ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988300 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

高尾山 琵琶滝〜3号路〜いろは

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー nemunekoyuki
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
0分
合計
3時間40分
S高尾山・清滝駅10:5011:10琵琶滝12:00霞台園地12:30高尾山12:0013:00霞台園地13:30琵琶滝14:00高尾山・清滝駅14:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂で陣馬山から縦走してた友達と合流、いろはの森を下まで降りる予定を変更、琵琶滝から戻りました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 雨具 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 ストック

写真

今日は散歩がてら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は散歩がてら。
1
6号路から入ります。
2016年10月22日 11:00撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6号路から入ります。
琵琶滝、今日は修行してました。
2016年10月22日 11:12撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶滝、今日は修行してました。
1
ちょっと上がったところの分岐奥。お地蔵様。
2016年10月22日 11:17撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと上がったところの分岐奥。お地蔵様。
琵琶滝から登るルートは高尾エリアでは最も悪路かも知れません。整備されすぎたルートが物足りない人にいいかも。
2016年10月22日 11:28撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶滝から登るルートは高尾エリアでは最も悪路かも知れません。整備されすぎたルートが物足りない人にいいかも。
1
一部2号路を経て、3号路に入ります。ずっと同じ高度を巻いたのち、最後にぐぐっと登ります。
2016年10月22日 11:37撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部2号路を経て、3号路に入ります。ずっと同じ高度を巻いたのち、最後にぐぐっと登ります。
1
高尾エリアでは随一の細さです。すれ違いに注意。お腹がオレンジの小さい鳥の群れに遭遇しました。写真撮ったけど写ってなかった、残念。
2016年10月22日 11:52撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾エリアでは随一の細さです。すれ違いに注意。お腹がオレンジの小さい鳥の群れに遭遇しました。写真撮ったけど写ってなかった、残念。
1
撮影機材:

感想/記録

散歩がてら高尾山へ。琵琶滝横から上がるルートは、高尾エリアの中で良い意味で最も悪路です。
このコース、上から入るところには上級者向けの注意書きがありますが、滝横の取り付きにはなにも書いてないんですよね…
1号路へ抜けるっていう標識につられてスニーカーで入る人よく見かけるんですが、どうなんでしょう。
ザレていて、落ち葉の積もった岩を登っていくと、更に2,3号路、1号路の分岐にでます。
ここからは人が少なく、落ち着いた3号路へ。お腹がオレンジの小さい鳥の群れに遭遇。写真はうまく撮れませんでした。
たまたま陣馬山から縦走していた友達と山頂で合流、1号路からいろはの森に入り、4号路に回って再度琵琶滝ルートで下山しました。人通りの多いルートをひたすら避ける(笑)
後半は雑談しながらだったので、写真はなしです。
訪問者数:144人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザレ 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ