ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 987835 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

両神山 八丁峠コース

日程 2016年10月21日(金) [日帰り]
メンバー alex37, その他メンバー1人
天候曇り、のち ときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁トンネル駐車場 平日なのに8時過ぎ時点で先行者の車が6台停まっていた。
(落合橋駐車場は3台停まっていた)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間7分
休憩
38分
合計
8時間45分
S八丁トンネル登山口08:2209:26八丁峠10:17行蔵峠10:2210:28西岳10:55龍頭神社奥宮10:5611:31東岳12:03前東岳の岩場12:31両神山12:5113:09前東岳の岩場13:1014:18東岳14:51龍頭神社奥宮14:5815:22西岳15:2415:31行蔵峠15:3216:09八丁峠16:1017:05八丁トンネル登山口17:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩ポイントから出発時間は、なぜか記録されていない、または不正確になっています。
コース状況/
危険箇所等
落ち葉で登山道が少し見えにくくなっている。
ミスコースしてしまいがちな箇所がいくつかある。
(実際6回ほどミスコースしそうになりました)
その他周辺情報山梨 ほったらかし温泉
http://www.hottarakashi-onsen.com/
ぬるめの露天風呂からの夜景が綺麗。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 休憩を取り過ぎて、予定時間を大幅に超過。下山時は既に薄暗くなっていた。

写真

八丁トンネル登山口。登山者数を計数するカウンターをポチってから登山開始、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁トンネル登山口。登山者数を計数するカウンターをポチってから登山開始、
1
八丁峠の警告板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠の警告板
1
八丁峠の先の視界が開ける尾根からから眺める西岳〜東岳〜両神山の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁峠の先の視界が開ける尾根からから眺める西岳〜東岳〜両神山の稜線
2
両神山から西に伸びる狩倉尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山から西に伸びる狩倉尾根
3
二子山。ここも楽しい岩山らしいので行ってみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二子山。ここも楽しい岩山らしいので行ってみたい。
2
行蔵坊から望む禁断の赤岩尾根(要ザイルコース)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行蔵坊から望む禁断の赤岩尾根(要ザイルコース)
2
西岳までもう少しの鎖場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳までもう少しの鎖場
西岳を下って東岳を見上げる。左右の崖が切れ落ちてるので正面のルートも同じような壁のように錯覚するが、実際の斜度は45度程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳を下って東岳を見上げる。左右の崖が切れ落ちてるので正面のルートも同じような壁のように錯覚するが、実際の斜度は45度程度。
4
東岳到着。手前の龍頭神社奥宮の小さな祠付近はミスコースを誘う分岐が2つあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東岳到着。手前の龍頭神社奥宮の小さな祠付近はミスコースを誘う分岐が2つあり。
1
両神山山頂。君、何想う人や。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両神山山頂。君、何想う人や。
5
復路の東岳からの下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の東岳からの下り
西岳を登り返している女性ガイド率いる女性パーティ。恐らく1時間ほど後に登山スタートしたはずだが、抜かれてしまう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳を登り返している女性ガイド率いる女性パーティ。恐らく1時間ほど後に登山スタートしたはずだが、抜かれてしまう。
1

感想/記録
by alex37

2〜3年前に真っ赤に燃える山並みの写真が載っていたヤマレコ記録を読んで以来、このシーズンに登ってみたかった両神山。
大キレットに行きたいという人を連れて、岩山トレーニングを兼ねての登山となった。

今回の連れ、登山経験は10回程度しかないのに、北岳、穂高、槍、劔を登頂済みというちょっと得体の知れない人。
若干の不安を感じ、ビレイ道具一式を持って行ったが、体力・技量・度胸に全く問題なく、ただのザックの重しになってしまった。
挙句の果てに、先導する私のミスコースを6回も指摘される始末。恥ずかしい...

噂に違わぬ鎖天国(地獄?)で、連れは嬉々としていたが、五十肩を抱える私はいつ激痛が走るかと、おっかなびっくりだった。

ミスコース要注意ポイントは、東岳に向かう途中にある龍頭神社奥宮の小さな祠の辺り。祠の左右に、下っていく登山道みたいなのがあるけど、どちらも間違いで、祠の少し手前から鎖で下る岩場が正解。祠の先(左側)は登山道ではあるけれども、ほとんど使う人がいないルートで、鎖があるからと安心して下ってしまうと大変なことになるらしい。ここを思いっきり下ってしまった先行者が東岳で休憩していて、両神山に向かう気力をすっかり無くしていた。

あと、両神山頂目前のところで、何故か登山道を外れてバリエーションルートに突入...
下山時も駐車場目前で、沢筋にミスコースしそうに...

落ち葉で登山道が見えにくくなってることと、日没が早まっているので、この時期、渋滞が予想される週末にこのルートに向かう人は、早めの下山を心がけましょう。
訪問者数:304人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ