ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 988988 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

平ヶ岳

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー katonokazunoyamasuga3singokumojieetnfujiyamaRanranoyamafugi, その他メンバー6人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間43分
休憩
10分
合計
11時間53分
S鷹ノ巣登山口04:5307:09下台倉山07:54台倉山08:56白沢清水08:5710:17池ノ岳10:1910:52平ヶ岳10:5311:33平ヶ岳キャンプ指定地11:50玉子石11:5412:15池ノ岳12:1712:56白沢清水13:56台倉山14:34下台倉山16:46鷹ノ巣登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

真っ暗な中出発です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗な中出発です。
1000m付近の痩せ尾根。写真ほど怖くは無いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000m付近の痩せ尾根。写真ほど怖くは無いです。
1
急坂が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が続きます。
1
1650m付近の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1650m付近の紅葉。
3
正面に池の岳が見えて来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に池の岳が見えて来ました。
やっと平ヶ岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと平ヶ岳を望む。
1
真ん中の高い山は日光白根山だと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中の高い山は日光白根山だと思います。
2
池の岳に続く道を振り返って。稜線にずっと登山道が続いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の岳に続く道を振り返って。稜線にずっと登山道が続いています。
2
ずっと木道が整備されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと木道が整備されていました。
山頂付近は平らで展望もありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は平らで展望もありません。
1
たまご石。パワースポット(適当)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまご石。パワースポット(適当)
3
池の岳方向を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の岳方向を望む
1
今年整備された真新しい木道もありました。地元の登山道整備に感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年整備された真新しい木道もありました。地元の登山道整備に感謝。
姫の池越しに平ヶ岳を振り返って。(また来ることはあるのか?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫の池越しに平ヶ岳を振り返って。(また来ることはあるのか?)
2
紅葉が綺麗です。(稜線にずっと下山道が続いてめげるorz.)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が綺麗です。(稜線にずっと下山道が続いてめげるorz.)
5
1000m付近の痩せ尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000m付近の痩せ尾根
登山口まで無事戻って来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで無事戻って来ました。
夜、道の駅で宴会していたところ、玉川酒造さんに差し入れて頂きました。香り高い日本酒でお勧めです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜、道の駅で宴会していたところ、玉川酒造さんに差し入れて頂きました。香り高い日本酒でお勧めです!
1

感想/記録
by katono

稜朋会の山行で晩秋の平ヶ岳に登りました。爽やかな秋晴れの下、鮮やかな紅葉を堪能できました。
(PR:稜朋会ではメンバー募集中です。ご興味のある方はHPを参照してください。
http://www.ryohokai.com/)

前日夜に都内集合、2台の車に分乗して関越道を北上。小出ICを降りて平ヶ岳登山口駐車場を目指す。AM3:15頃駐車場着。真っ暗な中、数台の車が駐車中。1時間ほど車内で休憩してAM4:50に出発。

ヘッドランプの灯りを頼りに真っ暗な森を進む。10分ほどで尾根に取り付き、すぐに急登が始まる。道は明瞭でよく踏まれていて歩きやすい。高度900mから1600mの下台倉山まで2時間の登り。途中1000m付近に痩せ尾根あり。真っ暗な中ヘッドランプの灯りを頼りに痩せ尾根を渡る。痩せ尾根を過ぎたあたりから徐々に日が差して周りが見えてきた。

下台倉山まで上がってやっと先が見えてくる。平ヶ岳山頂はまだまだ先で見えない。進行方向左手の谷に見える紅葉が美しい。その先に燧ケ岳と白根山が遠望できる。1600m付近から台倉山の三角点をへて、アップダウンを繰り返すがなかなか高度が上がらない。1時間ほどで白沢清水到着、ここから池の岳へ向けて高度差300mの登り。登っていくと、やっと今日の目的地である平ヶ岳山頂付近が見えてくる。

姫の池には池塘が広がり、その向こうに平ヶ岳山頂。展望良く笹と池塘の広がる平らな湿原が続く。少し下ってから平ヶ岳山頂に向けてだらだらとした登り。木道が続く。道はよく整備されているようだ。30分ほどで平ヶ岳山頂到着。湿原の隣の林のなかのスペースが平ヶ岳の山頂になっている。少し戻って木道脇の木で作られたスペースで休憩。自分たちの他に約20人位の人が休んでいた。

休憩後、たまご岩を見学に寄り道。たまご石は、丸い石が台座の石の上に乗っているだけだが、周りの風景と相まってパワースポットになりそう(適当)。また、姫の池付近にキャンプ指定地の地名があるが、今は湿原を守るため平ヶ岳では全面的にキャンプが禁止されている。(登山道入り口に掲示があった。)

姫の池より来た道を下る。進行方向目線の先に、長い稜線上に下山ルートが続いていてちょっとめげた。12:00より下山開始。最初は快調に飛ばしていたが、長い稜線のアップダウンが終わらない。2時間半ほどで下台倉山のピークに到着。ここからさらに高度差700mの下り。ロープが設置されている急坂が続く。下台倉山より2時間(登りと同じ時間)ほどかかって無事駐車場まで戻り今回の山行を終えた。時間、総勢14名と大人数だったためか、ほぼコースタイム通りだった。

百名山の中で日帰りロングコースとされている平ヶ岳ですが、今は原則として幕営が禁止されているので日帰りしかありません(登山道入り口に掲示あり)。GPSで計測した距離は30Km弱あり、自分としては南アルプス地蔵岳を御座石鉱泉から日帰りするよりも少しきつい位に感じました。

追伸. 距離30Km弱はGPSのログによる。ヤマレコで山と高原地図つかってルートを作成した値は21.2Km。落差が大きい。また、山と高原地図で上高地バスターミナルから涸沢→穂高→上高地と回った場合のルートは21.6kmでほぼ同等。

追伸2.下山後、翌朝帰るため道の駅にテントを張って宴会していたところ、ちょうど道の駅で展示会を行っていた玉川酒造(http://www.yukikura.com/)さんより、日本酒の差し入れを頂きました。(写真参照)。数時間前に絞ったと言う純米酒とにごり酒です。香り高くスッキリとした良い味でお勧めです! 美味しく頂きました。
訪問者数:266人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ