ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989028 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

【信州百名山】紅葉の荒倉山(砂鉢山) 紅葉橋→尾倉沢古道

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー ajitama
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
紅葉橋たもとに5台程度の駐車スペース

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

紅葉橋6:54−安堵ヶ峰7:41−8:16霧見岳8:24−9:13砂鉢山9:26−尾倉沢古道入口10:29−11:41紅葉の岩屋11:51−紅葉橋12:30
コース状況/
危険箇所等
まずまず整備はされているものの、あまり人が入っていないと思われる。

紅葉橋〜安堵ヶ峰
歩き始めてすぐぬかるみ状態で道も崩れています。ほぼ歩く人はいないのか。
林道と2回交差して、右に岩屋が見えたら、そこを潜って進みます。
林道を車で進んで、トンネル脇に駐車すれば、この区間はスキップできます。
安堵ヶ峰〜砂鉢山
ここから狭い尾根道で、道迷いは問題ないでしょう。
鎖場、ヤセ尾根ありますが、それほど危険はありません。手袋は必要。
尾倉沢古道
岩場等はなく、普通のハイキングコース。1か所倒木有。
その他周辺情報登山口から1km進んだ先の大望峠はその名の通り、戸隠、白馬方面の展望良好
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

大望峠からの雲海
2016年10月22日 06:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大望峠からの雲海
1
北アルプスは霞んでいます
2016年10月22日 06:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスは霞んでいます
1
戸隠連山
2016年10月22日 06:31撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸隠連山
紅葉橋の登山口
行きも帰りも車は1台のみ
2016年10月22日 06:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉橋の登山口
行きも帰りも車は1台のみ
歩き出してすぐ、ひどいぬかるみ
2016年10月22日 06:55撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き出してすぐ、ひどいぬかるみ
少し歩くと道は安定
2016年10月22日 07:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと道は安定
林道を通過
2016年10月22日 07:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を通過
2度目の林道通過
2016年10月22日 07:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2度目の林道通過
右側に大岩が見えたところで道が消えたので、付近を探索
強引に左から尾根に上がるも道はなし
2016年10月22日 07:25撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側に大岩が見えたところで道が消えたので、付近を探索
強引に左から尾根に上がるも道はなし
岩の下をくぐるのが正解でした
10分のロス
2016年10月22日 07:35撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の下をくぐるのが正解でした
10分のロス
反対側から見た方がわかりやすい
松沢トンネルというそうです
2016年10月22日 07:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から見た方がわかりやすい
松沢トンネルというそうです
左側が切れている
2016年10月22日 07:38撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側が切れている
安堵が峰
ピークではなく交差点
2016年10月22日 07:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安堵が峰
ピークではなく交差点
紅葉した落葉を踏みしめる急登
2016年10月22日 07:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉した落葉を踏みしめる急登
1200mあたりから紅葉見ごろ
2016年10月22日 07:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1200mあたりから紅葉見ごろ
霧見岳が近づくとさらに急に
ここからが一応核心部
2016年10月22日 08:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧見岳が近づくとさらに急に
ここからが一応核心部
長い鎖場
木の根と落葉で滑りやすい
2016年10月22日 08:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖場
木の根と落葉で滑りやすい
鎖場の途中から

2016年10月22日 08:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場の途中から

1
霧見岳から戸隠方面の展望
2016年10月22日 08:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧見岳から戸隠方面の展望
高妻、妙高も良く見えます
今回のルートで一番の展望ポイント
2016年10月22日 08:16撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高妻、妙高も良く見えます
今回のルートで一番の展望ポイント
霧見岳
山頂はさほど広くない
2016年10月22日 08:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧見岳
山頂はさほど広くない
燃えるような紅葉
2016年10月22日 08:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃えるような紅葉
三角点
ここが本当は霧見岳か?
2016年10月22日 08:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
ここが本当は霧見岳か?
狭い尾根道
2016年10月22日 08:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭い尾根道
右に巻きますが、足下は緩いので慎重に
2016年10月22日 08:40撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に巻きますが、足下は緩いので慎重に
木の根につかまりながら下ります
2016年10月22日 08:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根につかまりながら下ります
新しい標識
2016年10月22日 08:52撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい標識
ロープ場のある岩尾根
2016年10月22日 08:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場のある岩尾根
山頂が近づくと癒しのブナ林
ここからは歩きやすい道です
2016年10月22日 09:02撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近づくと癒しのブナ林
ここからは歩きやすい道です
砂鉢山山頂
やはり誰もいません
2016年10月22日 09:13撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂鉢山山頂
やはり誰もいません
飯縄山
大賑わいかと思われます
2016年10月22日 09:13撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯縄山
大賑わいかと思われます
白馬方面
晴れていないのが残念
2016年10月22日 09:26撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬方面
晴れていないのが残念
南西方向に下ります
急ですが、道は明瞭で危険箇所なし
2016年10月22日 09:27撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方向に下ります
急ですが、道は明瞭で危険箇所なし
逆光に映える紅葉
2016年10月22日 09:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆光に映える紅葉
尾倉沢古道分岐
2016年10月22日 09:42撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾倉沢古道分岐
カラマツ林の下り
黄葉はまだ
2016年10月22日 09:46撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツ林の下り
黄葉はまだ
咲き残りのアザミ
2016年10月22日 10:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
咲き残りのアザミ
ここまで順調に下りましたが、大木が道をふさいでいます
何とか下をくぐる
2016年10月22日 10:10撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで順調に下りましたが、大木が道をふさいでいます
何とか下をくぐる
2つ目の丸太橋は木で×マークが作ってあったので、右側から進みます。
2016年10月22日 10:12撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の丸太橋は木で×マークが作ってあったので、右側から進みます。
登山口の駐車スペース
2016年10月22日 10:24撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の駐車スペース
古道の入口
ここから長い車道(林道)歩き
2016年10月22日 10:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道の入口
ここから長い車道(林道)歩き
車もいないので熊鈴は鳴らして進む
2016年10月22日 10:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車もいないので熊鈴は鳴らして進む
岩屋入口
ようやく林道歩き終了
2016年10月22日 11:21撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩屋入口
ようやく林道歩き終了
手前が舞台岩、奥が屛風岩
2016年10月22日 11:30撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前が舞台岩、奥が屛風岩
沢水が紅葉の化粧水だとか
2016年10月22日 11:36撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢水が紅葉の化粧水だとか
鬼女紅葉が住んでいたとされる紅葉の岩屋
これから登山するパーティーに会いました
岩屋の入口(トンネル)に駐車スペースがあるので、時間短縮が可能
2016年10月22日 11:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼女紅葉が住んでいたとされる紅葉の岩屋
これから登山するパーティーに会いました
岩屋の入口(トンネル)に駐車スペースがあるので、時間短縮が可能
ここのもみじはまだ青葉
2016年10月22日 11:51撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここのもみじはまだ青葉

感想/記録

紅葉が楽しめて人の少ない所ということで砂鉢山をチョイス。
晴れ予報でしたが、薄雲が多く、高曇りの状態。それでも登山道の紅葉は見頃で山頂も独り占めでした。紅葉シーズンの休日にもかかわらず、砂鉢山を下りるまで誰にも会いませんでした。ちなみに帰りに通った飯縄山登山口は車で溢れていました。

紅葉の岩屋で出会った方のお話では、他のルートから登る予定だったが、廃道になっていたので、こちらへ回ったとのこと。マイナーな里山に登るときは情報収集が欠かせません。
訪問者数:64人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ