ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988640 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲(前編) 金鳥山・七兵衛山・黒五谷道・石の宝殿

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー Ham0501
天候曇り 神戸の最高気温 19.7℃
アクセス
利用交通機関
電車
阪急岡本駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
27分
合計
4時間21分
S阪急電車岡本駅09:0009:10岡本八幡神社10:04金鳥山10:0710:38木漏れ日広場10:46七兵衛山10:5311:02打越峠11:54雨ヶ峠12:08東お多福山12:1512:24土樋割峠12:49蛇谷北山13:04石の宝殿13:1413:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金鳥山の道は堰堤工事のため迂回路を経由。良く整備されています。
七兵衛山の道は気持ち良く手入れされていて申し分なし。
黒五谷道は右に90°曲がり小沢を渡る地点が少し分かりにくいので注意。
全体通じて危険箇所はありません。
その他周辺情報下山は瑞宝寺谷を下りました
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

出発は岡本駅北改札口
2016年10月22日 08:59撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発は岡本駅北改札口
八幡谷。金鳥山はどれなのでしょうか?
2016年10月22日 09:05撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷。金鳥山はどれなのでしょうか?
岡本八幡神社。手前を右に曲がります。
2016年10月22日 09:08撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岡本八幡神社。手前を右に曲がります。
橋を渡って、
2016年10月22日 09:08撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って、
公園を抜けます。
2016年10月22日 09:09撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
公園を抜けます。
川沿いに進むと、
2016年10月22日 09:11撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いに進むと、
やがて舗装路は右にカーブ。正面の
2016年10月22日 09:19撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて舗装路は右にカーブ。正面の
看板の間に階段が・・・
2016年10月22日 09:20撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板の間に階段が・・・
尾根に上がる道に間違いないと思って進みましたが、
2016年10月22日 09:21撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がる道に間違いないと思って進みましたが、
笹に覆われ進むのも困難となり、方向も間違っていることにも気付き、
2016年10月22日 09:24撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹に覆われ進むのも困難となり、方向も間違っていることにも気付き、
下るとさっきの看板近くに降りてきました。要は看板から川沿いに進めば良かったのです。
2016年10月22日 09:32撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下るとさっきの看板近くに降りてきました。要は看板から川沿いに進めば良かったのです。
道は二股になりますが、右の沢には入らず階段を登ります。
2016年10月22日 09:33撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は二股になりますが、右の沢には入らず階段を登ります。
通行止めの看板に従い左の迂回路を進みます。
2016年10月22日 09:34撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通行止めの看板に従い左の迂回路を進みます。
堰堤工事です。
2016年10月22日 09:36撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤工事です。
迂回路は立派な階段などで整備されています。
2016年10月22日 09:40撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路は立派な階段などで整備されています。
工事は始まったばかりのようです。
2016年10月22日 09:41撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
工事は始まったばかりのようです。
迂回路とは思えない立派な道。元からあった道でしょうか。
2016年10月22日 09:42撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迂回路とは思えない立派な道。元からあった道でしょうか。
上部に工事用索道
2016年10月22日 09:43撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部に工事用索道
その後も整備された道が続きます。
2016年10月22日 09:44撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も整備された道が続きます。
鉄塔を過ぎ、
2016年10月22日 09:48撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を過ぎ、
正面に金鳥山が見えてきました
2016年10月22日 09:49撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に金鳥山が見えてきました
右の樹木のトンネルから出ると、展望が開けました。
2016年10月22日 09:53撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の樹木のトンネルから出ると、展望が開けました。
1
道標・目印、ありがとうございます。
2016年10月22日 09:58撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標・目印、ありがとうございます。
間違えた訳ではないと思うのですが、踏み跡が細くなり笹が茂ってきました。
2016年10月22日 10:04撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えた訳ではないと思うのですが、踏み跡が細くなり笹が茂ってきました。
まもなく金鳥山に到着。山標もなく頂きはどこか不明。
2016年10月22日 10:08撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく金鳥山に到着。山標もなく頂きはどこか不明。
山頂を突っ切ると、保久良神社からの立派な道に出ます。
2016年10月22日 10:10撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を突っ切ると、保久良神社からの立派な道に出ます。
「休憩所」と書かれてある右の径から出てきました。
2016年10月22日 10:10撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「休憩所」と書かれてある右の径から出てきました。
ここからは一級歩道
2016年10月22日 10:11撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは一級歩道
径が三つ股に別れています。
2016年10月22日 10:13撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
径が三つ股に別れています。
七兵衛山へは左を行きます。
2016年10月22日 10:12撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七兵衛山へは左を行きます。
ここもいい道。
2016年10月22日 10:18撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもいい道。
こんな分岐、
2016年10月22日 10:23撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな分岐、
あんな分岐といろんな所から道が合流してきます
2016年10月22日 10:28撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんな分岐といろんな所から道が合流してきます
昔から手入れされていたようです。
2016年10月22日 10:29撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔から手入れされていたようです。
こんなベンチもありました。
2016年10月22日 10:30撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなベンチもありました。
険しい谷景の八幡谷を見下ろした後、
2016年10月22日 10:31撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
険しい谷景の八幡谷を見下ろした後、
八幡谷からの道も合流。
2016年10月22日 10:32撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷からの道も合流。
それにしても良く手入れされた道です。
2016年10月22日 10:33撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても良く手入れされた道です。
ここは木漏れ日広場だそうです。
2016年10月22日 10:38撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは木漏れ日広場だそうです。
木漏れ日広場から横池方面に向かうハイカー
2016年10月22日 10:38撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日広場から横池方面に向かうハイカー
七兵衛山を目指し、左に舵を取ります。
2016年10月22日 10:41撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七兵衛山を目指し、左に舵を取ります。
滑らないよう細かい配慮があります。整備された方々の山への思いの一端に触れることが出来ます。
2016年10月22日 10:42撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑らないよう細かい配慮があります。整備された方々の山への思いの一端に触れることが出来ます。
やがて、七兵衛山に到着。
2016年10月22日 10:49撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、七兵衛山に到着。
六甲アイランドが一望。晴れた日に再度来たいものです。
2016年10月22日 10:48撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲アイランドが一望。晴れた日に再度来たいものです。
1
山頂から西へ下り打越峠からの道に出ました。お一人休憩中。
2016年10月22日 11:00撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から西へ下り打越峠からの道に出ました。お一人休憩中。
打越峠。ここでもお一人休憩中。
2016年10月22日 11:02撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠。ここでもお一人休憩中。
黒五谷を徒渉します。来年は下から遡行してくるぞ!との思い
2016年10月22日 11:08撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒五谷を徒渉します。来年は下から遡行してくるぞ!との思い
1
ここから黒五谷沿い(といってもこの地点では沢と離れています)に芦屋GC方面に向かいます。
2016年10月22日 11:10撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから黒五谷沿い(といってもこの地点では沢と離れています)に芦屋GC方面に向かいます。
そこそこいい道です。
2016年10月22日 11:11撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこいい道です。
が、踏み跡が不明瞭になってきました。大石の右に左にと道を探しますがハッキリしません。
2016年10月22日 11:16撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、踏み跡が不明瞭になってきました。大石の右に左にと道を探しますがハッキリしません。
道を間違ったことに気づき、さっきの大石の50m下に右に曲がる道を発見しました。(赤テープあり)
2016年10月22日 11:21撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を間違ったことに気づき、さっきの大石の50m下に右に曲がる道を発見しました。(赤テープあり)
良い道が現れました。
2016年10月22日 11:21撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い道が現れました。
やがて道は沢沿いとなり、間違える心配もなくなりました。
2016年10月22日 11:27撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて道は沢沿いとなり、間違える心配もなくなりました。
黒五谷は比較的水量もあり、この辺りまで遡行してみるのも良さそうです。
2016年10月22日 11:33撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒五谷は比較的水量もあり、この辺りまで遡行してみるのも良さそうです。
やがて、ロックガーデンからのゴールデンルートに合流。
2016年10月22日 11:34撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて、ロックガーデンからのゴールデンルートに合流。
さすがはゴールデンルート、若者達で賑わっています。
2016年10月22日 11:43撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがはゴールデンルート、若者達で賑わっています。
ほどなく雨ヶ峠に到着。東おたふく山を目指します。
2016年10月22日 11:54撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく雨ヶ峠に到着。東おたふく山を目指します。
リンドウかな?
2016年10月22日 11:58撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウかな?
1
ススキを前景に最高峰。
2016年10月22日 11:59撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキを前景に最高峰。
2
野路菊
2016年10月22日 12:00撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野路菊
昔のような大草原に戻って欲しい・・・
2016年10月22日 12:01撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔のような大草原に戻って欲しい・・・
1
山頂。かつてはここから最高峰が望めました。
2016年10月22日 12:16撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。かつてはここから最高峰が望めました。
笹道を下り、
2016年10月22日 12:19撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹道を下り、
色づき始めた木々を愛でながら、
2016年10月22日 12:19撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づき始めた木々を愛でながら、
3
土桶割峠から蛇谷北山を目指します。
2016年10月22日 12:24撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土桶割峠から蛇谷北山を目指します。
松の根は岩を砕いて生〜きている ♫
2016年10月22日 12:31撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の根は岩を砕いて生〜きている ♫
蛇谷北山に到着
2016年10月22日 12:48撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇谷北山に到着
1
さらに白山姫観音さま
2016年10月22日 13:04撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに白山姫観音さま
六甲山白山神社
2016年10月22日 13:06撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲山白山神社
神社の先も旗と共に立派な道が続いていました。(道標には行き止まりの表示)
2016年10月22日 13:09撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の先も旗と共に立派な道が続いていました。(道標には行き止まりの表示)
鳥居茶屋跡を通って、一軒茶屋に行こうとしてたら、
2016年10月22日 13:15撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居茶屋跡を通って、一軒茶屋に行こうとしてたら、
ドライブウェーから谷に下る道を発見!!なぬ、瑞宝寺谷! この後は後編をお楽しみに・・・
2016年10月22日 13:21撮影 by DSC-WX60, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドライブウェーから谷に下る道を発見!!なぬ、瑞宝寺谷! この後は後編をお楽しみに・・・

感想/記録

七兵衛山という変わった名前の山はずっーーーと前から知っていましたが、いい道が付いていて展望の良い山と知ったのは先月、黒五山に登った後でした。
知っていたら立ち寄ったのに・・・というのは後の祭り。
行きたい山がまた見つかったと良い方に解釈して、満を持しての訪問です。

どうせ行くなら他の山も・・・という訳で、やはり個性的な山名の金鳥山経由で行くことにしました。
金鳥山は未だ山に興味がない頃に、アマチュア無線の移動運用で訪れたいにしえの場所です。
当時は近くに火の見櫓と思われる古い鉄塔が立っていました。
その望楼はJR(当時は国鉄)の車窓からもよく見えていました。
それがどこにあったか、今では知るよしがありません。

どうせ金鳥山に登るなら保久良神社からのハイキングルートではなく、いにしえの古道からというわけで、国土地理院地図の稜線の破線路を通って行こうとしましたが、取り付きで間違ってしまいました。
本当の道は堰堤の改良工事のため迂回路経由となりましたが、良く整備されていて立派な道でした。(最後は笹が茂っていましたが)

七兵衛山への道は良く手入れされており、快適なハイキングが楽しめました。
ゆっくりと山で過ごすには最高の山域と思います。
七兵衛山では期待に違わず良い展望を楽しみました。
まだまだ六甲には身近な場所に名所がありそうです。

その後は初めての黒五谷道を歩き、東おたふく山・蛇谷北山経由で石の宝殿を訪れました。
下りは一軒茶屋前の広場でビール飲んで、お気楽に魚屋道と考えていたのですが、ドライブウェーを歩いていて瑞宝寺谷に下る道を発見!
エェッ!? ここを下るか迷った挙げ句、後編に続きます。



訪問者数:106人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ リンドウ 堰堤 道標 草原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ