ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989573 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳 〜 赤岩尾根ピストンで 〜

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候晴れ後高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇自家用車を大谷原登山口の駐車スペースに駐車。
・大冷橋の手前と奥のスペース合わせて15台ほど駐車可能。
・この日は、スタート時も下山時も、自分の車を含め、5台の車が駐車。
・登山口までは舗装路を快適に走行できます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間56分
休憩
1時間8分
合計
10時間4分
S大谷原 登山口05:3206:25西俣出合07:44高千穂平07:5508:51冷乗越09:03冷池山荘09:1109:17冷池山荘テント場09:58布引山10:41鹿島槍ヶ岳10:5911:27鹿島槍ヶ岳北峰11:4112:08鹿島槍ヶ岳12:1012:39布引山13:05冷池山荘テント場13:09冷池山荘13:1613:27冷乗越13:54高千穂平13:5614:48西俣出合14:5415:36大谷原 登山口15:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【大谷原登山口⇔西俣出合】
◆長い林道歩きです。傾斜はゆったりとしています。
【西俣出合⇔高千穂平】
◆急登です。段差が大きくならないように、整備されています。鉄や木の梯子も設置されています。
【高千穂平⇔冷乗越】
◆崩壊地の脇を通過するところが何ヶ所かあります。
◆冷乗越直下はザレ気味の岩場です。前後に人がいる場合落石に注意が必要です。
【冷乗越⇔鹿島槍ヶ岳南峰】
◆全体的に、傾斜がきつくないという点で、歩きやすい道です。
◆大きな登り返しは冷乗越と冷池山荘の間のみ。
◆冷池山荘前後は樹林帯で、土の道のため歩きやすい。
◆森林限界を突破すると、ゴロゴロした石の上を歩くので、足裏には優しい道ではありません。
【鹿島槍ヶ岳南峰⇔鹿島槍ヶ岳北峰】
◆南峰から吊尾根分岐点までは岩場なので、トレッキングポールを収納し、手をフリーにしておいたほうがいいでしょう。下りでもクライムダウンする必要がない程度の岩場ですが、高度感を感じる所もあります。細かい石が落ちているので落石には注意が必要です。人で混雑している時はヘルメットを被っていた方が良いかもしれません。
◆吊尾根分岐と北峰の間もザレガレのため、特に下りではスリップに注意が必要です。
その他周辺情報☆黒部観光ホテルで入浴。
・大人800円。

写真

大谷原登山口をスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷原登山口をスタート。
1
最初の林道分岐点は左手に進みます。
※画像は帰路で撮影。
この後も林道の分岐点が二ヶ所ほどありましたが、沢方面に向かわない道を選択すれば正解です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の林道分岐点は左手に進みます。
※画像は帰路で撮影。
この後も林道の分岐点が二ヶ所ほどありましたが、沢方面に向かわない道を選択すれば正解です。
1
林道を歩いていく。
傾斜がゆったりとしているので、ウォーミングアップに丁度いい感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いていく。
傾斜がゆったりとしているので、ウォーミングアップに丁度いい感じでした。
2
紅葉が見頃のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が見頃のようです。
5
紅葉狩りを楽しみながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉狩りを楽しみながら歩きます。
7
朝日に染まる稜線。
正面に見えるピークは鹿島槍ヶ岳南峰、それとも布引山?
分かりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に染まる稜線。
正面に見えるピークは鹿島槍ヶ岳南峰、それとも布引山?
分かりません。
13
西俣出合に到着。
歩きはじめて1時間も経過していないので、休憩せずに、そのまま通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西俣出合に到着。
歩きはじめて1時間も経過していないので、休憩せずに、そのまま通過。
2
堰堤のトンネル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のトンネル。
2
距離は10mほど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
距離は10mほど。
3
採光窓が設けられています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
採光窓が設けられています。
3
紅葉を楽しみながら、登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を楽しみながら、登ります。
8
登り始めはゆったりとしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めはゆったりとしています。
1
徐々に傾斜がきつくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に傾斜がきつくなります。
1
鉄や木の梯子が設置されているため、登りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄や木の梯子が設置されているため、登りやすい。
2
色鮮やかな紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色鮮やかな紅葉
11
乱雑に岩が折り重なっているように見えますが、不安定な石もなく、見た目以上に歩きやすい道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乱雑に岩が折り重なっているように見えますが、不安定な石もなく、見た目以上に歩きやすい道です。
1
紅葉狩りをしながら登りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉狩りをしながら登りました。
8
色付いた葉を観察するのも楽しいものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色付いた葉を観察するのも楽しいものです。
10
朱色の紅葉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朱色の紅葉。
7
梯子が設置されていなかったら、大変な登りなんだろうな。
北アルプスは、整備されているがゆえに、その傾斜に比べ急登と感じない登山道が多いと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子が設置されていなかったら、大変な登りなんだろうな。
北アルプスは、整備されているがゆえに、その傾斜に比べ急登と感じない登山道が多いと思います。
5
展望が利く位置まで登ってきました。
最も奥に浮かんでいるのは、四阿山と浅間山。
なかよし二山ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が利く位置まで登ってきました。
最も奥に浮かんでいるのは、四阿山と浅間山。
なかよし二山ですね。
10
急登が終わり、平坦地を歩いていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わり、平坦地を歩いていく。
1
なにか標識が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにか標識が見えてきました。
1
高千穂平に到着。
ここで休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂平に到着。
ここで休憩しました。
7
最も奥の山塊は八ヶ岳。
画像ではわかりませんが、富士山も見えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も奥の山塊は八ヶ岳。
画像ではわかりませんが、富士山も見えていました。
4
苗場山も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山も見えました。
4
鹿島槍ヶ岳。
遠近感のトリックで、布引山、南峰、北峰が同じくらいの高さに見える。
メリハリがなく、見応えはイマイチ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳。
遠近感のトリックで、布引山、南峰、北峰が同じくらいの高さに見える。
メリハリがなく、見応えはイマイチ。
6
先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進みます。
2
崩壊地の脇を通過するところもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地の脇を通過するところもあります。
1
高千穂平を見下ろす。
奥には信越国境の山々が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂平を見下ろす。
奥には信越国境の山々が見えています。
7
白樺平まで登ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺平まで登ってきました。
2
白樺平から見た鹿島槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白樺平から見た鹿島槍ヶ岳
10
冷池山荘の屋根が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池山荘の屋根が見えてきました。
1
信越国境の山々を遠望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信越国境の山々を遠望。
2
焼山と火打山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山と火打山
6
途中から見た冷乗越の分岐標識を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から見た冷乗越の分岐標識を拡大。
2
気持ちの良い尾根道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道です。
2
しつこく鹿島槍ヶ岳。
この辺りからはだいぶ迫力が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこく鹿島槍ヶ岳。
この辺りからはだいぶ迫力が出てきます。
8
こんな岩場も。
手を使わなくても登れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩場も。
手を使わなくても登れます。
1
この辺りは少し慎重に歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは少し慎重に歩きました。
2
赤岩尾根から見る鹿島槍ヶ岳は、高度を上げていくにつれて、立体感が出てくるのが、おもしろい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩尾根から見る鹿島槍ヶ岳は、高度を上げていくにつれて、立体感が出てくるのが、おもしろい。
11
冷乗越に到着。
稜線に出ると、凍てついた風が吹き付けてきました。
冬はもう間近。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷乗越に到着。
稜線に出ると、凍てついた風が吹き付けてきました。
冬はもう間近。
4
種池山荘も見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
種池山荘も見えました。
2
これから向かう先にある冷池山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう先にある冷池山荘。
1
立山、剱岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、剱岳方面
4
先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進みます。
5
少し下ると、再び樹林帯に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると、再び樹林帯に入ります。
1
冷池山荘に到着。
小屋閉め後で、誰もいず、ひっそりとしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池山荘に到着。
小屋閉め後で、誰もいず、ひっそりとしていました。
1
小屋の前で休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前で休憩しました。
2
冷池山荘を後にします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池山荘を後にします。
2
テント場から見た立山方面。
テント場には一張りのテントもありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場から見た立山方面。
テント場には一張りのテントもありませんでした。
5
この辺りは、稜線の東側をトラバース気味に登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは、稜線の東側をトラバース気味に登っていきます。
3
北俣本谷を見下ろす。
奥には大冷橋も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北俣本谷を見下ろす。
奥には大冷橋も見えています。
4
樹林帯を再び突破します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を再び突破します。
2
布引山手前はそこそこの傾斜の斜面を登っていきます。
登山道は九十九折に付けれれているので、登りやすい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山手前はそこそこの傾斜の斜面を登っていきます。
登山道は九十九折に付けれれているので、登りやすい。
1
布引山直下は傾斜が緩やかになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山直下は傾斜が緩やかになります。
1
立山と剱岳を見ながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山と剱岳を見ながら歩きます。
5
棒小屋沢の紅葉地帯を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒小屋沢の紅葉地帯を拡大。
10
さらに拡大。
この先は十字峡です。下ノ廊下も恐らく今が紅葉のピークでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに拡大。
この先は十字峡です。下ノ廊下も恐らく今が紅葉のピークでしょう。
20
布引山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
布引山に到着。
4
南峰と北峰が間近に望めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰と北峰が間近に望めます。
3
稜線上の窪みで風を避け、休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上の窪みで風を避け、休憩。
1
南峰まではあと一頑張りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰まではあと一頑張りです。
5
今日も青空を目指して。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も青空を目指して。
3
山頂手前から見た北俣本谷。
赤岩尾根の形も良く分かります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前から見た北俣本谷。
赤岩尾根の形も良く分かります。
2
南峰に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰に到着。
8
しばらく貸し切りでした。
ゆっくり景色を楽しみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく貸し切りでした。
ゆっくり景色を楽しみました。
4
歩いてきた稜線を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返る。
8
最も奥の山列には、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳。
手前の山列は針ノ木岳から赤沢岳の稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も奥の山列には、鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳。
手前の山列は針ノ木岳から赤沢岳の稜線。
5
野口五郎岳、鷲羽岳付近を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野口五郎岳、鷲羽岳付近を拡大。
6
蓮華岳と針ノ木岳付近を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳と針ノ木岳付近を拡大。
4
穂高連峰と槍ヶ岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰と槍ヶ岳を拡大。
9
最も奥の山列は常念岳から大天井岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最も奥の山列は常念岳から大天井岳。
5
中央アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
4
遠くに八ヶ岳、富士山、南アルプスも見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに八ヶ岳、富士山、南アルプスも見えています。
6
白馬、五竜岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬、五竜岳方面
4
キレット小屋を見下ろせます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット小屋を見下ろせます。
8
南峰の三角点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰の三角点。
5
北峰。
この後、この画像に小さく写っているトレランの方と少しお話ししました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰。
この後、この画像に小さく写っているトレランの方と少しお話ししました。
9
トレッキングポールをザックに括り付け、北峰に向かいます。
高度感があり、不安定な岩もあるので、少し嫌らしい下りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレッキングポールをザックに括り付け、北峰に向かいます。
高度感があり、不安定な岩もあるので、少し嫌らしい下りです。
4
東谷の斜面も紅葉が見事です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東谷の斜面も紅葉が見事です。
3
岩場を下っていく。
念のため、チェーンスパイクを持参しましたが、凍結している所はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を下っていく。
念のため、チェーンスパイクを持参しましたが、凍結している所はありませんでした。
2
南峰を振り返る。
鹿島槍ヶ岳は南峰と北峰の間が最高ですね!
ちょっとした岩登りも楽しめますし、迫力ある南峰と北峰を眺められるのもこの区間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰を振り返る。
鹿島槍ヶ岳は南峰と北峰の間が最高ですね!
ちょっとした岩登りも楽しめますし、迫力ある南峰と北峰を眺められるのもこの区間です。
9
吊尾根分岐標識に到着。
北峰に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根分岐標識に到着。
北峰に向かいます。
2
北峰に到着!
貸し切りの山頂で、景色を楽しみながら、ゆっくりしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰に到着!
貸し切りの山頂で、景色を楽しみながら、ゆっくりしました。
13
白馬、五竜岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬、五竜岳方面
6
北アルプス核心部方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス核心部方面
7
ヘリコプターが飛んでいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリコプターが飛んでいました。
1
北峰からの下りはガレザレで滑りやすいので、少し注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰からの下りはガレザレで滑りやすいので、少し注意が必要です。
1
南峰直下の岩場は、登りであれば、楽しく岩登りできます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰直下の岩場は、登りであれば、楽しく岩登りできます。
3
南峰まであと一登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰まであと一登り。
2
南峰まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰まで戻ってきました。
3
それでは、下山します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは、下山します。
1
高曇りで陽射しが気にならないため、展望を楽しみながら下ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高曇りで陽射しが気にならないため、展望を楽しみながら下ることができました。
4
ゴロゴロした石の上を歩くので、足裏には優しくありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロした石の上を歩くので、足裏には優しくありません。
1
立山、剱岳方面を見ると、雲が厚くなっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山、剱岳方面を見ると、雲が厚くなっていました。
2
冷池山荘まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池山荘まで戻ってきました。
1
冷池山荘の東側の高台で鹿島槍ヶ岳を見ながら、休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷池山荘の東側の高台で鹿島槍ヶ岳を見ながら、休憩しました。
2
冷乗越まで戻ってきました。
ここからは、登り返しもなく、ただ下るだけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷乗越まで戻ってきました。
ここからは、登り返しもなく、ただ下るだけです。
1
この辺りが赤岩尾根核心部でしょうか。
少しザレているためスリップ注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが赤岩尾根核心部でしょうか。
少しザレているためスリップ注意です。
1
どんどん高度を下げていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん高度を下げていきます。
1
高千穂平まで戻ってきました。
ここで小休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高千穂平まで戻ってきました。
ここで小休憩。
1
急坂をどんどん下り、堰堤が見える地点まで下りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂をどんどん下り、堰堤が見える地点まで下りてきました。
2
堰堤まで戻ってきました。
紅葉が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤まで戻ってきました。
紅葉が綺麗です。
2
ここからは林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは林道歩き。
4
休憩小屋で休憩しました。
右脇にはトイレもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩小屋で休憩しました。
右脇にはトイレもあります。
1
堰堤付近の紅葉を見ながら、くつろぎます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤付近の紅葉を見ながら、くつろぎます。
2
紅葉の岩壁を切り取ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の岩壁を切り取ってみた。
12
落ち葉を踏みながら、林道を下っていきます。
一時雨が落ちてきましたが、すぐに止みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏みながら、林道を下っていきます。
一時雨が落ちてきましたが、すぐに止みました。
1
帰路でも紅葉狩りをしながら、ゆっくり歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路でも紅葉狩りをしながら、ゆっくり歩きます。
12
晴れていれば、輝く紅葉が楽しめたのでしょうが…。
このような色付ききっていない葉は、曇り空の下の方が味わい深く見えるような気がします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば、輝く紅葉が楽しめたのでしょうが…。
このような色付ききっていない葉は、曇り空の下の方が味わい深く見えるような気がします。
14
正面に見える山は丸山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に見える山は丸山です。
2
林道ゲートまで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートまで戻ってきました。
1
橋の奥の駐車スペース
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の奥の駐車スペース
1
大冷橋を渡ればゴールです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大冷橋を渡ればゴールです。
1
大冷橋から沢の上流部を見やる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大冷橋から沢の上流部を見やる。
1
橋手前の駐車スペース。
少し分かりにくいですが、道を挟んで右奥の建物がトイレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋手前の駐車スペース。
少し分かりにくいですが、道を挟んで右奥の建物がトイレです。
2
登山口まで戻ってきました。
登山届ポストはここにあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。
登山届ポストはここにあります。
4

感想/記録

二日間好天が続けば、どこかに泊まりで山登りしようと考えていましたが、日曜日の天気が読み切れません。
そこで、土曜日一日で日帰り登山をすることにしました。
種池山荘と冷池山荘が先週で小屋じまいとなったことを知り、静かに歩けそうな鹿島槍ヶ岳に登ってみることにしました。

この日お会いしたのは10人。
数人程度かなと思っていたので、少し意外でした。

今回は赤岩尾根ルートでピストンしました。
この赤岩尾根ルートは中俣出合から高千穂平までが急登ですが、整備された登山道のため、登りやすく、一気に標高を稼ぐことができます。
日帰りで鹿島槍ヶ岳だけピークハントするなら、柏原新道経由よりも、個人的には登りやすいと思います。
訪問者数:529人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ