ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988558 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲(後編) 瑞宝寺谷 おっかなびっくり山くだり

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー Ham0501
天候曇り 神戸の最高気温 19.7℃
アクセス
利用交通機関
電車
石の宝殿までは「前編」を見て下さい
帰りは神鉄有馬温泉駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間33分
休憩
14分
合計
1時間47分
S石の宝殿13:1414:10瑞宝寺第四砂防ダム14:35瑞宝寺公園14:4714:58有馬バスターミナル(阪急バス)15:0015:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
意外にも良く整備されていました。
その他周辺情報下山後は金の湯 650円
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

石の宝殿迄は前編をご覧下さい。鳥居茶屋跡が後編のスタート
2016年10月22日 13:15撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の宝殿迄は前編をご覧下さい。鳥居茶屋跡が後編のスタート
1
ドライブウェーを歩いていて、瑞宝寺谷の下山口を発見! 前からあったのかな?
2016年10月22日 13:21撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウェーを歩いていて、瑞宝寺谷の下山口を発見! 前からあったのかな?
2
有馬に続いているようです。これは行くっきゃない?
2016年10月22日 13:22撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬に続いているようです。これは行くっきゃない?
1
しかしゴミだらけ。これは道なのか? 早速不安になりますが、
2016年10月22日 13:23撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしゴミだらけ。これは道なのか? 早速不安になりますが、
1
新しい赤テープがおいでおいでしています。
2016年10月22日 13:25撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい赤テープがおいでおいでしています。
1
こんなモノや,
2016年10月22日 13:26撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなモノや,
1
土管(正しくはコンクリート管)まで、
2016年10月22日 13:26撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土管(正しくはコンクリート管)まで、
1
ここは六甲のブラックホール。
2016年10月22日 13:27撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは六甲のブラックホール。
2
少し下るとゴミがなくなり、登山道らしくなってきました。
2016年10月22日 13:28撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下るとゴミがなくなり、登山道らしくなってきました。
1
何より赤いテープが安心の種。
2016年10月22日 13:29撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何より赤いテープが安心の種。
1
整備もバッチリ
2016年10月22日 13:30撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備もバッチリ
親切なロープまであって、出来すぎに半信半疑。
2016年10月22日 13:33撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切なロープまであって、出来すぎに半信半疑。
ロープは下の堰堤まで続きます。
2016年10月22日 13:33撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープは下の堰堤まで続きます。
1
収納ボックスもありました。
2016年10月22日 13:34撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
収納ボックスもありました。
1
ここを降りてきました。
2016年10月22日 13:34撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを降りてきました。
1
その先も道は続きます。この道は本物か
2016年10月22日 13:35撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先も道は続きます。この道は本物か
1
昭和60年製
2016年10月22日 13:35撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和60年製
瑞宝寺谷は凄い谷を想像していましたが、その片鱗はこれぐらい。
2016年10月22日 13:37撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞宝寺谷は凄い谷を想像していましたが、その片鱗はこれぐらい。
2
親切にもハシゴが掛かっています。
2016年10月22日 13:38撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切にもハシゴが掛かっています。
1
さらには階段も。いったい誰が整備したのでしょうか?
頭の中は????でいっぱい。
2016年10月22日 13:39撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらには階段も。いったい誰が整備したのでしょうか?
頭の中は????でいっぱい。
1
親切なハシゴとテープ
2016年10月22日 13:41撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切なハシゴとテープ
1
気持ちにも余裕が出てきました。花の名は?
2016年10月22日 13:43撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちにも余裕が出てきました。花の名は?
さらには橋まで登場。
2016年10月22日 13:47撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらには橋まで登場。
1
たまにはちょっとワイルドな雰囲気も
2016年10月22日 13:48撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにはちょっとワイルドな雰囲気も
1
八丁尾根(瑞宝寺谷東尾根)に僅かながら崩壊跡が見えました
2016年10月22日 13:51撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁尾根(瑞宝寺谷東尾根)に僅かながら崩壊跡が見えました
1
ちょっと道が荒れてきました。
2016年10月22日 13:56撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと道が荒れてきました。
1
でも、ハシゴでカバー
2016年10月22日 13:58撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、ハシゴでカバー
1
瑞宝寺第六堰堤。平成11年2月製と書かれてあります
2016年10月22日 13:58撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞宝寺第六堰堤。平成11年2月製と書かれてあります
ここで道が二つに分かれます。鋼管ダムって何? 勘で谷道を選びました。
2016年10月22日 14:01撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで道が二つに分かれます。鋼管ダムって何? 勘で谷道を選びました。
1
赤テープがあり一安心。
2016年10月22日 14:02撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープがあり一安心。
1
親切な予告標識。この後、右岸に移ります。
2016年10月22日 14:05撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親切な予告標識。この後、右岸に移ります。
1
ここを徒渉。水はありませんが。
2016年10月22日 14:05撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを徒渉。水はありませんが。
1
このロープで左岸を下りてきました。
2016年10月22日 14:05撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このロープで左岸を下りてきました。
1
続いて右岸のロープ
2016年10月22日 14:06撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて右岸のロープ
1
右岸をへつります。
2016年10月22日 14:07撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸をへつります。
瑞宝寺第四砂防ダム
2016年10月22日 14:08撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞宝寺第四砂防ダム
左岸に戻る予告標識
2016年10月22日 14:09撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸に戻る予告標識
一気に下ります。
2016年10月22日 14:10撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下ります。
1
小さな流れを横切り左岸へ。
2016年10月22日 14:10撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな流れを横切り左岸へ。
1
鋼管堰堤に来ました。
2016年10月22日 14:14撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋼管堰堤に来ました。
1
上部は堰堤崩壊の跡
2016年10月22日 14:16撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は堰堤崩壊の跡
1
これが鋼管堰堤。鋼管をくぐります。
2016年10月22日 14:16撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが鋼管堰堤。鋼管をくぐります。
3
くぐってきました。ここで意外にもカップルに出合いました。里も近いようです。
2016年10月22日 14:17撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くぐってきました。ここで意外にもカップルに出合いました。里も近いようです。
1
5分ほどで筆屋道に合流。この説明板の裏が瑞宝寺谷ルートの取り付きです。
2016年10月22日 14:22撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほどで筆屋道に合流。この説明板の裏が瑞宝寺谷ルートの取り付きです。
1
すぐ下には展望デッキと谷道の分岐があります。
2016年10月22日 14:23撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ下には展望デッキと谷道の分岐があります。
また来ま〜す。
2016年10月22日 14:30撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来ま〜す。
2
瑞宝寺公園に入ってきました。
2016年10月22日 14:31撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞宝寺公園に入ってきました。
公園では一箇所だけ真っ赤に色づいていました、
2016年10月22日 14:32撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園では一箇所だけ真っ赤に色づいていました、
1
ここで2度目の昼食。飲むのを控えていたビールで乾杯!
2016年10月22日 14:46撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで2度目の昼食。飲むのを控えていたビールで乾杯!
有馬の街も色づき始めていました。
2016年10月22日 14:59撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有馬の街も色づき始めていました。
紅葉をあしらったマンホール
2016年10月22日 15:00撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉をあしらったマンホール
2
金の湯に立ち寄りました。芋の子を洗っていました。
2016年10月22日 15:51撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金の湯に立ち寄りました。芋の子を洗っていました。
1

感想/記録

下りはビール飲んでから気楽に魚屋道を下るつもりでしたが、後鉢巻トンネルを出たところで谷に向け瑞宝寺谷→有馬と書かれた案内板を発見。
瑞宝寺谷に下る道があることを初めて知った次第です。

瑞宝寺谷といえば、西尾根を歩いた際に凄い崩落地形を見ており、普通に歩ける道が付いているなど夢にも思っていませんでした。
予期せぬ事態に、予定通り魚屋道を下るか、この際、瑞宝寺谷を下ってみるか、とても迷いました。
ちょうど小雨が降り始めたこともあり不安もあったのですが、背中を押してくれたのは鮮やかな赤リボン。
丁寧に結ばれたこのリボンを信じてみようと思いました。

下り始めと同時に、まるでブラックホールのように、ゴミやコンクリート屑が溝状の沢を埋めています。ここは道ではなくゴミ箱か?
とはいえ、良く整備されており歩きやすい道です。
階段やロープもあり、笹も払われており、至れり尽くせりです。
いったい誰が整備したのでしょうか?
訳がわからず狐につままれたような気分です。
なので、この先どこかで道がなくなるんではないかという不安がずっとつきまといました。
しかし、下って行くに従いその不安も薄れてきました。
何といっても赤テープの存在が心強かったですね。
上部は整備されているとはいえ、下部では道が判りにくいときもありましたが、必ずと言っていいほど赤いテープがあり迷うことはありませんでした。
誰かは存じませんが、ご配慮に感謝の気持ちでいっぱいです。

ただ、このテープはいつまであるかもしれないし、刈り払った笹もまた伸びてくることでしょう。
安心して歩けるのは来年の夏までかもしれません。
それまでに、次回は登りに使用してみようと思います。

さて久しぶりに独断と偏見によるマイナールート評価です。
 道の状況 ☆☆☆(現時点での評価。この先変化あるかもしれません)
 個性   ☆☆ (個性はあるといえばあるのですが、楽しめる雰囲気はありませんでした)
 安全度  ☆☆ (危険箇所はないのですが、不安を感じるルートでした)
訪問者数:106人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/1
投稿数: 857
2016/10/23 21:07
 ワクワクです
Ham0501さん、お疲れ様です。

いいですね、この緊張感とワクワク感❗
どうなるんでしょう、どこへ行き着くのかなと、夢中でレコを拝見しました😃

六甲にもこんな面白い道が隠れているのですね🎵
マイナールート、バンザイですね🎉
登録日: 2016/1/31
投稿数: 38
2016/10/23 22:15
 Re: ワクワクです
パワフルtakatukimakiさん、こんばんは
いやぁ、ホント緊張感ありました。予備知識ゼロでしたから。
ワクワク感もなくはなかったですが、緊張感が勝っていましたね。
六甲山でこんな気持ちになったのは初めてかも・・・
行けば行くほど、奥の深さを知る思いです
これからはクモの巣地獄も減ってきて、マイナールートシーズン本番」ですね

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ