ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987675 全員に公開 ハイキング甲信越

新発田 湯の平温泉

日程 2016年10月20日(木) 〜 2016年10月21日(金)
メンバー sida, その他メンバー4人
天候20日 晴れのち曇り一時雨 21日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
加治川発電所駐車場
以前は加治川ダムのある掛留沢登山口まで車で行けたのですが、今は加治川治水ダム駐車場までです。
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間55分
休憩
10分
合計
5時間5分
S加治川治水ダム駐車場10:5012:50掛留沢13:0015:55湯の平山荘
2日目
山行
4時間35分
休憩
15分
合計
4時間50分
湯の平山荘08:2510:30掛留沢10:4513:15加治川治水ダム駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
発電所から掛留沢までは業務用車両が通る大きな起伏のない道路です。掛留沢以降温泉までの中間地点までは比較的平坦ですが、後半はきついアップダウンが続きます。特に最後の0.8キロほどは旧来のコースが使えず、迂回路になりますが、これが特にきつい。
その他周辺情報現在、加治川ダムの補修工事中で工事用の車両が道路を通ります。掛留沢登山口には工事現場小屋が設置されています。温泉には管理人の居る山荘がありますが、10月末で冬季閉鎖になります。

装備

個人装備 夜間は小屋内も寒いので寝袋等が必要です。照明がとっても暗いので携帯電灯が必要です。

写真

加治川ダム駐車場を出発
2016年10月20日 10:50撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加治川ダム駐車場を出発
眼下の川と木々、とってもきれいです。
2016年10月20日 11:28撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下の川と木々、とってもきれいです。
紅葉が始まり、あざやかです。ブナが主になってきました。
2016年10月20日 12:23撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が始まり、あざやかです。ブナが主になってきました。
漸く掛留沢に着きました。ここまでは平坦な車道ですが、長かった。
2016年10月20日 12:52撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
漸く掛留沢に着きました。ここまでは平坦な車道ですが、長かった。
掛留沢以降はブナ林の中を進みます。
2016年10月20日 14:12撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掛留沢以降はブナ林の中を進みます。
切り立った両岸の間に川が流れ、その川岸に作られた登山道を進みます。
2016年10月20日 14:35撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り立った両岸の間に川が流れ、その川岸に作られた登山道を進みます。
川の石が次第に大きくなってきました。
2016年10月20日 14:44撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の石が次第に大きくなってきました。
飯豊連峰が姿を現してきました。
2016年10月20日 14:58撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊連峰が姿を現してきました。
山荘に着きました。最後の起伏がきつく、思ったより難儀な歩きでした。遅着の仲間がばてたようなので、迎えに行きます。
2016年10月20日 15:21撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘に着きました。最後の起伏がきつく、思ったより難儀な歩きでした。遅着の仲間がばてたようなので、迎えに行きます。
手前にある女湯を覘きました。
2016年10月20日 15:52撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前にある女湯を覘きました。
女湯の外観です。
2016年10月20日 15:52撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女湯の外観です。
遅着の仲間と共に到着しました。
2016年10月20日 15:55撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅着の仲間と共に到着しました。
今日は女性利用者がないそうです。男湯は少し遠いので、女湯に入りました。
2016年10月20日 16:26撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は女性利用者がないそうです。男湯は少し遠いので、女湯に入りました。
1
小屋に発電機はありますが、暗いのでヘッドライトを点けて、夕食です。
2016年10月20日 17:12撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に発電機はありますが、暗いのでヘッドライトを点けて、夕食です。
フライパンと食材を持ち込んで、焼肉パーティーです。
2016年10月20日 17:13撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フライパンと食材を持ち込んで、焼肉パーティーです。
1
まだ薄暗いなかでの朝風呂です。
2016年10月21日 05:37撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ薄暗いなかでの朝風呂です。
下山開始
2016年10月21日 08:27撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
小屋近くは水面近くが登山道になっています。
2016年10月21日 08:32撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋近くは水面近くが登山道になっています。
1
次第に水面から離れます。
2016年10月21日 08:34撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に水面から離れます。
以前はここを真っ直ぐ行けましたが、迂回しなければなりません。この迂回路が十分に整備されておらず、しかもきついアップダウンがあり、足に応えます。
2016年10月21日 08:58撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前はここを真っ直ぐ行けましたが、迂回しなければなりません。この迂回路が十分に整備されておらず、しかもきついアップダウンがあり、足に応えます。
この橋が頼りなく、一人ずつ渡ったほうが良いと思います。
2016年10月21日 10:26撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋が頼りなく、一人ずつ渡ったほうが良いと思います。
掛留沢に着きました。
2016年10月21日 10:28撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
掛留沢に着きました。
飯豊連峰は赤く色づいています。
2016年10月21日 11:07撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊連峰は赤く色づいています。
1
近くの山も稜線近くは色づいています。
2016年10月21日 11:07撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近くの山も稜線近くは色づいています。
治水ダムのゲートに着きました。
2016年10月21日 13:15撮影 by ASUS_Z00ED,
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治水ダムのゲートに着きました。

感想/記録
by sida

治水ダムから掛留沢までは、歩きやすいのですがとっても長く、以降は思ったより難儀なコースでした。掛留沢から温泉小屋までの中間以降が起伏があり、北股登りと山荘近くの迂回路は起伏がきつくくたびれました。この迂回路は十分には整備されておらず、雨天時および後は滑りによる危険があると思います。
でも疲れた体での露天風呂は、その景色も相まって最高。小屋は水量豊富で、気兼ねなく水を使えます。
訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

紅葉 ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ