ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989181 全員に公開 ハイキング東海

<東海の山> Vol.15 : 八木三山 (午後からのミニ縦走)

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー bellpeak
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
往路 : 名鉄鵜沼宿駅
帰路 : 名鉄羽場駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間13分
休憩
49分
合計
3時間2分
S名鉄鵜沼宿駅13:3114:26八木山14:3614:49双子山14:5015:10愛宕山15:4816:33名鉄羽場駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
愛宕山の山頂付近に少しだけ岩場がありますが大したことはありません。他はよく踏まれた歩き易い道です。
その他周辺情報鵜沼宿駅近くにコンビニとスーパーが有ります。駅から登山口への道は住宅街の中で少々分かり難いです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 サブザック 行動食 飲料 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル
備考 きょうのおやつは「きのこの山」の東海限定版。たけのこ派の私ですが、美味しく頂きました。

写真

秋の日曜日、午前中に雑用を済ませて、午後から時間が空きました。というわけでやって来たのは名鉄鵜沼宿駅。小さな無人駅です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の日曜日、午前中に雑用を済ませて、午後から時間が空きました。というわけでやって来たのは名鉄鵜沼宿駅。小さな無人駅です。
1
これから向かう八木三山の稜線を眺めます。右から、八木山、双子山、愛宕山で、きょうはこの順に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう八木三山の稜線を眺めます。右から、八木山、双子山、愛宕山で、きょうはこの順に歩きます。
住宅地のなかを、ますは八木山小学校のほうへと歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅地のなかを、ますは八木山小学校のほうへと歩きます。
八木山小学校です。小学生が野球をやっています。遙か昔を思い出します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八木山小学校です。小学生が野球をやっています。遙か昔を思い出します。
小学校の裏手から、細い路地へ入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小学校の裏手から、細い路地へ入ります。
路地の突き当たりが東登山道への入り口です。標識に従って階段を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路地の突き当たりが東登山道への入り口です。標識に従って階段を登ります。
ここから東登山道が始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから東登山道が始まります。
登山口の脇には「お助け杖」が置いてあります。私は借りなかったですが、親切なことだなと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の脇には「お助け杖」が置いてあります。私は借りなかったですが、親切なことだなと思います。
1
山道へと入ります。よく踏まれたしっかりした道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道へと入ります。よく踏まれたしっかりした道です。
次第にジグザグと登るようになりますが、それほど急坂ではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第にジグザグと登るようになりますが、それほど急坂ではありません。
そろそろ山頂が近いようです。少しだけ岩が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ山頂が近いようです。少しだけ岩が出てきます。
1
八木山の山頂に着きました。標高296m。まさに「里山」です。山頂には誰もいません。独り占め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八木山の山頂に着きました。標高296m。まさに「里山」です。山頂には誰もいません。独り占め。
2
展望は良好です。犬山の遊園地が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は良好です。犬山の遊園地が見えています。
1
こちらは濃尾平野。例によって名駅のビル街で名古屋の方角が分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは濃尾平野。例によって名駅のビル街で名古屋の方角が分かります。
1
展望を愉しんだら、愛宕山への縦走路に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望を愉しんだら、愛宕山への縦走路に入ります。
これから歩く稜線を眺めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線を眺めます。
樹間の縦走路を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間の縦走路を下ります。
正面に見えているのは三山の真ん中、双子山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に見えているのは三山の真ん中、双子山です。
ここが八木山と双子山との鞍部ですが、道標では双子山は無視されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが八木山と双子山との鞍部ですが、道標では双子山は無視されています。
鞍部から登り返すと双子山です…が、道標で無視されるだけでなく、山頂の標識すらこの有様、なんだか気の毒です。展望はなく、たんなる稜線上のコブといった感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から登り返すと双子山です…が、道標で無視されるだけでなく、山頂の標識すらこの有様、なんだか気の毒です。展望はなく、たんなる稜線上のコブといった感じです。
双子山からはまた下りです。登って下りての繰り返し、低山といってもやはり縦走です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双子山からはまた下りです。登って下りての繰り返し、低山といってもやはり縦走です。
双子山と愛宕山との鞍部です。ここからは本日のラスト一本、ほないこか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双子山と愛宕山との鞍部です。ここからは本日のラスト一本、ほないこか。
最初は緩やかですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は緩やかですが…
徐々に急坂になってきて…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に急坂になってきて…
山頂直下はこのような岩場。意外と変化のある縦走路です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下はこのような岩場。意外と変化のある縦走路です。
1
岩場を登り詰めると愛宕山の山頂です。ここも山頂独り占め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登り詰めると愛宕山の山頂です。ここも山頂独り占め。
ここも展望良好です。いつも思うけど、濃尾平野はホントに広々としています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも展望良好です。いつも思うけど、濃尾平野はホントに広々としています。
珈琲とおやつで小憩します。暑くなく寒くなく、静かで展望良好…快適なひと時です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珈琲とおやつで小憩します。暑くなく寒くなく、静かで展望良好…快適なひと時です。
2
しばしの休息の後、下山を始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばしの休息の後、下山を始めます。
山頂から少し下ると西側の展望が開けます。岐阜駅近くの高層ビルがランドマークになっていて、そのおかげで、中景が岐阜の金華山、遠景のひときわ高いのが伊吹山、左奥でうっすら雲を載せているのが(まだ行ったことないけど)霊仙山だと同定できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し下ると西側の展望が開けます。岐阜駅近くの高層ビルがランドマークになっていて、そのおかげで、中景が岐阜の金華山、遠景のひときわ高いのが伊吹山、左奥でうっすら雲を載せているのが(まだ行ったことないけど)霊仙山だと同定できます。
1
愛宕山からは西登山道を下ります。少し急ですが、危険というほどではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山からは西登山道を下ります。少し急ですが、危険というほどではありません。
下山口に出てきました。時間帯のせいか、登り始めてからここまで、誰とも出会いませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山口に出てきました。時間帯のせいか、登り始めてからここまで、誰とも出会いませんでした。
住宅街をしばらく歩いて、名鉄の羽場駅に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住宅街をしばらく歩いて、名鉄の羽場駅に着きました。
1
羽場駅から、歩いてきた三山を振り返ります。既に夕暮れが迫っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽場駅から、歩いてきた三山を振り返ります。既に夕暮れが迫っています。
1

感想/記録

思いたって午後から出掛けましたが、標高の割に変化があって展望も良好でした。近場で行き易いので、また行くこともありそうです。だだっ広い濃尾平野ですが、周縁には歩き易い里山が点在していて楽しいです。
訪問者数:98人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2016/10/24 18:02
 鉄道有効活用
お世話になります。

これですね!駅を有効に使っての縦走!
とても参考になります。私も、計画してみます。

低山とはいえ、なかなか足ごたえがありそうなアルプスですね。とくに愛宕山の山頂直下、ロッククライミングかと思うほどです!
山頂からの景色と、きのこの山栗きんとんがナイスですね!

私も、こういった里山アルプスを見つけて楽しんでみます。
登録日: 2013/6/15
投稿数: 65
2016/10/24 20:53
 Re: 鉄道有効活用
クルマ社会の東海地方ですが、鉄道網も意外と充実していて、あちこち出掛けることができます。電車でごとごと揺られて郊外の駅に降り立つ感覚、なかなかいいものです。ハンドルを握る愉しみというのは確かにありますが、握らない愉しみもあります。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 一本 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ