ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988834 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山外輪山周回/一面金色となった湯の平

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー sako59, その他メンバー1人
天候残念ながら曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
ビジターセンター駐車場、もしくは車坂峠から少し北に行ったところの路肩。路肩スペースも満車ならスキー場の駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
1時間22分
合計
6時間46分
S高峰高原ビジターセンター08:4608:47車坂峠08:4808:59車坂山09:22開けたガレ場09:59槍ヶ鞘10:13トーミの頭10:3711:15湯ノ平分岐11:31賽の河原分岐11:3511:50(昼食休憩)12:2012:41Jバンド12:5013:20仙人岳13:2713:49蛇骨岳13:5114:22黒斑山14:2314:36トーミの頭14:4015:32高峰高原ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■道の状況
Jバンド、草滑りでは転倒注意。転落に繋がる危険あり。
外輪山稜線も浅間山側へ落ちないよう注意。
その他周辺情報■登山後の温泉
あぐりの湯こもろ 500円
ちょっと遠いけども眺めの良い露天風呂あり
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 2
予備電池 1
1/25,000地形図
ガイド地図 1
コンパス 1
1
筆記具
保険証 1
飲料 1.2L 0.8L消費
ティッシュ 1
三角巾 1
バンドエイド 5 靴ずれ用
タオル 1
携帯電話 1
計画書 1
個人装備品
数量
備考
雨具 1
防寒着 1
ストック 1
水筒 1
時計 1
非常食 2 行動食、おやつ
カメラ 2
虫よけ 1
日焼け止め 1
ガスバーナー
クッカー
折り畳み椅子 1
ナイフ(十徳) 1
昼飯 1

共同装備

共同装備品
数量
備考
サバイバルシート 1
ファーストエイドキット 1
医薬品
共同装備品
数量
備考
1
GPS 1

写真

車坂峠1970mからスタート
火山警戒レベルは2。前掛山への登山は禁止です。
2016年10月22日 08:46撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車坂峠1970mからスタート
火山警戒レベルは2。前掛山への登山は禁止です。
1
黒斑山に携帯電話の基地局?を作っていてケーブルを引っ張っているようです。登山道に沿って山頂まで延びていました。そして50~100mおきにこの巨大ドラムが転がっていました。
2016年10月22日 08:50撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山に携帯電話の基地局?を作っていてケーブルを引っ張っているようです。登山道に沿って山頂まで延びていました。そして50~100mおきにこの巨大ドラムが転がっていました。
2
途中の展望箇所から振り返って、水ノ塔山、籠ノ塔山。唐松の黄葉が鮮やか。
2016年10月22日 09:13撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の展望箇所から振り返って、水ノ塔山、籠ノ塔山。唐松の黄葉が鮮やか。
2
何となくユーモラスだったので。
階段が整備されていましたし、今日の時点で特に危険な箇所という程の場所は無かったです。
2016年10月22日 09:48撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何となくユーモラスだったので。
階段が整備されていましたし、今日の時点で特に危険な箇所という程の場所は無かったです。
1
槍ヶ鞘手前のシェルター。鉄板の厚さは20mm程度。
2016年10月22日 09:57撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘手前のシェルター。鉄板の厚さは20mm程度。
1
槍ヶ鞘からの浅間山。
2016年10月22日 10:05撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘からの浅間山。
4
そしてトーミの頭に到着。
ここからの眺めは最高です。足が震えます。
2016年10月22日 10:17撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてトーミの頭に到着。
ここからの眺めは最高です。足が震えます。
7
トーミの頭から
外輪山の並び
2016年10月22日 10:17撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から
外輪山の並び
5
トーミの頭から
浅間山とその足元の湯の平
2016年10月22日 10:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から
浅間山とその足元の湯の平
7
トーミの頭パノラマ
「360度パノラマ」ボタンを押すと「360度パノラマビューアー」が開き、マウスでぐるぐる見回すことが出来ます。
レコ下部のブログパーツ部分でも操作できます。
360citiesで見る
2016年10月22日 10:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す | ▶ 360度パノラマ
トーミの頭パノラマ
「360度パノラマ」ボタンを押すと「360度パノラマビューアー」が開き、マウスでぐるぐる見回すことが出来ます。
レコ下部のブログパーツ部分でも操作できます。
360citiesで見る
1
草すべりを下っていきます。
途中から見上げるトーミの頭。
2016年10月22日 10:34撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりを下っていきます。
途中から見上げるトーミの頭。
7
草すべりからの浅間山
2016年10月22日 10:37撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりからの浅間山
6
草すべりはこんな感じの急斜面をジグザグに下っていきます。
横に踏み外すとそのまま転がり落ちて行きそうな斜面のトラバースで緊張します。
2016年10月22日 10:45撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりはこんな感じの急斜面をジグザグに下っていきます。
横に踏み外すとそのまま転がり落ちて行きそうな斜面のトラバースで緊張します。
1
草すべりからの浅間山
2016年10月22日 10:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりからの浅間山
6
草すべりからの浅間山
2016年10月22日 11:00撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりからの浅間山
3
下ってきた草すべりを振り返る。
トーミの頭やその他岩峰群がそそり立つ。
2016年10月22日 11:04撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ってきた草すべりを振り返る。
トーミの頭やその他岩峰群がそそり立つ。
2
草すべりからの浅間山
この辺がベストショットだと思う。
2016年10月22日 11:06撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草すべりからの浅間山
この辺がベストショットだと思う。
4
湯の平分岐。
カラマツの黄葉が綺麗。
2016年10月22日 11:14撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の平分岐。
カラマツの黄葉が綺麗。
2
湯の平分岐あたりからトーミの頭を見上げる。
2016年10月22日 11:16撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の平分岐あたりからトーミの頭を見上げる。
2
樹林帯を行く
2016年10月22日 11:22撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を行く
1
賽の河原分岐。
前掛山へは立ち入り禁止。
2016年10月22日 11:35撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の河原分岐。
前掛山へは立ち入り禁止。
1
仙人岳あたりを見上げる。
2016年10月22日 11:41撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳あたりを見上げる。
3
一面の黄葉です
2016年10月22日 11:43撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面の黄葉です
2
黒斑山
2016年10月22日 11:43撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山
4
陽が射して鮮やかです。
2016年10月22日 11:43撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射して鮮やかです。
2
浅間山。
2016年10月22日 11:43撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山。
5
小さい唐松の黄葉。
2016年10月22日 11:45撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さい唐松の黄葉。
3
湯の平パノラマ
「360度パノラマ」ボタンを押すと「360度パノラマビューアー」が開き、マウスでぐるぐる見回すことが出来ます。
レコ下部のブログパーツ部分でも操作できます。
360citiesで見る
2016年10月22日 12:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す | ▶ 360度パノラマ
湯の平パノラマ
「360度パノラマ」ボタンを押すと「360度パノラマビューアー」が開き、マウスでぐるぐる見回すことが出来ます。
レコ下部のブログパーツ部分でも操作できます。
360citiesで見る
1
鋸岳?
圧巻の岩壁
2016年10月22日 12:24撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳?
圧巻の岩壁
2
Jバンドを少し登ると、眼下は一面の黄金となっていた。
2016年10月22日 12:33撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンドを少し登ると、眼下は一面の黄金となっていた。
12
Jバンドへの登りから見上げると一面の岩壁が聳え立つ。
この登りも草すべり同様に急傾斜ですが距離はこちらが短い。
2016年10月22日 12:38撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンドへの登りから見上げると一面の岩壁が聳え立つ。
この登りも草すべり同様に急傾斜ですが距離はこちらが短い。
2
バンドの部分を登って行きます。幅は充分ですので落ちないように落ち着いて登りましょう。
2016年10月22日 12:42撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バンドの部分を登って行きます。幅は充分ですので落ちないように落ち着いて登りましょう。
3
Jバンドを登りきりました。
2016年10月22日 12:49撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンドを登りきりました。
1
四阿山が見えます。
2016年10月22日 12:49撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四阿山が見えます。
1
Jバンドを振り返る。
2016年10月22日 12:56撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Jバンドを振り返る。
2
山腹のグラデュエーション。
2016年10月22日 13:01撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山腹のグラデュエーション。
7
近すぎてフレームに収まらない浅間山。大迫力だ。
2016年10月22日 13:06撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近すぎてフレームに収まらない浅間山。大迫力だ。
5
復路の稜線。
風が強かった。
2016年10月22日 13:08撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路の稜線。
風が強かった。
1
稜線から見下ろすと絶景。
奥には八ヶ岳も見える。
こんな曇り空ですが、この日は富士山も槍ヶ岳も見えました。
2016年10月22日 13:10撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から見下ろすと絶景。
奥には八ヶ岳も見える。
こんな曇り空ですが、この日は富士山も槍ヶ岳も見えました。
4
仙人岳
写真のように四阿山側も眺望があるし浅間や湯の平も当然見えるので、ここでもパノラマ撮っておけば良かったかな?
2016年10月22日 13:24撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岳
写真のように四阿山側も眺望があるし浅間や湯の平も当然見えるので、ここでもパノラマ撮っておけば良かったかな?
1
蛇骨岳
風邪が強烈で長居できず。
2016年10月22日 13:42撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇骨岳
風邪が強烈で長居できず。
1
黒斑山へは樹林帯が多く歩きやすい。
浅間山展望スポットも多いがその近辺では足元は要注意。
2016年10月22日 13:52撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山へは樹林帯が多く歩きやすい。
浅間山展望スポットも多いがその近辺では足元は要注意。
1
黒斑山とトーミの頭を横から見る。
崖のように見える草すべりも実際は45°くらいか。
2016年10月22日 13:59撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山とトーミの頭を横から見る。
崖のように見える草すべりも実際は45°くらいか。
1
黒斑山手前からの浅間山
今日一日見放題。
2016年10月22日 14:07撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山手前からの浅間山
今日一日見放題。
4
笹原の中に点々と佇む唐松がメルヘンチックだ。
2016年10月22日 14:08撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の中に点々と佇む唐松がメルヘンチックだ。
11
黒斑山山頂。
アンテナ工事のため重機や資材が積まれていました。
2016年10月22日 14:13撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂。
アンテナ工事のため重機や資材が積まれていました。
2
黒斑山山頂からの浅間山。
定番の絵。
2016年10月22日 14:14撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒斑山山頂からの浅間山。
定番の絵。
1
浅間山の山頂。
今日は噴煙は上がっていませんでした。
2016年10月22日 14:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山の山頂。
今日は噴煙は上がっていませんでした。
3
トーミの頭から湯の平分岐あたりを望遠。
2016年10月22日 14:36撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トーミの頭から湯の平分岐あたりを望遠。
2
復路は中コースで戻ります。
登山道の抉れた箇所は少し歩きづらいが、アップダウンが無く表コースよりは楽。
2016年10月22日 14:57撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路は中コースで戻ります。
登山道の抉れた箇所は少し歩きづらいが、アップダウンが無く表コースよりは楽。
1
中コース唯一の展望箇所からの眺め。
2016年10月22日 15:08撮影 by DSC-RX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中コース唯一の展望箇所からの眺め。
3

感想/記録
by sako59

 先週のレコを見ると湯の平の唐松の黄葉が見頃のようなので、それに合わせて行ってみたかった外輪山の周回へ行ってきました。
 週末が近づくに従って天気予報が悪くなり結局曇り空の下でのハイキングとなってしまいましたが、一面の金色となった湯の平の様子は素晴らしかったです。浅間山もいつも通りの素晴らしい眺め。

 車坂峠へ登るチェリーパークライン沿いの紅葉がとても綺麗でした。晴れた日に輝く黄葉を見てみたいので、今度は浅間山荘からスタートする行程で企画しよう。
■360°パノラマ ぐるぐる操作できます
Mt.Kurofuyama Tohmi Peak
Mt.Asama Yunotaira flat with automn leaves
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

紅葉 外輪山 カラマツ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ