ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987294 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

色づきも楽しめた不動岳〜六呂場山(戸中川林道ゲートから周回)

日程 2016年10月20日(木) [日帰り]
メンバー sht
天候快適な秋晴れ♪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水窪ダムからダート林道を8劼曚豹覆鵑生傭羸醂啼札押璽伴蠢阿肪鷦屐Α数台おけます(本日4台)

今年5月に訪れた際はゲートの4.5匱蠢阿馬肩損壊のため通行止めでしたが、そこは(路肩がコンクリートで)修復されていてゲートまで車で入れる状態でした


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間1分
休憩
58分
合計
10時間59分
S戸中川林道ゲート04:2805:02休憩小屋05:17上足毛沢橋05:1805:49休憩小屋05:53黒法師岳登山口06:00葵沢休憩小屋跡地06:04不動岳登山口06:1206:501424ピーク06:5407:421863ピーク07:4408:19鎌薙の頭08:2509:04鹿の平09:0609:44不動岳10:0310:32鹿の平10:3312:10六呂場山12:1612:46六呂場峠13:53矢筈山13:5414:12矢筈山南峰14:2015:27戸中川林道ゲート15:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ポストは戸中川林道ゲートにあります

本日迷った所
鹿ノ平から六呂場山方面に下り始める部分で、踏み跡と思って辿るとそれは獣道でした・・トラバースしながらルートを探ってテープマークを発見(鹿ノ平からの下降点にはテープマークがあるのでは)

鹿ノ平〜六呂場山間は、他でも獣道に導かれ易かったです

矢筈尾根の、特に上部はダダッ広い尾根なので方向を間違えやすいと思います・・やたらと多い倒木を避けるのに気を取られ、2度ほど支尾根に入りかけました

矢筈尾根はごく薄い踏み跡やたまにテープマークもありますが、それらを参考にしつつも頼らず「自力ナビ」は必須だと思います・・「道」は無くて好き勝手に進める感じながら、結果はほぼ自己責任

危険だった所
鎌崩岳〜不動岳の笹被りで、笹に隠れたトラップ(倒木、変な段差、滑る笹の落ち葉等)が要注意・・2度尻もちをつきました

鹿ノ平〜六呂場峠にはヤセ尾根が何か所かありましたが、注意して進めば問題ない程度です

過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

一応MTBを持参してきましたが、戸中川林道ゲートまで車で入れてここから歩き始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応MTBを持参してきましたが、戸中川林道ゲートまで車で入れてここから歩き始めます
2
ゲートのポストに届を提出
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートのポストに届を提出
2
何故か標高千mちょっとの林道周辺が色づいていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何故か標高千mちょっとの林道周辺が色づいていました
1
7.5卻發い討茲Δ笋不動岳登山口に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7.5卻發い討茲Δ笋不動岳登山口に到着
1
道は明瞭で、標高1800m辺りから色づきも現われ出しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は明瞭で、標高1800m辺りから色づきも現われ出しました
1
右手には黒法師岳〜バラ谷の頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には黒法師岳〜バラ谷の頭
3
本格的に色づいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本格的に色づいてきました
7
主稜線に上がると大無間山と富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線に上がると大無間山と富士山
5
少し戻って鎌崩岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し戻って鎌崩岳山頂
1
色づきとこれから向う不動岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づきとこれから向う不動岳
3
池口岳〜加加森山〜光岳〜不動岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳〜加加森山〜光岳〜不動岳
2
左手には遠く中央アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には遠く中央アルプス
2
鹿ノ平への稜線上は色づきもタップリでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿ノ平への稜線上は色づきもタップリでした
3
見るからに別天地の鹿ノ平
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見るからに別天地の鹿ノ平
7
大無間山方面ですが、明暗の写真コントラストが難しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大無間山方面ですが、明暗の写真コントラストが難しい
4
ちょいズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょいズーム
2
頭だけでも富士山がクッキリ見えて満足度↑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭だけでも富士山がクッキリ見えて満足度↑
3
日差しのおかげで黄葉も大満足
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しのおかげで黄葉も大満足
2
フカフカ絨毯のようで寝転んで昼寝したい感じの鹿ノ平に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカフカ絨毯のようで寝転んで昼寝したい感じの鹿ノ平に到着
7
笹をかき分けて不動岳山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹をかき分けて不動岳山頂へ
3
青空との対比は感動モノでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空との対比は感動モノでした
6
不動岳山頂到着・・こちらはバックに黒沢山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳山頂到着・・こちらはバックに黒沢山
6
こちらのバックは光岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのバックは光岳
4
大川入山〜恩田大川入山〜恵那山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大川入山〜恩田大川入山〜恵那山
2
下山中に黒法師岳を中心に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中に黒法師岳を中心に
1
この後進む六呂場山→矢筈尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後進む六呂場山→矢筈尾根
2
池口岳〜合地山〜加加森山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池口岳〜合地山〜加加森山
1
色の複合具合が素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色の複合具合が素晴らしい
5
鹿ノ平に帰ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿ノ平に帰ってきました
5
鎌崩岳西面の色づき
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌崩岳西面の色づき
2
崩壊地を覗くと中々迫力
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を覗くと中々迫力
4
中ノ尾根山と色づき
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ尾根山と色づき
5
ヤセ尾根が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根が続きます
2
唯一ルート工作がしてあった部分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唯一ルート工作がしてあった部分
1
六呂場山への尾根の展望地から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六呂場山への尾根の展望地から
1
上河内岳〜茶臼岳〜信濃俣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内岳〜茶臼岳〜信濃俣
1
上河内をズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上河内をズーム
1
アップダウンはかなりキツかったですが六呂場山に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンはかなりキツかったですが六呂場山に到着
8
山頂付近もいい色を楽しめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近もいい色を楽しめました
3
まっかっか〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まっかっか〜!
7
六呂場山前後は不動岳から見た通りゲキ急坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六呂場山前後は不動岳から見た通りゲキ急坂
2
黒沢山への分岐・・この先は次回に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒沢山への分岐・・この先は次回に
1
本日はここから矢筈尾根を下ります・・倒木メチャ多くてルートも判りにくかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日はここから矢筈尾根を下ります・・倒木メチャ多くてルートも判りにくかったです
1
深南部を満喫してゲートへ下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深南部を満喫してゲートへ下山
2

感想/記録
by sht

本日は、今年5月以来の深南部へ。
「弓張から南アへ繋ぐ」シリーズで、前回の続きの「鎌崩岳〜六呂場峠」の朱線繋ぎが主目的です。

それに加え、主稜線からは外れますが深南部雄峰の不動岳のピークを踏むのと、六呂場山の名言看板をこの目で見たいこともあります。

深南部は、どのコースを歩いても10時間以内では帰してくれない歩きごたえに加え、人の手が最小限しか入っていない“自然にドップリ浸かれる”エリアで、自分にとっては冒険心が湧くお気に入りの山々です。(ホンマモンの冒険バリエーション山行はとても無理なので)

実際のところ、不動岳登山口からの登りは順調だったものの、標高を上げて行くと期待以上の紅葉が現れて写真タイムに足がしばしば止まります。そして鎌崩岳〜不動岳の笹被りではいきなり急な下りでスリップして尻もちをついてしまい、その後は慎重にならざるを得なくなり、“サスガ深南部!”そう易々とは進ませてくれませんでした。

六呂場山への尾根もかなりキツいアップダウンで中々の難路。距離標高差以上に時間がかかった印象でした。

それでも、この日の展望や色づきはそんな苦労を吹き飛ばしてくれ、苦労したが故に一般登山道には無い満足感が得られたと感じます。

次回からの黒沢山、中ノ尾根山、鶏冠山などはさらに大変でしょうが、それが深南部の真価であり満足感の源だと思いますので、引き続きtryしていきたいと思います。

訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/18
投稿数: 347
2016/10/21 0:15
 秋の深南部
楽しそうですね。
また、歩きたくなりました。
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/10/21 7:33
 kiha58さん おはようございます
深南部の朱線繋ぎをするにあたってkiha58さんのレコも参考にさせていただいております。ありがとうございます。

この日は天気とタイミングに恵まれて満足の深南部でした。
苦労もあるエリアですがそれ故に惹きつけられますね。

コメントいただきありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ