ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987308 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

餓鬼岳〜東沢岳【期待以上の景観と岩稜縦走が楽しめた!】

日程 2016年10月15日(土) 〜 2016年10月16日(日)
メンバー peak315, その他メンバー2人
天候15日快晴 16日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■14日 前夜、道の駅安曇野松川で仮眠。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間28分
休憩
1時間47分
合計
8時間15分
S白沢登山口07:3011:30大凪山11:402100m12:4014:45餓鬼岳小屋15:0015:08餓鬼岳15:4015:45餓鬼岳小屋
2日目
山行
6時間8分
休憩
35分
合計
6時間43分
餓鬼岳小屋05:4508:50東沢岳09:0009:25東沢乗越09:3510:20西大ホラ沢出合10:3512:28中房温泉登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■15日 白沢登山口駐車場は、ほぼ満車状態。わずかなスペースを見つけて駐車し7時30分に出発。沢沿いの登山道を左岸、右岸と交互に渡り返し、一部高巻きも含めて最終水場まで、約2時間。ここから樹林帯の山腹を標高差約600mを登り大凪山まで約2時間。我々は大凪山から尾根を10分ほど登った小平地で昼食休憩(1時間)。ここから樹林帯の尾根を経由し、岳樺の明るい林の中につけられた「百曲り」を辿り小屋まで約2時間で登ることが出来た。
餓鬼岳小屋で宿泊手続きをした後に、快晴の山頂で、剣〜立山、鹿島槍〜蓮華、烏帽子〜野口五郎、笠ヶ岳、槍ケ岳、燕岳など北アルプスど真ん中の大展望を楽しんだ。
■16日 朝食後、身支度を整えて5時45分に小屋を出発、中房温泉をめざす。途中、ご来光の瞬間は、尾根の西側を巻いていたため見ることは出来なかったが、浅間山、富士山の朝焼けを望むことが出来た。稜線は鋸状の岩場が連続し、要所には梯子や桟道が設置されている。刻々と変わる景色とスリルを味わいながら、ようやく東沢岳に到着しホッとする。小屋から東沢乗越まではコースタイムを30分ほどオーバーしてしまった。東沢乗越から西ホラ沢出合まではザレた急下降の連続なるが、思ったより道は良く踏まれており危険な箇所や迷うような箇所はなかった。西ホラ沢出合から中房温泉までは、左岸を高巻く小さなアップダウンが連続し、右側は谷へ一気に切れ落ちているため注意を要する箇所があった。東沢乗越から中房温泉まで休憩含めて2時間45分を要した。
※中房温泉下山後、バスで穂高駅へ。穂高駅から信濃常盤駅へ大糸線で移動。信濃常盤駅からタクシーで白沢登山口へ戻り車を回収した。
コース状況/
危険箇所等
■登山届⇒白沢登山口に提出ポスト有り
その他周辺情報■温泉 穂高温泉「松尾荘」 500円 安曇野市穂高有明7327-12
TEL0263-83-4567  

■そば処 「たかし」 石臼挽き手打ちそば  安曇野市穂高有明8804-12
TEL0263-84-5440
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

15日9時の天気図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15日9時の天気図
1
白沢登山口駐車スペース
2016年10月15日 07:26撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢登山口駐車スペース
登山届を提出
2016年10月15日 07:30撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届を提出
白沢沿いに最初の木橋を渡る
2016年10月15日 07:43撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白沢沿いに最初の木橋を渡る
左岸、右岸を行ったり来たり
2016年10月15日 07:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸、右岸を行ったり来たり
魚止めの滝
2016年10月15日 08:55撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚止めの滝
1
梯子も何カ所かあります
2016年10月15日 09:08撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子も何カ所かあります
最終水場の標識
2016年10月15日 09:25撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場の標識
2100m付近で昼食とドリップコーヒー
2016年10月15日 12:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2100m付近で昼食とドリップコーヒー
1
唐沢岳を望む
2016年10月15日 12:35撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢岳を望む
1
百曲りに差しかかる
2016年10月15日 13:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百曲りに差しかかる
この秋初めて見る「初氷」
2016年10月15日 13:34撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この秋初めて見る「初氷」
ダケカンバが青空に映えます
2016年10月15日 14:17撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバが青空に映えます
2
「餓鬼岳小屋まで15分」の標識を見て小休止
2016年10月15日 14:23撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「餓鬼岳小屋まで15分」の標識を見て小休止
小屋付近から餓鬼岳山頂を望む
2016年10月15日 15:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋付近から餓鬼岳山頂を望む
2
餓鬼岳山頂到着
2016年10月15日 15:09撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳山頂到着
4
唐沢岳方面を望む
2016年10月15日 15:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢岳方面を望む
2
針ノ木岳(手前右)、剣岳(奥真ん中)を望む
2016年10月15日 15:22撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳(手前右)、剣岳(奥真ん中)を望む
3
16日9時の天気図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16日9時の天気図
出発する前に小屋前で
2016年10月16日 05:38撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発する前に小屋前で
2
浅間山の南側からご来光
2016年10月16日 05:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山の南側からご来光
1
朝焼けの富士山
2016年10月16日 05:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けの富士山
1
岩稜と這松の尾根
2016年10月16日 06:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜と這松の尾根
1
剣ズリ付近を巻いています
2016年10月16日 07:08撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ズリ付近を巻いています
ハシゴを慎重に降りています
2016年10月16日 07:11撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴを慎重に降りています
1
剣ズリ、餓鬼岳を望む
2016年10月16日 08:04撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ズリ、餓鬼岳を望む
燕岳〜北燕岳の稜線
2016年10月16日 08:07撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳〜北燕岳の稜線
剣ズリのトラバースが終わっても小さな岩場が続きます
2016年10月16日 08:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ズリのトラバースが終わっても小さな岩場が続きます
1
モニュメントのような針峰
2016年10月16日 08:37撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モニュメントのような針峰
1
東沢岳から剣ズリ、餓鬼岳をふりかえる
2016年10月16日 08:56撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢岳から剣ズリ、餓鬼岳をふりかえる
中房川上流域で捜索にあたる?ヘリ
2016年10月16日 09:00撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房川上流域で捜索にあたる?ヘリ
東沢乗越
2016年10月16日 09:27撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越
西大ホラ沢出合付近
2016年10月16日 10:28撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西大ホラ沢出合付近
中房川を何度か渡ります
2016年10月16日 10:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房川を何度か渡ります
中房川左岸の巻道も注意が必要
2016年10月16日 10:59撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房川左岸の巻道も注意が必要
北燕岳の稜線を望む
2016年10月16日 11:53撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北燕岳の稜線を望む
このアルミ製の橋を渡ると中房温泉まであとわずか
2016年10月16日 12:03撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このアルミ製の橋を渡ると中房温泉まであとわずか
久しぶりに、このサイズの切符を手にした
2016年10月16日 13:58撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに、このサイズの切符を手にした
1
信濃常盤から見た餓鬼岳
2016年10月16日 14:09撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信濃常盤から見た餓鬼岳
1

感想/記録

■東沢岳から東沢乗越へ向かう途中で、中房川上流域の上空をヘリが飛来し何度も旋回している様子であった。もしやと、自宅に戻りネット上で調べたところ、以下のような記事が見つかった。
無事に救出されることを祈りたい。

「北アルプスで愛知・大府の男性が行方不明」 
 14日午後7時ごろ、長野県大町市の北アルプス餓鬼岳に登った愛知県大府市の団体職員の男性(66)が下りてこないと、登山仲間から長野県警安曇野署に通報があった。15日朝から署員と北アルプス南部地区山岳遭難防止対策協会のメンバーら10人と県警ヘリが捜索したが、見つからなかった。16日も引き続き捜索する。
 署によると、男性は13日朝、登山仲間8人で大町市の白沢登山口から入山。餓鬼岳などを登り、14日に燕岳を経由して安曇野市の中房温泉へ下山する予定だった。
 男性は餓鬼岳小屋で1泊して下山する途中、「体力に不安がある」などとして、仲間と分かれてひとりで最短ルートの別の道に向かった後、行方が分からなくなったという。 (中日新聞)
訪問者数:305人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ