ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988360 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

大源太山★紅葉真っ盛りの中急登と笹尾根周回の贅沢コース

日程 2016年10月21日(金) [日帰り]
メンバー WeeklyClim
天候最初曇り→晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き:越後湯沢駅→タクシー(4100円)→大源太山登山口
 バス停から大源太山を往復するとコースタイムが約10時間になるので
 登りは時間短縮(1時間)のためタクシー利用(痛い出費)
 
帰り:大源太キャニオン→バス(350円)→越後湯沢駅
 さすがにバスは安い
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
51分
合計
7時間12分
S旭原駐車場07:5410:25大源太山11:0511:49七ツ小屋山11:5512:54シシゴヤノ頭12:5614:07旭原駐車場14:1015:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り:急登であるが足場は比較的しっかりしている

大源太山頂直下の七ッ小屋山への下り:見た目はかなり急峻で長い鎖場であるが足を置く場所を選べば腕力はいらなかった。その後の尾根歩きは緩やかなアップダウンでゆったり歩ける

シシアゴヤノ頭からの下り:地図には「ジグザグ道だが歩きやすい」となっており概ねその通りだった。ただし一部狭く足場が悪いトラバース部位が何か所かあり注意は必要。登りで通った急登を下るより楽ではないかと思われた。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

タクシーで登山口に到着。バス停から歩くと1時間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーで登山口に到着。バス停から歩くと1時間です。
7時55分時点でで車9台でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7時55分時点でで車9台でした。
最初の渡渉個所まで約10分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉個所まで約10分
2
ロープあり飛び石の上を行きますがどうしても多少(くるぶし程度)は水に浸かります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープあり飛び石の上を行きますがどうしても多少(くるぶし程度)は水に浸かります
謙信ゆかりの道入口は左に行きます 帰りはシシゴヤノ頭からここに下りてきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謙信ゆかりの道入口は左に行きます 帰りはシシゴヤノ頭からここに下りてきます
枯れ沢渡る部位にハシゴ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れ沢渡る部位にハシゴ
黄葉を眺めながら・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉を眺めながら・・
1
2回目の渡渉点 ここは大きな石が多いので楽に渡れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の渡渉点 ここは大きな石が多いので楽に渡れました
1
沢から離れるとずっと急登です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れるとずっと急登です
朝陽が射しこみ始めました 躍動感がある木に目を奪われます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝陽が射しこみ始めました 躍動感がある木に目を奪われます
1
急ですが色付きがきれいなので癒されながらの歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急ですが色付きがきれいなので癒されながらの歩きです
歩き始めて1時間 やっと展望が開けてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて1時間 やっと展望が開けてきました
1
青空も広がり始めて最高のコンディション
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も広がり始めて最高のコンディション
3
登るにつれ赤色が増えてきますが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るにつれ赤色が増えてきますが・・
3
傾斜も増します!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜も増します!
1
山頂を捉えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を捉えました
6
山肌の色付きは抜群です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌の色付きは抜群です
5
登山道から左を見ると巻機山が正面です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から左を見ると巻機山が正面です
3
徐々に山頂が近づきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に山頂が近づきます
3
周りの山肌がきれいで何回も写してしまいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りの山肌がきれいで何回も写してしまいます
4
遠くの雲の上に苗場山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くの雲の上に苗場山
1
やせ尾根部位 紅葉がきれいで庭園のよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根部位 紅葉がきれいで庭園のよう
2
かなり山頂が近づいて岩場となりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり山頂が近づいて岩場となりました
1
振り返るとなんと美しい眺めでしょう ついつい足が止まります(実際は疲れているため・・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとなんと美しい眺めでしょう ついつい足が止まります(実際は疲れているため・・)
4
あと一息 でもこんなきれいな贅沢な登山道は初めてです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一息 でもこんなきれいな贅沢な登山道は初めてです
11
大源太山から先の縦走路 笹尾根の雰囲気もすばらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山から先の縦走路 笹尾根の雰囲気もすばらしい
3
そして山頂 急登だっただけにヤレヤレという感じでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして山頂 急登だっただけにヤレヤレという感じでした
1
2名休憩中でした この後4〜5名到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2名休憩中でした この後4〜5名到着
さて下りです →の先が崖になっている下り場です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下りです →の先が崖になっている下り場です
ちょっと下って振り返ったところ 足場は滑り難かったのでよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと下って振り返ったところ 足場は滑り難かったのでよかった
まだまだ下りは続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下りは続きます
下る途中左下を見ると見事な色付きで見とれてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る途中左下を見ると見事な色付きで見とれてしまいました
安全な鞍部まで下って振り返ったところ この角度だと2ピークに見えますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全な鞍部まで下って振り返ったところ この角度だと2ピークに見えますね
4
さらに進んで「マッターホルン」と呼ばれる形状になってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進んで「マッターホルン」と呼ばれる形状になってきました
6
地味にきつい登りをゆっくり歩いて七ッ小屋山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味にきつい登りをゆっくり歩いて七ッ小屋山
大源太山より少し高くなり1674.7m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山より少し高くなり1674.7m
魅力的な笹尾根が延びています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魅力的な笹尾根が延びています
4
1596mピーク付近に小さな池塘があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1596mピーク付近に小さな池塘があります
1
だいぶ進んで緑の眺めです 大源太山がより鋭角な三角になってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ進んで緑の眺めです 大源太山がより鋭角な三角になってきました
2
謙信ゆかりの道への分岐 ここからシシゴヤノ頭へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謙信ゆかりの道への分岐 ここからシシゴヤノ頭へ
ずっと大源太山が見えています 山頂に人が見えますがまさに「上越のマッターホルン」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと大源太山が見えています 山頂に人が見えますがまさに「上越のマッターホルン」
4
さてこれで大源太山も見納めで・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてこれで大源太山も見納めで・・
1
黄葉の中を駐車場へ下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉の中を駐車場へ下ります
途中水場があり喉を潤しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中水場があり喉を潤しました
最初の渡渉点まで戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉点まで戻ってきました
1
駐車場は過ぎて林道をバス停まで歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は過ぎて林道をバス停まで歩きます
林道の途中にありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の途中にありました
林道の始点でさらに大源太キャニオンまで歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の始点でさらに大源太キャニオンまで歩きます
で、バス停 本数少ないので40分待ちでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、バス停 本数少ないので40分待ちでした
源太・・とはなにか?の説明がありました ここでは「上越の・・」ではなく「東洋のマッターホルン」となっています 登山に慣れた中級者におすすめとか・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源太・・とはなにか?の説明がありました ここでは「上越の・・」ではなく「東洋のマッターホルン」となっています 登山に慣れた中級者におすすめとか・・
おお、バス停横から大源太山が見えました 山容もさることながら紅葉の具合もなかなかでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、バス停横から大源太山が見えました 山容もさることながら紅葉の具合もなかなかでした
5

感想/記録

待ちに待った紅葉山行
天気予報が金・土と晴れマークの上越へ
金は大源太山、土は飯士山(いいじさん)としました。

地図で見るとコースタイムが駐車場からで約8時間、バス停からだと約10時間なのでどうなることかと思っていたら、実際は駐車場からで6時間ちょっとでした。
行きもバス停から歩いた場合、林道が登りとなるので少し体力使っちゃうかなと思ってタクシー利用でしたが、大源太山頂に着いたときの疲労度から考えてタクシー使って良かったと思いました。

大源太山から七ッ小屋山経由の周回路は、コースタイムは長いのですが全体的に歩きやすいコースなので疲労度は思ったより小さいですね。でも七ッ小屋山までは標高を上げるのでじっと我慢の登りでした。そこから先は、それまでと比較すると楽々ですがアップダウンは何回もあります。

それにしても、周回路からの大源太山の鋭角な三角形の眺めと、笹原の散歩気分の歩きと、全体的な紅葉・黄葉の美しさに大満足の山行でした。

ところが、次の日(土)の飯士山は大源太山に劣らないやせ尾根急登の「しびれる山」でした。レコは後程アップします。
訪問者数:230人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ