道には、FSCの刻印も。何の略なのかはわかりませんが、東京パワーテクノロジー(株)になってからこの刻印を使用しているようです。
東京パワーテクノロジーってのは、東電の子会社で、尾瀬では整備をしている部隊です。その他東電の子会社を集めて東京パワーテクノロジー(株)に再編成したようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京パワーテクノロジーってのは、東電の子会社で、尾瀬では整備をしている部隊です。その他東電の子会社を集めて東京パワーテクノロジー(株)に再編成したようです。
下ノ大堀川の橋を架けかえていました。こんなに堅牢な橋が必要なのか疑問です。雪に耐えられるようにでしょうか??ヨッピ橋もかつてのと違って立派になっていて驚きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ノ大堀川の橋を架けかえていました。こんなに堅牢な橋が必要なのか疑問です。雪に耐えられるようにでしょうか??ヨッピ橋もかつてのと違って立派になっていて驚きました。
1
木道整備中の案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道整備中の案内。
足を踏み入れてはいけない湿原の上にヘリで荷揚げされた木材が無造作に置かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を踏み入れてはいけない湿原の上にヘリで荷揚げされた木材が無造作に置かれています。
木道を横から見るとこんな感じ。う回路の足場から撮影しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道を横から見るとこんな感じ。う回路の足場から撮影しました。
10年経ち、かけかえ中の木道をひっぺがしたところ。こんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10年経ち、かけかえ中の木道をひっぺがしたところ。こんな感じです。
最近は、牛首の近くの分岐(たしか、以前は単に三叉路って呼んでいたのですけれど・・・)を牛首って呼ぶようになったのですね。知らなかったなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近は、牛首の近くの分岐(たしか、以前は単に三叉路って呼んでいたのですけれど・・・)を牛首って呼ぶようになったのですね。知らなかったなあ。
2
山の鼻で休憩後、鳩待に戻りました。真ん中の黄土色の石が蛇紋岩です。
改めてオーバーユースについて考える一日を過ごせました。
今日も目を通してくださり、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻で休憩後、鳩待に戻りました。真ん中の黄土色の石が蛇紋岩です。
改めてオーバーユースについて考える一日を過ごせました。
今日も目を通してくださり、ありがとうございました。
4

感想/記録

みなさん、こんにちは。
5月に「国有林の復元事業」について話をうかがった先生から
今回は「尾瀬のオーバーユース」について教えていただく機会に
恵まれました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-873211.html

もともと群馬県民ですので、尾瀬の問題についてはわりと身近なのですが、
改めて考えながら歩いてみました。

尾瀬は、水芭蕉の頃、ニッコウキスゲの頃、紅葉の頃、学校登山の頃に
完全にオーバーユースになっているそうです。
また、トイレは1人100円の有料ですが、お金を入れている人の
人数から割り出しても、お金を入れている人は3割程度で、
入れている額は30円から50円程度が平均ではないか、とのことでした。
1回100円では赤字だそうです。ということは、大赤字ということですね。
(という私も、100円玉が切れるとほかの小銭にするので、たとえば
400円支払う必要があるのに対して280円みたいな日があります、すみません)

また、林道整備をするのに木道の周りに資材を置きますが、
置いた跡の植生はもともとの通りに復元しないそうです。また、ある程度
緑化されるにしても5年では全く無理だそうです。

さらに鹿の害が進んでいるそうです。

集ったみなさんに「尾瀬をどのように守るのがいいか」のお題が出されました。
みなさんからは、
○ ビジターセンターを駐車場に設置する(バス停ですね)
○ 保護指導員の話を聞かないと尾瀬ヶ原に入れないようにする
(よその国立公園ではすでに行っていますね)
○ 入山料をとる
○ 山小屋の過剰サービスを見直す
(お風呂、ウォシュレットは要らないでしょう)
○ 地元の官が主体または国が主体となり、そこを通さないと
団体も個人も尾瀬に入山できなくする
など、意見がでました。

結論
「尾瀬は山ではなくて、観光地である。
だから、自然環境への意識が低いのではないだろうか」
ということに討論はまとまりました。

今後の尾瀬が自然のままに残っていってもらいたいです。
訪問者数:203人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/7/17
投稿数: 19
2016/10/22 10:31
 オーバーユースですよね。
ramisukeさん、こんにちは。

興味深く拝見させていただきました。先日行った谷川岳も天神尾根はオーバーユースを感じました。そう言いつつ、自分も加担してるんだよなぁ。


と、言いながら、明日は後輩の夢であるの尾瀬、至仏山山行に同行しようと、準備しながら情報収集…

後輩の装備品?としてトイレのチップを申し伝えるように致します!

どこに行っても過剰なほどのサービスがいたるところで見受けられて、山ブームも落ち着かずですね。
登山道の整備に精を出している方々には心より頭の下がる想いですが、やっぱ湿原の中にドッサリ!はちょっと白けますね〜。

土曜の午前、考えさせられながら、悶々と準備中です。

マナーとかモラルとか、最低限のことは守りつつ、楽しみながら、初心者の後輩くん達に伝えることができたらなぁ(´-`).。oO

ありがとうございましたー。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 466
2016/10/22 18:17
 Re: オーバーユースですよね。
haccymasaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

haccymasaさんの記録を拝見しました。
後輩くんというのは、一緒に黒斑に行った方なのでしょうね。
真夏の黒斑には行ったことがないのですが、写真を見ていたら
真夏もよさそうですね(笑)

先日、友人が谷川に行ったら、天神尾根が渋滞していたそうです。
混んでいるところには気が向かず、近年北アルプスも避け気味です。
よもや、谷川までそんなに混んでいるとは驚きました。

>過剰なほどのサービス
→同感です。

明日は、楽しんできてくださいね!
私の個人的な好みですが、10月中旬から下旬に、
大清水→尾瀬沼→段小屋坂→温泉小屋→燧裏林道→
御池→(バス)→沼山峠→尾瀬沼→大清水
というのが好きです。来年、ぜひどうぞ(笑)
登録日: 2013/3/17
投稿数: 1614
2016/10/23 9:58
 尾瀬ねー・・・
こんにちは^^

凄い作業してますね。
ご苦労さま&感謝感謝です。

基本的にこの手のもので黒字は稀かもですね。
あくまで個人的な見解ですが、ちゃんと、どの山もガッチリ入山費を取るべきです。
取って地元に還元し、かつ山の維持へ使ってほしいです。
ちゃんとね。ちゃんと明朗会計で。
更に、鹿ですが人間が増やしたようなものなので、人間が始末する必要があり打ち殺すしかないと思います。基本そうは食べないと思うので破棄です。カミサンの親戚は仙丈ケ岳の鹿柵を整備してますが大変らしいですね。
昨日TVでやってましたよ。狼を導入したら、鹿の個体数はキチント減り、かつ、維持されるようになったそうです。食べられる事もあるそうですが、生殖も軽減されるんですって。自然はちゃんと回ってますね。
前に「私は尾瀬が好きだ。だから尾瀬に行かない」みたいな、ある意味究極の自然保護の言葉を聞いた事がありますが、人間が入らない箇所は日本においてはほぼないはず。人が管理する=金がかかる。少しでも地元の方や管理者の方に極端な商業主義ではない儲かる仕組みがないとこの先、人口減は確実。尾瀬に限らず、そこらじゅうでボロボロになると思ってます。
登録日: 2011/6/20
投稿数: 161
2016/10/23 10:17
 極論
何処のお山でもそうですが立ち入り禁止にすれば自然は回復します、人が一番荒らしていますからね。
尾瀬に関しては、荒れないように整備したことで人が入り易くなってしまったのがいけないのでしょうが、整備しなければ何処にでも入り込んで荒れ放題になってしまうだろうし・・・いたちごっこですね。
完全予約制にし入園制限するとともにがっちりと入園料を徴収して管理費用に充てるのが対策としては一番かな。


現状は東電さんの努力によって維持されているものと思われます、木道整備は大変なことだし資材を一々人力で運んでいたら・・・人が入り込むことを思えば資材をちょいと置いておくことくらいのダメージは軽いものでしょう。
植物は人が思っているより繊細ですが強いですよ。
登録日: 2014/2/22
投稿数: 120
2016/10/23 12:08
 ぐんまの自然
ramisukeさん こんにちは。

昨年おそらく同じ先生(地下足袋履いていらした)にご指導賜り尾瀬を歩いた者です
燧ケ岳へ続く一本道、羊草の紅葉、マユミの紅い色など懐かしく拝見しました。
長い年月をかけ堆積した泥炭層から成る湿原、上に育つ植物と美しい景色。
貴重な環境が永く残ってほしいです。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 466
2016/10/23 17:41
 Re: 尾瀬ねー・・・
ブルスカさん、ご意見をたまわり、ありがとうございます。
レポート作成に役立てます!

>取って地元に還元し、かつ山の維持へ使ってほしいです。
>ちゃんとね。ちゃんと明朗会計で。
>少しでも地元の方や管理者の方に極端な商業主義ではない儲かる仕組み
集まっていた我々教えてもらう側も、同じ意見でした。

どうやら、国立公園なるところは、環境省、厚労省、自治体、民間が
からんでいて、足並みがそろいにくいようですよ。
入山料について、我々ハイカーは妥当な額、正しく使われていれば
概ねみなさん賛成じゃないかと思いますよね。

>カミサンの親戚は仙丈ケ岳の鹿柵を整備
うわ、大変そう。ありがとうございます。
こちらも細々と安蘇山域の里山整備に関わっています・・・。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 466
2016/10/23 17:50
 Re: 極論
kriskyさん、意見を寄せて下さり、ありがとうございます。
レポートに役立てます(勉強した→事後レポートを作成するわけよ)

>尾瀬に関しては、荒れないように整備したことで
>人が入り易くなってしまったのがいけないのでしょうが
はい、整備しすぎ。だから、山ではなくって、観光地という感覚から
離れられない方がいるのでしょうし、受け入れ側も、なぜかそうなって
しまっているようです。

>完全予約制にし入園制限するとともにがっちりと入園料を
>徴収して管理費用に充てる
ブルスカさんへも返信しましたが、これが得策でしょうね。
例えば、片品村、桧枝岐村など尾瀬に入山できる一般的な
登山口にビジターセンターとバスターミナルを設置、
そこの窓口を通してしか入山できないようにする。
そうすれば、人数が規制できる。
さらに、バスの待ち時間、バス内で指導員の人から必要事項を
説明できる。少なくとも今から観光バスツアーは制限するとか。

>木道整備は大変なことだし資材を一々人力で運んでいたら・・・
はい、私も現実的にはしかたないと思います。
ただ、1ケ月間も資材を放置しなくてもいいんじゃないかなあとは
感じています。多少の手間がかかっても、工事を3期計画にして
3回に分けて荷揚げするとか。
そうすれば、ちょっとは湿原のダメージが減るかも?って考えました。

サンキューでした。レポート書かなくっちゃ!
登録日: 2014/8/17
投稿数: 466
2016/10/23 17:57
 Re: ぐんまの自然
djorkaelさん、そうですか、同窓の方ですね(笑)
コメントを寄せて下さり、ありがとうございます。

私は群馬に生まれ育って、山歩きを趣味にしています。
それで、真面目に勉強してみたいと考えていました。
学んだからといって、何かできるわけではないのですが、
関心を寄せている人が増えることは少なくとも善いことかも?
と、思っています。

>環境が永く残ってほしいです
ほんとうに、「永く」残ってほしいですね。
群馬県の上毛かるたの「せ」は
「仙境尾瀬沼 花の原」です。絵は、水芭蕉です(笑)

また、記録を拝見しますね!
登録日: 2011/6/20
投稿数: 161
2016/10/25 15:00
 Re[2]: 極論
ヘリを飛ばすには一回で数十万からかかりますので回数を分けるには費用がかさんでしまうからやむを得ないと思いますよ。
予算、人員、作業効率・・・考えての事でしょう、自然を優先するならば立ち入り禁止しかありませんね。
登録日: 2014/8/17
投稿数: 466
2016/10/25 17:05
 Re[3]: 極論
こんにちは♪

入山料の収入があって保護をすすめる前提だから、
荷揚げ3回にしてみました!

しばらく入山禁止も、悪くないですよね。

いつも、サンキューです。

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ