ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987662 全員に公開 ハイキング東海

<東海の山> Vol.14 : 雨乞岳〜御在所岳 (鈴鹿の真ん中ガスの中)

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー bellpeak
天候曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等
往路 : 三交湯の山バス停
帰路 : 三交アクアイグニスバス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間47分
休憩
41分
合計
6時間28分
S三交湯の山温泉バス停08:3509:00武平峠・三ッ口谷・表道分岐09:0109:48武平峠09:5009:58武平トンネル西登山口10:0011:40東雨乞岳11:4211:53雨乞岳12:2112:32東雨乞岳12:3314:08武平トンネル西登山口14:0914:18武平峠14:2215:03御在所岳G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はとくにありませんが、武平峠から雨乞岳への道はところどころ迷い易そうなので、道標や目印の赤テープをしっかり確認して歩く必要があります。
その他周辺情報下山後は快適な温泉施設のアクアイグニスへ。名古屋からの三交高速バスに乗ると100円割引券を貰えます。(…が、使うのを忘れてしまいました。)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル ストック
備考 武平峠から上はところどころ紅葉していましたが、曇り空では今ひとつぱっとしません。紅葉と陽光は不可分だな、と、あらためて実感しました。

写真

きょうはバスの旅です。名鉄バスセンターから三重交通の高速バスに乗って東名阪道を走行します。乗車率は7割くらいで、大半が登山客の方と思われます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きょうはバスの旅です。名鉄バスセンターから三重交通の高速バスに乗って東名阪道を走行します。乗車率は7割くらいで、大半が登山客の方と思われます。
名古屋から1時間10分程で終点の湯の山バス停です。8月上旬の入道ヶ岳〜鎌ヶ岳の縦走以来、2ヶ月半ぶりの再訪です。
降水確率は10%くらいですが、曇り空…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋から1時間10分程で終点の湯の山バス停です。8月上旬の入道ヶ岳〜鎌ヶ岳の縦走以来、2ヶ月半ぶりの再訪です。
降水確率は10%くらいですが、曇り空…。
他の登山客の方に混じって、温泉街の坂道を歩き始めます。時折、旅館の送迎と思われるワゴン車とすれ違います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
他の登山客の方に混じって、温泉街の坂道を歩き始めます。時折、旅館の送迎と思われるワゴン車とすれ違います。
1
御在所岳への登山道との分岐点です。殆どの方が御在所岳を目指されるようですが、私はまず雨乞岳へ行くので、武平峠(ぶへいとうげ)へと向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳への登山道との分岐点です。殆どの方が御在所岳を目指されるようですが、私はまず雨乞岳へ行くので、武平峠(ぶへいとうげ)へと向かいます。
1
武平峠への登山道は、「鈴鹿スカイライン」という車道に沿っていて、多くの車やバイクが行き交います。ヘアピンカーブの連続する、攻めがい(?)のある道のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠への登山道は、「鈴鹿スカイライン」という車道に沿っていて、多くの車やバイクが行き交います。ヘアピンカーブの連続する、攻めがい(?)のある道のようです。
車道とはうってかわって、登山道は静かです。なだらかに登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道とはうってかわって、登山道は静かです。なだらかに登っていきます。
しばらく歩くと車道を横切ります。このトンネルは武平トンネルといって、この真上が武平峠、三重県と滋賀県との県境です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと車道を横切ります。このトンネルは武平トンネルといって、この真上が武平峠、三重県と滋賀県との県境です。
道が急になってくると、そろそろ武平峠です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が急になってくると、そろそろ武平峠です。
武平峠に着きました。雨乞、鎌、御在所のジャンクションです。鈴鹿登山の要衝ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠に着きました。雨乞、鎌、御在所のジャンクションです。鈴鹿登山の要衝ですね。
武平峠から少し下ると、車道の滋賀県側のトンネル出口の真上に出ます。滋賀県側も曇り空です。雨雲ではなさそうですが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠から少し下ると、車道の滋賀県側のトンネル出口の真上に出ます。滋賀県側も曇り空です。雨雲ではなさそうですが…。
ここには駐車スペースがありますが、既に満車です。鈴鹿核心部へのアクセスはここが最短です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには駐車スペースがありますが、既に満車です。鈴鹿核心部へのアクセスはここが最短です。
標識に従って、雨乞岳への道に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に従って、雨乞岳への道に入ります。
最初は薄暗い植林のなかを…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は薄暗い植林のなかを…
…やがて広葉樹のなかを、坦々と登ります。緩やかな道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…やがて広葉樹のなかを、坦々と登ります。緩やかな道です。
登山者はそれ程多くありませんが、道標は充実しています。ここは「クラ谷分岐」というところです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者はそれ程多くありませんが、道標は充実しています。ここは「クラ谷分岐」というところです。
沢沿いの道になります。けっこう登ってきた筈ですが、意外と水量が多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道になります。けっこう登ってきた筈ですが、意外と水量が多いです。
1
標高が高くなるにつれ、少し明るい雰囲気になってきますが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が高くなるにつれ、少し明るい雰囲気になってきますが…
…次第にガスに包まれてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…次第にガスに包まれてきます。
東雨乞岳です。ここまで来れば雨乞岳はあと少し。でも、周囲は真っ白…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳です。ここまで来れば雨乞岳はあと少し。でも、周囲は真っ白…。
4
何も見えねェ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何も見えねェ…。
とぼとぼ歩いて雨乞岳の山頂に着きました。数名の方が休憩されています。
何も見えないけど、とりあえず、「鈴鹿セブンマウンテンズ」、五座目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とぼとぼ歩いて雨乞岳の山頂に着きました。数名の方が休憩されています。
何も見えないけど、とりあえず、「鈴鹿セブンマウンテンズ」、五座目。
3
きょうは長丁場なので昼食は簡便に。お世話になっている方から頂いた(賞味期限ギリギリの)炊込みおこわと、買い置きのインスタントスープとで済ませます。ガスに包まれて肌寒いですが、短時間で暖かい食事にありつけるのは有難いことです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きょうは長丁場なので昼食は簡便に。お世話になっている方から頂いた(賞味期限ギリギリの)炊込みおこわと、買い置きのインスタントスープとで済ませます。ガスに包まれて肌寒いですが、短時間で暖かい食事にありつけるのは有難いことです。
3
しばらく山頂に佇みますが、ガスは晴れそうにありません。「雨乞」じゃなくて、「晴れ乞い」なんだけど…ま、こんな日もあるわなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく山頂に佇みますが、ガスは晴れそうにありません。「雨乞」じゃなくて、「晴れ乞い」なんだけど…ま、こんな日もあるわなぁ…。
1
まだ先は長いし、そろそろ下り始めます。武平峠へと引き返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ先は長いし、そろそろ下り始めます。武平峠へと引き返します。
あ、鎌ヶ岳だ。あそこは結構キツかったなぁ…鈴鹿は毎回ガッツリ歩かされるなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、鎌ヶ岳だ。あそこは結構キツかったなぁ…鈴鹿は毎回ガッツリ歩かされるなぁ…。
左側にはこれから向かう御在所岳が見えてきました。このあたり、まさに鈴鹿の真ん中です。ガスが晴れてくれるといいのですが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側にはこれから向かう御在所岳が見えてきました。このあたり、まさに鈴鹿の真ん中です。ガスが晴れてくれるといいのですが…。
武平峠西側の車道に戻ってきました。鎌ヶ岳がちょこんと覗いています。ここから御在所岳へ向けて「登り返し」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平峠西側の車道に戻ってきました。鎌ヶ岳がちょこんと覗いています。ここから御在所岳へ向けて「登り返し」です。
ひと登りして武平峠へ。ここから御在所岳へ県境稜線を登りますが、既に14時過ぎ、下山されてくる多くの方とすれ違います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと登りして武平峠へ。ここから御在所岳へ県境稜線を登りますが、既に14時過ぎ、下山されてくる多くの方とすれ違います。
雨乞岳を往復してきた後というのに、けっこうな急登が続きます。小さいながら岩場もあります。ゆっくり登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳を往復してきた後というのに、けっこうな急登が続きます。小さいながら岩場もあります。ゆっくり登ります。
1
御在所岳の山頂が見えてきましたが、こんな感じ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳の山頂が見えてきましたが、こんな感じ…。
急坂を登り詰めると、車道に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を登り詰めると、車道に出ます。
御在所岳の山頂一帯は観光地らしく整備されています。もう少しで山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳の山頂一帯は観光地らしく整備されています。もう少しで山頂です。
御在所岳の山頂に着きました。何も見えないけど、まぁ一応「セブン」王手。
団体の観光客もおられます。標準語でも関西弁でもないし…と思っていたら、どうやら、中国からの方のようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳の山頂に着きました。何も見えないけど、まぁ一応「セブン」王手。
団体の観光客もおられます。標準語でも関西弁でもないし…と思っていたら、どうやら、中国からの方のようでした。
伊勢湾、伊吹山、琵琶湖、鈴鹿峠かぁ…見たかったなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾、伊吹山、琵琶湖、鈴鹿峠かぁ…見たかったなぁ…。
きょうの行動はここでおしまい。あとは文明の利器に頼ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きょうの行動はここでおしまい。あとは文明の利器に頼ります。
まずはリフトに乗ります。シングルリフトって、いまどき珍しいような…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはリフトに乗ります。シングルリフトって、いまどき珍しいような…。
そしてロープウェイ。標高差780m、歩くと2時間のところを僅か12分で下ります。
邪道と言えばその通り。でも、こういう非日常的な乗り物、けっこう好きなんだよなぁ…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてロープウェイ。標高差780m、歩くと2時間のところを僅か12分で下ります。
邪道と言えばその通り。でも、こういう非日常的な乗り物、けっこう好きなんだよなぁ…。
麓に下りてから、日帰り温泉の「アクアイグニス」へ。かなりの賑わいでした。一浴の後、また高速バスに乗って名古屋へと戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓に下りてから、日帰り温泉の「アクアイグニス」へ。かなりの賑わいでした。一浴の後、また高速バスに乗って名古屋へと戻ります。

感想/記録

「鈴鹿セブン」のニ座を歩きましたが、あいにくの曇り空で展望はさっぱり。御在所岳はただの通過点になってしまい、鈴鹿の盟主に無礼千万でした。近いうちのリベンジを誓いました。
訪問者数:164人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ