ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988139 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

【奥多摩】三頭山〜惣岳山。猛省の山歩き

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー miggy510
天候ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:町田駅 5:28発(遅延) 奥多摩駅 7:37着
   奥多摩駅BS 7:45発 峰谷橋BS 8:11着
帰り:奥多摩湖BS 14:05発 奥多摩駅BS 14:20着
   奥多摩駅 14:30発青梅行に接続
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
49分
合計
5時間49分
S峰谷橋バス停08:1108:21小河内神社前バス停09:03イヨ山09:27ヌカザス山(糠指ノ峰・キタミノ峰)09:40入小沢ノ峰(檜尾ノ峰)10:03三頭山(西峰)10:07三頭山10:32鞘口峠11:05ルートロス地点11:4511:58月夜見山12:25小河内峠12:53惣岳山13:0213:30サス沢山14:00奥多摩湖バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
* 三頭山東峰〜鞘口峠の下りは少し駆け下り気味。他区間でランはありません。基本私は走りません。
* 縦走のため荷物軽量化 4kg程度
コース状況/
危険箇所等
* 三頭山登山道
・急登に次ぐ急登。道は明瞭
* 風張峠〜月夜見山
・月夜見山斜面をトラバースする荒廃道あり。つられて盛大に道迷い。猛省ポイント
* 月夜見山〜惣岳山
・山高地図の危マーク地点、確かに急峻な尾根が 50mくらい続く。足が水平になる置き場を探しつつ登る
* 惣岳山〜奥多摩湖BS
・奥多摩湖近くの急登部分は降りるのが辛い
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 行動着(インナー/Tシャツ/タイツ/ズボン) 防寒着(レインウェア/ネルシャツ/ULダウン/グローブ*2/バラクラバ/ニット帽) 水(2.0L) パン(ご飯) 非常食 ガス コッヘル ストーブ ストック エマージェンシキット ヘッデン ラジオ 充電器 財布 携帯

写真

横浜線遅延のため峰谷橋BSに8:11着。さらに小河内神社BSまでの道がわからず、8:20着
2016年10月22日 08:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横浜線遅延のため峰谷橋BSに8:11着。さらに小河内神社BSまでの道がわからず、8:20着
1
たまには湖上もいいね
2016年10月22日 08:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまには湖上もいいね
1
久しぶりに渡る浮橋
2016年10月22日 08:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに渡る浮橋
1
登山口からしばらく標高を上げていくと、奥多摩らしい尾根が現れます。この雰囲気が奥多摩で一番好きかも
2016年10月22日 09:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口からしばらく標高を上げていくと、奥多摩らしい尾根が現れます。この雰囲気が奥多摩で一番好きかも
2
イヨ山
2016年10月22日 09:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イヨ山
1
ヌカザス山
2016年10月22日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山
1
紅葉してる!
2016年10月22日 09:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉してる!
1
西峰。残念ながら周囲は真っ白
2016年10月22日 10:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰。残念ながら周囲は真っ白
1
中央峰
2016年10月22日 10:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央峰
1
東峰。展望台からも景色はなし
2016年10月22日 10:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰。展望台からも景色はなし
1
苦手な下りもがんばって飛ばす
2016年10月22日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦手な下りもがんばって飛ばす
里山の路経由で歩きます
2016年10月22日 10:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里山の路経由で歩きます
月夜見山が見つからない!ルート復帰に難儀し 40分のタイムロス。家に帰って冷静に見返したら、感覚と実地点にここまでの乖離があったら見つかるわけないですね。標識で月夜見山を過ぎたことを知って、やっと自分のいる地点が同定できました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月夜見山が見つからない!ルート復帰に難儀し 40分のタイムロス。家に帰って冷静に見返したら、感覚と実地点にここまでの乖離があったら見つかるわけないですね。標識で月夜見山を過ぎたことを知って、やっと自分のいる地点が同定できました
2
月夜見山を見つけたときには既に 12:00前。三山縦走は諦めざるをえない
2016年10月22日 11:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月夜見山を見つけたときには既に 12:00前。三山縦走は諦めざるをえない
1
リンドウ
2016年10月22日 12:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ
1
幻想的で丹沢ライクな雰囲気だと思いながらのハイク
2016年10月22日 12:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的で丹沢ライクな雰囲気だと思いながらのハイク
1
約束の時間はとっくに過ぎたので御前山は踏みませんでした。惣岳山から下ります。今回はこちらの完敗です
2016年10月22日 12:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約束の時間はとっくに過ぎたので御前山は踏みませんでした。惣岳山から下ります。今回はこちらの完敗です
久しぶり
2016年10月22日 13:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶり
サス沢観測所前より
2016年10月22日 13:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サス沢観測所前より
奥多摩湖の頂上広場。木々に遮られてあまり景観はなかったような
2016年10月22日 13:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩湖の頂上広場。木々に遮られてあまり景観はなかったような
展望広場。個人的には頂上広場よりこちらのほうが好きな雰囲気
2016年10月22日 13:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望広場。個人的には頂上広場よりこちらのほうが好きな雰囲気
1
14:05のバスにぴったり。お疲れ様でした!
2016年10月22日 14:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:05のバスにぴったり。お疲れ様でした!
1

感想/記録

猛省。実は奥多摩三山縦走予定だったが、横浜線遅延により、行動開始が予定より3〜40分遅れ。出鼻をくじかれる。そして道迷いによる致命的なタイムロスにより断念。
今回の行程では、12:30までに御前山に着かなければ下山のルールを課していたため、遅れを取り戻すべく飛ばし気味に行ったが、慎重を犠牲にしたがため、月夜見山付近で致命的なルートロス。
わき目も振らず飛ばしていたために、地図上で自分の位置がぜんぜんわからない。今回は標識を頼りに同定できましたが、標識がなければ引き返すしかなかったです。

結局、月夜見山に到着したのは12:00前。30分以内に御前山とか絶対無理なので、惣岳山から下山。完全に自分のミスなので、悔しいやら不甲斐ないやらの下山となりました。
急いては事を仕損じる。急かねば縦走歩ききれぬ。やっぱり山は早立ちに限る、そういう教訓?次に挑戦する機会があれば、きちんと 12:30までに御前山を踏んだあとで御岳まで完遂してやりたいですね。
訪問者数:215人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 道迷い 紅葉 リンドウ 廃道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ