ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 989720 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

茂倉岳・一ノ倉岳(土樽から茂倉新道往復)

日程 2016年10月22日(土) [日帰り]
メンバー taishoya
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マイカーは茂倉岳の登山口に一番近い駐車場所に停めました。
その場所にはトイレ等はありません。登山届入れも見当たりませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
26分
合計
7時間20分
Sスタート地点06:3608:37矢場ノ頭09:48茂倉岳避難小屋10:00茂倉岳10:18一ノ倉岳10:2610:44茂倉岳11:0011:12茂倉岳避難小屋12:10矢場ノ頭12:1213:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所は無いと思います。
登山口に近い方では、赤土で滑りやすいところもありますが、そういう箇所には概ねトラロープがありました。
矢場ノ頭の手前あたりでは、木の根や株があって歩きにくいところがあります。
全体的に尾根筋のコースですので、片側が切れ落ちているようなところもあります。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

この右側に駐車スペースがあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この右側に駐車スペースがあります。
1
かなり年季の入った案内標識があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり年季の入った案内標識があります。
登り始めに赤土の滑りやすいところがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めに赤土の滑りやすいところがありました。
少し登ると、ブナ林になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると、ブナ林になりました。
1
大きなブナです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなブナです。
2
カエデが色づいていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデが色づいていました。
4
万太郎山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山が見えました。
5
仙ノ倉山、平標山も見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山、平標山も見えてきました。
3
ドウダンでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドウダンでしょうか?
登山道に木が立ちはだかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に木が立ちはだかっています。
これは足拍子岳でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは足拍子岳でしょうか?
3
こちらは武能岳でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは武能岳でしょうか?
2
紅葉の斜面をズームアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の斜面をズームアップ。
1
登山道の真ん中にこの木があって、左側の根を伝って進みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の真ん中にこの木があって、左側の根を伝って進みました。
万太郎山、仙ノ倉山など。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎山、仙ノ倉山など。
3
奥に平らな苗場山が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に平らな苗場山が見えています。
2
矢場ノ頭へ向かう道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭へ向かう道。
2
茂倉岳の山頂方面が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳の山頂方面が見えてきました。
6
両脇の谷の紅葉がきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両脇の谷の紅葉がきれいです。
3
マンサクでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンサクでしょうか?
3
矢場ノ頭方面を振り返って見たところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭方面を振り返って見たところ。
2
高速道路が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高速道路が見えます。
1
茂倉岳山頂に近づいてきました。谷川岳の山頂も見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂に近づいてきました。谷川岳の山頂も見えています。
1
奥に見えるのは、巻機山でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは、巻機山でしょうか?
3
茂倉岳避難小屋が近くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳避難小屋が近くなりました。
1
茂倉岳の山頂へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳の山頂へ向かいます。
2
茂倉岳山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂です。
1
茂倉岳山頂付近から見た、一ノ倉岳と谷川岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂付近から見た、一ノ倉岳と谷川岳。
3
武能岳へ向かう道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武能岳へ向かう道。
2
一ノ倉岳山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳山頂です。
2
一ノ倉岳避難小屋。シェルターという感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳避難小屋。シェルターという感じです。
2
一ノ倉岳山頂から少しだけ谷川岳方面へ行ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳山頂から少しだけ谷川岳方面へ行ってみました。
1
一ノ倉岳山頂から見た、越後の山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳山頂から見た、越後の山々。
茂倉岳へ戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳へ戻ります。
そして茂倉岳から来た道を戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして茂倉岳から来た道を戻ります。
なぜか、イワカガミが一輪花をつけてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜか、イワカガミが一輪花をつけてました。
6
ブナ林のところまで降りてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林のところまで降りてきました。
1
駐車場所に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場所に戻りました。
2

感想/記録

この週末はどこへ行こうかと考えて、ヤマケイ社の「新潟県の山」を見ていて、目に留まった茂倉岳に行ってみることにしました。

ここは、初めてでしたが、登山口に近い駐車場に着いたとき、停まっている車は数台しかありませんでした。鉄道利用で土樽駅から歩いてくる人の方が多いのかもしれません。しかし、茂倉新道を歩いている人は少なく、マイペースで写真を撮りながら歩くことができました。

朝は晴れていましたが、茂倉新道は西向きの斜面に付いているため、早朝は日差しがなく、ある程度登った頃に登山道に陽が差すようになりました。しかし、じきに曇ってきてしまい、青空が見えた時間は少なかったです。ガスがかかることはなかったので、周囲の山々はよく見ました。

紅葉に関しては、予想以上で、尾根道の両側の谷に広がる紅葉もきれいでしたし、登山道沿いのドウダンやカエデの紅葉も良かったです。

この近辺の山で言えば、平標山は登山道がすごくよく整備されていますが、それに比べるとこのルートはややワイルドな感じです。



訪問者数:171人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ