ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989567 全員に公開 ハイキング甲信越

小金沢山・牛奥ノ雁ヶ腹摺山(富士見新道〜大菩薩峠〜日川林道)

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー soranoiro
天候晴れ、昼頃より曇り。山頂は10℃前後
アクセス
利用交通機関
電車バス
・バス:甲斐大和0810ー上白川0856(1000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
33分
合計
4時間48分
S上日川峠09:1609:16ロッヂ長兵衛09:31福ちゃん荘09:3209:38富士見山荘09:4110:30賽ノ河原10:3110:36親不知ノ頭10:4110:51大菩薩峠11:0511:15熊沢山11:1611:25石丸峠11:31天狗棚山11:3211:42狼平12:30小金沢山12:3612:59牛奥ノ雁ヶ腹摺山13:0013:56すずらん昆虫館前14:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○富士見新道(富士見小屋〜尾根道)
道は不明瞭で注意が必要。賽の河原分岐まではまだ分かりやすいが、以降途中からリボンを見失い、岩場から南に逸れ笹原から尾根道に出てしまったため、正確な状況わからず。山と高原地図では破線、二万五千分地図には登山道なし。

○大菩薩峠〜小金沢山
ところどころ不明瞭だがリボンを追えば問題なし。

○牛奥ノ雁ヶ腹摺山〜すずらん昆虫館BS
ここも破線ルートだが道はわかりやすく、歩きやすい。途中から「県道バス停」の道標があり、辿ると「大菩薩湖入口」バス停ではなく「すずらん昆虫館前」バス停に到着。
その他周辺情報「やまと天目山温泉」でバス下車、入浴。バス下車時に200円割引券をいただき、1人310円とリーズナブル。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) スマートフォン(1) 携帯電話(1) 雨具(上下)(1) 行動食(1) 昼食(1)

写真

甲斐大和駅から上日川峠までバス。ロッジ長兵衛到着すると、いい青空です。
2016年10月23日 09:16撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐大和駅から上日川峠までバス。ロッジ長兵衛到着すると、いい青空です。
1
色つき初めてうつくしいです。
2016年10月23日 09:29撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色つき初めてうつくしいです。
2
福ちゃん荘から見える尾根。楽しみです。
2016年10月23日 09:33撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘から見える尾根。楽しみです。
富士見山荘の展望台跡から。本日、これが最高の富士山でした。
2016年10月23日 09:38撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見山荘の展望台跡から。本日、これが最高の富士山でした。
8
振り返ると富士見新道入口。誘惑に勝てず、ここから登ることに。蜘蛛の巣があるので、本日一人目か。踏み跡うすし。
2016年10月23日 09:42撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると富士見新道入口。誘惑に勝てず、ここから登ることに。蜘蛛の巣があるので、本日一人目か。踏み跡うすし。
1
それまでの賑やかさからうってかわって静かな一人旅。崩落した手すりなどがあり、かつては整備された登山道だったことをうかがわせます。
2016年10月23日 09:46撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それまでの賑やかさからうってかわって静かな一人旅。崩落した手すりなどがあり、かつては整備された登山道だったことをうかがわせます。
1
だんだん道は不明瞭、リボンを頼りすすみます。
2016年10月23日 09:54撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん道は不明瞭、リボンを頼りすすみます。
2
富士見新道と賽の河原の分岐。ロープで遮られていますが、直進。
2016年10月23日 09:58撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見新道と賽の河原の分岐。ロープで遮られていますが、直進。
1
木漏れ日。とにかく静かな森。
2016年10月23日 10:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日。とにかく静かな森。
1
ここまでは古びたリボンがあったのですが・・・
2016年10月23日 10:00撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは古びたリボンがあったのですが・・・
2
いつの間にか見つからなくなり、ルートのない登りへ。
2016年10月23日 10:03撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつの間にか見つからなくなり、ルートのない登りへ。
2
やがて森林をぬけ、人が行く尾根が見えて、一息。
2016年10月23日 10:21撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて森林をぬけ、人が行く尾根が見えて、一息。
3
きれいに色づいています。
2016年10月23日 10:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいに色づいています。
1
尾根道にたどり着くと、絶景ポイント。南アルプスがよく見えます。
2016年10月23日 10:32撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道にたどり着くと、絶景ポイント。南アルプスがよく見えます。
3
雲海もきれい。
2016年10月23日 10:33撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海もきれい。
2
雲海と南アルプスと空と。
2016年10月23日 10:37撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と南アルプスと空と。
4
ガスがかかる木々も美しい。
2016年10月23日 10:47撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがかかる木々も美しい。
1
大菩薩らしい風景。
2016年10月23日 10:49撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩らしい風景。
3
石丸峠より。好きだな、ここも。
2016年10月23日 11:26撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石丸峠より。好きだな、ここも。
5
ロッジ長兵衛にて120円で買った王林。一人で食べたら満腹。
2016年10月23日 12:29撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロッジ長兵衛にて120円で買った王林。一人で食べたら満腹。
1
初めは尾根の東側だけのガスが、次第に全体にかかってきました。
2016年10月23日 12:47撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めは尾根の東側だけのガスが、次第に全体にかかってきました。
3
それでも紅葉は堪能できます。
2016年10月23日 13:12撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも紅葉は堪能できます。
1
牛奥ノ雁ガ腹摺山から下山、麓は色づき初めだけど美しい。
2016年10月23日 13:30撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛奥ノ雁ガ腹摺山から下山、麓は色づき初めだけど美しい。
3
「県道バス停へ」の道標をたどると、「すずらん昆虫館前」バス停に到着。それらしい雰囲気に、入館はためらってしまった・・・
2016年10月23日 14:02撮影 by NEX-6, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「県道バス停へ」の道標をたどると、「すずらん昆虫館前」バス停に到着。それらしい雰囲気に、入館はためらってしまった・・・
2
撮影機材:

感想/記録

紅葉の山に行きたいと思い、ヤマレコ見ながら久しぶりの大菩薩界隈に決定。
上日川峠から登り、丹波か湯ノ沢峠に出るかと予定していたが、昼前からガスがでてきたため、早めに温泉に入るため、牛奥ノ雁ヶ腹摺山から破線ルートを下山した。

山頂付近は紅葉最盛期、麓は色づき始めという感じ。山頂は10℃くらい、これから冷え込みそうなので、ぐっと紅葉は進みそう。ヤマテンでは場合によっては雪がちらつくこともという予報がでていたが、お目にかかれなかった。

狼平の周辺は好きなエリア。笹原に独り立つ木に敬意を込めたあいさつをしてしまう。そして自分もと思う。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/3/25
投稿数: 1240
2016/10/25 7:11
 soranoiroさん、はじめまして
 昔から大菩薩嶺への登路は富士見新道と思っている、odaxと申します。
 ルートロス、残念でした。廃道となって久しく、岩場までの取付きが随分分かり難くなってきましたね。かくいう小生も、2年前久々に登った際、お気に入りルートのはずなのにルートロスしちゃいました。その時のレコ↓
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-481286.html
 小生は1880-1890m付近でしてルートを東にハズレたのですが、soranoiroさんはそれよりもっと下で逸れてしまったようですね。
 富士見新道は、穏やかな大菩薩周辺には珍しい上部の岩場、ガレ場登りが売りですが、と言っても難しいものではなく、小生もかつて小学生の息子を連れて登っています。主稜線を間近に望む終了点の岩の上は最高の休憩場所です。是非再チャレンジしてみてください。
 あ、狼平も小生のお気に入りです。
登録日: 2011/5/5
投稿数: 22
2016/10/26 19:27
 Re: soranoiroさん、はじめまして
odaxさん、コメントありがとうございます!
富士見新道のヤマレコ拝見しました。ますます再チャレンジしたくなりました。分岐から直登、右に逸れない様にですね。
大菩薩周辺は好きな山域で、比較的登っている所なのですが、奥がまだまだ奥が深そうで、楽しみが増えました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 ガス 林道 崩落 紅葉 テン 高原 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ