ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989703 全員に公開 ハイキング京都・北摂

箕面 谷山谷〜北摂霊園〜才が原池〜聖天展望台

日程 2016年10月23日(日) [日帰り]
メンバー eriksa
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
往路:大阪市営地下鉄 御堂筋線 梅田〜千里中央 360円 阪急バス 千里中央〜白島北 220円
復路:阪急電鉄 箕面〜梅田 270円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
1時間27分
合計
5時間57分
Sスタート地点(白島北バス停)08:5310:34勝尾寺園地自然研究路8号登り口10:57北摂霊園12:2012:53勝尾寺園地自然研究路8号登り口14:02才が原池14:17風の杜14:31聖天展望台14:3514:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
箕面市の道標がたくさんあります。道も整備されているので危険個所はありません。
その他周辺情報箕面山域東側は勝尾寺、北摂霊園にはトイレ、自動販売機あり。
西側の箕面滝道周辺にはトイレ等充実しています。また箕面駅周辺にはお土産やさんやカフェ立ち飲み屋など充実しております。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 カメラ

写真

本日は千里中央から23番系統余野行バスで白島北までこれました。
こちらの系統は1時間に1本しかないようでした。
千里中央から箕面行で白島で下車するなら便数が多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は千里中央から23番系統余野行バスで白島北までこれました。
こちらの系統は1時間に1本しかないようでした。
千里中央から箕面行で白島で下車するなら便数が多いです。
白島北バス停から東側へ歩き、白島東交差点から北へ入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白島北バス停から東側へ歩き、白島東交差点から北へ入ります。
地域の墓所、ため池を抜け白姫神社へ着きました。
こちらの神社に入ると谷山尾根となりますが、今日は谷筋から登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地域の墓所、ため池を抜け白姫神社へ着きました。
こちらの神社に入ると谷山尾根となりますが、今日は谷筋から登ります。
「この先ハイカーに注意」との表示。
多分、自動車・自転車で行ける道ゆえハイカーに注意なんでしょうけど、熊・イノシシに注意みたいに見えて可笑しいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「この先ハイカーに注意」との表示。
多分、自動車・自転車で行ける道ゆえハイカーに注意なんでしょうけど、熊・イノシシに注意みたいに見えて可笑しいな。
2
G7まできました。
こちらには廃坑跡があります。ここまでは林道、工事事務所的なところを抜けてやってきております。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
G7まできました。
こちらには廃坑跡があります。ここまでは林道、工事事務所的なところを抜けてやってきております。
廃坑跡です。ワタクシ、暗所恐怖症につき中まで入れませんでした。
こちらの廃坑跡からG9へ地図のない道から行けるようですが、少々道が荒れているそうです。また今度いってみましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃坑跡です。ワタクシ、暗所恐怖症につき中まで入れませんでした。
こちらの廃坑跡からG9へ地図のない道から行けるようですが、少々道が荒れているそうです。また今度いってみましょう。
G9までやってきました。先ほどの廃坑跡からこちらまでつながっているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
G9までやってきました。先ほどの廃坑跡からこちらまでつながっているようです。
廃坑方面の道へ降りてみました。
ふみ跡はついているようですが、確かに荒れているようです。
(すぐに戻りました。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
廃坑方面の道へ降りてみました。
ふみ跡はついているようですが、確かに荒れているようです。
(すぐに戻りました。)
しらみ地蔵へやってきました。
どんぐりなどのお供えものをしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらみ地蔵へやってきました。
どんぐりなどのお供えものをしていました。
3
勝尾寺はいかずに、勝尾寺園地へ到着。
自然研究路8号線へ入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝尾寺はいかずに、勝尾寺園地へ到着。
自然研究路8号線へ入ります。
8号線、里山道との分岐。
8号線は階段つづら折り。里山道は登り山道となりますが、合流しますのでどちらを選んでも良いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8号線、里山道との分岐。
8号線は階段つづら折り。里山道は登り山道となりますが、合流しますのでどちらを選んでも良いです。
1
自然研究路8号線はきちんと整備されています。
こちらからつづら折りで東海自然歩道に出合うまで登りとなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然研究路8号線はきちんと整備されています。
こちらからつづら折りで東海自然歩道に出合うまで登りとなります。
つづら折りを終え、左、階段を登るとすぐに東海自然歩道と出合う。右に行っても結局東海自然歩道と合流となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら折りを終え、左、階段を登るとすぐに東海自然歩道と出合う。右に行っても結局東海自然歩道と合流となります。
ヤマレコマップで、チェックしたところ、この地点の分岐で東海自然歩道に合流する道を発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコマップで、チェックしたところ、この地点の分岐で東海自然歩道に合流する道を発見。
実際にはこういった分岐。
こちらよりも右に道なりに行く方が分かりやすいところでした。
どのみち、東海自然歩道に合流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実際にはこういった分岐。
こちらよりも右に道なりに行く方が分かりやすいところでした。
どのみち、東海自然歩道に合流します。
北摂霊園へ到着しました。
ここで、ヤマレコマップGPSログを一時停止して北摂霊園に入りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北摂霊園へ到着しました。
ここで、ヤマレコマップGPSログを一時停止して北摂霊園に入りました。
ログを一時停止したところのスクリーンショット。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ログを一時停止したところのスクリーンショット。
小一時間してログを再開したところ。あれ??北摂霊園からのスタートとなってしまった。
結局、ログが2つに分割されてしまった。電池消耗を気にせず、ログとりっぱなしにしておけばよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小一時間してログを再開したところ。あれ??北摂霊園からのスタートとなってしまった。
結局、ログが2つに分割されてしまった。電池消耗を気にせず、ログとりっぱなしにしておけばよかったです。
気を取り直して、休憩ポイントでお昼休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気を取り直して、休憩ポイントでお昼休憩。
1
行きとちょっと違う道から自然研究路8号線に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きとちょっと違う道から自然研究路8号線に入ります。
1
東海自然歩道、自然研究路8号線を歩き勝尾寺園地に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道、自然研究路8号線を歩き勝尾寺園地に戻りました。
勝尾寺参道からしらみ地蔵へ降りる別ルートから行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
勝尾寺参道からしらみ地蔵へ降りる別ルートから行きました。
しらみ地蔵裏側から戻ります。
こちらの道は夏場は虫がたくさんいますが、今の時期は快適に歩けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらみ地蔵裏側から戻ります。
こちらの道は夏場は虫がたくさんいますが、今の時期は快適に歩けました。
また、G9まで戻ってきました。
ここから行きとちょっとだけ別の道、後方下り道に行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また、G9まで戻ってきました。
ここから行きとちょっとだけ別の道、後方下り道に行きます。
谷筋を行くので橋を渡る道でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋を行くので橋を渡る道でした。
今日は、そのまま谷山谷を下らずに、才が原池から滝道、箕面駅に向かいます。バス代を節約します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、そのまま谷山谷を下らずに、才が原池から滝道、箕面駅に向かいます。バス代を節約します。
2
才が原池から才が原林道を通り、府道43号線をにらんで風の杜へ到着。昔は箕面山荘と言ったところですよね。
今日も結構車が止まってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
才が原池から才が原林道を通り、府道43号線をにらんで風の杜へ到着。昔は箕面山荘と言ったところですよね。
今日も結構車が止まってました。
風の杜からB2ハイキングコースへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の杜からB2ハイキングコースへ。
こちらのハイキングコースではハイヒールでは難儀しますよってに。との看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのハイキングコースではハイヒールでは難儀しますよってに。との看板。
再び府道43号線。U字カーブの向こう側にハイキングコースが続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び府道43号線。U字カーブの向こう側にハイキングコースが続きます。
聖天展望台へ到着。
聖天展望台には5~6人、人がいました。西南側を臨む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖天展望台へ到着。
聖天展望台には5~6人、人がいました。西南側を臨む。
3
聖天展望台から北側鉢伏山を臨む。
先月行ったなあ。あの山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖天展望台から北側鉢伏山を臨む。
先月行ったなあ。あの山。
2
滝道に降りて、しゃれたカフェで箕面ビールをいただきました。
WIPA800円。この瓶の小売が550円くらいなのでなかなか良心的です。酸味と苦みで下山後の体にビシバシ入ります。
アルコール度数9%と高めなので、フワフワして下山しましたが、ここからはアスファルト舗装路、箕面駅まですぐなので大丈夫なのです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝道に降りて、しゃれたカフェで箕面ビールをいただきました。
WIPA800円。この瓶の小売が550円くらいなのでなかなか良心的です。酸味と苦みで下山後の体にビシバシ入ります。
アルコール度数9%と高めなので、フワフワして下山しましたが、ここからはアスファルト舗装路、箕面駅まですぐなので大丈夫なのです。
5

感想/記録
by eriksa

ヤマレコマップ利用ハイキング。
北摂霊園へ墓参を兼ねてハイキング。墓参中ヤマレコマップの一時停止を試みてみましたが、見事失敗。行きと帰りが分断されたGPSログとなったため、地図コースタイムは手書き・写真から時間を拾っての山行記録となった。

今回は、山頂も踏まずに箕面東側と西側をつなげただけの山行となった。それでも谷山谷では沢筋、東海自然歩道では尾根筋と、勝尾寺のおひざ元そして昔から大事にされた里山ゆえの趣深い山歩きとなった。
何回行っても箕面は飽きないです。

行きはMTBの人3〜4人、帰りはオリエンテーリングなのかな?地図を持って走っているトレランの人数名と行き会ったが、概ね静かな山歩きとなりました。

【谷山谷】
白姫神社からしばらく行くと、廃坑跡があった。
ここはハイキングマップに記載されている谷山谷ルートと違う少々危険個所のある道との分岐になっているようです。廃坑跡からはG9へ行くことができるようです。
G9から少しだけルートを見てみましたが、確かに倒木が多く、荒い沢筋といった様相でまた今度試してみようと思います。
通常の谷山谷ルートは最初は林道っぽい道でした。

【勝尾寺園地から自然研究路8号線】
よく整備された階段を登ります。以前に来た時は階段のつづら折りがしんどかったのですが、今回は中々快適に歩けました。
つづら折りといっても7回折れ曲がっただけの道です。
8号線から東海自然歩道には複数の道がありますが、してもしっかりつながっているので、冒険と思って試してみても、よっぽどのことがない限り道迷いはないと思います。

【谷山谷から・才が原池・聖天展望台】
西側滝道へと向かう道。こちらも歩きやすく才が原林道に至ってはしっかりとした舗装路です。聖天展望台から滝道へもなかなか歩きやすい山道です。
望海展望台からの階段より負担なく降りれるように思いました。
聖天展望台は初めて行ったのですが、やはり町から近く見晴らしがよかったです。
ナイトハイクで夜に行ってもよさそうですね。
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
ヤマレコMAPを使って山に登ろう! by ヤマレコ
訪問者数:119人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ