ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988477 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

荒海山 紅葉の戸坪沢より

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー YamaOnsen
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸坪沢のチェーン脱着所 (フリーWiFiスポット)
近くに道の駅番屋、または、道の駅田島があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
28分
合計
5時間46分
Sスタート地点06:0309:10荒海山09:3811:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
荒海山は豪雨災害の影響でメインルートの八総鉱山跡からのルートが通行止めで入山禁止になっています。
戸坪沢からのルート非公式ルートなので自己責任で登ります。
国道352号にある戸坪沢の広いチェーン脱着所から作業林道を戸坪沢沿いに歩いて南陵の支尾根に取り付きますが、途中の沢には橋が無いので二度渡渉します。
ルートにはテープでマーキングがあります。
尾根はたくさんの登山者に歩かれて、しっかりした踏み跡がついて、藪も殆どありませんが、やや急登です。
支尾根を登り切ると八総鉱山跡からの登山道の途中に合流します。
登山道は細かく急登のアップダウンを繰り返します。
山頂手前から急登でロープの付いた所満載で、一気に標高を上げます。
片側が切れ落ちた岩尾根を渡るともう少しで、荒海山の最高峰の山頂に到着します。
最高峰から、三角点峰までは、背丈ほどの熊笹の笹藪があります。概ね踏み跡がありますが、途中不明瞭な所もあります。
その他周辺情報温泉 : 湯西川温泉 金井旅館 500円
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

入山禁止になっています。自己責任で。
2016年10月22日 06:04撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山禁止になっています。自己責任で。
1
始めは作業林道を歩きます。
2016年10月22日 06:07撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めは作業林道を歩きます。
一回目の渡渉といってもチョロチョロ流れているだけ。
2016年10月22日 06:08撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一回目の渡渉といってもチョロチョロ流れているだけ。
もう少し林道を歩きます。
2016年10月22日 06:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し林道を歩きます。
突き当たったらもう一度渡渉。
2016年10月22日 06:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き当たったらもう一度渡渉。
間違えて林道を直進してしまいましたが、対岸に渡ったらすぐ左から尾根に取り付きます。
2016年10月22日 06:22撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えて林道を直進してしまいましたが、対岸に渡ったらすぐ左から尾根に取り付きます。
登山道のように踏み跡ができています。
2016年10月22日 06:24撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のように踏み跡ができています。
カエデが赤く色付いていました。
2016年10月22日 06:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデが赤く色付いていました。
1
正規の登山道まで一番深い藪はこの程度です。
2016年10月22日 06:34撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正規の登山道まで一番深い藪はこの程度です。
雲海があります。
2016年10月22日 07:27撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海があります。
登山道との合流点です。戸坪沢へのマーキングがあります。
2016年10月22日 07:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道との合流点です。戸坪沢へのマーキングがあります。
元の登山道への道は塞いであります。
2016年10月22日 07:29撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の登山道への道は塞いであります。
合流点からの登山道は歩きやすいですが・・。
2016年10月22日 07:31撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点からの登山道は歩きやすいですが・・。
荒海山登山コースの標識があります。
2016年10月22日 07:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒海山登山コースの標識があります。
日留賀岳と男鹿岳の稜線が見えてきました。
2016年10月22日 07:42撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日留賀岳と男鹿岳の稜線が見えてきました。
七ヶ岳も見えてきました。
2016年10月22日 07:47撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ヶ岳も見えてきました。
1
初めのロープ。掘れてズルズル滑ります。
2016年10月22日 07:53撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めのロープ。掘れてズルズル滑ります。
雲海の先に御神楽岳が見えました。
2016年10月22日 08:06撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の先に御神楽岳が見えました。
1
木の隙間から荒海山のシルエットが見えてきました。
2016年10月22日 08:12撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の隙間から荒海山のシルエットが見えてきました。
木の枝の隙間から荒海山の双耳峰が見えました。
2016年10月22日 08:17撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の枝の隙間から荒海山の双耳峰が見えました。
1
ここはトラバース。
2016年10月22日 08:42撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはトラバース。
ここは無くても良いくらい。
2016年10月22日 08:45撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは無くても良いくらい。
ここも無くても問題ない感じです。
2016年10月22日 08:51撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも無くても問題ない感じです。
最後のロープ。雨の時はないと怖いでしょう。
2016年10月22日 08:55撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のロープ。雨の時はないと怖いでしょう。
山頂すぐ手前に小屋がありました。
2016年10月22日 09:08撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂すぐ手前に小屋がありました。
南陵小屋というみたいですが、扉が壊れていました。
2016年10月22日 09:08撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南陵小屋というみたいですが、扉が壊れていました。
1
中にはノートがありました。
2016年10月22日 09:08撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中にはノートがありました。
荒海山の山頂に到着しました。
2016年10月22日 09:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒海山の山頂に到着しました。
3
阿賀野川源流の標がありました。
2016年10月22日 09:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿賀野川源流の標がありました。
日留賀岳、男鹿岳、大佐飛山、左奥に那須連山です。
2016年10月22日 09:10撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日留賀岳、男鹿岳、大佐飛山、左奥に那須連山です。
1
日光連山です。女峰山に男体山、太郎山、少し離れて奥白根山。
2016年10月22日 09:12撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光連山です。女峰山に男体山、太郎山、少し離れて奥白根山。
1
田代山に帝釈山、燧ヶ岳です。
2016年10月22日 09:12撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代山に帝釈山、燧ヶ岳です。
1
高原山です。ここだけ雲がかかっていました。
2016年10月22日 09:13撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原山です。ここだけ雲がかかっていました。
男鹿岳から那須連山、左奥にみえる双耳峰は二岐山でしょうか。
2016年10月22日 09:13撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男鹿岳から那須連山、左奥にみえる双耳峰は二岐山でしょうか。
1
七ヶ岳です。七ヶ岳もコースの一部が豪雨災害の影響で通行止めのままです。
2016年10月22日 09:13撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ヶ岳です。七ヶ岳もコースの一部が豪雨災害の影響で通行止めのままです。
次郎岳と会津駒ヶ岳です。
2016年10月22日 09:13撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎岳と会津駒ヶ岳です。
1
三角点峰に向けて藪漕ぎ出発。
2016年10月22日 09:14撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点峰に向けて藪漕ぎ出発。
1
藪漕ぎ5分で荒海山の三角点峰の太郎岳到着です。
2016年10月22日 09:19撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪漕ぎ5分で荒海山の三角点峰の太郎岳到着です。
2
栃木側の登山道は藪の中です。
2016年10月22日 09:19撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栃木側の登山道は藪の中です。
下の山は赤くなっています。
2016年10月22日 09:42撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の山は赤くなっています。
1
渡渉点まで戻ってきました。
2016年10月22日 11:32撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点まで戻ってきました。
戸坪沢沿いは紅葉が綺麗にグラデーションになっていました。
2016年10月22日 11:35撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸坪沢沿いは紅葉が綺麗にグラデーションになっていました。
3
スタート地点まで後少し。
2016年10月22日 11:40撮影 by SZ-31MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点まで後少し。
湯西川温泉の金井旅館で汗を流しました。いい湯です。
2016年10月22日 13:07撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯西川温泉の金井旅館で汗を流しました。いい湯です。
2

感想/記録

何度か登るのを計画していながら、昨年に荒海山は豪雨災害の影響でメインルートの八総鉱山跡からのルートが通行止め。
南稜の支尾根から登っているヤマレコがあったので検討してました。
春に会津の山開きの帰り道に見ると車が良く止まっていたので、そのうち踏まれて道が出来てるのではと思っていましたが、秋になって思った通り、しっかり登山道が出来上がっていました。
山頂までは細かくアップダウンがあり、急登でしたが、荒海山山頂は360度の大展望で気持ち良かったです。
紅葉は中腹までで上の方は枯れ落ちていました。
登山道では思ったより多く4組6名と会いました。
湯西川温泉で汗を流してかえるつもりだったが、せっかく太郎岳(荒海山)に登ったので、太郎温泉の山宿観峰に行ってみたが誰もおらず入浴できず。当初の予定通り湯西川温泉に行き、金井旅館で入浴しました。
訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/10
投稿数: 219
2016/10/23 22:31
 来年あたり登ってみようかな。
春頃は皆さんが思い思いにリボンを付けるから、どこがどこだか藪漕ぎで大変との事で見合わせてた荒海山。大嵐山の山開きバッジはないから、来年もバッジなら土日とセットで登ってみたいと思います。

前にも言ったかも知れませんが、6年くらい前は大嵐山は山開きポスターにはバッジと書いてあったのに手作り人形でした。。。

入山禁止は山菜取りとか不法投棄に対するものなんですかね?
あんな山奥でWi-Fiスポットって誰が使うんだろう(笑)
登録日: 2015/3/12
投稿数: 68
2016/10/24 20:53
 Re: 来年あたり登ってみようかな。
もう、立派な登山道になっていましたよ。
道はそれ程、面白味も無くでしたが、山頂からの展望は抜群だったので満足できました。
前には残雪期に登ろうと思った事もありましたが、残雪期はかなり山頂直下の急登部は難易度が上がりそうでした。
入山禁止は山菜採りもあるのでしょうか。
道の駅ならともかくWiFiスポットがチェーン脱着所にあるのは不明ですよね。チェーン脱着時の同乗者の暇つぶし用?

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ