ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988292 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

紅葉に彩るブナの森 迦葉山〜尼ヶ禿山〜鹿俣山

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー youtaro
天候9時頃まで晴れ、その後曇り空に
アクセス
利用交通機関
車・バイク
迦葉山弥勒寺の駐車場を利用しました。トイレもあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
39分
合計
7時間51分
S迦葉山弥勒寺05:5506:20和尚台06:4307:13迦葉山07:1908:59尼ヶ禿山09:0409:29尼ヶ禿山登山口09:54長沢三角点10:06ぶな地蔵10:54鹿俣山10:5913:46迦葉山弥勒寺G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・弥勒寺から尼ヶ禿山
 迦葉山へは急な登りが続きます。和尚台の岩峰は簡単ではないため、岩場に苦手
 意識のある方は登らない方が良いです。迦葉山から尼ヶ禿山の間は道が不明瞭な
 部分もありますが、リボン等も注意して歩けば問題ないと思います。歩く人が少ない
 部分なので、この時期でも蜘蛛の巣は煩かった。
・尼ヶ禿山から鹿俣山
 色々なルートが取れますが、標識も多く特に注意するところはありません。
・鹿俣山から弥勒寺
 下りはスキー場内の部分もあり、あっという間でした。玉原湖から先は車道を歩き
 ましたが、今はオフシーズンのため車の数も少なく快適でした。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 ・飲み物は2.0リットル持ち、1.0リットル消費
・山行中の食事は以下の通り
 迦葉山の山頂でコンビニのサンドイッチを1つ
 鹿俣山からの下山途中でおにぎりを2つ

写真

弥勒寺の駐車場は大きいです。
2016年10月22日 05:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥勒寺の駐車場は大きいです。
1
早朝の弥勒寺からの眺め。正面は子持山かな。
2016年10月22日 05:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の弥勒寺からの眺め。正面は子持山かな。
2
渡り廊下を潜って登山道に入ります。
2016年10月22日 06:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡り廊下を潜って登山道に入ります。
1
裏山には杉の巨木が。
2016年10月22日 06:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏山には杉の巨木が。
1
すぐにブナの森になります。淡く色付いています。
2016年10月22日 06:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにブナの森になります。淡く色付いています。
6
胎内潜りを開始。
2016年10月22日 06:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
胎内潜りを開始。
4
あの光の向こうには。。。
2016年10月22日 06:25撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの光の向こうには。。。
2
紅葉が見えた(笑)
2016年10月22日 06:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が見えた(笑)
14
そして、ここから岩峰への登りになります。岩場には赤く色付いた木が多かった。
2016年10月22日 06:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ここから岩峰への登りになります。岩場には赤く色付いた木が多かった。
7
途中のテラス状の場所から。赤城山と子持山です。
2016年10月22日 06:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のテラス状の場所から。赤城山と子持山です。
3
ここの登りは高度感があります。
2016年10月22日 06:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの登りは高度感があります。
2
岩峰の上から1 そして最上部に到着。
2016年10月22日 06:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰の上から1 そして最上部に到着。
3
岩峰の上から2 迦葉山です。色付きが期待を高めてくれる。
2016年10月22日 06:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰の上から2 迦葉山です。色付きが期待を高めてくれる。
7
岩峰の上から3 大峰山でしょうか。
2016年10月22日 06:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰の上から3 大峰山でしょうか。
2
岩峰の上から4 早朝はよい天気でした。
2016年10月22日 06:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰の上から4 早朝はよい天気でした。
1
岩峰の上から5 セルフで。
2016年10月22日 06:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰の上から5 セルフで。
16
岩峰の上から6 
2016年10月22日 06:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩峰の上から6 
4
下りの途中です。
2016年10月22日 06:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの途中です。
2
まだ朝の光の影響で、色が少し赤っぽい。
2016年10月22日 06:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ朝の光の影響で、色が少し赤っぽい。
2
小さな秋。
2016年10月22日 07:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな秋。
7
迦葉山の山頂が近づき、黄葉も鮮やかになってきました。
2016年10月22日 07:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山の山頂が近づき、黄葉も鮮やかになってきました。
9
目を楽しませてくれます。
2016年10月22日 07:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を楽しませてくれます。
7
迦葉山から1 静かな山頂です。
2016年10月22日 07:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山から1 静かな山頂です。
1
迦葉山から2 開けているのは一部だけです。
2016年10月22日 07:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山から2 開けているのは一部だけです。
4
迦葉山から3 しかし、よい雰囲気の山頂なので、朝ごはんにしました。BLTサンド、ちょっと高いけど美味しいので買ってしまう。
2016年10月22日 07:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山から3 しかし、よい雰囲気の山頂なので、朝ごはんにしました。BLTサンド、ちょっと高いけど美味しいので買ってしまう。
4
迦葉山から4 子持山とその手前の小さいトンガリ(戸神山)を少しズーム。
2016年10月22日 07:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山から4 子持山とその手前の小さいトンガリ(戸神山)を少しズーム。
1
尼ヶ禿山へ向かうと、こんな道に。癒される〜。
2016年10月22日 07:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山へ向かうと、こんな道に。癒される〜。
7
この標高だとカエデの葉の痛みも少なく、色もフレッシュ。
2016年10月22日 07:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標高だとカエデの葉の痛みも少なく、色もフレッシュ。
16
小さな湿原もありました。(ここも雰囲気良い場所だった)
2016年10月22日 07:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな湿原もありました。(ここも雰囲気良い場所だった)
2
いいなあ、と上ばかり向いて歩いています。
2016年10月22日 07:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいなあ、と上ばかり向いて歩いています。
6
鮮やかです。
2016年10月22日 07:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかです。
11
元気な森で、ブナは巨木も幼木も多い。
2016年10月22日 07:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元気な森で、ブナは巨木も幼木も多い。
8
太いブナの木が点在していました。
2016年10月22日 07:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太いブナの木が点在していました。
3
黄色のカエデ。
2016年10月22日 08:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色のカエデ。
4
この葉(種類はわからない。。。)も痛みはなく。
2016年10月22日 08:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この葉(種類はわからない。。。)も痛みはなく。
2
ブナの黄葉です。
2016年10月22日 08:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの黄葉です。
3
こんなきれいな森はなかなかないですね。
2016年10月22日 08:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなきれいな森はなかなかないですね。
7
黄金色。
2016年10月22日 08:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄金色。
2
ずっとこんな色を見ながら穏やかにアップダウンする道をたどって行きます。
2016年10月22日 08:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっとこんな色を見ながら穏やかにアップダウンする道をたどって行きます。
3
ボリューム感のあるカエデでした。
2016年10月22日 08:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボリューム感のあるカエデでした。
5
立派なブナの黄葉です。
2016年10月22日 08:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なブナの黄葉です。
5
色々な木が混在しています。
2016年10月22日 08:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々な木が混在しています。
3
フレッシュなカエデでした。
2016年10月22日 08:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレッシュなカエデでした。
5
尼ヶ禿山への登りに入りました。
2016年10月22日 08:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山への登りに入りました。
2
しかし、こんな道なので、楽しいばかり。
2016年10月22日 08:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、こんな道なので、楽しいばかり。
5
山頂近し。下を見ると、まあきれい。
2016年10月22日 08:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近し。下を見ると、まあきれい。
11
山頂へ続く道。
2016年10月22日 08:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ続く道。
2
迦葉山から歩いてきた稜線が全て見えます。こちらの山肌も素敵。
2016年10月22日 08:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迦葉山から歩いてきた稜線が全て見えます。こちらの山肌も素敵。
4
尼ヶ禿山の山頂から1
2016年10月22日 09:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山の山頂から1
2
尼ヶ禿山の山頂から2 紅葉の斜面の向こうに玉原湖が見える。
2016年10月22日 09:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山の山頂から2 紅葉の斜面の向こうに玉原湖が見える。
5
尼ヶ禿山の山頂から3 上州武尊山です。
2016年10月22日 09:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山の山頂から3 上州武尊山です。
1
尼ヶ禿山の山頂から4 少し陰り気味だった太陽がしっかり顔を出したら、色がさらに鮮やかになった。
2016年10月22日 09:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尼ヶ禿山の山頂から4 少し陰り気味だった太陽がしっかり顔を出したら、色がさらに鮮やかになった。
18
薄曇り状態になりましたが、黄葉の中、鹿俣山を目指します。
2016年10月22日 09:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄曇り状態になりましたが、黄葉の中、鹿俣山を目指します。
3
鮮やかなカエデです。
2016年10月22日 09:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかなカエデです。
5
もう4時間近くブナの森を歩いています。
2016年10月22日 09:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう4時間近くブナの森を歩いています。
2
カエデの黄色とブナの黄色。
2016年10月22日 10:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデの黄色とブナの黄色。
1
スキー場を横切ります。青空はなくなりました。
2016年10月22日 10:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場を横切ります。青空はなくなりました。
1
標高が上がり、葉が少し傷んでいますね。
2016年10月22日 10:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がり、葉が少し傷んでいますね。
1
しかし、カエデ類が多く、きれい。
2016年10月22日 10:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、カエデ類が多く、きれい。
4
この赤はツツジです。
2016年10月22日 10:57撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この赤はツツジです。
1
鹿俣山に到着。すっかり曇ってしまった。
2016年10月22日 10:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿俣山に到着。すっかり曇ってしまった。
1
紅葉の山肌と玉原湖。曇天でなければ。。。
2016年10月22日 11:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の山肌と玉原湖。曇天でなければ。。。
2
カエデのオレンジ。
2016年10月22日 11:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデのオレンジ。
1
ゲレンデ内の下りは快適。スキー場も秋の装いです。
2016年10月22日 11:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ内の下りは快適。スキー場も秋の装いです。
1
林道もカラフル。
2016年10月22日 11:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道もカラフル。
4
紅葉の別荘地を通過。
2016年10月22日 11:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の別荘地を通過。
3
玉原湖と尼ヶ禿山。
2016年10月22日 11:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉原湖と尼ヶ禿山。
1
強清水の滝
2016年10月22日 12:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強清水の滝
3
最後に弥勒寺まで200メートルの登りです。この道は一方通行(弥勒寺からの下り専用)なので、車で弥勒寺へ向かう場合はもう少し沼田寄りの道から入ります。
2016年10月22日 13:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に弥勒寺まで200メートルの登りです。この道は一方通行(弥勒寺からの下り専用)なので、車で弥勒寺へ向かう場合はもう少し沼田寄りの道から入ります。
1
ガスの中に上州武尊山が見える。
2016年10月22日 13:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中に上州武尊山が見える。
見つけると撮ってしまう。(クサギ)
2016年10月22日 13:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見つけると撮ってしまう。(クサギ)
6
弥勒寺に戻ってきました。お参りします。
2016年10月22日 13:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥勒寺に戻ってきました。お参りします。
4
日本一の大きさの天狗面。
2016年10月22日 13:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本一の大きさの天狗面。
5

感想/記録

この時期の山選びは紅葉が中心になります。(10年前では考えられないこと。。。)
先週尾瀬を散策した感じから、今週は標高1300から1500メートル付近に狙いを定め
ました。色々と考えましたが、13年前に子供達と歩いた尼ヶ禿山のことが頭に浮かび
ました。ブナの森がとても美しかったことを思い出すと、紅葉は期待出来ると紐付
きます。その時は歩かなかった迦葉山から鹿俣山までの周回コースで(最後は車道
ですが)計画してみます。

弥勒寺の中峰堂と本堂間の渡り廊下の下を潜って登山道に入ります。
歩き始めて最初のハイライトは和尚台でした。岩の割れ目を登る胎内潜りから
上部の岩峰は高度感のある鎖場となり、スリル満点です。岩登りが好きな方には
おすすめしますが、そうでない方は胎内潜りの部分でストップした方が良いと思い
ます。岩の上は360度見渡すことが出来る大パノラマで、はしゃいでしまった。
迦葉山の山肌の彩りが、これからの歩きの期待値を高めてくれます。

今回のコース、和尚台の手前から鹿俣山までずっとブナの森です。関東一の規模との
こと、ほとんど植林帯がない美しい森の中の道を歩き、しっかり体感しました。
ブナの森は様々な木(といっても木の名前は全然わからない)が混在しているため、
彩りも色々です。一番紅葉がきれいだったのは迦葉山から尼ヶ禿山の間でした。標高
でいうと、1200から1500付近とほぼ狙い通りです。この標高より高くなると、傷んだ
葉が多くなり、色の鮮やかさが少し下がるようです。しかし、鹿俣山の1500メートル
以上の標高にはカエデ類がとても多く、高いポテンシャルが感じられました。これは
紅葉の当たり年に再訪する必要があるなあなんて考えながら歩いていました。

群馬100が久しぶりにカウントアップし、64になりました。
訪問者数:498人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/10
投稿数: 1273
2016/10/22 22:48
 よく練られた
youtaroさん、こんばんは。

先週にひきつづき
紅葉の標高、ブナ、展望。
よく練られた周回ルートですね。

胎内廻りの隙間からの紅葉。ちょっと感動的。
(岩峰は迂回できる?)

そおいえば、たんばらスキー場はブナが多かったと思い出しました。
ほんと、カエデやブナがみごと。
高山の紅葉はいまいちでしたが、標高が下がってくると
期待できそうですね。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6026
2016/10/23 0:31
 Re: よく練られた
sat4さん、こんばんは。

先週、尾瀬を歩いたので、今年の紅葉について
なんとなく見当がつくようになりました。
標高から最初は西上州の山を考えていたのですが
ふと子供達と歩いた山を思い出して、行ってみました。

ありがとうございます。ここの胎内廻りはチムニー状の
鎖場になっていて、スタンスが取りにくく、大きな
ザックを背負っていると苦労しそうです。胎内廻りと
岩峰は登山道からのピストンになるため、スルーして
迦葉山へ向かうことも出来ます。

ここのブナの森は見事です。森の感じはマイナー部分の
迦葉山から尼ヶ禿山の間が一番気に入りました。
コメントにも書きましたが、鹿俣山はカエデが多いので
いつか再訪してみます。低山の紅葉、楽しみです。
登録日: 2011/8/26
投稿数: 2004
2016/10/23 9:17
 ブナの森
youtaroさん、おはようございます

標高1300〜1500m、まさにそんな感じでした
まさにそのクラスの山が点在しているこのエリア、
季節を選んだルートの選択に脱帽です
実は、ブナが美しいエリアということで、
ブナの新緑の時期に歩こうと思っていたルートですが、
このレコを見る限り秋も良さそうですね。
秋は行きたい所が多過ぎて、休みが足りないです

熊の生息地と聞きましたが、獣臭はなかったですか?
秋は熊が活発になる季節、どうしても気になってしまいます。

10年前のyoutaroさんは、紅葉登山でなく、高山テント泊だったのですか。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3096
2016/10/23 11:27
 13年ぶり
youtaroさん、こんにちは。

群馬100ですか 恐らく、特別狙っての事ではなく、赤線繋ぎの過程で
上乗せされていくのでしょう
ガツガツされていないのは、上段のhirokさんと同じですね
大人の余裕、少しは見習いたいところです

しかし、予め距離等を把握していないと、別人のレコにも見えます。
紅葉主体の被写体、実に見事なる色彩美ですね!
また、何と言っても、計算された角度で撮られている自撮り
最近ヤマレコ界で流行の、印象派に転向されたかと思いましたよ

それにしても、13年前に歩いたお山ですか!?
そのバツグンの記憶力で、見事な山歩きになりましたね。
私など、昨日の記憶も不鮮明になってきています
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6026
2016/10/23 13:53
 Re: ブナの森
hirokさん、こんにちは。

この時期は赤線繋ぎや、高山よりも紅葉の山を
優先するようになりました。
以前、尼ヶ禿山を歩いた時は、逆に紅葉の有名な
所は混雑するので避けるといった行動パターン
だったのですが。。。玉原エリアは混雑もなく
沼田ICからも近いので、行きやすいですね。

新緑のよい山=紅葉がよい山だと思いますので、
新緑もとてもいいと思います。迦葉山は熊の情報が
多いですよね。迦葉山から尼ヶ禿山の間はちょっと
熊が気になるような雰囲気でした。

10年前ですが、その頃から5年間ほどは毎年10回
以上テントを担いで歩いていました
息子と一緒だと、花も紅葉もにのつぎなので、単独
になると自分の好みで少しスタイルが変わりますね。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6026
2016/10/23 14:08
 Re: 13年ぶり
tailwindさん、こんにちは。

ヤマレコに登録する前は県別登山ガイドを
よく見ていて、ほとんど各県の100名山に
選ばれている山ばかり。そのため、栃木、信州
山梨など各県の100名山はみんな50から70付近
でたまにカウントアップします

ありがとうございます!!
早朝の光の中、きれいな色を楽しむことが出来ました。
自撮りの角度は偶然というか、カメラは岩の上に置くしか
ないので、どうしても下から見上げるような写真に
なってしまいます  そして、早朝の光はやはり
よいですね

もう少し早く実践すべきコースでした。迦葉山から
尼ヶ禿山まで繋げて歩けることに気がついたのが最近で
今回のルートになりました 記憶不鮮明は
tailwindさんより酷いと思いますよ。。。
登録日: 2008/1/30
投稿数: 4581
2016/10/24 19:55
 ブナの森が鮮やかです!
youtaroさん こんばんは ^^) v

綺麗ですね maple 堪能されましたね♡
また尼ヶ禿山とはお見事です
狙いを定めてそれが狙い通り!すごいです。
ホント以前はなかったことですが、この時期は
紅葉を追いかけて散策するのがベストですね
このエリア私は一度だけ歩いたことがありますが
紅葉の時期に歩いてみたいと思っていた場所でした。
何とか時間を作ってこの時期限定の「紅葉」私も楽しみたいです。
鮮やか写真ありがとうございました。
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6026
2016/10/24 21:57
 Re: ブナの森が鮮やかです!
beelineさん、こんばんは。

ありがとうございます!
山の名前はとっても気になるのですが
(かみさんに出かける山の名前を言ったら爆笑された
前週に尾瀬の散策でだいたい見当をつけられる
ようになったのが勝因ですね
もう、ここ何年かは毎週よい色を探しに山へです

そうでしたか。beelineさんのところからだと
遠いですよね。埼玉北部からだと100キロちょい
なので、とても行き易い場所です。
特に紅葉で有名な場所ではないので、混雑が
ないのもよいです。beelineさんも短い秋を
楽しんで下さい
登録日: 2010/2/11
投稿数: 2216
2016/10/29 19:41
 ドンピシャリ(^^)
youtaroさん、こんばんは

標高から予測した紅葉mapleの見頃がドンピシャリでしたね!
しかもフレッシュなものばかり。
はしゃぐ気持ち、良く分かります(^^)

山頂からの眺め、全体が色づいていて…美しさにため息が出ます
youtaroさんの数々の紅葉mapleレコ、私の記憶の中に残っていますが、
こちらも忘れられないものとなりそうです

tailwindさんの「ヤマレコ界で流行の、印象派に転向」に思わず
絵になってますね(^^)
登録日: 2009/5/12
投稿数: 6026
2016/10/30 0:41
 Re: ドンピシャリ(^^)
pippiさん、こんばんは。

はい、尾瀬での散策が功を奏し、よい色を見ることが
できました (今日も紅葉を見に行ってきました!)
あるき始めの和尚台と迦葉山からの歩きですっかり
テンションが上がってしまいました

ありがとうございます!
森から抜け出して、尼ヶ禿山の山頂へ向かう稜線で目に
飛び込んできた眺めだったため、声が出ていたかも
しれません。また、嬉しすぎるお言葉を
今年もあと一ヶ月ほどは紅葉を追いかけると思いますが、
より気合が入ります!引き続きよろしくお願いします

ヤマレコ界の流行には鈍感でした。。。
こちらも、ありがとうございます!tailwindさんに
コメントした通り、カメラを岩の上に置いたための
アングルです。これが、偶然よい感じに撮れる場合が
あるみたいで。。。これからも偶然に期待です

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 鎖場 林道 廊下 紅葉 テン ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ